アーリーアクセス・リリース32 要綱

R32 Instruction

https://www.shroudoftheavatar.com/?p=61059

日本時間72811:30PMからリリース32が実施されます。

今回の目玉は、ファイナルワイプです。今後はゲームサーバー上のデータがワイプされることはありません。
よって、SotAのMMOプレイ部分は今リリースより正式なスタートを切った、といっても過言ではないでしょう。ただし、依然としてゲームの完成度自体は"アーリーアクセス"レベルであることが公式に告知されているので、それを踏まえた上でアバタール諸氏はEntering Brittaniaしてください。

期間中には様々なプレイヤーイベントが開催される予定です。
イベントカレンダーが以下のファンサイトで公開されているので、興味のある方はチェックしてみてください。

http://avatarscircle.com/community-events
http://sotaevents.com

公式情報(英語)

Player Instruction

Known Issue

PatchNotes

日本語版(非公式)予定地

プレイヤーインストラクション非公式日本語版

既知の問題非公式日本語版

パッチノート非公式日本語版

-----------------------


変更点のハイライト:

開始時間の1時間前倒し:
土地優先取得グループ1の人達に余裕をもって準備してもらうため、予定していたサーバーアップタイムを1時間前倒しします。

パッチ配布時間の前倒し:現地時間真夜中にパッチ配布を開始します。プレイヤーはサーバーアップ前にパッチ当てを行うことが可能です。また、サーバーアップ時のパッチの状態では、いくつかの機能がまだ実装されていません。後のパッチで実装される予定の機能については後述します。

今回のファイナルワイプにいたるまでの経緯と感謝:
2013年12月にリリーステスト1が行われ、出資者の方々に実際にSotAをプレイしてもらうことができました。その最初のリリースからずっと、我々は月ごとに継続してリリーステストを行い、毎月最終週の木曜日に欠かさず新しいテストバージョンのゲームをリリースしてきました。こうして開発を続けてこれたのも、金銭面・コミュニティサポート面の両方で、出資者の方々がプロジェクトを支え続けてくれたおかげです。そしていまやSotAはクラウドファンディング方式によるビデオゲームプロジェクトで、史上2番目の獲得総出資金額を記録するまでになりました。ぜひサマーテレソンに参加して、今回の開発の節目を共に祝っていただけるようお願いします。

ゲームデータの継承:
今回のリリースではファイナルワイプが行われます。すなわち、いままで3ヶ月ごとに行われていたゲームデータのワイプは、今後は一切行われなくなり、ゲームの進行度やキャラクターデータ、ゲーム内資産がリセットされることはなくなります。また、今回のファイナルワイプ後も、ゲーム開発のペースが鈍化することはありません。今後もいままでと同様に、毎月のリリーステストを継続して行っていきます。実装が予定されながらもまだ実際にゲームに実装されていないコンテンツが残っており、また、各コンテンツのバランス調整作業も行っていかなければなりません。今回ファイナルワイプが行われても、依然としてSotAの開発はまだ"アーリーアクセス"の段階を脱していません。よって、今後も小規模なロールバックや、部分的なデータワイプを行う可能性があることを、ユーザーの皆さんにはご承知おき下さるようお願いします。

新しいユーザーへの手引き:
R31から継続して、新しいユーザーのためにゲーム導入部分の改善を行っていきます。改善の対象シーンは、Isle of Storms, Solace Bridge, SoltownそしてArdorisが含まれます。これらの改善作業の中には、Isle of Stormsに新しく導入されたオラクルや、他のNPCの挙動、そして新しいヒント表示システムなどがあります。

各コンテンツのバランス:
戦闘や経済のバランス調整、そして商人の販売アイテムなど、総合的なゲームバランスのオーバーホールに着手しています。また、この作業に並行して、スタート時からもっている初期レシピスキル、装備品の内容の変更や、成長曲線の最適化なども行われます。

このクライアント安定化のために、QAサーバーでのテストに協力してくれたDev+の出資者達にここで感謝を申し挙げます。また、いくつもの有用なフィードバックをいただいたことに対しても感謝を申し挙げます。

記事中のフォントが表す意味について:

  • プレーンテキスト: 以前発表した実装予定項目と同じ内容のテキスト以前発表した実装項目には文字装飾が行われていません。
  • イタリック: 予定表には無かった新しい実装項目・備考
  • 打ち消し線: 今回のリリースでは実装することができなかった項目

