プレイヤーオウンタウン(PoT)についてのアナウンス

Player Housing Update: 3/4 更新: 誤読部分の内容を修正。あと、段落や改行を読みやすく整形。

PoTの情報に関係するアナウンスが発表されています。
https://www.shroudoftheavatar.com/forum/index.php?threads/player-housing-update-player-owned-towns-player-run-towns-and-water-lots.46411/

全編にわたって専門用語が多いです。なるべく一般的な表現に置き換えてはありますが、システムを把握していないと分かりづらいところが多々あると思われます。というか、訳してる本人もいまいちなんだかよくわかってない、というのが実情なので、細かい点はご容赦ください。どうか御参考までに。

一応先にまとめを書いておくと、

  • PoTの名前とかの細かい変更は手間がかかるので、初回を除いてPoT関係の変更手続きを無料から有料に変更。フォームの提出は慎重に。
  • スタティックPoTはファイナルワイプ以降に実施
  • よって、せっかちなPoTオーナーはダイナミックPoTを選択すべし。というかダイナミックの方が色々と利点が多そう。
  • 住宅不足解消のためにプレイヤー・ラン・タウンという名の住宅用タウンを需要に応じてワールドマップ上に投入。オーナーのいないPoTみたいなもの
  • エピソード1でのPoTの機能は、基本的に現時点より大幅な拡張はされない見込み
  • でもダイナミックPoT用の便利なデザインツールが用意される

---以下アナウンス文の全訳---

先日発表したファイナルワイプのお知らせ&土地優先取得スケジュールの日程発表 について、プレイヤーから多くの質問を受けました。それらに回答するために、ここでトピックを3つに区切って、それぞれの質問にお答えしていこうと思います。

セクション1:PLAYER OWNED TOWNS(PoT):

ゲームへのサポートおよびゲームコミュニティの活性への貢献について、PoTオーナーの皆様方には感謝を申し上げます。まだ未完成であるコンテンツにも関わらず、PoTにこれだけ多大な出資を行ってくれたその忍耐力にも、この場で謝辞を伝えたいと思います。以前お伝えしたとおり、PoTの盛り上がりは我々の予想以上のものとなっています。従来予定していたPoT販売数は20~30程度でしたが、結果的にそれの約十倍もの販売数を達成することができました。

この成功によって、テンプレートベースの静的なデザインのものとして予定されていたPoTのタウンデザインを少し変更することに決定しました。この新しいタイプの街を現在、"カスタム・スタティック"タウンと称しています。その一方で、タウンオーナーが動的に街をフルカスタマイズ&デザインできるダイナミックカスタムシステムも実装しています。これらの動的なシステムによって作られた街を"ダイナミック"タウンと称しています。タウンオーナーはこれらの大きな2つの選択肢を選んで、自分に合ったタウンデザイン手法を開発側に提出してもらうことになります。

PoTのコンテンツは予期せぬ大成功を納め、現在では300を超えるPoTがインゲームに実装されています。しかし、毎リリースごとのPoTに費やす時間の50%が、PoTの名前・場所・テンプレート仕様・街同士間の接続設定、といった項目の再変更処理のために使われてしまっています。皆様から出資して頂いた開発資金を本来の開発用途ではなく、カスタマーサポートの部分に多く費やしているのは、我々としても本望ではありません。

したがって、PoTに関する各項目の変更処理リクエストの効果的なプロセスの用意が現在の急務となっています。これまでは最初のPoTデザイン提出フォームでこれらの基本的な情報を入力してもらっていました。今からは、PoTオーナーは提出フォームを"ロック"することにより、その提出フォームに入力した情報がゲームに反映されることになります。一度提出フォームをロック状態にすると、アンロック(後述)しない限り情報の変更が不可能になります。R28までに"Submit & Lock"ボタンを作成し、提出フォーム画面への実装作業を進めています。提出フォームをアンロックするには、PoTサイズのアップグレードか、サービスバウチャーの購入が必要になります。(情報の変更量が多い場合は、より多くの数のバウチャーが必要になることがあります)

また、リクエストの処理はワイプ時のみに行うこととし、変更の反映に最大で90日間かかるケースもあるでしょう。ファイナルワイプ後のPoTの変更処理は、タイミングに関係無く、いつでも変更の反映が行えるようになるでしょう。また、PoTオーナーの権利の譲渡を行う時は、提出フォームをアンロック状態にしておく必要があります。提出フォームのロックはPoTオーナーにその選択権があり、開発側で一方的にロック処理を行うことは一切ありません。今後追加されるテンプレートやPoT用のツールの登場を待って、納得出来る段階までPoTの提出フォームのロックを行わないという選択肢を採ることもできます。(ただし、将来的にこの仕様を変更しないとも限りません)

