アルファテスト・リリース15 要綱

R15youkou

追記: プレイヤーインストラクションの日本語版を公開しました。

2月27日金曜01:30AMからアルファテスト・リリース15が実施されます。
今回の目玉はUnity 5エンジンへの完全移行、Novia大陸の実装、クラフトスキルの一部の実装、ベンダーシステムの実装などです。

プレイヤーインストラクション
https://docs.google.com/document/d/1Z-svq1OvcZwViqGxFCKdjH3NCn2LTfLuGny5qaAqjTM/pub

プレイヤーインストラクション日本語版

https://docs.google.com/document/d/1u9mDdNBpfJ8GGNskM4y7d2I4hWV5VsrAnqVdMeyvC4U/pub

既知の問題

https://docs.google.com/document/d/1EQczZJxj38npLbysCEjSa_xiWwx7jQ9zFgvX9yPg2xY/pub

  • Unity 5への移行について
    R15ではゲームエンジンを最新版のUnity 5へと全面移行しました。しかしエンジンのアップグレードにより、既存のコンテンツの全面的な手直しが必要となります。
    開発チームはR15リリースにおいて、さしあたりグラフィックレベルを今までのUnity 4の時と同等のものを実装することを目指し、そしてその目標は達成できたと思っています。
    Unity 5のグラフィック機能の本格的な実装はこれから長い時間をかけて行っていく予定です。R15では、新しいグラフィック描画機能として、影の描写のエッジを柔らかくする表現が実装されています。
    また、ゲーム中にはまだ最適化が行われていないために描写が一部おかしいオブジェクトも存在しますが、これからライティングやシェーダーの最適化を行っていく過程でこれらの問題は解決されていくでしょう。

    最終的なグラフィックレベルは現行のロールプレイングゲームと遜色の無いものを目指していますが、もしゲーム世界のインタラクティブ性(照明をON/OFF したり、ゲーム中のオブジェクトを拾ったり使ったり、等)とグラフィックの美しさを秤にかけることになれば、我々は迷わずインタラクティブ性の向上を選択 することでしょう。

    Unity 5移行により一部の実装予定項目を延期することになりましたが、これは将来的なメリットを考えれば十分甘受できるレベルの問題だと認識しています。
    しかし、ステルスやクラフトスキルなど、重要項目の実装は達成することができました。

RELEASE 15, February 26, 2015:

