アーリーアクセス・リリース43 要綱

R43 Instruction
日本時間6月30日0:30AMからリリース43が実施されます。

期間中には様々なプレイヤーイベントが開催される予定です。
イベントカレンダーが以下のファンサイトで公開されているので、興味のある方はチェックしてみてください。

http://avatarscircle.com/community-events
http://sotaevents.com

公式情報(英語)

Player Instruction

Known Issue

PatchNotes

日本語版(非公式)予定地

プレイヤーガイド非公式日本語版

既知の問題非公式日本語版

パッチノート非公式日本語版(勝手ながら、しばらくの間パッチノートの和訳はおやすみさせていただきます)

-----------------------

変更点のハイライト


動作パフォーマンスの改善:
プログラミングチームが3週間をかけて集中的に動作パフォーマンスの改善を行いました。我々はゲームのあらゆる面から、パフォーマンスの改善の余地のある部分を洗い出しました。そして我々はこの劇的な改善結果を皆さんにお届けできることを嬉しく思います!改善の結果として、以前のリリースより2倍近いフレームレートがでるようになりました。この改善により、我々の目指す動作パフォーマンスのゴールにかなり近いところまでくることができたと思います。(我々はパフォーマンス改善の長期的な目標として、最小構成のマシンスペックでもArdorisで30fpsをキープすることを目指しています)また、ロード時間も改善しています。しかし、さらにまだ改善できる余地は残されています。

ストーリー:
オラクルのストーリーラインの拡張と2つのColossusのシーンとの接続を行います。:Sequanna Colossusのシーンの延期真実のストーリーラインにBlood RIver Outskirtsのシーンを導入しました。このシーンはBlood River Massacreのシーンのあとに訪れることになります。このシーンではR42で紹介した派閥システムが導入されています。また、プレイヤーは3つのストーリーラインを平行して進められるようにもなっています。攻略の難易度が高い箇所でつまってしまったらひとまずそのストーリーの進行は置いておき、ほかのストーリーラインを進めることが可能でスイ。また、以下のシーンはリビルドや拡張、改善が行われています。 Celestis, Libris Ruins, Graff Gem Mines, Isle of Storms, and Crypt of the Avatar 


オフライン経済:
オフラインモードでは、商人達はプレイヤーがクラフトしたアイテムをオンラインモードのそれよりも高い値段で買いとってくれるようになります。この仕組みにより、オフラインモードではクラフトアイテムの売却による金策が可能になります。オフラインモードの商人は、オンラインモードのNPC商人よりも豊富な在庫を持ち、さらに各種特典アイテムがアドオンストア専用アイテムの販売も行うようになります。R43では多くの特典・アドオンアイテムを商人が販売するようになっていますが、今後も販売アイテムの種類は増えていくでしょう。

このAIの実装において、Dev+のテスターの方々には多大な各種フィードバックを行っていただきました。この場を借りて大きな感謝の意を表しておきたいと思います。また、この要綱記事の記述に関して、いくつもの有用なフィードバックをいただいたことにも感謝を申し挙げます。ユーザーからのフィードバックにより、この記事の記述や内容も、元の原稿の内容よりずっと読みやすく、そして分かり易くなっています。

ロンチが近づきつつありますが、ゲーム内容は今までと変わらずコンスタントに変化していくことになります。 これらゲームシステムの変化をプレイヤーの皆さんにここで告知するとともに、新しいコンテンツを皆さんに試してもらえる手助けとなれば幸いです。全てのゲームについての新しい情報は、この投稿とインストラクション・既知の問題のドキュメント内で説明されています。プレイヤーの皆さんからの質問に答えたり、あるいは既知のバグについての重複したリポートをさけるためにも、プレイヤーの皆さんはこれらの情報に目を通して頂く必要があります。

ユーザーの皆さんがこれらの情報のためにわずかに時間を割いてもらえるだけで、既知の問題に対する対応の時間を削減でき、未回答の新たな問題や致命的なナグに対処することに集中することが可能になります。我々はプレイヤーの皆さんにこの投稿に目を通してもらえることに感謝し、またこのことが今後のゲームに関するフィードバック作業に多大な恩恵をもたらすことを嬉しく思っています。