RELEASE 32, July 28, 2016

  • ファイナルワイプ:
    今回のファイナルワイプはアドオンストアのアイテムをクレジットに還元しておく良いチャンスです。もしクレジットに還元しない状態で、R32が始まってから一度でも銀行内のアドオンアイテムをClaimしてしまうと、アドオンアイテムはロックされ、ストアクレジットに還元できなくなってしまいます。R32開始前の週に、我々は3回の還元の機会を実施するつもりです。この3回は、週のうち月曜・水曜・そしてリリース当日の木曜に行われるでしょう。クレジット還元についての要領は、いままで実施してきたものと同じです。
    • フルワイプ(ソーシャルコンテンツを除く):
      ハウジングやインベントリーを含め、全てのプレイヤーデータをワイプします。しかし、フレンドとギルドメンバーの情報には影響はありません。アドオンストアのアイテムをストアクレジットに還元するチャンスは3回あります。購入したアドオンアイテムはサーバーワイプ後にログインすると自動的に"claimed in game(適用済み・変更不可)"のステータスになります。また、前回の期間中に出資レベルのアップグレードを行って土地の権利書を重複して受け取った分は今回のワイプで(下位のレベルの分が)クリアされます。土地の権利書はどの出資レベルであっても下位の出資レベルの分は重複して受け取ることはできません。今週はアドオンアイテムのclaimステータスワイプを以下のスケジュールに従って3回行う予定になっています。ファイナルワイプ前のclaimワイプのスケジュールはこちら。表記は日本時間です。
      • 2016年07月26日(火) 01:00
      • 2016年07月28日(木) 09:00
      • 2016年07月28日(木) 23:00
    • EXPボーナスの廃止:
      今までのテストでは、前リリーステストでの獲得EXP量に応じたEXPボーナスを得ることができましたが、今回はこれらのEXPブーストの措置は行われません。
    • オフラインゲームのセーブデータワイプ:
      今回のファイナルワイプでは、オフラインゲームのセーブデータのワイプも実施されます。前回までのセーブデータはロードすることはできなくなります。
    • レジストリデータのワイプ:
      レジストリに記憶された各種オプション設定もすべてワイプされ、デフォルトの設定値にリセットされます。
    • オフラインデータのワイプについて:
      オンラインプレイと違い、オフラインシングルプレイのデータについては、今後もワイプが行われる可能性があります。また、今年末に予定されているオフラインコンテンツの正式リリースまで、オフラインモードへの出資特典の実装は行われません。セーブデータの作製は可能ですが、リリースごとに互換性が確保される保証はありませんので、この点についてもご承知起きください。
  • 土地の優先取得スケジュール:
    2016年07月29日(金) 01:00よりスケジュールが開始されます。自分の土地優先取得の順番は、アカウントページのLot selection groupの項を参照してください。
    • 土地の優先取得スケジュール:
      土地の優先取得スケジュールは、R29ですでに予備実施を行い成功しています。よって、R32では予告した通りのスケジュールにしたがって実行します。
    • 土地の優先取得スケジュール:
      詳細なスケジュール内容はすでに6月12日のポストで予告した通りです。また、アカウントページで自分のスタート日時を確認することができます。8月22日(現地時間)までは、直接サポートにメール連絡してもらうことで出資枠のアップグレードが可能です。アップグレードを申請するには、サービスバウチャーを用意した上で、support@portalarium.comまでお問い合わせください。自分の土地優先取得の順番は、アカウントページのLot selection groupの項を参照してください。
    • 土地の優先取得についてのルール:
      土地の優先取得権をもっているプレイヤーに向けて、優先取得に関するルールをここで説明します。
      • 土地DEEDは未取得の土地を取得するときにのみ使用(claim)することができます。
      • そしてどのタイプの土地DEEDであっても、適応したサイズであればclaimできる場所に制限はありません。(水上の土地は除く。詳しくは後述) ※7/30: 訳修正
      • 各土地DEEDは対応するサイズの土地を取得できますが、下位の大きさの土地であれば、上位の大きさの土地のDEEDで取得することもできます(大は小を兼ねる)
      • また、自分の後続のグループの土地の優先取得期間が始まっても、claimする権利は失われることはありません。今までと同様に土地の取得が可能です。土地優先取得スケジュール表に表記されている時間は、開始時刻であり、終了時刻ではないからです。一度優先取得が解禁されれば、時間経過によりそれが制限されることは一切ありません。
      • もし優先取得期間終了(8月24日)まで土地DEEDを行使しなかったとしても、それ以降も変わらずその土地DEEDは使用可能です。
      • 水上の土地はFounder Deedによってのみ取得可能です。
      • また、一度土地取得を行っても、いつでもその権利を放棄して、新しい土地を取得しなおすことが可能です。回数制限なども課されていません。好きな空き土地を見つけたら、いつでも乗り換えることができます。
      • 土地を取得(claim)するには、実際にゲームにログインし、その街を訪れ、当該の土地まで移動する必要があります。インゲームプレイ以外での土地取得方法は用意されていません。
      • また、R32ではLot Deed(土地の権利書)のアイテムはシステム的にトレード禁止属性が付加されていることをご承知起き下さい。
  • ストーリー:
    愛のストーリーラインの主だった項目のクオリティアップと、SoltownとArdorisのNPCの挙動のアップデートを行います。Greater Brittany(複数の区からなる都市)の最後の区となるBrittany Estatesを追加します。このシーンにはCityサイズの土地が多く用意されています。また、いくつかのクローンシーンの街が本来のオリジナルシーンへと差し替えられるでしょう。
    • Brittany Estates:
      Brittanyを構成する区のうち、一番最後に実装される区となります。ブリタニー中央区の北西に位置するEquitas湖の湖畔にある区で、North Paladis地方に属しています。手入れの行き届いた庭に、潤沢な水源、そして立ち並ぶ高級商店街を囲むようにCityサイズのカプレイヤーハウス用の土地が用意されています。
    • Spite(クローンシーンからユニークシーン化):
      Drachvald地方のStormwater湖の湖畔に位置するこの街は、愛のストーリーラインにおける重要な場所となるでしょう。 しかし、今回R32において完全なユニークシーンとして生まれ変わっています。段々状の土地と美しい滝をそなえた景観が特徴です。ファイナルワイプ後のクローンシーンは、Spiteのような大がかりなユニークシーン化は行われません。よって、Spite以外のクローンシーンで取得した土地などの位置は、ユニーク化が行われた後もそのままで、変更されることはありません。
    • Xenos(クローンシーンからユニークシーン化):
      Elysium島にあるXenosの街は真実のストーリーラインにおいて訪れることとなる、Artificeへの巡礼の拠点となる街です。Spiteと同様、Xenosもクローンシーンとしてスタートしましたが、今回大がかりなユニーク化が行われています。テンプレートこそ同じものが仕様されていますが、とても同じテンプレートから構成されたとは思えないほどの印象を受けるでしょう。
    • クオリティの向上:
      • 愛のストーリーラインにおける会話部分:
        愛のストーリーラインに関係したNPCの会話のワード数をより少なく編集し、さらにストーリーの進展をスムーズにするために、次のステップに関する表現をより明確なものに変更しました。
      • Soltown:
        SoltownのNPCのリアクションのパターンを増やし、一日の生活スケジュールも綿密になりました。NPCの活動がより生き生きとしたものになっています。また、SoltownのNPCは窃盗時の判定チェックを行うようになりました。アバタールがピックポケットを行った際にNPCに現場を押さえられる可能性があります。
      • Ardoris:
        ArdorisのNPCの多くが一日の生活スケジュールを持つようになり、パトロールや仕事を行ったり、眠るようになります。また、Soltownと同様に様々な特別な振る舞いなどを行うようになっており、NPC達はよりアクティブで生き生きとしたものになっています。
      • Brittany(中央部分):
        ブリタニーを構成する全ての区の実装を完了したので、中央区に存在していた農地を取り除きました。これらの跡地はプレイヤー用の土地として活用されます。また、中央区にいたNPCの数も多すぎたので、約半分に減らしています。この処置により、中央区内の動作パフォーマンスも向上しています。
      • Brittany Sewers:
        ブロックされていたトンネルが開放され、ブリタニー下水道を探索することができるようになりました。下水道には蒸気機関仕掛けのパズルや、敵との戦いのほか、ボスとの戦闘イベントも実装されています。
      • Brittany Alleys:
        この地区のrowハウスのデフォルトモデルを、シングルルーフスタイルのものに変更しました。
      • Celestis:
        この街のシーンを、ワールドマップ上の地形の特徴を反映したものに変更しました。この街は依然としてクローンシーンのままですが、将来的にユニークシーンへと変更する予定です。
      • Aldwater:
        このPRTシーンのテンプレートを変更。NPC商人とサービスを追加しました。注意:この他のPRTについては、古い方式のテンプレートを新しいものへ変更する処置は行われません。
      • 未完成シーンには"Under Construction"サインを設置へ:
        今後、NPCのスケジュールの強化や、挙動・会話パターンの追加が行われる予定のシーンには、それと分かるようにプレイヤーへ周知するようにします。未完成のシーンでは、画面に以下の文章が表示されるでしょう。
        “This area is in early development and not all NPCs have schedules, behaviors, conversations, or story connections.”
        "このシーンは開発中であり、すべてのNPCのスケジュールや言動、ストーリーの展開などの実装が不十分な状態にあります"

