Update of the Avatar 14/01/02

先週のUpdate of the Avatarの概要は以下の通り。
https://www.shroudoftheavatar.com/?p=33594

・Shroud of the AvatarがMMORPG.comとForbes.comの期待のRPGトップ10に選出
・Spoonyインタビュー #3
・出資者限定のクロークが公開
・公式アドオンストアでの購入が出資額に加算されるようになる可能性
・家の土地についての議論
・Darkstarr式敬礼
・Hammer of Prosperity(幸運のスミスハンマー)の紹介
・シギルクロークの紹介&SotAのワールドマップ考察
・公式チャットのホストがUltimaCodexに

Shroud of the AvatarがMMORPG.comとForbes.comの期待のRPGトップ10に選出


MMORPGの総合情報サイト"MMORPG.com"で、2014年期待のMMORPGのTOP10リストの2位にSotAがランクインしました。
TESオンラインやEQの続編等、今年のMMORPGは大作の目白押し。
その中で2位にランクインするあたり、SotAの海外での注目度の高さがうかがえます。

1. Wildstar Online
2. Shroud of the Avatar
3. EverQuest Next: Landmark
4. Elder Scrolls Online
5. World of Warcraft: Warlords of Draenor
6. ArcheAge
7. Destiny
8. The Division
9. Elite Dangerous
10. The Repopulation

またForbesの"期待のRPG 2014"の記事中でもSotAが取り上げられています。

"ビデオゲームにおけるRPGの黄金期は過ぎ去ってしまったかのように思える。しかし、今後2年間に発売されるRPGタイトルを見てみよう。期待できそうなタイトルがたくさんありそうだ。とりわけ、Ultimaシリーズで有名なリチャード・ギャリオットのShroud of the Avatarは古きよきRPGの回帰を目指し開発されており、RPGの黄金期を再び取り戻してくれるだろう。"

Spoonyインタビュー"リチャード・ギャリオット アートギャラリー"


Spoonyの新たなインタビュー動画がアップされています。
今回のテーマは旧作のアートデザインについて。


出資者限定のクロークが公開&SotAのワールドマップ考察


出資者限定のクロークのデザインが公開されました。
深緑の生地に白でブリタニアの地球儀と砕けた月の軌道がデザインされています。


追記:
このシンボルマークの中央には、すでに発表されているSotAのマップと同じものが描かれています。
そしてSotAのマップはUltima I~IIIの舞台となったソーサリア大陸と同一なものであることがすでに指摘されています。
今回のシンボルマークではさらにこの元ソーサリア大陸以外の大陸の存在も明らかになりました。
また、これらの大陸の形や位置は、Ultima9の崩壊したブリタニアのマップとほぼ同一であることがフォーラムのユーザーによって明らかにされています。
つまり、SotAのマップについて現在判明している事柄は、

・EP1で冒険出来るのは元ソーサリアと見られる大陸
・ソーサリア大陸の周囲には元ブリタニアの大陸が存在する
逆に言えば、Ultima9のマップの中央にソーサリア大陸が出現した
・後にリリースされるエピソードでは、これらの大陸も冒険出来るようになる
・シンボルマークで判明しているのは球体の半分だけなので、さらに世界のもう半分は全く新しい世界が存在する


Shroud of the Avatar エピソード1の舞台となるマップ

Ultima 1と3の舞台となったソーサリア大陸。SotAのEP1のものとほぼ同一
ちなみにUltima 2の舞台は地球でした。

Ultima 9の舞台であるブリタニア。ガーディアンの影響により大陸に地殻変動が起こっている

今回発表されたシンボルマーク。Ultima 9のマップとほぼ同一。
Ultima 9でバッカニアーズデンがあった部分(マップ中央)にソーサリア大陸が出現。

毎度おなじみのブリタニアのマップ。Ultima 4-7とUOの舞台。

公式アドオンストアでの購入が出資額に加算されるようになる可能性


SotAのエクゼクティブディレクター、Starr Long氏によると、公式アドオンストアでの購入額が出資額に加算されるようになるかもしれないとのこと。
この件についてはまだ詳細が決まっていないので、フォーラムの当該スレッドでユーザーの意見を募集しているようです。
https://www.shroudoftheavatar.com/forum/index.php?threads/add-on-store-conversion-program.5734/

▼家の土地についての議論



"土地の権利書をKickstarterでの出資や公式アドオンストアで売りまくったせいで、ゲームが始まる前からプレイヤーハウス用の土地が無くなってしまうのではないか?"
という疑問が一部のプレイヤーの間で囁かれていました。
この件について、Starr Longが公式に見解を出しています。
https://www.shroudoftheavatar.com/forum/index.php?threads/lot-deeds-never-oversold.5733/

"土地の枯渇についての不安を感じているユーザーがいるようです。しかし、土地の権利書はゲーム内に設置している土地の数を超えて売るようなことは絶対にありません。また、ゲームの正式稼働時にもまだまだプレイヤーが購入できる土地は大量に(a significant number of lots)用意する予定です。

また、先行出資者でかつ高額出資者限定の、住宅税終身免除の権利についても見解を発表しています。

"我々が住宅税免除の権利のついた土地をアドオンストアで販売するのではないか、という、ユーザーからの指摘がありました。
我々はこの権利は先行出資者のみが得られるものであると考えており、あらたに住宅税が免除された土地を販売する予定はありません。
また、先行出資特典に対してアドオンストアで取り扱っているプレイヤーハウス用の土地が相対的に安くなっているのは、住宅税免除の権利の有無が関係しているからです。"


※Villageレベルの土地を例にとると、
先行出資者は$500で土地と家の権利書+住宅税終身免除。さらに最高レベルの家の早期建設優先権。
公式ストアで購入した場合は$200で土地の権利書のみ。非課金プレイヤーよりも高い家の早期建設優先権。

つまり、差額$300の内訳は住宅税免除権+家の権利書+建設優先権、ということになります。

#高額出資者には他の出資特典もたくさんあるので一概には言えませんが、高額出資特典やプレイヤーハウスの土地購入はファンアイテムのようなもの、と個人的には思っています。


Darkstarr式敬礼


2013年7月末日までに出資してくれたユーザーには、Dark Starr式の敬礼がエモーションコマンドとして与えられます。
また、この敬礼をマスターしたプレイヤーは他の一般プレイヤーにも教えることができます。
三国志でよくみる敬礼に似ていますね。
地味ですがカッコいいです。


Hammer of Prosperity(幸運のスミスハンマー)の紹介


新たな"幸運シリーズ"のラインナップが公開されました。
今までは素材採集のツールが発表されてきましたが、今後は製造におけるツール類がラインナップされていくのでしょうか。

公式アドオンストアで販売されているアイテムです。
このスミスハンマーは作成するアイテムのクオリティをアップします。
またアイテムの強化と修理の能力をアップさせる効果があります。
ゲーム中にもクラフトによって同じ性能のアイテムを作ることができますが、公式アドオンストアのものは耐久力が無限になっています。

定価$15のところをイントロプライス$10で提供中です。
https://www.shroudoftheavatar.com/?page_id=9085


シギルクローク


魔法、戦闘、クラフトの各シギルがデザインされたクロークが公式アドオンストアで公開されています。
定価$15のところをイントロプライス$10で提供中です。

0 件のコメント:

コメントを投稿