今後も我々はリリース毎に新しいコンテンツを提供していきますが、それ以外にもコミュニティユーザーの皆さんで企画したイベントに参加して楽しむこともできます。ぜひユーザーイベントのカレンダーもチェックしてみてください。(ゲーム内のアイテムにもプレイヤーイベントのスケジュールを紹介する本があります):Avatars Circle). また、オフィシャルの最新イベントの開催情報もメインウェブサイトにて確認することができます。

今回のリリースで新しく導入されたコンテンツは以下の通りです。

記事中のフォントが表す意味について::

  • プレーンテキスト: :以前発表した実装予定項目と同じ内容のテキスト以前発表した実装項目には文字装飾が行われていません。
  • 打ち消し線: :今回のリリースでは実装することができなかったものの、将来的には実装予定となっている項目 です

RELEASE 43, June 29, 2017

  • ストーリー:
    ストーリーコンテンツの最終プロットの実装を行います。Destiny PoolとOracle Chamberが実装されます。ゲーム導入部分の新しい延長シーンとなる、Blood River Outskirtsが実装されます。
    • オラクルのストーリーライン:
      オラクルのストーリーラインの拡張とSequannaとBoreas Colossusのシーンとの接続を行います。また、シーンの改善も行われます。
    • Blood River Outskirts:
      真実のストーリーラインにBlood RIver Outskirtsのシーンを導入しました。このシーンはBlood River Massacreのシーンのあとに訪れることになります。このシーンではR42で紹介した派閥システムが導入されています。R44ではさらなる拡張が予定されています。(ネタバレ注意):Aerieの自警団達は、Bloodriverのエルフ達がなんの落ち度もない人間達のキャラバンを襲ったと考えています。そして、今回の村への攻撃は、キャラバン襲撃の正当な報復であると考えています。しかし、エルフ達は、今回の攻撃は土地の収奪のためのただの口実で、人間達のリーダーは前からエルフ達の土地を収奪する機会を狙っていたのだと、主張しています。両者の全面戦争を回避するためにAerieの軍隊が付近に駐屯しています。しかし、軍はどちらの主張が真実なのか把握できていない状況にあります。プレイヤーは事件の真相を探り、それを示す証拠を集める必要があります。しかし、真実の証拠を集める以外にも、どちらかの勢力に肩入れして、証拠に"手を加える"ことも可能です。これはプレイヤーの意思にかかっています。真実と偽り、アバタールはどちらを選びますか?
    • Celestis:
      Perennial Coast地方にあるこの裕福な街は、R43で大幅なアップデートがなされます。街並みはユニークなものとなり、また、建物や人物の服装、植物などにアジアのテーマが適用されます。地形は中国の張家界国家森林公園にインスパイアされたものとなりますが、街の装飾様式は日本を意識したものが採用されています。街の中心部と港湾部には、いくつかの岩石庭園やコイの住む池、そして能や歌舞伎の舞台が設置されています。舞台はダンスフロアとしても使用できます。また、シーンの中には、開発スタッフのSea Wolf氏の趣味の、いくつかの古い侍映画をリスペクトしたイースターエッグも存在します。シーンは非クローン化されますが、プレイヤーの住居やシーン出入り口に変更はありません。また、銀行や各商店など、NPCの施設の位置も変更はありません。
    • Libris Ruins:
      Libris RuinsはNovia大陸のObsidian統治時代の名残のある6つの街のうちの1つです。すでに遺跡となってしまったこれらの街の歴史については、時間の経過により多くの情報がすでに失われてしまっていますが、6つの街のなかのいくつかの街は、Obsidianの時代よりも前から長く古い歴史があったのではないかと噂されています。Librisはかつて正義を司る要所であったといわれ、重罪人の裁判や投獄が行われていたと伝えられています。裁判所の跡地と断崖状の牢獄はそのまま残されていますが、今はオブシディアンの勢力や動植物によって侵食されています。LibrisはOpalis Ruinsのクローンシーンとして実装されていましたが、今リリースでは完全なユニークレイアウトをもったシーンとして生まれ変わっています。ほかのRuinsやShardfallシーンのように、このシーンもOpen PvPエリアとなっています。このシーンでは隠れたり逃げ込んだり、あるいは待ち伏せや包囲といった戦術に適したレイアウトが施されています。
    • Libris Vault:
      Libris Ruinsのリビルドとともに、Libris Vaultが地下に追加されています。このVaultは地下のネットワークにも接続しています。
    • Sequanna Colossus:
      Oracleのストーリーでは"4つのコロッサス"の地へと向かうことになります。The Sequanna Colossusはこのストーリーライン中の、愛の部分に相当し、Grunvald地方の中に位置しています。このマップには複数の遺跡とオアシス集落、盗賊のキャンプ、遊牧民のキャンプがあります。このシーンはサウジアラビアのルブアルハリ砂漠と、アメリカ合衆国ユタ州にあるゴブリンバレーにインスパイアされたものになります。
    • Boreas Colossus:
      Oracleのストーリーでは"4つのコロッサス"の地へと向かうことになります。The Boreas Colossusはこのストーリーライン中の真実の部分に相当し、Etceterの南にあるQuel半島に位置しています。このシーンではたくさんの難解なパズルとサプライズがアバタールを待ち受けています。
    • Solace Bridge Outskirtsのシーンの改善:
      このシーンはさらなる改善が行われています。:野営地周辺のOreノードが増加しました。Sedgewickはクエスト達成時に矢作りについて提案してくれるようになります。アルケミストはアンデッドに対して自衛するようになります。Capt. KinseyとHartleyとの会話内容が拡張されています。農場にいるアンデッドについてのクエストはより進行が分かり易くなっています。川から街へアクセスするための、登ることのできるツタが追加されています。また、多数のバグフィックスとそのほかの改善が行われています。
    • Isle of Stormsのシーンの改善:
      一番最初のシーンであるこの場所は、よりビジュアルが強化され、シーンのライティング調整やオブジェクトの追加などが行われています。
    • Crypt of the Avatarのシーンの改善:
      このシーンはR29で実装されていますが、このシーンの重要なオブジェクトである棺とその装飾が実装されていませんでした。R43では小説The Sword of Midrasで描かれていたアバタールの棺の彫刻や、内部のディティールが際限されています。また、これ以外にも、多くのオブジェクト、スイッチやグラフィック素材に修正や改善を行い、さらに原理のシンボルをシーン内に追加し、オブシディアンのシンボルなどクローンシーン時代に設置されていたオブジェクトや建築様式を取り除きました。