今回の提出フォームの使用変更により、PoTテンプレートの解説とスクリーンショットを追加しました。ダイナミックPoTデザインを選択した場合は、PoTに関してなるべく自由にタウンデザインを行えるように、些細な規制項目はすべて撤廃する方向で調整しています。たとえば、NPC用の建物と中のNPCの種類を合わせる必要がなかったり、土地の設置が動的に可能であったりします。

スタティックPoT VS. ダイナミックPoT:
これら2つのタウンタイプについて、それぞれの利点や異なる点を解説していきます。

スタティック:

  • 利点:
    • スタティックPoTたとえば、ご要望があれば街全体を壁で囲うことも可能です。こういったカスタムはダイナミックPoTでは不可能になっています。
    • また、タウンオーナーは住宅用の土地のアンロック作業以外は、PoTデザインのための手間がほとんどかかりません。
  • 手順:
    • PoT提出フォームに記入し、規定のレイアウトを選びカスタムリクエストを書き添えます。
    • そして"Lock & Submit"ボタンを押し、提出フォームをロックすることができます。
    • この際の提出フォームの内容については、Portalariumのスタッフと相談することができます。
    • 提出されたフォーム内容に従って、Portalariumのスタッフがテンプレートを元にカスタムシーンを作成します。これはファイナルワイプ後の作業になります。
  • コスト:
    • シーンは完全にスタティック(静的)なので、ゲームへの実装が終わったあとは一切内容を変更することはできません。
    • また、PoT用のデコレーションアイテムは、スタティックタウンに設置することが不可能になっています。
    • 実装後の内容変更については、サービスバウチャーを購入するか、ダイナミックPoTへのコンバートを行ってください。例外として、PoTのサイズをアップグレードした場合は無料で内容を変更することができます。
    • 現在のところ、スタティックPoTは2016年の8月まで実装作業は行われません。また、実装の間隔は一ヶ月単位になります。
    • スタティックPoT受付の順番は、PoTのサイズが最優先され、購入時期は次点となります。
    • 既存のスタティックPoTに対する内容変更リクエスト(サイズのアップグレードなど)は、スタティックPoTが一通り実装されるまで再開されません。しかし、ダイナミックPoTへのコンバート受付は例外です。
    • すべてのPoTはスタティックPoTの全実装作業が終わるまでは、ダイナミックPoTとして稼働することになります。ダイナミックPoTからスタティックPoTにコンバートする際には、すべての住居と土地の設定がリセットされるので、土地の所有者の設定やPoTのデコレーション作業を1からやり直す必要があります。この際、PoTオーナーは住人に対してこの件を告知・了承してもらうなどの措置を執って下さい。
ダイナミックPoT
  • 利点:
    • ダイナミックPoTはオーナーが常時自由に変更を行うことができます。
      • 土地の位置と方向
      • 土地のサイズ
      • NPCの建物
      • NPCキャラクター
      • シーン内のBGM
      • 壁や敷石、樹木といったPoT用デコレーションアイテム
    • ダイナミックPoTは提出フォーム記入後、次のビルドアップデートでインゲームに実装されます。必要最低限の選択項目は、名前・PoTテンプレート・街の場所、の3つだけです。
  • 手順:
    • ダイナミックPoTオーナーは提出フォームの、街の名前・仕様テンプレート・街の場所・接続する他のPoT・Addon Store Building Selections、の項目を埋めることで完了します。注意:他の記入項目はダイナミックPoTには関係しません。
    • 記入後、"Lock & Submit"ボタンを押し、提出フォームをロックすることができます。
    • ダイナミックPoTは実装まで最高で90日間かかることがありますが、多くの場合、月例のリリースアップデートで実装されるでしょう。
    • 注意:もし現時点ですでにインゲームにダイナミックPoTを所有している場合は、Addon Store Buildingについての記入を行うことができます。(詳しくは後述)
  • コスト:
    • 街は初期状態ではテンプレートの素の状態のままです。
    • ダイナミックPoTは、Portalarium側からは一切のカスタム処理を行いません。たとえば近隣の接続された複数のPoTが同じテンプレートを使用している場合、テンプレートに元から設置されているオブジェクト(ボート・ワゴン・マンホール)の位置はすべて同じなので、各PoTがそれぞれ独自のカスタム作業を行わなければ、接続されたどのPoTを訪れても同じ様な印象を受けることになります。
    • 提出フォームをアンロックするにはサービスバウチャーが必要になります。
ワイプ前・ワイプ後の違い:以下の内容は、ファイナルワイプ前に実装を予定している項目・ワイプ後に実装を予定している項目をリスト化したものです。また、これらのリストにのっていないコンテンツは、エピソード1の時点では実装が予定されていません。さらに、PoTオーナーによるPoT間接続のカスタマイズ機能はエピソード1では実装されないことを、先にここでお知らせしておきます。

