2016年Q4(10~12月)のリリーススケジュール

2016Q4 schedule

スター・ロン氏により2016年Q4の予定が発表されています。
https://www.shroudoftheavatar.com/forum/index.php?threads/q4-2016-schedule-update.64824/


RELEASE 35, October 27, 2016

  • ストーリー:
    愛のストーリーラインのクオリティアップを引き続き行います。特にthe Tower of the Shuttered Eyeのシーン、Ardorisの街を重点的に強化します。同時に、勇気のストーリーラインのクオリティアップも行います。
  • マルチプレイヤーゲームの戦闘バランス:
    コンバットスキル、敵のステータス、プレイヤーのステータス、スキルの成長速度、各ゾーンの難易度など、戦闘に関する総合的なバランス調整を行います。さらに新しいスペル・スキル・コンボの実装も行われます。
  • PoTとハウジング:
    PoTオーナーは街のエントランスポイントを複数の地点から選択することができますまた、新しいハウジングコンテンツも実装されます。エルフバンドルに含まれる新しいエルフハウスや、テストプレイ報酬によるデコレートアイテムなどが登場します。また、PoTをダイナミックタウンに変更し、提出フォームをロックしたPoTは変更が反映されるでしょう。
  • オフラインでの特典アイテム:
    オフラインモードでも出資特典アイテムが配布され、ゲームで使用できるようになります。
  • マップ上の移動するエンカウンター:
    移動するエンカウンターシンボル: ワールドマップ上に移動するエンカウントシンボルが登場します。シンボルと接触すると、プレイヤーは特定のシーンへと引き込まれることになります。 このエンカウンターシンボルは意図的に回避することも可能です。
  • クラフト:
    R35ではクッキング、食べ物、農業のコンテンツを重点的に強化します。また、素材の調達はNPC商人からの購入ではなく、他の手段で行われるように調整を行います。農業で栽培できる植物の数は増え、さらに水を汲むことができるようになるなど、農業コンテンツの拡張が行われるでしょう。さらにアルコール飲料のレシピと、レシピアイテムのティーチャブル化の実装を行います。エンチャントやマスターワークされたアイテムのビジュアルエフェクトの実装も同時に行います。
  • キャラクター:
    Ardorisは最初の地方色を反映した服装をNPCに導入するシーンとなります(テーマは日本)。市民、ユニークなアーマーを来たガード、城内の式服などに適用されます。サマーテレソンアイテムの、Flaming BagpipesやFiredancingの実装も行います。


RELEASE 36, November 17, 2016

  • ストーリー:
    愛のストーリーラインのクオリティアップ作業は引き続き行われますが、勇気のストーリーライン、特にEstgardの街の強化に重点を移していきます。さらに、街中にあるPvPエリアの実装もできれば実現したいと考えています。
  • 戦闘:
    ダメージタイプとレジストの計算式を変更し、よりよいバランスを目指します。武器のダメージタイプや、スペルの系統、クリーチャータイプの相性などの実装が行われるでしょう。さらに戦闘用のクラフトアイテムの種類も増加します。
  • PoTとハウジング:
    ワールドマップ上にあるPoTシンボルは、PoT内の人口を反映したグラフィックになります。ダイナミックPoT用のツールセットの拡張も行います。さらに、オブシディアンバンドルに含まれるオブシディアンホームも実装されるでしょう。また、PoTをダイナミックタウンに変更し、提出フォームをロックしたPoTは変更が反映されるでしょう。
  • クラフト:
    新しいダメージタイプとレジストが反映されます。また、エンチャントとマスターワークによる付加プロパティの種類が増加します。この中には、星座の状況によって影響を受けるようなプロパティも含まれます。
  • キャラクター:
    コボルドをより世界設定に準拠したものにクオリティアップします。Noviaのテクノロジーの多くはコボルド達によってもたらされたものです。テストプレイ報酬やサマーテレソンの装備品の実装も行います。
  • ソーシャルコンテンツ:
    ギルドはギルド間同名を結ぶことができるようになります。さらに、新規プレイヤーは全員Outlanderギルドに最初から入っている状態になるでしょう。