    • ルナリフトの追加:
      Noviaにさらに5箇所のルナリフトポイントを追加しました。また、ルナリフトを取り囲むすべての石柱にツールチップが表示されるようになり、リフトから発生しているエネルギーポイントと柱を見ることで、行き先がわかるようになっています。
    • 3原理のクエストの並列進行:
      真実、愛、勇気のストーリーラインのクエストは、攻略先の敵が強すぎる場合など、進行が難しくなった場合は、別のストーリラインのクエストにいつでも切り替えることができます。1つのストーリーラインを集中して攻略する必要はなく、難しい箇所は後回しにして、任意のストーリーラインを平行して進めることができるようになっています。この仕様についてはいままでゲーム内で触れることがありませんでした。よって、R43では3原理のストーリーの最初のほうで、Arabellaから別のストーリーラインも平行して進められることが示唆されるでしょう。
    • Graff Gem Mines:
      コボルドやウォーターエレメンタルが存在する最下層の部分をさらに拡張しました。さらに多くのクリスタルノードも追加されています。また、このシーンから大きな洞窟(Large cavern[地下コネクション?])との接続も行われています。それ以外の箇所に変更はありません。
    • ワールドマップでのエンカウントとエンカウンターシーンの改善:
      ワールドマップ上にイヌが出現するようになります。イヌはヒツジやウシのエンカウントシンボルまであなたを案内してくれるでしょう。シーン内でヒツジやウシを殺害すると、それらの飼い主が現れ、プレイヤーから自分の家畜を守るために襲いかかってきます。
    • West Ravenswoodのシーンの改善:
      このシーン内のスポーンポイントやパトロールするクリチャーの配置、コボルドリーダーとそのテントなど、スポーン関係の改善を行っています。
    • Ravensmoor:
      スポーンポイントの改善、スケルトンのパトロール隊にエモートを実装、Tier 4 スケルトンのボス、クマの巣穴の実装など、さまざまな変更が行われています
    • Ardorisの疫病流行:
      恐ろしい疫病が流行し、Ardorisの街の人口が減少しています。現在、街の中には生き残ったわずかな人々と動物しかいません。ゴンドラ漕ぎたちもそれらの犠牲の例外ではありません。現在、市政の混乱を立て直すために、ガード達の人員を集めるべくSiranto将軍とKhasiが奔走しています。
      …というのは全部ウソで、パフォーマンスの問題からArdorisのNPCの数を減らした、というのが真相です。
    • Wild Ducks(マガモ):
      マガモが以下のシーン他、20のシーンに実装されています。
      Nightshade Pass, Hallowed Plains, Verdantis Foothills
    • Brittany Estates Puking:
      酒場の客のゲロ吐き頻度を抑えめにしました。
    • Naval Siegeシーンのビジュアル:
      島のPoTがsiege状態になったときに、ユニークなビジュアル表現がされるようになりました。
    • トラバサミ(Bear Traps):
      新しいワナが実装されています。:トラバサミ(Bear Traps)です!
    • Oracle Chamber:
      オラクル・チャンバーが実装されます。
    • シーン内のバグフィックス:
      以下のゲーム内のシーンの修正が行われています。 スタックポイント、浮いているオブジェクト、欠けているオブジェクト、効果音の適切な再生や、NPCの経路、街の表示ラベル、アクセスできない鉱石ノード、当たり判定が正しく設定されていない箇所、蘇生アンクの誤った場所に設置や、設置自体が行われていない箇所の修正、地面をすり抜けて落下してしまう箇所の修正などが行われています。:
      • Aerie
      • Battle of Highvale
      • Battle of Solace Bridge
      • Brittany Cemetery
      • Broochash
      • Caverns of Skrekk
      • Central Brittany
      • Chillblain’s Compendium of Pain and Suffering
      • Crypt of the Avatar
      • Elysium Mines
      • Epitaph
      • Etceter
      • Hallowed Plains
      • Harvest
      • Jaanaford
      • Kas Vault
      • Kiln
      • Mariah Overlook
      • Middle Downs
      • Moors of Northshore
      • Mountain Road Encounter
      • Mysterious Swamp
      • North Brightbone Woods
      • Novia (overworld)
      • Owl’s Nest
      • Penmawr Island
      • Port Graff
      • Resolute Sewers
      • Rhun Ruins
      • Serpent’s Spine Mines
      • Snowy Mountains Encounter
      • Solace Bridge
      • Solace Bridge Outskirts
      • Solania
      • Solania Catacombs
      • Soltown
      • Southeast Blackblade Mountains
      • Spectral Mines
      • Spindrift Passage
      • Sunless Barrens
      • Tenebris Harbor
      • The Fall
      • Twins Foothills
      • Valhold
      • Verdantis Shardfall
      • Vertas
      • Westend
      • Xenosの街
    • Destiny Pool Delayed:(ネタバレ注意):
      Dire ProphecyとDestiny Poolに関するプロットの実装は延期されています。これはGrannus Colossusのマップ製作を平行して行っているためです。