        さらにシーンの入り口に建設途中であることを示す、バリケードのオブジェクトが設置されます。
  • 新しいユーザーへの手引き:
    チュートリアル、ヒント機能、導入部のシーンなど、新規プレイヤーのための要素の最後の仕上げ作業を引き続き行います
    • Blood Riverの実装を延期:
      愛のストーリーラインの強化を優先するため、Blood Riverのシーンのクオリティ改善を延期しました。
    • Isle of Storms:
      このシーンの一番最初の会話部分を、徳についての質問のパートと分離しました。Arabellaは挨拶と、キャラクタークリエーションのための鏡へ案内をしてくれるように変更されています。また、Arabellaはオラクルとの謁見まで案内してくれますが、徳についての質問はオラクルと行うように変更されています。オラクルとの徳の質問の途中に、そのイメージが表示されるようになっています。出発地点はBattle of Solace Bridgeのほか、Blood River MassacreとBattle of Highvaleが選択可能になっていますが、新しいプレイヤーはよりシーンクオリティの高いBattle of Solace Bridgeからのスタートを推奨しています。
    • Solace Bridge:
      チュートリアル進行など、大幅な改善が行われています。特に迷子の子どもの捜索クエストについては、より低難易度になり、クエスト進行の流れの理解も容易になっています。
    • ヒントテキストがポップアップ方式に:
      以前のような、大量のテキストを読まされるようなヒント方式を改め、オンスクリーンに直接シンプルなヒントテキストを表示するようにしました。テキスト内容やその演出についてはまだ試行錯誤の途中です。今後もよりわかりやすいものを目指してクオリティを改善していきます。ヒントの中には、以前のような古いタイプのものも残されていますが、どうしても長いテキスト説明が必要な箇所に限っては、古いタイプのものをそのまま使用しています。
  • ゲームサービスの安定度を強化:
    ゲームクライアント・認証システム・サーバーの機能の強化など、より安定したサービスを提供するために、カスタマーサービスとセキュリティの向上を図ります。特にパッチャーに関しては特別に注意を払います。
    • ゲームサービスの安定度を強化:
      目に見えない部分にも様々な改善が行われています。
    • エラー冗長化によるサーバ稼働の安定化とバックアップ:
      サーバークラスターを強化し、エラー発生時もコアシステムはクラッシュすることなく別クラスタにより代替処理が行われるようになりました。また、バックアップの頻度も高くなっています。
  • PoTとハウジング:
    PoTテンプレートを選択し、提出フォームをロックしたプレイヤーには、R32開始時から提出したフォーム内容を反映したPoTが実装されます。また、さらなるPoTテンプレートのバリエーションが追加されます
    • インゲームプレイヤーベンダー:
      ベンダーをインゲームゴールドで雇用することが可能になりました。雇用したベンダーはプレイヤーの土地に自由に設置することができ、アイテムを24時間販売させることができます。出資特典やバンドル特典のベンダーと違い、通常雇用のベンダーはアイテム販売ごとに手数料が発生します。また、買い取りオーダー時にも手数料が発生します。
    • 土地DEEDのNPC販売が中止に:
      すべての土地DEEDをNPC商人が取り扱わなくなります。インゲームで土地DEEDを入手するには、R33で実装予定の土地DEED購入抽選システムを利用する必要があります。
    • インゲームでの土地のアップグレード:
      すでに出資特典をclaimした状態で、自分の出資レベルをアップグレードした場合、土地DEEDのインターフェースにアップグレードオプションボタンが表示されるようになります。これは土地DEEDを重複入手できる問題を修正するために行われた処置です。
    • 土地税の徴収レートについて:
      現在の土地税についての説明を行います。土地税の徴収額の基準として、rowサイズの土地税がまかなうのに必要なプレイ時間は、1週間に1時間ほどで大丈夫なように設定されています。また、Cityサイズの土地の場合、1日1時間程度のプレイタイムを想定しています。相対的に小さい土地でより安く、逆に大きな土地は徴税額がより大きくなるように設定しています。また、我々の想定としては、プレイヤーが1時間あたりの冒険や生産で、3500-7500ゴールドを調達できると見込んでいます。最初の一週間程度は土地税の支払いが苦しく感じるかもしれませんが、キャラクターがレベルアップした後は、長期的な維持にそれほど苦労することはないでしょう。少なくとも、我々はそう想定してバランスを調整しています。今後も徴税額についてはモニターを継続し、平均プレイタイムなどを勘案しながら、実情に合わせた最適な徴税額になるようにバランスをとっていきます。
      • Row: 500 gold per day
      • Village: 1000 gold per day
      • Town: 2000 gold per day
      • City: 3500 gold per day
    • COTOでの土地税支払い:
      プレイヤーはインゲームゴールドではなく、COTOを使って土地税を納めることもできます。現在のCOTOによる徴税レートもバランス調整の最中にあり、今後レートが変動する可能性があることをご承知おきください。
      • Row: 1 Gold COTO per week
      • Village: 2 Gold COTOs per week
      • Town: 4 Gold COTOs per week
      • City: 7 Gold COTOs per week
    • ダイナミックPoT内でのIslandの土地の扱いについて:
      KeepやCastle Lotを所持しているプレイヤーは、ダイナミックPoTに備え付けてあるIslandの土地も取得することが可能です。We suggest you claim these first, before placing your other lot markers, to insure you have adequate square footage.(?)
    • Royal Warrant:
      ロイヤルワラントを受勲しているプレイヤーは、インゲームでもそれを他のプレイヤーに対して表示することが可能です。
    • 新しいダイナミックPoTと変更点:
      ダイナミックPoTオーナーから提出されたフォーム内容をインゲームに反映しました。 変更点は以下の通り。
      • Advenire: Renamed (formerly Calain). Converted to Forest 02. Upgraded to Crossroads Village. Location change. Interconnections (Removed: Dracheninsel, Unterwelt; Added: Yew)
