価格$200のゲーム内土地が完売


Shroud of the Avatarでは正式リリース前からゲーム内の土地を販売していますが、今回$200の価格で販売していた家の土地が完売しました。
販売は限定200件で9月上旬から販売開始、11月頃にはまだ100件以上売れ残っていましたが、全品15%オフのブラックフライデーセールで一気に捌けた模様。
ゲーム内容だけでなく開発資金の調達や課金システムも独特のスタイルをもっているShroud of the Avatarですが、これらの試みは概ね順調に推移しているようですね。

現在までに調達した総資金は280万ドルあまりで、Kickstarter終了時からさらに100万近くを上積みした格好。
これは当初の目標金額の3倍近い額になります。
Portararium社によればゲームの開発進捗の様子を見ている"潜在的な"ユーザーがまだ大量に存在するそうで、新規ユーザーの獲得には伸びしろがあると見ています。

0 件のコメント:

コメントを投稿