  • キャラクター:
    オラクル本体がインゲームに登場します。また、トロルをはじめ、各種クリーチャーの改善作業を行います。バイキングをイメージした衣装がNorgardとVerdantis地方のNPCに導入されます。Noviaの各地方は、より地方色が豊かなものになるでしょう。
    • The Oracle:
      オラクルが実装されています。
    • Arabella:
      ロードブリティッシュのコンパニオンであり、プレイヤーの運命のガイドを務める謎の女性です。今回、ユニークなキャラクターモデルとフェイスが実装されました。
    • 音楽の知覚範囲について:
      従来の2倍になっています。これでコンサートなどの開催も可能です。
    • Assassin’s Armor:
      この新しい皮鎧は出資者であるMajoriaの提案から実装されました。2つのスタイルがあります。どちらのバージョンもアドオンストアで購入することができます。
    • Epic Cloth Armor Polish:
      布製のアーマーの改善と、布の物理シミュレーションの改善を行いました。
    • Ornate Kobold Backpack:
      コボルド商人が身につけているバックパックはプレイヤーも装備可能になります。アドオンストアで購入可能です。
    • サマーテレソン Part 1の特典の実装:
      今回は以下のアイテムが実装されます。
      • /smokevirtue emote
      • Virtue Balloons
      • Flame Stained Glass Table Lamp x3
      • Flame Shield
      • Flame Scimitar
    • 魔法のビジュアルエフェクトの改善:
      引き続き、魔法のエフェクトのクオリティを改善していきます。以下の魔法のビジュアルがアップデートされています。
      • Fireball
      • Immolation
      • Death Touch
      • Death Ray
      • Tap Soul
      • Stone Arrow
      • Healing Burst
      • Purify Burst
    • /whittle emote:
      このエモートは、アバタールが小さな木に彫り物をしているようなアニメーションを再生します。
      (ネタバレ注意):
      Blood River OutskirtsにいるEnnius(不確定名称"Elf Whittler"のキャラクタ)がこのエモートを教えてくれます。
    • Seedinvestでの出資によるゴールデンキャラクターアイテム:
      詳細はSeedinvestのページにて
    • 装備品の修正:
      以下のアイテムのグラフィック干渉の問題や、染色に関する問題などを修正しました。
      • Black Aeronaut Outfit
      • Cabalist Robes
      • Rusted Elven Sword
      • Thorn Mace
      • Virtue Cloak (missing light)
      • Wizard Hat
    • Shroud of the Avatar Delayed:
      "the Shroud(埋葬布)"のメッシュやテクスチャは完成していますが、ビジュアルエフェクトの実装が未完成なため、延期することにしました。また、このアイテムはPath of the Oracle(オラクルのストーリライン)の実装が完了するまで、実装は行わない予定です。
    • Norgard地方の服装変更の延期:
      エルフや女性用の服のバリエーションの拡張作業を行っています。また、Shroud of the Avatar(アバタールの埋葬布)のアイテムの実装作業も進行中です。あどちらのアイテムもR44の期間内に実装を予定しています。
  • 動作パフォーマンスの改善:
    ゲームの動作パフォーマンスとクライアントの安定性、フレームレートの改善、メモリ効率、ロード時間の改善に最も大きなフォーカスを置きます。
    • フレームレート:
      R43では全てのシーンでフレームレートが向上しています。いくつかのシーンでは従来の2倍のフレームレートが出る場所もあり、ほかのシーンも最低30%以上フレームレートのパフォーマンス上がっています。また、設定テンプレートの"Good"や、それより下位の設定テンプレートの項目にも最適化が行われています。
    • ロード時間:
      ロード時間は全体的に25%ほど短縮されています。しかし、長期的な目標として、我々がターゲットスペックとしているマシン構成では、ロード時間は最長でも12秒以下になるようにしたいと考えています。
  • バグフィックスとゲームバランス:
    バグフィックスとゲームシステムのバランス調整にも大きくフォーカスを置きます。
    • 毎日のログインボーナス:
      10000EXP(アドベンチャー・クラフトの両方)が1日に1度、ログイン時に受け取ることができます。
    • 戦闘・AIキャラクタとの距離:
      戦闘中、敵クリーチャーが常に距離を詰めてくる挙動をするのを修正しました。今回のリリースでは、戦闘時には適切な距離をキープするようになります。
    • スキルの変更:
      • デスマジックのFizzleレート:
        デスマジックにはバグがあり、上位のTierの魔法ほど詠唱に成功しやすいというバグがありました。このバグは現在修正されています。この一連の変更により今回のリリースではすべてのデスマジックはUnlearningによるEXP還元率が100%に設定されています。
      • Escape:
        このスキルの仕様により、敵AIのAggroに想定通りの影響を与えることができます。
      • Sawblade Sweep:
        攻撃範囲が想定通りの360度に。また、WHirling bladeのダメージボーナスが想定通り乗るように。
      • Air’s Embrace:
        少しですがダメージレジスタンスペナルティが課されるようになります。
      • Enlightenment:
        最大ヘルスに若干のペナルティが課されるようになります。
      • Strength of Earth:
        最大フォーカスに若干のペナルティが課されるようになります。
      • Celestial Blessing:
        最大フォーカスに若干のペナルティが課されるようになります。また、attunementのボーナスの最大値にキャップペナルティが課されるようになります。
      • Douse:
        attunementのボーナスの最大値にキャップペナルティが課されるようになります。
    • 光源付きの装備品について:
      R42では光源付き装備を装備しても、光源として機能しないバグがありました。このバグは修正されており、光源効果のあるアイテムを装備すると周囲を照らすことができます。
    • 武器の攻撃範囲について:
      オノやいくつかの武器のリーチが想定よりも大幅に短くなっていたバグがありました。これらの武器のリーチは想定通りのものに修正されています。
    • パフォーマンス改善とバグ修正:
      今回は動作パフォーマンスの改善を優先したため、いくつかのバグ修正作業が遅れています。