      • Amour and Serenus: Renamed (formerly Veger). Converted to Forest 01a. Upgraded to Metropolis.
      • Arx Draconis Lowlands: Upgraded to Hamlet.
      • Barrataria Bay: New addition (nested in Port Titan).
      • Beran’s Reach: Converted to Snowy Mountains.
      • Brickceter: Renamed (formerly Bricksium). Nested interconnection changed to within Etceter.
      • Caladruin: Upgraded to Hamlet. Set to non PvP.
      • Celestial Gardens: Converted to Tropical Island. Rotated to 180. Changed location. Added interconnections (with Brittany Wharfs, Brittany Fields, and Brittany Alleys).
      • Clew Bay: New addition (nested in POT Lyonesse).
      • Dragomir: Changed location.
      • Dragon’s Fall: Converted to Forest 01a.
      • Erak: New addition.
      • Falling Waters Fortress: Converted to Forest 01a. Rotated to Right.
      • Finchfield: Changed location. Added interconnections (with POTs Illusive Passage and Illusive Cavern)
      • Haunted Keep of Solania: Upgraded to Village.
      • Inselberg Wastes: Renamed (formerly Gretch). Converted to Snowy Mountains 01a.
      • Islands of Wonders: Rotated to 180.
      • Jatavern: New addition (nested in Kingsport).
      • Lions of Amore: Converted to Snowy Mountains 01a. Rotated to Left. Upgraded to Metropolis.
      • Magincia: New addition (nested in POT Oceania).
      • Malus: Converted to Forest 02. Rotated to Right. Changed location.
      • Neath: Converted to Mountains. Upgraded to Village. Interconnection (with POT The Caverns Under Neath)
      • New Addington: New addition (nested in Goti).
      • Ordinis Mortis: Renamed (formerly Mortem Praedonum). Converted to Grasslands. Rotated to Right. Changed location. Added interconnection (with POT Vengeance).
      • Radio City: Upgraded to Metropolis.
      • Serenity’s Edge: Converted to Mountains.
      • The Barrowlands: Rotated to Left.
      • The Caverns Under Neath: New addition (nested in POT Neath).
      • Vengeance: Converted to Forest 01a. Changed location. Removed interconnection (with POT Serenite). Downgraded to Crossroads Village.
      • Virtue Isle: Renamed (formerly Redwood Isle). Converted to Tropical Island. Rotated to Left. Changed location. Added interconnections (with POTs Virtue Oasis and Chaos Caverns).
      • Virtue Oasis: Converted to Forest 02. Added interconnection (with POT Virtue Isle).
  • 動作パフォーマンスの改善:
    動作パフォーマンスの最適化における、主立った項目の作業を行います。この作業により、フレームレートの向上のほか、ロード時間の短縮とメモリ管理の最適化を行います。
    • 光ファイバー回線の契約先を変更:
      光ファイバー設備を備えた回線業者と新しく契約を結び、さらなる回線の安定度の向上を図りました。
    • 以下のオブジェクトのLOD調整・当たり判定のシンプル化
      • Steam Pipes
      • Ropes
      • Viking Village Home
      • City Walls
      • Oracle Confirmatory
      • Kobold Town Home
      • Kobold Row Homes
      • Viking Great Hall City Home
  • マルチプレイヤーゲームの経済バランスの調整
    敵キャラクターからのルートアイテムの内容、商人NPCの販売価格、土地税の価格、パブリックベンダーの手数料、リソースノードからの素材収穫量、植物の成長速度、クラフトレシピの必要素材の数、その他、経済を構成する要素のバランスを調整し、総合的なマルチプレイヤーゲームの経済システムを構築します。
    • 商人NPCの販売目録(インベントリ):
      インゲームのすべての商人NPCの販売品目の変更を行いました。現行のシステムを反映したアイテムを販売するようになり、クラフトシステムにより作れるアイテムは極力販売しないようになっています(例えばハウスデコアイテムなど)。また、それぞれのNPCの販売品目の数も街の規模を反映したものになっています。また、NPC販売の武器と防具はすべてベーシックな性能のものに限られ、プレイヤー製の装備の価値がより高まるようになっています。
    • 連続採集スキルについて:
      連続採集のルートアイテムのバランスが調整されました。以前のように、通常のルートを複数回行うのではなく、再採集の場合は、それ専用のルートテーブルが用意されるようになっています。
