アーリーアクセス・リリース44 要綱

R44 youkou

日本時間7月270:30AMからリリース44が実施されます。

期間中には様々なプレイヤーイベントが開催される予定です。
イベントカレンダーが以下のファンサイトで公開されているので、興味のある方はチェックしてみてください。

http://avatarscircle.com/community-events
http://sotaevents.com

公式情報(英語)

Player Instruction

Known Issue

PatchNotes

日本語版(非公式)予定地

プレイヤーガイド非公式日本語版

既知の問題非公式日本語版

パッチノート非公式日本語版(勝手ながら、しばらくの間パッチノートの和訳はおやすみさせていただきます)

-----------------------

変更点のハイライト

Forsaken Virtuesのストーリー完結:
Destiny Pool, The Confluence Chamber, final audience with the Oracleの実装により、オラクルのストーリーライン(Path of Oracle)が完結しました。これでプレイヤーはEP1のストーリーコンテンツを最初から最後まで、通しでプレイすることが可能になりました。R45では勇気のストーリーラインのOutskirtsシーン(Highvale Outskirts)と真実と勇気のストーリーラインのサイドクエスト、いくつかのビジュアル改善とバグフィックスの実施を予定しています。また、ストーリーフラグをリセットできるトークンも配布を予定しており、キャラクターはそのままにもう一度ストーリーコンテンツを最初からプレイすることができます。

ドレッド・アーティファクトとShroud of the Avatar(ネタバレあり):
プレイヤーは3原理のストーリーラインとオラクルのストーリーラインをクリアすると、それぞれのストーリーラインの中で強力なアーティファクトを手に入れることができるでしょう。これにはShroud of the Avatarと、以下の3つのドレッドアーティファクトが含まれます。
:the Bone Steel Crown, the Heart of Sorrows, and the Scepter of Dread.
ドレッドアーティファクトはユニークかつ強力なスペルを使用することが可能になりますが、それには大きな犠牲を伴うことになります。The Shroud of the Avatarはアバタールの現在の徳のステータスをビジュアルに反映する装備ですが、実はほかにも隠れた力が秘められているというウワサもあります。

新しいシーンとシーンの改善:
今回のリリースでは、ワールドビルディングとシーンの改善に大きくリソースを割いています。まず、最後のColossusシーンである、Grannus Colossusを実装しました。また、オラクルのストーリーライン完結と共に、Destiny Pool, Confluence Chamberを実装しています。さらにHallowed Plainのシーンもリビルドされ、コボルド達に占拠された古戦場という設定がフィーチャーされています。真実のストーリーライン中の都市、Aerie, Jaanaford, Vertasもビジュアルの改善が行われています。Bllod River Outskirtsのシーンも見違えるほどに改善されています。さらには多くのシーンでガードが機能するようになり、窃盗に対して懲罰金を課すようになっています。

レンタルシステム(Rent):
土地のオーナーは、他のプレイヤーに対して"Tenant"パーミッションの権限を与えることが可能になります。このテナント権限によって貸し出された場所は、GuestからCo-Ownerといった従来の権限レベルに関係無く、借り手にとって安全にアイテムを保管できる場所となるでしょう。テナント権限の場所に置かれたアイテムはそのテナント権限を持つプレイヤーにのみアクセスが許可されています。もしテナント権限が取り消されたり、貸し出された土地が何らかの理由により消滅してしまった場合も、テナント権限により借りていた場所にあったアイテムはすべて借り手の銀行へ自動的に移送されます。また、個々のドアにもこの権限レベルの設定付与が可能になっており、部屋単位・建物単位での貸し出しが可能になっています。

このAIの実装において、Dev+のテスターの方々には多大な各種フィードバックを行っていただきました。この場を借りて大きな感謝の意を表しておきたいと思います。また、この要綱記事の記述に関して、いくつもの有用なフィードバックをいただいたことにも感謝を申し挙げます。ユーザーからのフィードバックにより、この記事の記述や内容も、元の原稿の内容よりずっと読みやすく、そして分かり易くなっています。

ロンチが近づきつつありますが、ゲーム内容は今までと変わらずコンスタントに変化していくことになります。 これらゲームシステムの変化をプレイヤーの皆さんにここで告知するとともに、新しいコンテンツを皆さんに試してもらえる手助けとなれば幸いです。全てのゲームについての新しい情報は、この投稿とインストラクション・既知の問題のドキュメント内で説明されています。プレイヤーの皆さんからの質問に答えたり、あるいは既知のバグについての重複したリポートをさけるためにも、プレイヤーの皆さんはこれらの情報に目を通して頂く必要があります。

ユーザーの皆さんがこれらの情報のためにわずかに時間を割いてもらえるだけで、既知の問題に対する対応の時間を削減でき、未回答の新たな問題や致命的なバグに対処することに集中することが可能になります。我々はプレイヤーの皆さんにこの投稿に目を通してもらえることに感謝し、またこのことが今後のゲームに関するフィードバック作業に多大な恩恵をもたらすことを嬉しく思っています。

今後も我々はリリース毎に新しいコンテンツを提供していきますが、それ以外にもコミュニティユーザーの皆さんで企画したイベントに参加して楽しむこともできます。ぜひユーザーイベントのカレンダーもチェックしてみてください。(ゲーム内のアイテムにもプレイヤーイベントのスケジュールを紹介する本があります):Avatars Circle). また、オフィシャルの最新イベントの開催情報もメインウェブサイトにて確認することができます。