  • メールシステム:
    プレイヤーはインゲームインターフェースからプレイヤー間でメールの送受信ができるようになります。
    • メールシステム:
      R42ではシステムの初期段階の実装とメールボックスを実装しました。R43ではプレイヤー間でメールを出せるようになっています。また、メールボックスの種類も増えています。
  • オフラインコンバットと経済バランス:
    オフラインモードでコンパニオンキャラクター達と冒険した時の、敵の戦闘バランスの調整作業を行います。さらにオフラインモードでのゲーム内経済を、よりシングルプレイヤーゲームに合わせたものにバランスを調整します。たとえば、NPC商人はプレイヤーがクラフトしたアイテムをより高い値段で買ってくれるようになるでしょう。さらに、オフラインモードではインゲームでさまざな特典アイテムや有料アイテムをインゲームゴールドを払って購入することができます。
    • オフラインゲームでのNPCの商品買い取り:
      オフラインモードでは、商人達はプレイヤーがクラフトしたアイテムをオンラインモードのそれよりも高い値段で買いとってくれるようになります。この仕組みにより、オフラインモードではクラフトアイテムの売却による金策が可能になります。
    • オフラインモードのNPC商人の在庫:
      オフラインモードの商人は、オンラインモードのNPC商人よりも豊富な在庫を持ち、さらに各種特典アイテムがアドオンストア専用アイテムの販売も行うようになります。R43では多くの特典・アドオンアイテムを商人が販売するようになっていますが、今後も販売アイテムの種類は増えていくでしょう。
    • オフラインモードの戦闘バランスの延期:
      ゲームパフォーマンス、オフライン経済、ストーリーコンテンツの開発を優先したため、この項目は延期になりました。
  • プレイヤーハウジングに関するコンテンツ:
    PoTをダイナミックタウンに変更し、提出フォームをロックしたPoTは変更が反映されるでしょう。また、プレイヤーは自分の家の部屋を貸し出すことができるようになります。
    • 皮鎧・布鎧のデコレーション:
      40を超える装備アイテムがデコレーションアイテムとして設置できるようになりました。今回は全ての皮鎧と布鎧もその中に含まれています。
    • 掲示板(BBS)とチラシ(Flyers)システム:
      プレイヤーは自分の土地に掲示板を設置することができます。また、チラシを設置することも可能になっており、他のプレイヤーに告知をすることができます。これらのアイテムはデコレーションアイテムとして設置することができます。これらのアイテムにはクラフト可能なものと、アドオンストア限定の装飾されたものがあります。Blank Bulletin Flyersはtailorスキルで作成することができます。
    • 木の柵のキャッスルウォール:
      プレイヤーは木製の柵をクラフトして城の壁として使うことができます。
    • デレコーション・ホットバーの改善:
      ハウスデコのホットバーに、デコレーション権限のオプションの情報が含まれるようになります。
    • ルネッサンス・ベッドルームセット:
      この装飾の為されたベッドルームセットには、ベッド、2つのサイドテーブル、ドレッサー、背の高いドレッサーが含まれています。これらはすべてアドオンストアの有料コンテンツとなります。
    • 光るキノコ:
      3色の光る大きなキノコが実装されています。このアイテムには2つのスタイルがあり、鉢植えの有り・無しがあります。これらはすべてアドオンストアの有料コンテンツとなります。
    • グランドピアノ:
      アップライトピアノより大きなピアノが登場します。この黒色の大きなピアノはクラフト可能になっているほか、装飾されたバージョンがアドオンストアで購入可能となっています。
    • 巨大なグリムリーパーの像:
      グリムリーパーの像の巨大版が登場します。これらはすべてアドオンストアの有料コンテンツとなります。
    • LB陛下誕生日記念アイテム:
      今年もロードブリティッシュのためのケーキが登場します。アドオンストアで購入することができます。
    • 鉄製の大きなシャンデリア:
      Iron Chandelierよりも大きい、Iron Great Hall Chandelierが実装されています。クラフト可能です。
    • Ornate Wall Mailbox:
      郵便配達夫に自分がメールボックスに対して凝り性であることを思い知らせたいと考えている人のために、アドオンストアで装飾されたバージョンのメールボックスを販売しています。(詳細略)
    • 独立型ポスト(非壁設置型ポスト: Post-Mounted Mailboxes)
      壁の部分にポストをつけたくないユーザーのために、独立型のメールボックスポストを実装しました。クラフト可能なほか、装飾されたバージョンがアドオンストアで購入可能です。
    • 炎柄のステンドグラステーブルランプ:
      サマーテレソンの$5特典が実装されます。
    • 音楽の看板:
      Music SignはR42で実装済みのコンテンツですが、告知を忘れていたのでこの場を借りて紹介させて頂きます。Doh!
    • SeedInvest Golden Housing Items:
      詳細はSeedinvestのページにて
    • POT Crafting Shop:
      R42ではPoTのCraftingショップの内容が間違って本の印刷ショップになっていました。このバグは現在修正されています。
    • 家のバグフィックス:以下のハウスモデルに関する様々なバグを修正しました。:
      • Adobe 2 Story Village