    • スタート時のレシピ:
      スタート時にもっている初期レシピは、現行のクラフトシステムの完成度を反映したものに変更しています。また、スキルレベルをアップさせるのにも役にたつものがセレクトされています。
    • エントリーレベルの装備品の調整:
      エントリーレベルの装備品として、 Cloth Gloves, Helms, and Boots as well as Daggers and Shortbowの性能を基準としています。これらの装備品の作成コストはよりリーズナブルなものに設定されています。
    • Tier 1のリソースノードについて:
      Tier 1のリソースノードから得られる資源量を少し引き上げました。
    • スタート時のConsumable(消費)アイテムはトレード付加属性に:
      初期からもっているリコールスクロール・ポーションなどはトレード禁止属性が付加されます。
    • ドロップ装備品の価格調整について:
      アーチャーがドロップするショートボウの値段は、ロングボウより安く設定されています。また、Rusty Swordの買い取り価格も少し安くなっています。
    • Ectoplasmic Residue:
      経済バランスの観点から、このアイテムは廃止されます。
  • マルチプレイヤーゲームの戦闘バランス:
    コンバットスキル、敵のステータス、プレイヤーのステータス、スキルの成長速度、各ゾーンの難易度など、戦闘に関する総合的なバランス調整を行います。
    • 攻撃動作中の移動を行ったときのアニメーションについて:
      攻撃中の移動モーションをより自然なものに変更しました。
    • 初期スキル:
      初期からもっているスキルを現在のスキルツリーの状態を反映したものに変更しました。
    • 最低必要スキルについて:
      上位のスキルを取得するには、その下位スキルを一定レベル以上に上げておく必要があります。また、これらの必要条件となっている下位スキルは、上位スキル習得後に未習得状態に戻したり、スキルディケイが起こるように設定することはできません。また、これらの最低必要スキルは、TrainingかNot Trainingのどちらかにしか、成長設定をすることができません。
    • Reveal Hiddenスキル:
      指定したターゲットを中心とした範囲効果ではなく、自分の位置を中心とした範囲効果に変更されました。
  • クラフト:
    新しいエンチャントとマスターワークの新しい各種付加効果が追加されます。また、デコレーションアイテムやそのレシピの大部分はNPC商人から購入することはできなくなります。さらに、いくつかの家は、クラフトによっても作成できるようになるでしょう。
    • 最低必要スキル値について:
      クラフトに必要な最低必要スキル値がレシピごとに設定されています。. また、下位スキルは、上位スキル習得後に未習得状態に戻したり、スキルディケイが起こるように設定することはできません。また、これらの最低必要スキルは、TrainingかNot Trainingのどちらかにしか、成長設定をすることができません。
    • スタート時のレシピ:
      スタート時にもっている初期レシピは、現行のクラフトシステムの完成度を反映したものに変更しています。また、スキルレベルをアップさせるのにも役にたつものがセレクトされています。
    • Supply Cache Pledge Reward(初期から資源アイテムをもった状態でスタートできる特典)について:
      Royal Artisanレベル以上の出資者は、初期レシピにのっているアイテムをそれぞれ4つずつ作れるほどの量の資源アイテムをもってスタートすることができます。
    • 初期レシピ2倍特典について:
      Royal Artisanレベル以上の出資者は、初期レシピのバリエーションが2倍の状態でスタートすることができます。
    • マスターワークとエンチャントアイテムのビジュアルエフェクト:
      すべてのマスターワーク・エンチャントされた装備品は、光るパルスエフェクトが表示されるようになります。
    • エンチャントの拡張:
      新しいエンチャントジェムを実装しました。ライト・サン・ムーン・ネクロマンシーに関するものが追加されています。
    • Expert Crafting Stations:
      エキスパートレベルのクラフトステーションの、クラフト成功確率アップのボーナス値をアップしました。
    • 44の新しいレシピ:
      • Shortbow: These are now the entry level craftable ranged weapon that requires less material than a Longbow.
      • Epic Leather Gloves: Epic Leather was missing this one piece of the set until now.
      • Fortified Cloth Boots & Gloves: Fortified Cloth was missing these two pieces of the set until now.
      • Ornate Aeronaut Helmet: Ornately embossed leather version
      • Ornate Clockwork Wings: Ornate Cloth, Wood, and Brass version
      • 4 Shingle Roof Homes: Be sure to collect lots and lots of granite and timber to make these four homes. Shingle-Roof Three-Story (Village Home), Shingle-Roof Two-Story (Village Home), Shingle-Roof Two-Story w/ Balcony (Village Home), and Shingle-Roof Four-Story (Row Home).
      • 3 Pipes: Enjoy the new Pipe smoking system with Clay, Wood, and Metal versions of the Pipe.
      • 31 Home Decorations: We removed these 31 Decorations from Merchant inventories and moved them to the crafting system (note some of these names are placeholder and will be individualized).
        • Brazier
        • Wall Candle
        • Iron Lantern
        • Brazier
        • Wall Torch
        • Chair 1
        • Chair 2
        • Ornate Cherry Room Divider