ファイナルワイプまでに実装される機能とコンテンツ:
7月に予定されているR32までに実装が予定されている機能とコンテンツのリストを以下に示します。
  • テンプレートの種類・数:
    5つのユニークレイアウトを備えた14種類のテンプレート。シーン環境(※草原・山・砂漠など)は8種類対応予定。
  • PoT運営における権限の設定:
    街の運営に必要な権限レベルを設定できる機能。すでに実装済み。
  • 土地の権限設定:
    各土地を任意のプレイヤーが取得できるようにオーナー(あるいは運営メンバ-)が設定できる機能。既に実装済み。
  • Add-On Store Buildings:
    2016年1月4日より前にPoTを購入したオーナーは、Add-On Store Buildings(※)の中から任意に好きなものを選んで取得することができます。
    ※おそらく、以前は"NPC Buildings"と呼称されていたNPC用のユニークな建物のことだと思われる。(鍛冶屋や裁縫店、ガードタワーなど)。
    訂正: 正しくはPoT購入時におまけでもらえた家DEEDについてのことのようです。御指摘頂いたSaesa氏・Pikuko氏に感謝。

    これらの建物は、オーナーが提出フォームをロックした後にインゲームに登場するでしょう。
    この件に関しては、R29までに実装することを目標にしています。
    また、エピソード1の時点では、アドオンストアで販売しているCityサイズのハウスモデルは2種類しか存在しません。
    Twin Spires ManorとAdobe 2-story Keepの2つです。
    情報の周知が不徹底であったため、Villageサイズ以上のPoTオーナーの中で、Twin Spire Manorではなく、それより小さいサイズのハウスモデルを選択したオーナーは、Adobe 2-story Keepを無料で受け取ることができます。もしMetropolisのオーナーならば、4つのAdobe 2-story Keepsのハウスモデルを受け取ることができます。
  • 舗装路:
    インゲームで舗装用のアイテムをクラフトできるほか、アドオンストア用のバージョンの舗装用アイテムも登場します。
  • ダイナミックタウン:
    すべてのPoTの提出フォームはR30(5月26日)までにロック状態になります。また、ゲームへの実装はR32までに行われるでしょう。
  • ダイナミックタウン用のツール:
    PoTオーナー用のタウンのモディファイツールが用意されます:
    • 土地マーカーの設置: すでに実装済みです。
    • NPC用の建物の設置: すでに実装済みです。
    • PoT専用のデコレーションアイテムの設置: すでに実装済みですが、設置数に上限が設けられています。この上限値は、今後引き上げられ、最低でも設置可能数は2倍以上になるでしょう。
    • シーンBGMの選択: この機能はインゲームのワックスシリンダージュークボックスによって実現される予定です。R28か29での実装を目標にしています。
    • NPCの設置: すでに実装済みです。
    • NPCの名前の変更: すでに実装済みです。
ファイナルワイプ以降に実装される機能・コンテンツ:
  • タウンブレス:
    PoT内にある特定の建物(タイタンの像など)は、その街を訪れたプレイヤーにブレス効果をもたらすでしょう。タウンブレスの効果時間や効能などは、街の人口密度(土地の占有率)に比例して強化されるでしょう。現時点ではタウンブレスに関する詳細な情報をお伝えできません。しかし、ダイナミックタウンのオーナーは提出フォームのロックをためらう必要はありません、ダイナミックタウンならば、いつでもタウンブレスに関する建物の設置や除去を行うことが可能です。 (しかし、変更後にブレス効果が発揮されるまでのタイムラグを設定するかもしれません)
  • ワールドマップ上に表示される街アイコンのビジュアル:
    建物の数や土地の占有率に応じて、ワールドマップ上のグラフィックが変化します。タウン内のオンラインアクティブプレイヤー数に応じて、煙突から煙が上ったり、窓から明かりがもれたりするようになるでしょう。また、ブレス効果の強さに応じて、街のアイコングラフィックにパーティクルエフェクトが強化されるでしょう。
  • テンプレートの種類・数:
    10のユニークレイアウトを備えた20種類のテンプレート。
  • Town Public Gardens(PoT用の共同農園):
    どのプレイヤーでも利用できる共同農園をPoT内に設置して、農業コンテンツを楽しむことができます。PoT用の共同農園は、通常の共同農園の機能が実装後に利用できるようになります。
  • NPCの挙動:
    現時点では、簡単な会話機能とトレード機能がサポートされる予定です。また、ガードNPCはNPCタウンにいるガードNPCのように、PoT内を巡回パトロールする機能を実装する予定です。また、盗みや戦闘行為などを犯したプレイヤーから、罰金を徴収する機能の実装も予定されています。
  • ダイナミックタウン用のツール:
    • フラットな土地のハイライト機能:家屋を設置できる平坦な土地をより簡単に設置できるようになります
    • 土地のスナッピングと整列機能:土地のスナッピング機能(等間隔設置)が実装されます。Rowサイズの土地を並べて設置するときなどに有用なツールとなるでしょう。また、カベやフェンスなどを設置するときにも有用です。
    • 出入り口の場所設定:
      PoTオーナーはリストから出入り口の位置をどこにするか選ぶことができるようになりますただし、オーナーがどこでも好きな場所を出入り口にできるわけではありません(プリセットから選択する方式)。
    • PoT接続ポイント:
      PoTオーナーはリストからPoTの接続ポイントの位置をどこにするか選ぶことができるようになりますただし、オーナーがどこでも好きな場所を指定できるわけではありません(プリセットから選択する方式)。
    • タウンクライヤーの位置:
      PoTオーナーはリストからタウンクライヤーの位置をどこにするか選ぶことができるようになりますただし、オーナーがどこでも好きな場所を指定できるわけではありません(プリセットから選択する方式)。
    • PoT用のデコレーションアイテムと建造物のロックダウン機能:設置したアイテムやガードタワーをアクシデントにより動かしてしまうことがあると思います。この機能により、誤って設置したアイテムを移動させてしまう事故は起こらなくなるでしょう。
    • NPCのビジュアルのバラエティ:NPCの外見(服装・ヒゲ・装備品・髪など)に幅広いバラエティを用意する予定です。
    • 芝刈り機能:PoT内の樹木や草地を任意に除去する機能を実装します。
セクション2:PLAYER RUN TOWN:

プレイヤー・ラン・タウンとは、特定のプレイヤーが所有しておらず、また公式なマップ上にも名前がのっておらず、さらにストーリーにも一切関連しない形態の街のことをいいます。
  • プレイヤーの住宅需要に応じて、NoviaやHidden Valeに"入植地"としての役割を持たせるための街です。
  • シーンはPoTテンプレートをベースにしています。また、様々なシーン環境のものが登場します。
  • プレイヤー・ラン・タウンにはNPCが運営する基本的な施設も存在します。銀行や基本的なスキルを教えてくれるトレーナー、クラフトステーション、クラフト用品のベンダー、一般的な品物を販売してくれるベンダーなどが揃っています。
  • タウン内の土地サイズも様々なものがあり、プレイヤー・ラン・タウンでは特に大きめの土地をフィーチャーしています。
セクション3:水上の土地:
最近行ったこのアナウンスにより、水上の土地の理解について混乱を生じさせてしまったようです。水上の土地についは、2015年秋のExpirationイベントを最後に、現在は全て入手不可能になっていることをあらためてここでお知らせします。