      • All Obsidian Homes
      • Druid Tree
      • Dry Docked Pirate Galleon City Home
      • Elven 2 Story Home
      • Elven Globe 2 Story Greenhouse
      • Elven Town Home
      • Elven Village Home in a Hill
      • Knight Marshal
      • Lord Benefactor Town Home
      • Lord Marshal Home
      • Ornate Greenhouse Row Home
      • Pirate Galleon
      • Rustic 3-Story Village Water Home
      • Shogun Village Home
      • Small Old Keep
      • Stone 2-Story Keep with Courtyard
      • Twin Spire City Home
    • R42の土地DEED抽選について:
      今回の抽選は6月29日に行われ、そのすぐ後に当選者が発表されます。また、当選者へのDEEDはR43で配布されます。
      • Place Anywhere Deeds (10):
          • Row: 5
          • Village: 3
          • Town: 1
          • City: 1
        • Player Owned Town Deeds (10):
          • Row: 5
          • Village: 3
          • Town: 1
          • City: 1
      • R43の土地DEED抽選について:
        今回で11回目の抽選となります。例によって、抽選チケット(Raffle tickets)はインゲームでゴールドにより購入することが可能です。一人のプレイヤーにつき、各DEEDにつき1枚ずつしか当選のチャンスはありません(=最大でもAnywhere DEEDとPoT DEEDが1枚ずつ)抽選と当選者発表はR44で行われます。
        • Place Anywhere Deeds (10):
          • Row: 5
          • Village: 3
          • Town: 1
          • City: 1
        • Player Owned Town Deeds (10):
          • Row: 5
          • Village: 3
          • Town: 1
          • City: 1
      • 新しく追加・アップデートされたダイナミックPoTは以下の通り::
        • Castle Barataria: New addition (nested in Oceania).
        • Dawn’s Keep: Interconnection (with Brittany Fields).
        • Finchfield: Upgraded to Town.
        • Grumpie Hermit’s Hide-a-way: Converted to Swamp Island 01.
        • Illusive Passage: Converted to Snowy Mountains 01. Downgraded to Holdfast.
        • Insulam de Nocte: Ownership changed. Changed location. Interconnection (with Elad’s Lighthouse).
        • Isla de Muerta: Renamed (formerly Bay Lunaire). Converted to Island 01a. Ownership changed. Removed interconnections (with Vale Halla and Celestial Gardens).
        • Isle of Xee: Upgraded to Hamlet.
        • Jade Island: Upgraded to City.
        • Jade Mountains: Downgraded to Holdfast.
        • Mediolanum: Changed location (minor). Interconnection (with Owl’s Head).
        • Perfectus Mori: Changed location. Interconnections (with Aerie and Dragomir Mori).
        • Rauchbier Platz: Renamed (formerly Brickmaer). Converted to Snowy Mountains 01. Rotated to 180. Ownership changed. Upgraded to Village. Interconnections (changed nested interconnection to within Central Brittany; added Brittany Alleys).
        • Siken: Upgraded to Village.
        • Vastata Insula Innectis: Upgraded to Village.
        • Vengeance: Removed PvP flag.

