2017年Q3(6~9月)のリリーススケジュール

2017Q3schedule

Starr Long氏により2017年Q3の開発スケジュールが発表されています。
https://www.shroudoftheavatar.com/forum/index.php?threads/q3-2017-schedule-update.93377/

---------------------------

動作パフォーマンスの改善:
Q3の最優先課題は動作パフォーマンスの改善です。毎リリースごとにロード時間の短縮・フレームレートの向上・そしてクライアントの安定性を向上させること目標にしています。

新規プレイヤー向けの要素の向上:
また、もうひとつの優先課題として、新規プレイヤー向けの要素の向上が挙げられます。2つのoutskirtsマップの実装とユーザーインターフェースの向上を目指します。

ストーリー部分の完成:
Q3が終わる前、できるならばR44でストーリーコンテンツの最終部分(オラクルのストーリーライン)の実装作業を終わらせます。また、Q3の期間内に、真実と勇気のストーリーラインの改善作業も終わらせ、なおかつ2つのOutskirtsマップの改善作業も終わらせたいと考えています。オラクルのストーリーラインの実装作業が終わった暁には、全プレイヤーはキャラクターの状態はそのままで、ストーリー進行状況のリセットを1度だけできるようになります。

Q1スケジュールで投稿した分をここでもう一度引用します。:

現在の開発進捗状況は、現在残り20%のところまで進行していると、我々は考えています。この残り20%を開発が終われば、我々は現在の"アーリーアクセス"の段階から"商業サービス"(Commercial Release)の段階へと移行することになるでしょう。さらに次の2つクォーターは、いままでにないほどのエキサイティング&チャレンジングな開発内容となるでしょう。これらの移行段階の直前まで、機能やコンテンツの導入とバランス調整は行われます。これらの調整段階では多くの仕様変更が行われ、ユーザーにはご不便をかけ、中には非常に忍び難い内容のものもあるかもしれません。変更に関して様々な反響があると思いますが、我々はゲームの長期運営に関してこの調整が正しいものであると考えています。

例によって、すべての日時、データ、予定期間、実装項目は変更されることがあります。

RELEASE 44, July 27, 2017

  • ストーリー:
    オラクルのストーリーラインのDestiny Poolの実装やGrannus Colossusのシーンの改善を行います。オラクルのストーリーラインはEP1のストーリーの核心となる部分であり、3つの原理のストーリーラインをクリアしないとプレイすることができません。Bloodriver Massacreの後に続くBloodriver Outskirtsシーンの改善作業が行われます。また、真実のストーリーラインでプレイヤーが訪れる街(Aerie, Vertas, Jaanaford)のビジュアルアップデートを行います。地形や植物など、街全体の景観のアップデートが行われるでしょう。また、Hollowed Plainsなど、Novia大陸北西の地方にあるいくつかのアドベンチャーシーンも改善が行われます。
  • 動作パフォーマンスの改善
    :継続して、ゲームの動作パフォーマンスとクライアントの安定性、フレームレートの改善、メモリ効率、ロード時間の改善作業を行います。
  • PoTについて:
    PoTをダイナミックタウンに変更し、提出フォームをロックしたPoTは変更が反映されるでしょう。
  • レンタルシステム(Rent):
    土地のオーナーはテナント権限をプレイヤーに付与することができるようになります。また、ドアにもテナント権限を設定できるようになります。
  • コンバット:
    Dread Artifacts(Heart of Sorrows, Bone Steel Crown, Scepter of Dread) の装備が可能になり、その力を解き放つことができるようになります。また、戦闘時のビジュアルエフェクトの改善を継続して行います。もし余裕があれば、戦闘バランスの改善にも着手します。
  • キャラクター:
    Norgard地方とVerdantis地方のNPCの服装をバイキングをイメージしたものになる予定です。この実装作業をに着手します。
  • パーティー結成支援システム:
    共に冒険者を募集しているプレイヤー同士でマッチングが容易に行えるように、システムツール実装によって支援を行います。
  • インゲーム経済:
    中級レベルのクリーチャーのルート内容の価値を上方修正します。また、ルート品のバランスは今後も継続して調整されます。