        • Antique Room Divider
        • Ornate Antique Room Divider
        • Stage
        • Stage Stairs
        • Tavern Counter
        • Tavern Counter with Gate
        • Bleachers
        • Large Windmill Power Generator
        • Large Rusted Iron Greenhouse
        • Tall Barn Stall
        • Barn Stall
        • Thin Barn Stall
        • Green Stall Awning
        • Red Stall Awning
        • Blue Stall Awning
        • Large Fountain
        • Ankh
        • Small Ankh
        • Banner
        • Carpet
        • Round Rug 1
        • Round Rug 2
        • Rug
  • キャラクター:
    ヘアスタイルのクオリティアップ作業を完了し、実装される予定です。
    • ヘアのクオリティアップの延期:
      髪のビジュアル向上に関して、開発上の大きな問題が発生したため、のちのリリースに延期することにしました。
    • 肌のディティール:
      ゲームエンジンのグラフィック描画部分のバグにより、キャラクターの肌の質感のクオリティを損なっていたことが判明しました。この問題は修正され、想定通りの描画が行われるようになっています。
    • キャラクタークリエーション時の新しいカメラとライティングエフェクト:
      カメラとライトのシステムをインゲームでの実際の表示に近くなるように変更しました。
    • タバコパイプ:
      パイプを装備して/smokeエモートを行うと、タバコを吸うことができます。装備個所は右手に設定していますが、左手に飲み物などを同時装備することも可能です。
    • 有料アドオン・装飾パイプ:
      以下の種類のパイプがアドオンストアにて販売中です。
      • Ornate Metal Pipe
      • Ornate Wooden Pipe
      • Ornate Wooden Skull Pipe
      • Ornate Meerschaum Wolf Pipe
      • Ornate Metal Dragon Pipe
      • Ornate Meerschaum Titan of Courage Pipe
      • Ornate Meerschaum Titan of Love Pipe
      • Ornate Meerschaum Titan of Truth Pipe
    • エモート実行時に必要な装備品について:
      /spyglassや/smokeエモートを実行するには、その時に必要な装備品が装備されていることが必要になります。将来的に/knightのエモートも、そういった仕様になる予定です。
    • ルート時のアニメーション:
      ルートを行ったときに、専用のアニメーションが行われるようになります。
    • 弓チャージ中の走りモーション:
      専用モーションを作成しました。
    • /breathefireエモート:
      アドオンストアの有料コンテンツとして実装されています。
    • ジャグリングのバリエーション:
      前回のリリースでは、/juggleのエモートをブリタニーで習得することができました。R32では、ジャグリングのバリエーションを追加し、アドオンストアで購入することで使用できるようになっています。追加されるエモートは以下の通り:
      • /juggleclubs
      • /jugglerings
      • /juggletorches
      • /juggleknives
      • /juggleskulls
      • /jugglelight
      • /jugglewisp
    • Aeronaut Helmets(飛空船乗りのヘルム):
      気球のデコレーションに最適な装備品が実装されました。
      • Aeronaut Helmet: 夏のテレソン特典で入手可能だったアイテムです
      • Ornate Aeronaut Helmet: 装飾の効いたレザー製のものです。これはインゲームでクラフト可能です。
      • Black Leather and Chrome Ornate Aeronaut Helmet: アドオンストア限定販売モデルです。
    • Wings:
      装備可能な翼のアイテムです。
      • Clockwork Wings: 夏のテレソン特典で入手可能だったアイテムです
      • Ornate Clockwork Wings: インゲームでクラフト可能です。
      • Leather and Metal Wings: Add On Store
      • Kobold Metal Wings: アドオンストア限定販売モデルです。
      • Demon Wings: アドオンストア限定販売モデルです。
      • Fairy Wings: アドオンストア限定販売モデルです。
      • Zombie Wings: アドオンストア限定販売モデルです。
      • White Feather Wings: アドオンストア限定販売モデルです。
    • Fancy Riding Outfit: R32では腰の前部分の縫い目を無くしています。
  • NPCについて:
    NPCの挙動やアニメーションが追加されています。
    • 起床:
      眠っているNPCを起こして、相手の迷惑を顧みずにクエスト達成報告などを行うことができるようになりました。
    • 犯罪感知:
      プレイヤーが盗みを働こうとしたときに、NPCはそれを感知することができるようになります。後のリリースでは、よりコンテンツは拡張され、ガードによる処罰などのシステムが実装されるでしょう。 
    • 徳の状態とNPCの反応
      プレイヤーの徳の状態に応じて、ガードのリアクションが変化するようになります。徳の状態が高い場合、ガードは敬礼エモートを行うようになります。徳の状態が低い場合、ガードがあなたをにらみつけるようになります。このコンテンツは今後拡張され、ガードだけでなく、ほかのNPCもプレイヤーの徳の状態に応じてさまざまなリアクションを行うようになるでしょう。
    • 照明のON/OFF機能:
      ランプライターとガードのNPCはランプのON/OFF時に専用のアニメーションが用意されます。
    • ホウキで清掃:
      NPCはホウキを使って掃除をするようになります
    • マグカップを洗う:
      バーテンダーはマグカップを流し台で洗うことができるようになっています
    • Hear Ye, Hear Ye:
      タウンクライヤーは古風な呼びかけ動作をするようになっています