今回のリリースで新しく導入されたコンテンツは以下の通りです。

記事中のフォントが表す意味について:
  • プレーンテキスト: :以前発表した実装予定項目と同じ内容のテキスト以前発表した実装項目には文字装飾が行われていません。
  • イタリック: :予定表には無かった新しい実装項目・備考
  • 打ち消し線: :今回のリリースでは実装することができなかったものの、将来的には実装予定となっている項目 です
RELEASE 44, July 27, 2017

  • ストーリー:
    オラクルのストーリーラインのDestiny Poolの実装やGrannus Colossusのシーンの改善を行います。オラクルのストーリーラインはEP1のストーリーの核心となる部分であり、3つの原理のストーリーラインをクリアしないとプレイすることができません。ゲーム導入部分の新しい延長シーンとなる、Blood River Outskirtsの改善作業が行われます。また、真実のストーリーラインでプレイヤーが訪れる街(Aerie, Vertas, Jaanaford)のビジュアルアップデートを行います。地形や植物など、街全体の景観のアップデートが行われるでしょう。また、Hollowed Plainsなど、Novia大陸北西の地方にあるいくつかのアドベンチャーシーンも改善が行われます。
    • オラクルのストーリーライン:
      The Destiny Pool, Confluence Chamber, オラクルとの対面など、オラクルのストーリーライン(The Path of the Oracle)がすべて完成しています。また、Confluence Chamberは地下ネットワークに接続しています。
      (ネタバレ注意):
      Dire Prophecyのページとレンズを全て収集したあと、Destiny Pool内のConfluence Chamberへと進み、Dire Propheciesの本を復元することができるようになっています。その後、オラクルから"Shroud of the Avatar"を受け取り、EP1のストーリーは完結します。
    • Grannus Colossus:(ネタバレ注意):
      3原理のストーリーラインはすべてプレイ可能な状態に仕上がり、オラクルのストーリーラインの改善作業を行っています。各Colossusのシーンは、タイタンやオラクルと関連するストーリー上重要なものになるでしょう。現在、Oracle, Boreas, SequannnaのColossusシーンがすでにリリースされています。R44では最後のColossusシーンが実装されます。:Grannus Colossus. このシーンは前回まで他のシーンのクローンで代用してきましたが、今回は完全にリビルドされ新しいものに生まれ変わっています。
    • Hallowed Plains:
      Boundless Forestの裾野にあり、荒れた街道に面した側の地域をHalowed Plainと読んでいます。かつて大規模な戦闘が起こった場所であり、人々はこの土地に畏怖の感情をもっています。しかし、コボルド達はそういった感情を抱いて折らず、人間達の反発にかまわずこの土地の開発に着手しようとしています。このシーンは今まで他のシーンのクローンを使って代用していましたが、R44では新規シーンとして生まれ変わります。
    • Blood River Outskirts Polish:
      Blood RIver Outskirtsのシーンにはサイドクエストや毎日繰り返し受けることのできるお使いクエストなどが追加されています。また多くのバグ修正と全体的なプレイアビリティとバランスの改善を行っています。
    • 真実のストーリーライン中の都市の改善(Arrie, Jaanaford, Vertas):
      真実のストーリーライン中のコンテンツほか、ストーリーとは関係無いビジュアル部分のアップデートも行いました。R44では、真実のストーリーライン中で訪れる以下の3つの都市のアップデートが含まれています。:Aerie, Vertas, and Jaanaford. これらの3つの街には、真実のテーマカラーである青色が強調されており、真実のシンボルである本・図書館、真実のタイタンなどのビジュアルもアップデートされています。また、他の全体的なビジュアルアップデート(地形や植物など)も行われています。
    • NPCガードが盗みに対して懲罰金を課すように:
      スリの現場をNPCに気付かれると、ガードを呼ぶようになります。そしてガードはプレイヤーを取り押さえ、盗もうとした品物のバリューの100倍の懲罰金を課すようになります。R45ではもしプレイヤーが懲罰金に対して手持ち金が足りない場合は、自身の"犠牲"(ドレッドアーティファクトのメカニズムの項目を参照)によってそれを購うことになるでしょう。
    • 勇気のストーリーラインのクオリティアップ:
      勇気のストーリーラインに多くの改善を施しました。とくにValhod、Valhold Palace, Battle Campシーンでのクエスト絡みでの会話で、改善を体感できると思います。
    • NPCの会話と会話中の動作:
      NPCは会話時にはよりプレイヤーに対して集中してくれるようになります。これにより、会話の途中でいきなり話を打ち切ってどこかに去ってしまう、という挙動はしなくなっています。NPCが仕事にでかける or 家に帰る途中の場合は、会話中にプレイヤーに対して自分が急いでいる旨を伝え、30秒後に自動的に会話モードが終了するようになっています。また、攻撃を受けるなど、緊急事態発生時にもNPCは会話を打ち切るようになります。
    • Vertas NPCs:
      VertasのNPC達にユニークネームと会話、挙動が設定されました。
    • Aerieでのファストトラベル:
      Aerie内の主要な出入り口に、ファストトラベル用のサインポストが設置されています。
    • Imps:
      インプが登場するシーンが少なくなります。これは、インプがよりユニークな挙動である、ゴールドスティールを行うようになるからです。R44ではこれらの変更を行うとともに、以下のシーンにもインプが登場するようになります。 Blood Bay, Sunless Barrens, Penmawr Island, Shaminian Hills, and Sequanna Colossus
    • Opalis Vault:
      Opalis Ruinsの地下は、地下ネットワークと接続するようになります。
    • Demig’s and Ferig's Battle Camps:
      これらの2つのキャンプの場所は、ストーリー設定に沿った場所に変更されます。Ferigのキャンプは北へ、DemigのキャンプはSkrekkにより近い西へ移動しました。
    • Overworld Stag Encounters:
      旅の途中では気を付けるように!ワールドマップ上のStagのシンボル遭遇時に、ランダムな確率でObsidian Stagかドラゴンが出現するようになります。
    • ワールドマップ上でのトロルとのエンカウント:
      Aldhaven行きの道を塞いでいたトロルは撤去されています。
    • Celestis:
      R43ではCelestisの街にPerennial Coastのテーマである"ショーグンのテーマ"を適用しました。この際に銀行とクラフトパビリオンの位置を誤って変更してしまいました。現在、この問題は修正されています。
    • Etceter Crag Mines:
      坑内のメインパズルが長い間機能しないままになっていたのを修正しました。
    • Brittany Sewers:
      Brittany Graveyardからカタコームセクションにアクセスできるようになりました。しかし、そのためにはパズルを解く必要があります。
    • Oracle Colossus:
      このシーンはNightshade Passと接続するようになりました。以前のNoviaへの出口はNightshade Passへ通じるようになっており、また、Noviaへ通じる新しい出口もシーン東側に設置されています。
    • The Fall:
      The Fall内にある+300 attunementsのマジックガスの仕様を変更しました。このバフ効果を得るためには、プレイヤー同士の協力が必要になるでしょう。
    • 街の包囲戦(タウンシージ):
      地平線より下にある天体運行の状態が、シージイベント発生に関連していなかったバグを修正しました。
      シージ下の状況で下水道から街の中に入ろうとした時に、街ではなくシージシーンに入ってしまう不具合を修正しました。
    • ルナリフトのコンパスアイコン:
      新しいルナリフトがR43に導入されました。今回それらのルナリフトが正常にコンパスにアイコンとして表示されるようになっています。
    • 破壊されたタイタンの像:
      タイタン像の破壊されたバージョンを作製し、各シーンにデコレートとして設置しています。
    • 室内照明とランプライター:
      NPCが室内照明を消すことはなくなります。
    • Harvest・Estgard間のトラベル:
      Harvest内にあるEstgard行きのテレポーターを削除しました。プレイヤーはHarvestからEstgardまで、ドックにいるフェリーマンのKharyに話しかけることで移動することができます。ワールドマップ上のHarvest・Estgard間のボートテレポーターは削除されていません。
    • スイッチ類のシステム改善:
      マルチプレイヤーゲーム時のスイッチ類の挙動を改善し、各プレイヤーが違うタイミングでシーンに入ってきたときにも、ちゃんとスイッチ類が作動するように修正しました。トラップやドアの動作が改善されています。しかし、まだゲーム中すべてのシーンにアップデートが適用されていないので、場所によっては挙動が従来のままの場所もあります。R45で全シーンのスイッチがこの新システムに切り替わる予定です。
    • 銀行のメールボックス:
      R44ではすべての銀行にメールボックスが備えつけられます。以下の都市の銀行にもこの変更が適用されています。 Harvest, Estgard, Port Graff, Soltown, Jaanafard, and Kiln.
    • 空の修正:
      すべてのシーンで、空の描写が想定通りに行われていなかったバグが発覚しました。特に、月が表示されない、天気と連動するはずの雲の変化が起こっていない、Astrolabeが星座を正しく表示しない、といった現象が起こっていました。これらのバグはすべて修正されています。
    • シーン内のバグフィックス:
      以下のゲーム内のシーンの修正が行われています。 スタックポイント、浮いているオブジェクト、欠けているオブジェクト、効果音の適切な再生や、NPCの経路、街の表示ラベル、アクセスできない鉱石ノード、当たり判定が正しく設定されていない箇所、蘇生アンクの誤った場所に設置や、設置自体が行われていない箇所の修正、地面をすり抜けて落下してしまう箇所の修正などが行われています。:
      • Aerie
      • Ardoris
      • Battle of Highvale
      • Battle of Solace Bridge
      • Blood Bay
      • Blood River Massacre
      • Boreas Colossus
      • Brittany Central
      • Brittany Estates
      • Brittany Sewers
      • Celestis
      • Crag Foothills
      • Deep Ravenswood
      • Desolate Hills
      • Desolis
      • Elad’s Lighthouse
      • Estgard
      • Etceter
      • Etceter Crag Mines
      • Graff Gem Mines
      • Graff Island
      • Harvest
      • Highvale
      • Isle of Storms
      • Jaanaford
      • K’rawl
      • Kas Ruins
      • Kingsport Sewers
      • Libris Ruins
      • Malice
      • Midras Ruins
      • Moors of Northshore
      • Nightshade Pass
      • Oracle Colossus
      • Paladis Passage
      • Resolute
      • Rhun Ruins
      • Sequanna Colossus
      • Serpent’s Spine Mines
      • Skrekk
      • Solace Bridge
      • Soltown Catacombs
      • Southern Grunvald Barrens
      • Spectral Mines
      • Spindrift Passage
      • Spite
      • The Epitaph
      • The Fall
      • Valhold
      • Verdantis Mines
      • Verdantis Shardfall
      • Vertas
      • Wyrmsands
      • Xenosの街
    • クエストリセットの延期:
      ストーリー進行にバグがないかチェックするために、ストーリー・クエストフラグのリセットはR45で行われます。
  • 動作パフォーマンスの改善::継続して、ゲームの動作パフォーマンスとクライアントの安定性、フレームレートの改善、メモリ効率、ロード時間の改善作業を行います。
    • ゲームパフォーマンス改善の延期:
      R44では機能実装とバグフィックスに時間を取られたため、当初想定していたパフォーマンス改善作業を実施することができませんでした、したがって、R44の動作パフォーマンスはR43と同等のものとなっています。動作パフォーマンスの改善はR45とR46で実施される予定です。
  • PoTについて:
    PoTをダイナミックタウンに変更し、提出フォームをロックしたPoTは変更が反映されるでしょう。
    • 布鎧とアーマーのデコレーション:
      85の装備品が新たにデコレーションとして設置できるようになりました。以下の主なアイテムの名称のリストを掲載します。:
      • Aeronaut Suit
      • Ballet Outfit
      • Kilts
      • Rotten Armor
      • Satin Bodice
      • Wings
    • Viking Wooden Palisade Castle Walls:
      NorgardとVerdantis地方にバイキングバージョンの城用の柵が登場します。これらのキットはアドオンストアで購入することができます。
    • Shogun Ship City Water Home (and Drydocked Version):
      アジアをテーマしたショーグンシップの水上家屋が登場します。上下に2つずつデッキがあり、この構造が広いリビングスペースを作りだしています。また、目立つ赤い帆を備えています。これらのモデル(ドライドックバージョンもあり)はアドオンストアで購入することができます。
    • Gazebo:
      芝生によく似合うこのガーデンデコレーションはアドオンストアで購入することができます。
    • ファイアエレメンタルのスタチュー:
      エフェクト付の火エレスタチューが実装されました。サマーテレソン2017で$5特典の資格をもっているプレイヤーは、bankでclaimすることで入手することができます。
    • 土地予約システムのバグ修正:
      R43で、PoTの土地予約システムが機能していないことがバグとして知られていました。R44ではこの問題は修正されています。
    • PoTのStewardsとデコレーション:
      StewardはPoT内にデコレーションを設置することができるようになります。
    • 地下室の状態の修正:
      オフラインモードでしか地下室が購入できないバグが発生していました。現在はオンラインモードでも地下室の購入をHome Merchantsから行うことができます。
    • 家と家具のバグフィックス:
      以下のハウスモデルに関する様々なバグを修正しました。:
      • Adobe 2-Story with Upper Deck
      • Adobe Stables
      • Banners
      • City Stone Arena Basement
      • Copper Longswords
      • Druid Tree Home
      • Duke Keep Water Home
      • Elven Hill Home
      • Elven Mage Staff
      • Elven Wardrobes
      • Flame Scimitar
      • Flame Stained Glass Lamp
      • Founders Knights Keep
      • Frosted Lamps
      • Grand City Chateau
      • Hafted Axe
      • Harpshichord
      • Knight Marshal Benefactor
      • Kobold 3-Story w/ Left Alcove Row Home
      • Large Vase
      • Long Club
      • Long Spiked Club
      • Lord of the Manor Keep
      • Obsidian Village Tower
      • Ornate Canopy Bed
      • Ornate Skull Candle
      • Potted Mushrooms
      • Potted Roses
      • Pristine Gothic Mansion
      • Radiant Energy Capacitor
      • Royal Warrant
      • Shingle Roof 2-Story w/ Balcony Village Home
      • Shingle-Roof 2-Story w/ Balcony Row Home
      • Stone 2-Story Row Home
      • Stone Bear Statue
      • Stucco 3-Story w/ Left Alcove Row Home
      • Viking 3-Story w/ Left Alcove Row Home
      • Viking 3-Story Stronghold
      • Wizard Tower
      • Wood and Plaster 2-Story with Balcony
      • Wood and Plaster Inn
    • R43の土地DEED抽選について:
      今回の抽選は7月27日に行われ、そのすぐ後に当選者が発表されます。また、当選者へのDEEDは次回のリリースで配布されます。
      • Place Anywhere Deeds (10):
        • Row: 5
        • Village: 3
        • Town: 1
        • City: 1
      • Player Owned Town Deeds (10):
        • Row: 5
        • Village: 3
        • Town: 1
        • City: 1
    • R44 Lot Deed Raffle Tickets:
      第12回土地抽選の結果について例によって、抽選チケット(Raffle tickets)はインゲームでゴールドにより購入することが可能です。一人のプレイヤーにつき、各DEEDにつき1枚ずつしか当選のチャンスはありません(=最大でもAnywhere DEEDとPoT DEEDが1枚ずつ)抽選と当選者発表は次回のリリースで行われます。