      • レンタルシステムの延期:
        R43で実装予定だったレンタルシステムは、"テナント"の権限システムを含む初期段階の部分が完成しています。テナントの権限レベルは、借りている部屋の中のアイテムすべてに設定される新しい権限で、借り手だけがその部屋の中のアイテムにアクセスできるシステムになっています。げんざい ハウジングUIを改善し、レンタルシステムの使用がより便利になるように作業を続けています。現在、レンタルシステムの進捗状況は"フェイズ1"に相当する段階にあります。しかしながら、これらのシステムの完成度やバグ取りは不十分な状態にあり、今回のリリースでは実装を見送ることにしました。また、ドアにも権限レベルを設定できるようにするための作業もまだあまり進捗していません。ドアの権限システムは、レンタルシステムの主要な部分になるでしょう。以上の理由により、レンタルシステムの実装はR44に延期されました。
    • クラフト:
      R43のクラフトのコンテンツは、主にオフラインの経済システムに注力していましたが、いくつかの新レシピの実装も行われています。
      • 新しいレシピ:
        • Bulletin Board
        • Bulletin Board Flyer
        • Black Grand Piano
        • 木の柵のキャッスルウォール
        • Post-Mounted Mailbox
        • 鉄製の大きなシャンデリア
    • ユーザーインターフェースの向上:
      • カメラズーム:
        カメラのズームはさらに寄ることができるようになっています。
      • コンパスに現在のタスクの状況を表示:
        現在のタスクがコンパスに青色で表示され、現在の目的を意識し易くなっています。
      • マップのオートフェード機能:
        オプションから選択することができるようになっています。:"Enable Transparency on Mapsの項目を"Auto-Fade Maps"と名称を改め、ツールチップの説明もより詳細なものになっています。また、コンテキストメニューボタン(歯車のアイテム)をSotA Mapウインドウに追加し、関連するオプション項目を設定オプション画面にアクセスすることなく変更することができるようになっています。
      • タブキーによるターゲット:
        従来、タブキーはターゲット・アンターゲットを行うためのショートカットキーでした。しかし、今回はタブキーを押すごとに新しいターゲットにタゲが切り替わるようになっています。

