アルファテスト・リリース7 要綱&インストラクション


https://www.shroudoftheavatar.com/?p=41571

アルファテスト・リリース7は日本時間6月27日00:30 AMから30日正午まで実施されます。
クライアントプログラムとパッチの配布はすでに始まっているので、テスト参加予定の方は事前にパッチ当てまで完了させておきましょう。

注: アルファテストへの参加には、$45以上の出資を行う必要があります。手順に関しては当サイトのこちらのページを参考にして下さい。
http://the-false-prophet.blogspot.jp/p/shroud-of-avatar_9.html

今回のテストの目玉として新しい3Dワールドマップが導入されます。
また、新シーン"the Graff Gem Mines"や、NPCの挙動の改善、プレイヤー間のセキュアトレードシステムの実装など様々な要素の改善が為されています。


ゲーム中の操作方法などは公式のインストラクションをご覧下さい。
https://docs.google.com/document/d/1QfDg4d5sa5BSnfcrhFxagDdEVey5mP3g3kkmFBb_R0g/pub

インストラクション非公式日本語版
https://docs.google.com/document/d/1O9gg8VXYI4b0MGEnRQ4bHShtt6Z425mVU7a0aKXwleA/edit?usp=sharing

R7 既知の問題非公式日本語版
https://docs.google.com/document/d/1Fp-LjdhbppGnK8rsSir-IOB43nEko83Dns7zAW7Ne-o/edit

RELEASE 7: June 26 – 29, 2014


リリース7から実装された項目


・3Dオーバーワールドマップシステム
ワールドマップデザインを2Dから3Dのものへと変更しました。
まだ初期のバージョンのため、プレイヤーは3Dモデルではなくマーカーで示され、マップ上のランダムエンカウンターも実装されていません。
今後のリリースにより、マップ上の道路やヘックスの枠、アニメーションするアバタールモデル、エンカウンターなどが実装される予定になっています。

・プレイヤー間のセキュアなトレードシステム

プレイヤー間でアイテムを安全にトレードすることができるようになりました。
今回のリリースではゴールドのトレードは実装されていませんが、近い将来に実現することができるでしょう。

・水上の土地
水上の土地に建物を建築できるようになりました。
建築可能なハウスモデル:
Citizen Cabana, Edelmann Cabana, Knight’s Lighthouse, Lord’s Houseboat, Duke Island Castle, Baron Galleon, and Baron Frigate.

・NPCのあたり判定と挙動の改善
当たり判定の改善により、プレイヤーキャラにNPCがめりこんだりすることがなくなります。
また、プレイヤーが移動している方向を察知して道を空けたり、NPCは戦闘中のプレイヤーからは距離をとるようになるでしょう。

・動物
いままで動物のモデルはUnityのアセットストアで購入したものを流用していましたが、今回のリリースではスキンの変更とアニメーションの改良を施しました。
また、Stag(雄鹿)とクマのモデルは完成レベルまで仕上げることができました。
オオカミやイヌのモデルのリファインはリリース8で披露することができるでしょう。

・プレイヤーハウスのビルトイン照明
プレイヤーハウスにはシャンデリアや壁の燭台など、初期状態から使える照明が導入されます。
プレイヤーが照明を設置しなくても、すぐに最低限の光源を確保することができるようになりす。
また、このビルトイン照明は通常の照明とおなじくON/OFFが可能です。
将来的にはこれらのビルトイン照明をデコレートしたり移動したりすることができるようなりますが、当面は固定の照明として機能することになるでしょう。

・新しいシーン
水上の土地が多くあるプレイヤーハウスの島を訪れたり、大陸マップに存在するThe Graff Gem Minesを冒険することができるようになります。
また、Ravensmoor dungeonの入り口が、人の顔をした洞窟のコンセプトアートを模したデザインのものに変更されています。
The Graff Gem Minesへは、オウルズヘッドのルナリフトから行くことができます。以前のようにキングスポートへは移動しません。

・クラフト
スパイダーシルクや価値の高い金属など、多くの素材が新に導入されます。
また、レシピブックにもそれらの新素材の取り扱い方の説明が記載されます。
さらに新しいレシピも導入される予定です。
さらにレシピブックの内容には木版画調のイラストが挿入されるようになります。

・ライティングの再調整
R6から引き続き昼夜の光のバランスの調整を行っています。

・キャラクターフェイスとスキン

R7ではスキンの向上と新しいフェイスモデルが導入され、以前のフェイスモデルは削除されます。
また、R7では性別ごとに一種類のフェイスモデルしか使用することができません。

・64bit対応クライアント
64-bit OSで使用可能な64bit対応クライアントを用意しました。
より多くのシステムメモリをゲームプログラムに割り当てることができるようになります。
しかし、クロークの挙動が不完全だったり、一部のアセットのローディングの遅延が発生したりする問題が確認されています。