      • Place Anywhere Deeds (10):
        • Row: 5
        • Village: 3
        • Town: 1
        • City: 1
      • Player Owned Town Deeds (10):
        • Row: 5
        • Village: 3
        • Town: 1
        • City: 1
    • 新しく追加・アップデートされたダイナミックPoTは以下の通り:
      • Aelasar's Forest: Upgraded to Crossroads Village. Interconnection (with Brittany Alleys).
      • Ahnen Hain: Converted to Forest 01c. Upgraded to Crossroads Village. Interconnection (with Astrum).
      • Caer Dracwych: Upgraded to Hamlet.
      • Dara Brae: Upgraded to Village. Interconnection (with Twin Traders).
      • Dark Hart: Upgraded to Hamlet.
      • Dawn's Keep: Upgraded to Metropolis.
      • En Nox: Upgraded to Hamlet.
      • Fallin' Green: Converted to Forest 01c. Upgraded to Town. Interconnections (with Oceania and Painted Caves).
      • Festival: Upgraded to Village.
      • Findupre: Changed location.
      • Forgewright: Upgraded to City.
      • Highland Keep of Clan MacDaddy: Converted to Grasslands 01. Upgraded to Hamlet. Changed nested interconnection to within Soltown.
      • Honor Hold: Converted to Forest 01b. Upgraded to Village.
      • Insulam de Nocte: Upgraded to City.
      • Isla de Muerta: Upgraded to City.
      • Isle of Xee: Upgraded to Village.
      • Justice Hold: Renamed (formerly Isle of Mists). Ownership changed. Interconnections (changed nested interconnection to within Crossroads; removed Sequanna's Peace and Granite Gardens).
      • Knight's Watch: Upgraded to City. Interconnections (with Kingswood, Littlecreek, Forewind, Dara Brae, Beregost, and Jade Island).
      • New Fawn: Upgraded to Village.
      • Oracle Oasis: Upgraded to Crossroads Village.
      • Outlander Welcome Center: Upgraded to Village.
      • Rauchbier Platz: Upgraded to Town.
      • Reed's Glen: Upgraded to Town.
      • SeaHaven: Renamed (formerly Recluse). Converted to Forest 01c. Ownership changed.
      • Sunset Shimmer: Renamed (formerly Twilight Sparkle). Converted to Grasslands 01a. Ownership changed.
      • Tempest Reef: Upgraded to Village.
      • Tenebrae: Upgraded to Crossroads Village.
      • Twilight Sparkle: New addition.
      • Twin Traders: Upgraded to Hamlet. Interconnection (with The Brave Coast).
      • Ullr Ridge: Renamed (formerly Green Acres). Converted to Snowy Mountains 01. Ownership changed.
      • Zerpville Bay: New addition.
  • レンタルシステム(Rent):
    土地のオーナーはテナント権限をプレイヤーに付与することができるようになります。また、ドアにもテナント権限を設定できるようになります。
    • テナント権限:
      土地のオーナーは、他のプレイヤーに対して"Tenant"パーミッションの権限を与えることが可能になります。このテナント権限は、GuestからCo-Ownerまで、いずれの権限レベルのキャラクターに対しても付与が可能です。この権限によって貸し出された場所は、借り手にとって安全にアイテムを保管できる場所となるでしょう。テナント権限の場所に置かれたアイテムはそのテナント権限を持つプレイヤーにのみアクセスが許可されています。もしテナント権限が取り消されたり、貸し出された土地が何らかの理由により消滅してしまった場合も、テナント権限により借りていた場所にあったアイテムはすべて借り手の銀行へ自動的に移送されます。
    • ドアの権限設定:
      個々のドアにもこの権限レベルの設定付与が可能になっており、部屋単位・建物単位での貸し出しが可能になっています。
    • レンタル料の支払いについて:
      現時点では、家賃は直接貸し手が借り主から取り立てる必要があります。レンタル料を自動的に徴収するシステムは現在ゲームには実装されていません。トレードやメールシステムを利用して家賃の取り立て・支払いを成立させてください。
  • コンバット:
    Dread Artifacts(Heart of Sorrows, Bone Steel Crown, Scepter of Dread) の装備が可能になり、その力を解き放つことができるようになります。また、戦闘時のビジュアルエフェクトの改善を継続して行います。もし余裕があれば、戦闘バランスの改善にも着手します。