RELEASE 45, August 31, 2017

  • ストーリー:
    ゲーム導入部分の新しい延長シーンとなる、Highvale Outskirtsが実装されます。また、真実と勇気のストーリーラインのサイドクエストも追加する予定です。また、Longfall Woodsなど、Novia大陸北西の地方にあるいくつかのアドベンチャーシーンも改善が行われます。
  • 動作パフォーマンスの改善:
    継続して、ゲームの動作パフォーマンスとクライアントの安定性、フレームレートの改善、メモリ効率、ロード時間の改善作業を行います。
  • シングルオフラインモードの戦闘バランスの調整:
    オフラインモードでコンパニオンキャラクター達と冒険した時の、敵の戦闘バランスの調整作業を行います。
  • プレイヤーハウジングに関するコンテンツ:
    最初のオープンPvPハウジングエリアであるBlood Bayの土地をClaimできるようになります。また、PoTをダイナミックタウンに変更し、提出フォームをロックしたPoTは変更が反映されるでしょう。
  • コンバット:
    戦闘関連のビジュアルエフェクトの改善と戦闘バランスの調整を行います。
  • キャラクター:
    最低でも1体の新しいクリーチャーといくつかの新しい武器が実装されます。
  • クラフト:
    新しいレシピと、モンスタードロップで獲得出来る装備品のパターンが実装されます。res
  • ユーザーインターフェースの向上:
    ユーザーインターフェースの向上を行います。この作業では、チャットタブをウインドウに分離ができるようになります。

RELEASE 46, September 28, 2017

  • ストーリー:
    Highvale Outskirtsのシーンの改善と、真実と勇気のサイドクエストの追加を行います。また、Crooked Shankなど、Novia大陸北西の地方にあるいくつかのアドベンチャーシーンも改善が行われます。
  • 動作パフォーマンスの改善:
    継続して、ゲームの動作パフォーマンスとクライアントの安定性、フレームレートの改善、メモリ効率、ロード時間の改善作業を行います。
  • オフラインゲームでのスポーンについて:
    オフラインモードでのリソースやクリーチャーのスポーンのルールはシーンによって異なります。たとえば野外のシーンなどではオンラインゲームと同様のスポーンが起こりますが、ダンジョンやストーリーに関連するシーンでは倒したクリーチャーは再スポーンしません。
  • クラフト:
    農業のシステムも見直しが行われ、新しいスキルや植え付け作業のバッチ化が可能になります。また、アルコール飲料を醸造することができるようになります。
  • キャラクター:
    最低でも1体の新しいクリーチャーといくつかの新しい武器が実装されます。
  • プレイヤーハウジングに関するコンテンツ:
    PoTオーナー向けの新しいツールが登場します。このツールには芝刈り機能など、街作りやメンテナンスに便利な機能が実装されています。PoTをダイナミックタウンに変更し、提出フォームをロックしたPoTは変更が反映されるでしょう。
  • コンバット:
    戦闘関連のビジュアルエフェクトの改善と戦闘バランスの調整を行います。

この素晴らしいコミュニティからの変わらぬ厚い支援に、我々は感謝しています。我々は皆さんからの出資金やフィードバックを最大限に活用し、プレイヤー全員の期待に応えられるようなゲームを作ることを目指しています。皆さんに感謝するとともに、いつかニューブリタニアで皆さんとお会いできる日を願って止みません。

では最後に、以前投稿したポストをもう一度ここに引用し、我々のスケジュール進行の枠組みを皆さんにお知らせしておきたいと思います。:

クラウドファンディング・クラウドソーシングは非常に重要なものです。 そして、現在の開発状況を広く出資者達に知ってもらうことも同様に重要だと思っています。 これは従来のゲーム開発モデルにはなかったスタイルです。従来のゲーム開発では開発チーム内部でゲームを完成させてから、プレイヤーにその内容を公開するようにしていました。 しかしそれではプレイヤー達の意見をゲームの開発段階で盛り込むことが難しくなります。 Shroud of the Avatarでは従来の開発モデルを脱し、出資者へゲームの開発情報を広く公開し、さらに開発途中のゲームそのものへの早期アクセスを実現しました。

現在の計画では月毎に新しい仕様のテストバージョンをリリースします皆さんからのフィードバックをもとに、製品版で採用する仕様を決定することにしています。みなさんの全てのテストプレイとそれに費やしてくれた時間に我々は感謝しています。

また、すべてのデータ、予定期間、実装項目は変更されることがあります。

0 件のコメント:

コメントを投稿