・新プロモーションムービー
E3用で使用されたプロモーションムービーを公開しています。

・新しい出資レベルと特典

6月6日に新しい出資レベルと特典の詳細を発表しました。

・キャラクターカスタマイズの細かい調整

各キャラクターカスタマイズ項目はさらに細かく調整できるようになるでしょう。
R7では目のカスタマイズ行うことができます。

・プレイヤーの土地の権限設定

他のプレイヤーにハウスデコレートの許可を与えたりすることができるようになります。
このシステムはまだ初期段階にあり、後のリリースではさらに洗練されたシステムになるでしょう。

・新しいターゲットハイライト
以前のターゲットハイライトは、カウンターの向こう側にいるキャラクターを正しくターゲットしているかどうか画面上では確認することができませんでした。
今回からはターゲットされたキャラクターは全身がハイライトするようになります。

・NPCの行動
NPCにスケジュールの概念が導入され、さらにアイテムの使用ができるようになりました。
オウルズヘッドでは夜になるとNPCが街灯を点け、夜明けが訪れると消すようになります。
またClinkのガードはあなたのためにドアを開けてくれるようになっています。

・シームレスなウインドウモード
以前はALT+TABでゲームプログラムからフォーカスを外すとログアウトするようになっていましたが、今回のリリースからはシームレスにデスクトップとゲームアプリケーションを行き来することができるようになります。
このオプションを有効にするには、パッチランチャーのオプションから設定を変更する必要があります。(インゲームオプションでは設定不可能)

・NPCの名前とチャットタブ
今回のリリースからNPCのチャットタブは独立したものになります。
さらに、NPCの名前を知るには会話を通じて直接聞き出さなければならなくなりました。

・シーンの名称
コンパスに現在いるシーンの名称が表示されるようになりました。
この機能によって"どこのマップにいるの?"という会話がよりスムーズになることでしょう。

・プレイヤーの土地のストレージコンテナ
自分の土地にストレージチェストを設置できるようになりました。

・Linux環境での動作安定性の向上
メジャーな問題を修正し、リナックスビルドの安定性を向上させました。
ペンギン達もこれで安心!

・新しいプレイヤーハウスモデル
水上の土地の家屋に加え、長屋のモデルとKnight Marshall Keep, Tavern, and the Crafting Pavillionが追加されています。


リリース7では実装されなかった項目


・戦闘について
ランダムディール、デッキ、コンボ、キャラクターの成長はR7では実装されていません。

・パフォーマンス
描画パフォーマンスの最適化はまだ完全ではありません。
古いハードウェアをつかっているマシンではパフォーマンスが落ちたり、アイテム描画数が多い場面ではメモリ管理に難が発生したりする場合があります。
我々は継続的にパフォーマンスの最適化を行っていきます。

・クラフトについて
クラフトはゲームの大枠を担う重要なコンテンツです。
しかし、修理やエンチャント、クラフト時のできあがりの状態、といったクラフトのキーとなる要素がまだ実装されていません。
また今回のテストではスキルチェックが行われない為、あらゆるクラフトの成功率は100%になっています。
実際のクラフトでは成功率にはさまざまな要素が関係してくるようになります。
また、作成したアイテムが望み通りのものであることもありますが、強化を必要とする未完成なアイテムができたり、修理が必要な状態でできあがったりすることもあります。

・ゲームループ
現段階のゲームループは骨組み程度のものでしかありません。
今後のリリースによってゲームループの完成度を高めていきますが、今年の後半に予定されているベータテストまで、完全なゲームループの実装はされないでしょう。

・拡張されたプレイヤーハウジングシステム

地下室やプレイヤーハウスの外装・天井のデコレーションの実装を予定していましたが、R7では実装することができませんでした。
今後のリリースにご期待ください。

・ビジュアルクオリティ

テクニカルアートのスタッフを増員し、グラフィックの強化をおこなっています。
今後もより現行のゲームに見劣りすることのない、ハイレベルなグラフィックをめざして改良を行っていきます。

Sincerely,
Starr Long
aka Darkstarr
Executive Producer

アルファテスト・リリース7のドキュメント



・インストラクション

https://docs.google.com/document/d/1QfDg4d5sa5BSnfcrhFxagDdEVey5mP3g3kkmFBb_R0g/pub

・既知の問題
https://docs.google.com/document/d/1bhfmdcGsUIKfYHgX7m6WlwFDim2m6mvk6gqxngxBLpc/pub


P.S. ダンジョン入り口のコンセプトアートとインゲームのスクリーンショット


P.P.S.
R8からPVPが実装されます。詳細は来週発表予定。お楽しみに!

0 件のコメント:

コメントを投稿