RELEASE 37, December 15, 2016

  • ストーリー:
    勇気のストーリーラインのクオリティアップを行います。HarvestとResoluteを重点的に強化します。また、ダンジョンシーン内にあるPvPエリアの実装・拡張を進めていきます。NPCとの会話システムにも変更や改善が行われるでしょう。
  • 街の包囲戦(タウンシージ):
    最初のタウンシージが実装されます。タウンシージ下にある街では、プレイヤーはオブシディアン・カバリストの軍勢と戦うか、街の外まで逃れるか、の選択を迫られるでしょう。
  • 戦闘:
    カバーシステム(物陰に身を隠しながら遠距離攻撃を行うシステム)が実装されます。この状態では、攻撃と防御の値にボーナスが付加されます(敵も同様)
  • PoTとハウジング:
    PoTにモニュメントを設置し、PoTブレスを受けることができるようになります。PoTブレスの効果の大きさは、街の人口と比例したものになるでしょう。さらに、オブシディアンバンドルに含まれる新たなオブシディアンハウスも実装されるでしょう。レンタルルームのシステムも実装され、オーナーは部屋の貸し出しができるようになります。スタティックPoTの作業も開始されます。また、PoTをダイナミックタウンに変更し、提出フォームをロックしたPoTは変更が反映されるでしょう。
  • クラフト:
    フィッシングのシステムの拡張を行います。さらに武器のレシピも拡張され、武器のビジュアルスタイルも実装されます(エルフ、Norgard、オブシディアン、コボルド)
  • キャラクター:
    Valholdは地方色を反映した服装をNPCに導入するシーンとなります(テーマはバイキング)。市民、ユニークなアーマーを来たガード、商人、街の重要人物などに適用されます。また、最初のオブシディアン・カバリストの詳細が明らかになるでしょう。


この素晴らしいコミュニティからの変わらぬ厚い支援に、我々は感謝しています。我々は皆さんからの出資金やフィードバックを最大限に活用し、プレイヤー全員の期待に応えられるようなゲームを作ることを目指しています。皆さんに感謝するとともに、いつかニューブリタニアで皆さんとお会いできる日を願って止みません。

では最後に、以前投稿したポストをもう一度ここに引用し、我々のスケジュール進行の枠組みを皆さんにお知らせしておきたいと思います。

クラウドファンディング・クラウドソーシングは非常に重要なものです。 そして、現在の開発状況を広く出資者達に知ってもらうことも同様に重要だと思っています。 これは従来のゲーム開発モデルにはなかったスタイルです。従来のゲーム開発では開発チーム内部でゲームを完成させてから、プレイヤーにその内容を公開するようにしていました。 しかしそれではプレイヤー達の意見をゲームの開発段階で盛り込むことが難しくなります。

Shroud of the Avatarでは従来の開発モデルを脱し、出資者へゲームの開発情報を広く公開し、さらに開発途中のゲームそのものへの早期アクセスを実現しました。 早期アクセスを決断したのは、幅広いユーザーからゲームに対するフィードバックを集めるためです。 内部テストだけで分かることは限定的であり、テストを通じて多くのユーザーが希望する仕様を拾い出すことが大切です。 テスト範囲が狭かったせいで、ゲーム開発に多大な損失をもたらすことさえもあるのです。

現在の計画では月毎に新しい仕様のテストバージョンをリリースします皆さんからのフィードバックをもとに、製品版で採用する仕様を決定することにしています。みなさんの全てのテストプレイとそれに費やしてくれた時間に我々は感謝しています。そしてリリース毎に皆さんにテストに参加してもらいたいコンテンツについての情報もお知らせします。また、我々はプレイヤー達のために、ゲームのダウンロード方法からバグ報告の方法まで、さまざまな情報を提供していきます。 そしてリリーステストごとに得られたフィードバックやデータを分析し、今後の開発プランの進行に柔軟に反映させていきます。ゲームデータはリリースごとにデリートされる可能性があることもご承知おき下さい。

また、すべてのデータ、予定期間、実装項目は変更されることがあります。

0 件のコメント:

コメントを投稿