Update of the Avatar #91 - 2014.09.19

https://www.shroudoftheavatar.com/?p=44193

今週のUpdate of the Avatarの概要は以下の通り。

・SotAがSteam GreenLightに登場
・ロードブリティッシュ VS ダークスターの動画のフルバージョンが公開
・SotAの実装予定項目の発表スケジュールを月毎から週毎に変更
・UO17周年記念イベントにロード・ブリティッシュとキング・ブラックソーンが登場
・Baronの出資特典:Talking Mirror(喋る鏡)

・Clockwork Pets: Raven
・Galactic Inquiryインタビュー: Lord British Talks Games!
・Alienwareが$20出資クーポンを配布
・今後のSotAイベント




SotAがSteam Greenlightに登場



ゲームダウンロード配信サービスの最大手"Steam"にSotAが登場するかもしれません。
最速ペースで事を運ぶことができれば、年末にはSteamからSotAの購入やクライアントのダウンロードが可能になるとのこと。

Steamは海外産PCゲームはもちろん、一部の日本産PCゲームやインディーズゲームまで取り扱う最大のDLゲームディストリビュータです。
今回SotAはSteam配信候補タイトルとしてユーザーコミュニティからの反響をうかがう"Greenlight"のコーナーに登場。
現在までに266件のコメントが寄せられ、順調な滑り出しを見せています。

Ultima OnlineもSteamのGreenLightのコーナーに登場したことがあり、この時も多くの反響を呼びました。
現在UOはGreenLightの審査を通過し、Steam側でUOを配信できるようにパブリッシャーに交渉を開始しています。
SotAチームはSteam配信に乗り気のようなので、Steam側のGOサインさえ出れば短期間で取り扱いタイトルとなりそうです。

Steam配信タイトル化を希望する場合はSteamのアカウントを取得後、GreenLightのゲーム紹介動画の下にある配信希望の欄の"YES"(日本語ページの場合は"いいね")のボタンを押して下さい。
http://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=314991368


Q: 心から成功を願うゲームが Steam Greenlight に存在します。私に何が出来るでしょうか?

A: フレンドに伝えてください。ただ気を揉んでいるだけではいけませんよ。

Steam - Greenlightのページより


もちろん今回のGreenlight入りによってSotAがSteam独占の配給になるわけではありません。
開発チームからはSotAの販路のひとつとしてSteamを選んだとコメントが出ています。
また、正式にSteamの配信タイトル入りした時には、既存の出資者にもSteam用のキーが配布されるようになるそうです。
現在の予定ではSteamで購入できるのはエピソード1のDL版の権利+アルファ・ベータのアクセス権($45のAdventurerに相当)のみです。
Steamでの価格やAlienwareのクーポンが使えるのかどうかは現在のところ不明。

#ちなみにGreenlightのページでは配信開始予定が2015年前半、となっています。
以前はSotAの発売日は2015年の初頭を予定している、とスター・ロンが言っていたような気がしましたが、そこはやはりDon't lawyer me bro.なのでしょうか。
というか、あらゆる予定の中でも最もDLMBなのがSotAの発売日ですね。


ロードブリティッシュ VS ダークスターの動画のフルバージョンが公開


Facebookで公開されていた決闘ムービーのフル版がYoutubeのPortalarium公式チャンネルで公開されました。



実装予定項目の発表スケジュールを月毎から週毎に変更



以前は月毎のテストが始まる直前に仕様の内容が発表されていましたが、今回からは週毎に実装項目の進捗状況が発表されることになりました。
R10に実装される予定項目の開発状況は以下の通り。

・Ardorisの城
建物は完成。NPCも配置されています。

・ワールドマップ

ワールドマップ上のアバタールが3Dモデルのものに。また、ワールドマップのシーンでも通常のシーンと同じくWASDで移動できるようになりました。

・死亡時の画面エフェクト
死亡時には画面がモノクロ調になります。

・デュエルの実装
場所を選ばずどこでもデュエルができるようになりました。本来はR12での実装を予定していましたが、R10に前倒しで実装されます。

・マウスカーソルの形状が状況によって変化
例えば、戦闘時にはカーソルの矢印が剣に変化するなど、視覚的なわかりやすさが向上しています。

・オートデッキと初期デッキについて
初期状態のデッキの見直しを行いました。初期装備と初期デッキの組み合わせを最適化し、Slugの数が少なくなるようにしています。
さらに初期状態ではすべてのスロットがロック状態のモードになっているため、初心者のプレイヤーでも導入で戸惑うことがないようにしました。
さらに今回はオートデッキの機能も実装されています。
この機能はプレイヤーがスキルポイントの割り振りをすると、自動的にデッキ構成を作成してくれます。

・チャレンジダンジョン
腕試しができるダンジョンが実装されます。ゴールに近づくにつれ、難易度が上昇していきます。腕に自信のあるプレイヤーはどこまでいけるか試してみてください。