    • 読み物・書き物:
      本やペーパー・スクロール、quillはNPCが装備可能になり、読んだり書いたりするアニメーションを行うようになりました。
  • バンドルストア:
    アドオンアイテムのバンドルセットを販売するアドオンストアセクションが登場しました。(販売目録訳は割愛)
    • Viking Bundles: These bundles include some unique Viking themed items as well as an assortment of other new items to the game. In previous releases we introduced the Viking style Row Homes, the Viking Horned Helmet, Viking Cloak, Viking Chest, and Blood Raven. New items for Release 32 include:
      • 3 Shields: These round shields are classically identified with Vikings
        • Viking Tyr Shield
        • Viking Guor Shield
        • Viking Brynhildr Shield
      • Viking Stronghold: This Village Home is a 2-Story keep like structure and has a roof deck.
      • Viking Great Hall: This is a 3 story City sized home with multiple balconies and an open air terrace.
      • Ornate Viking Chest: This is a more colorful and ornate version of the Viking Chest.
      • /angry: a new emote that expresses your mood
      • /judgeyes & /judgeno: classic thumbs up or thumbs down in the Roman Emperor tradition
      • /meditate: a moment of peace before battle
      • Winter Lynx & Winter Rottweiler: These are unique all white variants of the Lynx and Rottweiler pets
    • Kobold Bundles: These bundles wrap up a lot of the Kobold themed items from the Add On Store plus several unique items for Release 32 including:
      • Blackened Metal Clockwork Pets: These are unique variants of the clockwork Dog, Cat, and Raven pets
      • Kobold Town Home: This three story stone and metal home has multiple balconies and a secret area.
      • Kobold Metal Wings
  • Make a Differenceストアと血の聖遺物バンドル:
    Make a Difference Storeセクションでの売り上げの10%は寄付されます。 (
    販売目録訳は割愛)
    • Tax-Free Player Owned Town Castle Lot Deeds: Looking to add a Castle Lot to your Player-Owned Town? Well the Blood Reliquary Bundles have the answer! Outside of the Lord of the Manor pledge—which expires August 22—there is no other way to obtain a deed of this size.
    • /bloodrain: Do you love the /rain emote, but you wish that instead of rain it was blood? Well now you can have your wish.
    • Lord British & Darkstarr Blood Reliquaries (digital): These in-game versions of the reliquaries can be placed on the walls of your home as decorations for visitors to admire (or be creeped out).
    • Blood Fountain: Do you enjoy having a fountain decoration in your courtyard but you have always felt it would be better if it was filled with blood instead of water? Well now you can enjoy this bloody cascade in your home.
  • その他の変更点:
    • Enter/Lootキー:新しいアクション用のキーが設定されました。Eキーを押すと、ワールドマップからシーンへ移動することができるようになります。また、照準モード時に敵の死体をターゲットしながらEキーを押すと、ルートウインドウが開きます。さらにこの状態でもう一度Eキーを押すと、"Take All"を行います。
    • クラフトツールの装備:装備可能なクラフトツールは、自動的にインベントリの一番下に整列されるようになりました。また、装備した状態のクラフトツールをインベントリで表示しないようにオプションで設定することができます。
    • オプション設定をデフォルトに戻すことができるように:デフォルトボタンを設置しました。
    • テクスチャーのライティングやディティール描画に関する問題の修正:テクスチャーの描画の問題を解決するため、いくつかの方法を実施しました。このバグの影響により、テクスチャーの起伏感が失われ、本来よりもフラットな印象を与えるようになっていました。今回の修正により、テクスチャーは本来の立体的な質感が復活しています。たとえば、肌の毛穴やシワなどの質感に違いを感じることができるでしょう。
    • 遠近ブラー処理のON/OFFが可能に:遠景ブラー効果のバランスを調整しました。また、オプション設定により遠近ブラーをオフにすることもできるようになっています。
    • マウスによる移動操作をオフにすることが可能に:マウスによる移動操作(前進?)をオフにすることが可能になりました。