  • Maps: 新しい大陸のシーンを追加。以下のシーンが新しく追加されます。
    Resolute, Xenos, Desolace Town, The Necropolis, and the Verdantis Shardfall
    • 39の新しいシーン: R15では39もの新しいシーンが実装されました。完全新規のマップもありますが、既存のマップを流用したシーンも含まれています。
    • Perennial Coast: Novia大陸のマップの初期バージョンとして、R15ではPerennial Coast地方と大陸の南東部を実装することができました。これらの地方には以下のシーンが含まれます:
      Solace Bridge, Ardoris, and the Tower of the Shuttered Eye.
      現在のPerennial Coastの進捗度は75%程度です。R16では100%の完成を予定しています。
    • Resolute、Xenos、Desolaceの実装時期の変更:
      これらのシーンはPerennial Coastに存在しないため、今後の大陸ワールドマップ実装の進行度に合わせて投入することにしました。
    • Necropolis実装の延期:
      完成度を75%程度までしか進めることができなかったため、延期を決定しました。
      このシーンはストーリーと関連するイベントが起こる最初のシーンとして実装される予定でした。
    • 新しいShardfallシーン Verdantis Shardfall:
      このシーンはPerennial Coast地方には存在しないのですが、新しいShardfallマップの実装とGrunvald地方とは別のビジュアルスタイルのお披露目を兼ねて、今回実装されることになりました。
      Verdantis ShardfallはNoviaの北西部に位置します。
      Sharffallのクレーターは森と沼地に取り囲まれ、クレーターの穴には水が浸水しています。
      このシーンは完全にオープンPvPゾーンになっていますが、資源採集にも最適な場所となっています。
    • 新しい街のシーンSolania:
      湖に浮かぶミステリアスな街、Celestisへアクセスするには、このSolaniaの街を経由する必要があります。
      SolaniaはCelestial Swampの高台にあり、Celestial Lakeの南岸部に位置します。
      9つの新しいアドベンチャーシーン:
      Perennial Coast地方は冒険や資源の採集にうってつけのシーンが多数存在します。
      今回実装されるシーンのビジュアルスタイルは既存のマップのものを踏襲していますが、Restless Woodsのように新しいビジュアルスタイルを採用したシーンもあります。
      R15では以下のシーンが新しく登場します:
      • Restless Woods
      • West Perennial Trail
      • North Celestial Wetlands
      • South Celestial Wetlands
      • West Veiled Swamp
      • East Veiled Swamp
      • Solace Woods
      • South Brightbone Woods
      • North Brightbone Woods.
    • 25のプレイヤータウン:
      Vale島で使用されていたフォレストタイプのテンプレートを使用したプレイヤータウンが、Perennial Coastにも登場します。
      ビジュアルスタイルこそ同じですが、いくつかの土地のサイズが大きいものに変更されています。
    • 新しいシーンSpectral Mines:
      昔、Spectral Peaksの鉱山開発計画が進められていましたが、地下から現れた古代のアンデッド達により計画は中断されてしまいました。結局、鉱夫たちは鉱山を放棄しましたが、鉱山にはthe Order of the Ebon Dawnが住み着き、古代のオブシダンの軍勢が使っていた古代の力の復活方法を探しているようです。
    • 新しい街のシーンSoltown:
      SoltownはBrightbone Woodsの中にある活気の失われた街ですが、街としての機能はまだ失われておらず、プレイヤーは貴重な補給地点として活用することができるでしょう。
    • Blackblade Pass South:
      Blackblade Passの南側の入口です。入口の周辺には溶岩がわき出しています。
      今後のリリースで通路の北と東にも出口が作られ、通路を通ってマップを行き来できるようになります。

  • スペルとスキル:
    サンとムーンマジックに新しいスペルが追加されます。 また、コンバットスキルのシールドスキルのツリーが拡張され、新しいコンボレシピも登場します。
    • 新しいスペル&スキル:
      11の新しいスキル&スペルを実装することができました。
      ステルスの機能に関係する、MoonとSunマジックのスペルの実装も実現しました。
      しかし、一部のビジュアルエフェクトはまだ実装されていません。
    • 場所や時間の魔法への影響:
      場所や時間がスペル&スキルの効果に影響を与えるようになります。
      特に、SunマジックとMoonマジックにこの影響がもっとも強く表れるでしょう。
    • Moonマジック:
      Moonマジックの系統には幻惑やステルスといった機能をもつ魔法があります。
      夜や地下のシーンでは、よりMoonマジックの力が増大します。
      • Night Vision:暗闇の中でも目が利くように。
      • Celestial Blessing: マジックレジストを上昇させる。
      • Animal Charm: 動物のクリーチャーを魅了し、デバフ効果を与える。
      • Moon Beams: 範囲効果のある幻惑の魔法。範囲内にいる3体までのターゲットを幻惑し、デバフ効果を与える。
      • Vanish: キャスターをステルス状態にする(静止状態限定)
      • Shadow Form: ステルス状態のまま移動することが可能になる。
      • Night Step: キャスターをターゲットの場所までテレポートさせる。さらに夜間の場合は自動的に相手の背後をとることができる。
    • Sunマジック:
      • Blind: 相手の攻撃の命中率を低下させる。
      • Reveal Hidden: キャスターの周囲にいるプレイヤーのステルス効果を解除する。
      • Dazzling Rays: 範囲効果のある幻惑の魔法。範囲内にいる3体までのターゲットを幻惑し、デバフ効果を与える。日中はデバフの効果時間がさらに延長される。
    • Shieldスキル
      • Charge: 盾を構えて相手に突進する。中程度のダメージ与え、さらに確率でスタン効果。
    • バランス調整:
      戦闘バランス調整のため、以下のスペル・スキルに調整を加えました。
      • 自動回復量の減少: ヘルスとフォーカスの自動回復量を4分の1に引き下げました。これはスタンススキルの効果や、ポーション、バフ効果等をより引き立てるための試みです。
      • ウォーターエレメンタル: 召喚時のヒットポイントを125から175へ設定しました。召喚生物の中ではもっとも長く滞在できるクリーチャーになりました。
      • Soothing Rain: 消費フォーカスを20から14に引き下げ、さらに回復効果が25%上昇しました。
      • Absorb Impacts: バフ効果時間が2倍に。
      • Healing Grace: 効果時間が2倍になり、さらに回復量も増加。また、Agro(ヘイト値)の減少効果も時間経過によって得ることができます。
      • Healing Burst: キャスティングタイムとクールダウン時間が半分になり、回復効果も50%上昇しました。また、Agroを減少させる効果もあります。
      • Berserker Stance: STRの上昇値が20から30に。