水上の土地(Water Lot):
水上の建築用の土地(Water Lot)は、海岸、桟橋、港などに設置されています。水上の土地のサイズはVillage、Town、Cityの3種類です。
  • 水上の土地を取得するには、Founderの土地DEEDが必要です。このDEEDを手に入れるには、早期出資者でかつCitizenレベル以上の出資を行う必要がありました。
  • 水上の土地はほとんどの街に用意されており、湖や河川、海や運河など、水辺周辺に探せば見つけることができるでしょう。
  • PoT内に存在する水上の土地は、現在のところシーン内の海岸線付近にしか存在しません。将来的に、ファイナルワイプ以降に人工の港や桟橋付近にも水上の土地を用意できるように開発計画を進めています。
島の土地(Island Lot):
島の土地は通常の水上の土地よりも大きな敷地を持ち、なおかつ水辺のすぐ近くには存在しない土地です。
これらの土地はKeepサイズ・Castleサイズの大きさで、水辺より少し離れた場所に存在します。
  • 島の土地を取得するには、Founderの土地DEEDが必要です。このDEEDを手に入れるには早期出資者でかつDukeレベル以上の出資を行う必要がありました。
  • 主に海辺付近に島の土地は設置されています。
  • Water Lotと違い、水上の島を丸ごと所有できるので、Water Lot専用のハウスモデルではなく、通常のハウスモデルを建築することが可能です。
  • 現在のところ、島の土地はゲーム内には存在していません。これは内部での技術的な問題を修正する必要があるためで、スケジュールではR29での実装を現在予定しています。
水上の土地用のハウスモデル(船):
これらのハウスモデルは水上の土地(Water Lot)にのみ建築が可能です。
  • Village Size:
    • Waterfront Cabana (Citizen)
    • Waterfront German-Style Cabana (Edelmann & Edelmann – All Digital)
    • Waterfront Lighthouse (Knight)
  • Town Size:
    • Waterfront Houseboat (Lord)
  • City Size:
    • Frigate (Baron 1)
    • Galleon (Baron 2 & 3)
    • Waterfront Castle (Duke)
島の土地(Island Lot):
島の土地に建築可能なハウスモデルに制限は設けられていません。どのハウスモデルでも建築可能です。上述の通り、現在のところこの要素はまだゲームには実装されていません。
  • Duke Island (Duke)
  • Lord of the Manor Island (Lord of the Manor 1 & 2)

2 件のコメント:

  1. takaさま
    なんとか戻って参りました、Pikukoです。
    対象がわたししか居なさそうな日本語訳を行ってくださり、誠に感謝しております。
    わたしなりに把握している点のご報告させていただきます。

    > ・アドオンストアで販売している建物
    (中略)
    > 2016年1月4日より前にPoTを購入したオーナーは、Add-On Store Buildings(※)の中から
    > 任意に好きなものを選んで取得することができます。
    この点はPoT購入に付随するもので、過去現在に販売されたAdd-On Store Buildingの一部が受け取れます。
    用途は販売されていた(いる)ものと同じく、プレイヤーロット用の家として用いることができます(はずです)。
    わたしはHoldfastなので、Villageサイズ以下のものを1つ選択できております。
    受け取りはSubmit&Lockの後ですが、PoT Submission Formに以前より選択肢が示されております。
    (ご参考:http://i.imgur.com/a6cgmJ5.jpg)

    > ※おそらく、以前は"NPC Buildings"と呼称されていたNPC用のユニークな建物のことだと思われる。
    > (鍛冶屋や裁縫店、ガードタワーなど)。
    NPC用の建物は現在、インゲーム内でPoTに設置できるアイテムとして任意に配置することが出来ます。
    (わたしのPoTはまだSubmit&Lockしていないので、自由に選択することが出来ます)
    なおこの点は前項とは違い、以前はSubmission Formで指定する必要がありました。

    > ・ダイナミックタウン用のツール
    (中略)
    > この上限値は、今後引き上げられ、最低でも設置可能数は2倍以上になるでしょう。
    こちらはBuild 385の「Doubled the number of POT Decoration Limits」によって実装されました。

    以上のご報告をさせていただきます。

    現在Misikaでは、Saesaさんが利便を目的に利用していただいております。
    もしtakaさまもご所望であれば、すかさずご用意いたしますのでいつでもご用命ください。
    長文失礼いたしました。

    返信削除
  2. おひさしぶりです&復帰おめでとうございます!

    PoTオーナー当時者の方からの御意見は本当に貴重なので、気になった箇所があればバンバンお知らせください。
    今回御指摘いただいたAdd-on Buildingに関する誤っている部分を早速修正させていただきました。ありがとうございます。

    最近SotAのプレイはあまりアクティブでなく、実はまだR27になってから一度もINしてない状態です。再開時にはぜひMisikaにも立ち寄らせていただきます。
    パッチ情報とかの訳も、実際にプレイしてないと正確なところがわからなかったりするので、なるべく色々なコンテンツをプレイすることを心がけたいですね…(R26ではエルフから強奪した武器を鉄クズにして売りさばくことに全情熱を傾ける始末)

    返信削除