以上ここまでが今回のリリースで盛り込まれた要素です。 ここから以下は今回のリリースに盛り込まれなかった要素になります。:

  • クライアントの安定性(特にリナックスクライアント)最新バージョンのUnityエンジンで作製されたR29では、クライアント動作の安定度がかなり悪くなっていました。特にLinuxクライアントでこの安定度の低下が顕著に表れています。現在Unityエンジンのエンジニアとともに、この問題の解決に当たっています。
  • 動作パフォーマンスの改善:
    LOD設定の最適化作業に着手しました。このパフォーマンス改善の実行効果は、パフォーマンスマネージャーを通してモニターされています。今後の課題として、古いマシン構成環境のための最適化作業がまだ残っています。また、最新版のUnityエンジンには安定性の問題とメモリリークのバグが確認されており、Unity社のエンジニアと綿密に連絡をとり、ともに解決に当たっています。これらの問題の解決まで、いくばくかの時間をいただくことをご了承下さい。
    今後もリリースごとに、我々は最適化とパフォーマンス改善項目の洗い出しを継続して行っていく予定です
  • ビジュアルクオリティ:我々は常にグラフィックレベルの向上に務めています。現行のRPGタイトルと遜色の無いレベルになるまでグラフィックを強化していく予定です。
  • 出資特典:出資特典について: いくつかの出資特典の実装は達成され、テクニカルサポートも開始されています。 しかし、まだ一部の出資特典はまだ実装・サポートがされていません。これらの問題は既知の問題のドキュメントで対応状況を確認することができます。。

0 件のコメント:

コメントを投稿