  • ハウジング:
    土地の維持費が実装されます(出資特典の維持費無料DEEDによる土地は除外)。
    もし税金を支払うことができなかった場合は土地の所有権を失います。
    家屋とその内外にあるアイテム類はバンクボックスへ送られることになります。
    • 土地の維持費の機能の延期:
      Unity 5への移行の影響で、この項目は延期されることになりました。
      • 地下室: 6つの新しい地下室のモデルを追加しました。3つのアリーナタイプの地下室と、Dukeの出資特典のものが含まれています。
      • HouseとBasement Deedのセキュリティ向上:
        これらのDEEDもLot DEEDと同様の挙動に変更されました。
        使用後は自動的にバックパックから消滅し、権利を放棄する時に復活するようになります。


  • クラフト:
    クラフトスキルが実装されます。クラフトスキルはクラフトの結果に影響を与えるようになります。
    • クラフトレベルとEXP:
      採集(Gathering)スキル、精製(Refining)スキル、作成(Producing)スキルを使用することにより、クラフトEXPを入手し、クラフトレベルを上昇させることができるようになりました。
      アドベンチャースキルと同様、レベルが上がるとスキルポイントを入手することができ、ポイントをスキル習得のために振り分けることができます。
      さらにアドベンチャーレベルの上昇により、少量ですがクラフトのスキルポイントを入手することができます。
      R15では採集(Gathering)スキルのみ習得が可能になっています。
    • 採集にかかる時間と中断の概念:
      R15からは資源採集時に、採集時間や採集成功の可否といったシステムが導入されています。
      採集スキルには資源採集に掛かる時間を短縮できるものや、採集の成功率を上昇させるものなどがあります。
      また、これらの効果は採集ツールによっても得ることもできます。
      また、採集中に戦闘や移動を行うと採集が中断されるようになります。
    • クラフトスキル:
      20以上のクラフトスキルが実装されています。
      R15では採集スキルに焦点を当て、精製や作成スキルは後のリリースでの実装を予定しています。
      5つの採集スキルのスキルツリーには、以下のようなスキルがあります:
      • Survey: 探査。習得するとリソースノードを発見できる距離が伸びる。
      • Swift Gathering:  素早く採集。採集にかかる時間を短縮できる。
      • Skillful Harvest: 採集技術。リソースノードからリソースを収穫できる確率が上昇。
      • Meticulous Collection: 慎重な採集。採集を試みたリソースノードが消滅する確率を低下させる。消滅しなかったノードからは再び採集を試みることができる。


  • 新たなクリーチャー:
    新たなクリーチャーとしてFaun(半人半羊)とフェニックス、ウィスプが登場します。
    • 新クリーチャーの延期: Unity 5移行の影響により、新しいクリーチャーの実装は延期されました。
  • 戦闘:
    ステルスのシステムが実装されます。
    • ステルス:
      ステルス機能が初めて実装されます。
      R15ではMoonマジックを使用してステルスの機能を使用することができますが、将来的にはLight Armorスキルにもステルス機能を持つスキルが実装される予定です。
      モンスターを相手にする場合、ステルスは相手の索敵範囲を狭める効果をもつので、相手に気付かれずに通り過ぎたり、接近することが可能です。
      人間を相手にした場合、ステルスはプレイヤーをほぼ透明化し、相手の目を欺くことができます。
      また、よく画面を見ることによりステルスの迷彩エフェクトを見破ることも可能ですが、地下のシーンや夜のシーンでは、肉眼で見破ることはほぼ不可能でしょう。
    • 待ち伏せ状態:
      敵キャラクターの中には、プレイヤーを待ち伏せするもの
      もいます。
      R15ではスケルトンにこの機能が実装されました。
      プレイヤーが近づくまで死んだふりをして油断させ、一定範囲まで近寄るといきなり起き上がって襲いかかってきます。
      この行動はAIにより自動的に行われるので、スケルトンの行動をよく観察すれば、死んだふりを開始するスケルトンの姿を見ることもできます。
    • オートアタックのアニメーションの増加:
      いままでのオートアタックは同じアクションを繰り返すだけでしたが、R15からはオートアタックのアニメーションパターンが増加します。