    • ドレッド・アーティファクト(Dread Artifact):
      3つの原理のクエストをクリアしたアバタールは、3つのドレッド・アーティファクトを手にすることになるでしょう。このドレッドアーティファクトには強大な力が込められていますが、装備した者に過酷な運命をもたらすと言われています。このアーティファクトを用いれば、あのタイタン達をも上回る力を得ることができるでしょう。R44ではドレッドアーティファクトの力を使用することができるようになっていますが、使用するたびいくらかの犠牲を伴うようになっています。アーティファクトにはユニークなスペルが込められていますが、それをキャストするにはユニークな秘薬が必要となります。R44の時点では、プレイヤーはそれらのユニークな秘薬を各1つずつしか持っていません。そのユニークな秘薬をさらに入手する方法は一つしかありません。それは、Colossusの像に自分自身を"犠牲"として捧げることです。自身を犠牲として捧げたときに、死亡したときと同様のペナルティ、すなわちスキルディケイが発生します。実際に死亡しなくとも、この行為によりデスペナルティが発生します。
      • Heart of Sorrows and Wave of Sorrows:the Heart of Sorrowsを装備したときに、Wave of Sorrowsのスペルを使うことができます。このスペルは周囲の広範囲の敵に対してスタン効果があります。
      • Bone Steel Crown and Cloud of Wasting:the Bone steel Crownを装備すると、Cloud of Wastingのスペルを使うことができます。このスペルは、周囲の広範囲の敵のライフとフォーカスをドレインすることができます。
      • Scepter of Dread and Blast of Dread:Scepter of Dreadを装備すると、the Blast of Dreadのスペルを使うことができます。このスペルは、前方円錐状の範囲にいる敵に対してノックバックとノックダウンの効果を与えることができます。
    • Healing Blast (New Life Spell):
      R44では新しいライフマジック、Healing Blastが実装されます。ヒーリングレイの4倍の効力を持ちますが、自分以外の相手にしかかけることができません。
    • 近接戦闘アニメーションの改善:
      近接戦闘のアニメーションの改善作業に着手しました。特に移動しながらの攻撃動作のモーションをよりよいものにします。R44では以下の近接攻撃モーションの改善を行いました。:
      • 1 Handed and 2 Handed Blades:
        • Thrust
        • Ripost
        • Double Slash
        • Whirling Blades
        • Rend
        • Coup de Grace
      • 1 Handed Bludgeon:
        • Auto Attack
        • Break Weapon
        • Break Armor
        • Crushing Blow
        • Ground Pound
        • Knockdown
        • Knockback
    • Attunementの変更:
      Attunement calculations for magic schools has been updated to only take the top 10 highest skills into account. Attunementの影響を受けるスペルは、そのキャラクターが習得しているスペルのうち、スキルレベル上位10種のスペルだけに変更されています(?)
      This will address attunement conflicts caused by adjustments or additions to skills in trees(?)
    • ドッジ:
      ドッジは正面の相手からの攻撃のみ判定が行われるようになりました。この変更により、近接系キャラクターがPvPでも有利になるよう調整されています。
    • 敵の逃走の挙動:
      敵の逃走頻度と速度を抑制しました。
    • オブシディアン・カバリスト、Indigno:
      Indignoのテレポートスキルを修正しました。Indigno戦はよりチャレンジングな難易度になっています。
    • シーン間移動後の無敵:
      無敵時間中はノックダウンのようなステータス異常に対しても無敵になっています。また、無敵エフェクトが女性キャラクターに表示されていなかった問題を修正しました。
    • Hamstring Combo:
      このコンボはレンジドウェポン装備時のみ使用することができます。
    • Stinging Poison Potion:
      このポイズンポーションはPoison Weaponスキルレベルが上がると、効果時間も延長されるようになりました。
    • Root:
      Root中でもChargeなどのスキルを使うことによって移動することができたバグを修正。
    • Stealth:
      ステルス使用時に、敵の死体の存在がステルスの判定に影響する問題を修正。
    • Opportunity Strike:
      説明文のタイポを修正
    • PvPリスト:
      ターゲット後にもプレイヤーネームが"?"表示のままのことがあるバグを修正
    • ホットバーのカラーオーバーレイ:
      ターゲット相手の属性を正しく認識していなかったバグを修正。当該スキルが有効でない相手をターゲットしたときは、そのスキルグリフはグレーアウトして使用できない状態になります。
    • Night Vision:
      ナイトビジョン使用時のビジュアルを修正。エフェクトによってステータスバーのヘルスやフォーカス、敵のターゲットカラーなどが正しく視認できるようになりました。
    • Soothing Rain:
      ビジュアルエフェクトと効果時間が同期するように修正。
    • Purify:
      除去するべきデバフが無い時に使用したときに、ビジュアルエフェクトが表示されない不具合を修正
    • Summoned Skeleton:
      召喚スケルトンが剣を装備するようになりました。
    • Immolation:
      効果のdismissが可能に
    • Dash:
      スキル使用時に装備武器がフラッシュする問題を修正。
    • Ring of Brittle Brawn:
      Ring of Brittle Brawnのような、最大ヘルス値に影響を与える装備品を身に着けているときに、ヘルスが100%まで回復しなくなるバグを修正。
    • コンバットスキルのビジュアルエフェクト改善の延期:
      Shroud of the Avatarやドレッドアーティファクト関連のビジュアルエフェクトの実装を優先したため、このコンテンツの実装は延期されました。
  • キャラクター:
    Norgard地方とVerdantis地方のNPCの服装をバイキングをイメージしたものになる予定です。この実装作業をに着手します。
    • Shroud of the Avatar:
      このユニークなクロークには、新しい要素としてフードが付いています。頭装備が無い場合は、自動的にクロークのフードがビジュアルに反映されます。
      (ネタバレ注意):
      オラクルのストーリーラインをクリアすると、オラクルからこのクロークをプレゼントされます。このクロークは現在の徳の状態がビジュアルで表現されるようになっています。白色であれば徳の道を進んでおり、グレーはニュートラルに近づいている状態、黒色になると徳の道から反していることを示しています。
    • 真実のタイタン、Boreas:
      各タイタンにはユニークなビジュアルが実装されてきましたが、R44では最後のタイタンBoreasが実装されます。彼の運命と密接な関係をもつ、Bonesteel Crownもビジュアルに反映されています。
    • Norgardのガード:
      バイキングをイメージした服装がNorgardとVerdantis地方のNPCに実装されます。最初はガードのNPCに実装されます。
    • エリート女性エルフ:
      エリートメイジ、アーチャー、ファイターの女性エルフがゲームに実装されています。
    • エルフのNPCのバリエーション:
      エルフのアーマーカラーバリエーションが、そのレベルに応じて変化するようになっています。空手の様に、ベルトの色で難易度がわかるようになっています。黒帯はもっともレベルが高く、白帯はもっとも弱いことを表しています。
    • 焼死専用アニメーション:
      R44では焼死専用の死亡アニメーションが実装されました。炎系のスペルで倒されたり、キャンプファイアの上で炎ダメージを受けて死ぬと、倒れる前に必死で火を消そうと手で体を叩くアニメーションが再生されます。
    • Just 1 Life Community Cause Cloak:
      This is another customized clasped gauntlets Community Cloak created for the event that the AERIE fund held for Just 1 Life.
    • エモート:
      • エモートアニメーションにインバース・キネマティクスを導入:
        IK導入により、傾斜地でアニメーションをしたときの脚の位置が正しい場所にくるようになります。
      • /happydance emote:
        ハッピーダンスのエモートが追加されました。(ネタバレ注意):このエモートはSoltownの難民キャンプ付近にいるKittyから教わることができます。
      • /thank emote:
        謝意を示すエモートです。(ネタバレ注意):このエモートはAerieのNews Hawkerにチップをあげることにより教わることができます。
      • /zombieエモートの修正:
        エモートの修正を行いました。現在、この問題は修正されています。
    • ライトスペル:
      • ライトスペルの修正:
        ライトの魔法の光源の位置は頭上付近に設定され、壁などに埋まることはなくなっています。
      • 複数回の詠唱が必要だったバグを修正:
        R43ではライトの魔法の効果を発揮するのに、複数回の詠唱が必要な時があるバグがありました。現在このバグは修正されています。
      • ライトの魔法とトーチ:
        トーチは装備スロットを占有することから、光源ソースとしてライトの魔法よりも明るさをアップさせました。
    • リュートとワンマンバンド:
      リュートとワンマンバンドは低いオクターブの音階にも対応しています。
    • キーボード操作による旋回速度を上昇:
      キーボード操作による旋回を行った時のスピードを2倍にしました。
    • 装備品の修正:
      • Assassins Armor
      • Ballet Outfit
      • Benefactor Cloth Tunic (fixed tradeable flag)
      • Epic Cloth
      • Fur Collared Cloaks
      • Highland Defenders Sword
      • Ornate Clockwork Wings
      • Rabbit Bodice
      • Vile Chekan
    • Party Hat:
      このシンプルな紙製の帽子は、パーティーのムードを盛り上げるのに一役買います。これはもともとコンテストの賞品パッケージとして配布されたものですが、R45ではこのアイテムがクラフト可能になっています。
    • エリートエルフの服装:
      エルフの服を実際にプレイヤーが装備できるようになっています。これらの装備はアドオンストアで購入することができます。
    • Arabellaの鎧とクローク:
      Arabellaが装備している鎧とクロークはプレイヤーが装備できるようになっています。これらの装備はアドオンストアで購入することができます。
    • ドラゴンのカラーバリエーション:
      以前までドラゴンのカラーバリエーションは単純なカラーオーバーレイしか設定されていませんでした。不自然なモノクロ調やカラーの明度が異常に高くなったりする表示の不具合もありました。今回このカラーのシステムを調整し、より自然な色調がすべてのドラゴンに適用されるように変更しています。
    • Virtue Miner’s Helmet (Summer Telethon 2017):
      鉱山夫のヘルメットに照明機能が付加されています。これでサマーテレソンのバージョンのヘルメットを、入手資格のあるプレイヤーに届けることができます。R45ではクラフト可能なバージョンのレシピも実装される予定です。
    • Ornate Viking Short Sword and Ornate Bastard Sword: These two intricately engraved swords will be sure to impress even the most daunting enemies. The Ornate Viking Short Sword has “Courageous” carved in runes along the blade. Both swords can be purchased in the Add On Store.