・ユニバーサルクールダウンタイムの削除
R9では全ての行動に短いクールダウンタイムが設定されていましたが、ユーザーから大不評であっため、R10では削除されています。

・魔法系統の名前を編集可能に
ユーザーコミュニティからのフィードバックでは正式な魔法系統のネーミングが直感的でないという意見が多くありました。そこでR10ではプレイヤーが自由に系統名のニックネームを付けることができるようになりました。
ニックネームはNPCの会話ダイアログやシステムメッセージにも反映されます。

・髪型とヒゲ

全ての髪型とヒゲにレイヤー・透過性・アニメーションの機能を実装しました。
また、新しく長ヒゲのスタイルも追加されています。

・新しいシーンVertas Pass
新しいマップVertas Passが実装されます。R11では最初のコントロール・ポイント(抗争拠点)のマップになる予定です。

・AI Agro System
いわゆる敵のヘイトの概念がAIシステムに組み込まれます。
R11ではさらなるリファインを予定しています。

■Ardorisの城


■ワールドマップ

■死亡時の画面エフェクト

■デュエルの実装


■チャレンジダンジョンの入口

さらにR11の実装予定の一部も紹介されています。

・キャラクターの成長システムの実装
・新しいデスマジック: スケルトンやリッチの召喚が可能になります
・地下室の実装: プレイヤーハウスに地下室を建設できます
・装備品をハウスデコレーションとして飾ることが可能になります
・クッキングとアルケミースキルの実装
・修理と耐久値の実装
・新しいシーン"Solace Bridge"の実装
SotAでは3つのゲーム開始地点があり、Solace Bridgeはそのうちのひとつになります。


#デュエルの実装はうれしいですね。
PvPマップにいってもなかなか声を掛けられなかったり、横殴りを食らったりして落ち着いて対戦ができないことが多かったので。
場所を選ばず決闘を申し込めるので、酒場の前で名の知れたPvPerを打ち負かす、ということも可能です。
とはいえ公衆の面前でKOされてしまうのが順当なオチになりそうですが。


UO17周年記念イベントにロード・ブリティッシュとキング・ブラックソーンが登場へ


UO17周年を記念するイベントがTC1サーバで開催され、なんとロードブリティッシュとブラックソーンがキャラクターとして登場するとのこと。
日時は現地時間(ET)の9月25日 7:00PMからとなっています。

このイベントの導入部分のストーリーも掲載されています(英語版)
http://www.uo.com/article/Old-Friends-New-Enemies

#いつの間にか旧ブリタニアではブラックソーンの称号はロードじゃなくてキングになってたんですね。


Baronの出資特典:Talking Mirror(喋る鏡)



不思議な力によって言葉を話す鏡が公開されています。
現時点ではこのアイテムの効果は不明です。
一体どんなセリフを言うのでしょうか?


Galactic Inquiryインタビュー: Lord British Talks Games!



スター・ロンインタビュー
に引き続き、ロード・ブリティッシュへのインタビューも実現したようです。
前回のスター・ロンインタビューではかなりディープなトークが繰り広げられていましたが、今回のLBインタビューも期待できそうな予感です。
この動画の内容の抄訳は後日アップを予定しています(多分)。

追記:
アップしました。
http://the-false-prophet.blogspot.jp/2014/09/galactic-inquiry.html

【重要】Alienwareが$20出資クーポンを配布


DELL社のゲーミングPCブランド"Alienware"はSotAをスポンサードしています。
SotAユーザーはAlienware製のハードウェアを所持しているかどうかに関わらず、SotAのアカウントに無条件で$20分のクーポンを受け取ることができます。
現在$45以上の出資で製品版のダウンロード権とテストプレイの権利を得ることができますが、$20クーポンの使用により事実上$25からテストプレイに参加することが可能になりました。
クーポンの取得方法はこちらのページのTHIS LINKを経由してSotAアカウントの新規登録、または既存のアカウントへのログインを行ってください。
SotAアカウントの登録手順に関しては、当サイトこちらのページをご覧下さい。


今後のSotAイベント


https://www.shroudoftheavatar.com/?page_id=35475

2014.09.25 -- Release 10 Access
2014.10.01 -- Monthly Video Hangout: R10 & R11 Discussion
2014.10.23 -- Release 11 Access
2014.10.24 -- SotA at Captivate
2014.10.29 -- Monthly Video Hangout: R11 & R12 Discussion
2014.11.03 -- SotA at GDC Next
2014.11.14 -- Duke & Lord of the Manor VIP Design Roundtable with Lord British and Portalarium Studio Tour
2014.11.15 -- HoBLotH II: Legends of the Hearth
2014.11.20 -- Release 12 Access
2014.11.26 -- Monthly Video Hangout: R12 & R13 Discussion
2014.12.18 -- Release 13 Access

0 件のコメント:

コメントを投稿