2015年Q3(7~9月期)のリリーススケジュール

2015Q3

スター・ロン氏により2015年Q3の予定が発表されています。
https://www.shroudoftheavatar.com/forum/index.php?threads/q3-2015-schedule-update.33004/


RELEASE 20, July 30, 2015

  • フルワイプ:
    アイテムのシステムのアーキテクチャを根本的に変更するため、R20ではデータの完全なワイプが行われます。プレイヤーのみなさんにはご不便をおかけする ことをお詫びします。今回のフルワイプはアドオンストアのアイテムをクレジットに還元しておく良いチャンスです。もしクレジットに還元しない状態で、 R20が始まってから一度でもログインしてしまうと、アドオンアイテムはロックされ次のワイプまでストアクレジットに還元することができなくなってしまいます。
  • 戦闘用のペットとテイミング:
    クリーチャーをテイムするシステムと、そのクリーチャーを戦闘に参加させることができるようになります。
  • エンカウンターシステムの改善:
    ランダムエンカウントシステムが改善され、敵の待ち伏せのシナリオ以外にも、色々な種類のものが追加されます。さらにワールドマップ上を徘徊するエンカウ ンターが登場し、それらのシンボルに触れた際には強制的にエンカウンターシーンに引き込まれることになります。また、これらのシンボルは移動により回避することも可能です。
  • プレイヤーベンダー:
    自分の敷地内にベンダーを設置し、アイテムを販売することができるようになります。
  • スペルとスキル:
    スキルツリーの拡張を行い、さらに新しいスキルの導入も行います。また、既存のスキルバランスも見直され、今まで効果の薄かったスキルも使えるものになるでしょう。
  • マップ:
    Perennial Coastのシーンに動的なスポーンシステムと、夜間スポーンの導入を行い、クオリティの向上を図ります。また、新しいシーンのCrags FoothillsとDesolate Hillsが登場します。
  • プレイヤーオウンタウン:
    島のタウンテンプレートが登場します。Duchy of Dara Braeがその最初のテンプレートの街のオーナーとなります。
  • クリーチャー:
    最初の大型クリーチャーとしてTrollが登場します。いままでのサイズの敵とはまったく違った戦闘体験となるでしょう。
  • クラフト:
    テイラーやアルケミストはテイミングカラー(首輪)を作成することができるようになります。 。さらに、武器やシールドにも素材の色が反映されるようになります。
  • プレイヤー製の本:
    この機能はさらに拡張され、印刷(コピーの作成)が可能になり、デコレーションアイテムとしても使うことができるようになります。

RELEASE 21, August 27, 2015:
  • クラフト:
    クラフトスキルが実装されます。クラフトスキルは作成時の結果に影響を与えるようになるでしょう。さらに、プレイヤーはアイテムを素材に還元したり、パーツに分解することができるようになるでしょう。
  • 戦闘:
    カバーシステム(相手が障害物に隠れている時に攻撃力と防御力が変化する仕様)が実装されます
  • マップ:
    Perennial Coastのシーンの向上を続けます。また、砂漠の街DesolisやChamber of SOulsのダンジョンなど、ストーリーに関係する新しいシーンも登場します。
  • エモートティーティング:
    エモートコマンドを他のプレイヤーに教えることができるようになるでしょう。出資特典限定のエモートなど、いくつかのエモートコマンドはオリジナルの所持 者からしか教わることができません。エモートのティーチングはセキュアなトレードを介して行うことができます。
  • プレイヤーオウンドタウン:
    テンプレートの拡充と新たなプレイヤータウンをゲームに実装します。
  • クリーチャー:
    ドラゴンが初めて登場します! Burninating will begin. アバタール諸君、火炎の竜Trogdorの出迎えの用意を!
  • ローカライゼーション:
    クラウドソーシングによるゲームのローカライズが開始されます。様々な言語に対応する予定です。
  • 天候:
    最初の天候の変化として雨と雪が導入されます。どの天候になるかは、季節毎に変化するでしょう。
  • スペルとスキル:
    新たなスペル・スキル・コンボが実装されます。
  • コントロールポイント:
    もしこのシーンが敵側に占拠されてしまうと、強制エンカウントポイントに変化します。

RELEASE 22, September 25, 2015

  • マップ:
    Perennial Coast、Shardfall、Graff Gem Minesのシーンの向上を行います。さらにストーリーに関係するEtceterの街やArtificeのダンジョンも新登場します。
  • ハウジング:
    土地の所有者に税金を納める義務が発生します。(出資特典の免税土地Deedの場合を除く) もし税金を納めることができない場合は、土地の所有権を失い、家の中のアイテムやデコレーションのすべてが最寄りの銀行へと移送されます。
  • クリーチャー:
    新しいクリーチャーとして、Chaos DemonやWispが登場します。
  • ギルドウォー:
    ギルド同士で宣戦布告を行うことができます。
  • 楽器:
    プレイヤーはインゲームの楽器を演奏することができるようになります。
  • フィッシング:
    プレイヤーは魚を釣ることができるようになります。
  • クラフト:
    クラフトテーブルのクオリティや場所、暦などがクラフトの結果に影響を及ぼすようになります。
  • プレイヤーオウンドタウン:
    テンプレートの拡充と新たなプレイヤータウンをゲームに実装します。

この素晴らしいコミュニティからの変わらぬ厚い支援に、我々は感謝しています。
我々は皆さんからの出資金やフィードバックを最大限に活用し、プレイヤー全 員の期待に応えられるようなゲームを作ることを目指しています。
皆さんに感謝するとともに、いつかニューブリタニアで皆さんとお会いできる日を願って止みません。

以前投稿したポストをもう一度ここに引用し、我々のスケジュール進行の枠組みを皆さんにお知らせしたいと思います:

---------------------------------
クラウドファンディング・クラウドソーシングは非常に重要なものです。
そして、現在の開発状況を広く出資者達に知ってもらうことも同様に重要です。
これは従来の開発モデルにはなかったスタイルです。
従来のゲーム開発では開発チーム内部でゲームを完成させてから、プレイヤーにその内容を公開するようにしていました。
しかしそれではプレイヤー達の意見をゲームの開発段階で盛り込むことが難しくなります。

Shroud of the Avatarでは従来の開発モデルを脱し、出資者へゲームの開発情報を広く公開し、さらに開発途中のゲームそのものへの早期アクセスを実現しました。
早期アクセスを決断したのは、幅広いユーザーからゲームに対するフィードバックを集めるためです。
内部テストだけで分かることは限定的であり、テストを通じて多くのユーザーが希望する仕様を拾い出すことが大切です。
もちろん、多数決が常に正しいとは限らないことも我々は分かっているつもりです。

現在の計画では月毎に新しい仕様のテストバージョンをリリースし、ユーザーからのフィードバックをもとに、製品版で採用する仕様を決定することにしています。
みなさんの全てのプレイとそれに費やしてくれた時間に我々は感謝しています。
我々はプレイヤー達のために、ゲームのダウンロード方法からバグ報告の方法まで、さまざまな情報を提供していきます。
そしてリリーステストごとに得られたフィードバックやデータを分析し、今後の開発プランの進行に柔軟に反映させていきます。
ゲームデータはリリースごとにデリートされる可能性があることもご承知おき下さい。

また、すべてのデータ、予定期間、実装項目は変更されることがあります。
----------------------------------

Sincerely,
Starr Long
Executive Producer
Shroud of the Avatar






0 件のコメント:

コメントを投稿