    以上ここまでが今回のリリースで盛り込まれた要素です。 ここから以下は今回のリリースに盛り込まれなかった要素になります。::

    • クライアントの安定性::Unity 5.6への移行により安定性が向上しています。
    • 動作パフォーマンスの改善::R43では全てのシーンでフレームレートが向上しています。今後もロード時間の短縮のために作業を継続していきます。
    • ゲームループ::現段階のゲームループは骨組み程度のものでしかありません。 ゲームの一連の循環に必要な要素がまだ完全にそろっていません。今後のリリースではさらにゲームループに必要な要素が補完されていくでしょう。
    • ビジュアルクオリティ::我々は常にグラフィックレベルの向上に務めています。現行のRPGタイトルと遜色の無いレベルになるまでグラフィックを強化していく予定です。
    • 出資特典::出資特典について: いくつかの出資特典の実装は達成され、テクニカルサポートも開始されています。 しかし、まだ一部の出資特典はまだ実装・サポートがされていません。これらの問題は既知の問題のドキュメントで対応状況を確認することができます。
    • 延期されたコンテンツや機能:上述の通り、このコンテンツはスケジュール通りには実装することができていません。実装が間に合わなかった機能は、次回のリリースで実装されることが多いですが、さらに実装時期が延期されることもあります(中には、次クォーターや、来年まで実装が延期されるコンテンツもあります)に1度、未実装のコンテンツのロードマップを発表して実装時期の再設定を行い、ユーザーに未実装項目の修正スケジュールの告知を行います。

0 件のコメント:

コメントを投稿