    • NorgardのNPCモデルの実装の延期:
      モデル自体は完成していますが、今回実際に設置する作業のための時間がとれなかったので、R45に延期されます。
  • パーティー結成支援システム:共に冒険者を募集しているプレイヤー同士でマッチングが容易に行えるように、システムツール実装によって支援を行います。
    • パーティー結成支援システムの延期:
      ランチャーのローカライズ作業を優先したため、この機能の実装は延期されました。
  • インゲーム経済:
    中級レベルのクリーチャーのルート内容の価値を上方修正します。また、ルート品のバランスは今後も継続して調整されます。
    • サプライバンドルのルート:
      敵のルート品にSupply Bundlesが登場します。SBはランダムなアイテムが入っている荷物袋です。その色により、中に入っているアイテムのレアリティを予測することができます。R44では、これらのサプライバンドルの中身には消費アイテム(ポーションや食べ物)とレシピが入っています。将来的に、SBの中身にはその他のレシピやクラフト素材、秘薬などが追加される予定です。
    • ルート品のレシピ:
      多くのレアな素材やコンポーネントを使うレシピの多くが店売り品から削除され、中級モンスターのドロップ品になっています。
  • クラフト:
    • レシピの場所:
      レシピの入手ルートが増えたため、商人が取り扱うレシピの数は少なくなっています。レシピの現在の入手ルートは、クラフト商人・デコレートアイテム商人からの購入、ルートドロップです。今回のリリースでの最大の変更点は様々な種類をレシピを大量に扱っていたレシピ商人が削除され、各地方にいる商人がそれぞれ違う種類のレシピを販売するようになったことです。また、大都市にいる商人は、比較的多種類のレシピを取り扱うようになっています。
      例として、デコレート関係のレシピはデコレート商人からしか購入できませんが、Grunbald地方にはデコレート商人が存在しません(他の地域に買いにでかける必要がある)。また、今回の変更により、装備品や消費アイテム、クラフトパーツのレシピはクラフト商人が独占的に扱うようになるでしょう。さらに、屋台で商いをしている商人はレシピを取り扱うことはなくなります。
    • 壊れた装備品:
      耐久力がゼロの装備品を装備しても、効果ボーナスは得られなくなっています。
    • オブシディアン・インゴット:
      Obsidian ChipsからObsidian Ingotを作製できますが、そのコストが100個から1000個に増加しています。
    • Merchant Shirtがジェムソケット可能に:
      バグを修正し、ジェムのソケットが可能になりました。
    • PoTのクッキング商人が植物の種を扱うように:
      PoTのクッキング商人が植物の種を扱うようになります。
    • 商人NPCの販売目録(インベントリ)と宣伝文句(bark):
      商人のインベントリ内容をbarkのセリフに反映するようになりました。SpiteのDrandal Picketの商人は販売していないはずのリンゴについてのbarkを行っていましたが、現在は彼が取り扱っているbreadについてのbarkを行うようになっています。
    • Caltrops Recipe:
      鍛冶商人がcaltropsのレシピを販売していないバグを修正
    • Bedframe Recipe:
      ベッドフレームのレシピを大工商人が販売していなかったバグを修正
    • Mystic Graff Gems:
      いくつかの採掘した素材に、売却時のValueが設定されていなかったバグを修正
    • Blank Sheet of Paper:
      Tailoring Station使用時にこのアイテムが表示されていなかったバグを修正
  • ユーザーインターフェースの向上::
    • ランチャーのUI:
      ランチャーのUIを改善しました
    • ランチャーのローカライズ:
      ランチャーがローカライズに対応しました。
以上ここまでが今回のリリースで盛り込まれた要素です。 ここから以下は今回のリリースに盛り込まれなかった要素になります。::
  • クライアントの安定性::Unity 5.6への移行により安定性が向上しています。
  • 動作パフォーマンスの改善::したがって、R44の動作パフォーマンスはR43と同等のものとなっています。動作パフォーマンスの改善はR45とR46で実施されてる予定です。
  • ゲームループ::現段階のゲームループは骨組み程度のものでしかありません。 ゲームの一連の循環に必要な要素がまだ完全にそろっていません。今後のリリースではさらにゲームループに必要な要素が補完されていくでしょう。
  • ビジュアルクオリティ::我々は常にグラフィックレベルの向上に務めています。現行のRPGタイトルと遜色の無いレベルになるまでグラフィックを強化していく予定です。
  • 出資特典::出資特典について: いくつかの出資特典の実装は達成され、テクニカルサポートも開始されています。 しかし、まだ一部の出資特典はまだ実装・サポートがされていません。これらの問題は既知の問題のドキュメントで対応状況を確認することができます。
  • 延期されたコンテンツや機能:上述の通り、このコンテンツはスケジュール通りには実装することができていません。実装が間に合わなかった機能は、次回のリリースで実装されることが多いですが、さらに実装時期が延期されることもあります(中には、次クォーターや、来年まで実装が延期されるコンテンツもあります)に1度、未実装のコンテンツのロードマップを発表して実装時期の再設定を行い、ユーザーに未実装項目の修正スケジュールの告知を行います。
  • ストーリー::メインストーリーはすべて実装されていますが、改善作業がまだ行われていません。また、サイドクエストで徳の値が上下する要素もまだ実装されていません。今後もこれらの要素の実装を進めていきます。これは、コマーシャルロンチ後も継続して行っていきます。
ロード・ブリティッシュからのお言葉:
ゲーム全体の開発進捗状況は80%のところまできており、残りは20%の部分を残すのみです。この間にまたゲームの要素に大きな変更が行われる可能性もありますが、これは大きく飛躍するための変更として、どうか受け止めてください。我々はゲームの仕上げの段階に入っており、ゲームのフィーリングをよりよくするための作業がまだ残されています。ですから、現時点でフィーリングの印象がよくなくても、どうか焦らないでください。まさに今、その足りない何かを追加するための開発フェーズの真っただ中に我々はいるのですから!どうかご期待ください!

0 件のコメント:

コメントを投稿