  • プレイヤーカスタマイズ: 衣服やアーマーの染色が可能になります。
    • 染色の機能の延期:
      Unity 5の移行により、準備していた染色機能に調整が必要になったのでR15では実装が見送られました。
      しかし、アーマーや衣服の染色では、染料の色だけでなく、素材の持つ色も見た目に反映されるようになります。
    • 男性アバタールモデルの改良:
      Unity 5の新しいシェーダー機能や、高解像度テクスチャー、まつげ、新しい顔の形など、様々な新機能が盛り込まれています。
      男性・女性アバタールの改良:
      目のパーツが改良され、瞳の深度を表現できるようになりました。
      また、顔パーツの調整もすべての項目が設定可能になっています。

  • オーバーワールドマップ:
    マップ上を徘徊するエンカウンタークリーチャーが登場します。それらと接触した場合、プレイヤーはエンカウンターマップへと引き込まれることになります。これらの徘徊するエンカウンターは迂回やスニーキングにより回避することも可能です。
    また、Novia大陸の最初のバージョンがリリースされます。
    • マップ上のエンカウンタークリーチャーの延期:
      マップ上のエンカウンターの機能はUnity 5移行の際に問題が発生し、問題の解決まで延期することになりました。
    • Novia大陸のワールドマップ:
      Novia大陸を実際に歩き回ることが可能になりました。
      R15では移動範囲はPerennial Coast周辺に限定されますが、後のリリースでその範囲が広がっていきます。
      また、R15のNoviaは初期バージョンのため、ワールドマップ上の街のオブジェクトの縮尺が調整されていません(=都市であるArdorisと小さなプレイヤータウンのサイズが見た目上同じになっている)。
      Novia大陸にアクセスするには、ArdorisかSolace Bridgeのシーンから徒歩で外で出てください。
    • ワールドマップ上のプレイヤーの表示:
      パーティーメンバーでない普通のプレイヤーもマップ上でその姿を見ることができます。

  • 称号: プレイヤーは称号を表示することができるようになります。
    • 称号表示の延期: ベンダーシステムの実装を優先したため、この機能の実装は延期されました。
  • エモートティーチング
    自分の知っているエモートをほかのプレイヤーに教えることができるようになります。
    出資特典など一部のエモートはオリジナルの所持者に教えてもらうことでしか取得できないものもあります。
    "ティーチング"は消費アイテムとして扱われ、セキュアなトレードを通して入手できます。
    • エモートティーチングの延期: ベンダーシステムの実装を優先したため、この機能の実装は延期されました。


  • ベンダーシステム:
    街の中にいるベンダーにアイテムを代理販売させることができるようになりました。
    ベンダーは街の中のアクセスしやすい場所に配置されています。
    プレイヤーは任意のアイテムに好きな値段をつけてベンダーに販売委託することができますが、7日間買い手が付かなかった場合、そのアイテムのNPC評価額の50%が手数量として徴収されます。
    ベンダーに預けられるアイテム数はプレイヤー単位で制限されており、さらにベンダー1人が持てるアイテム量にも限界があります。
    また、ベンダーが時間あたりに販売できるアイテム量にも制限が課されています。
    R15では
    Owl’s Head, Kingsport, Solania,Ardorisの街にベンダーが設置されています。
  • 出資特典・アドオンストアで購入したペットについて:
    出資特典のペットのほとんどと、アドオンストアのペットの大部分(鳥のペットを除く)を実装することができました。
    従者のNPCもR15で実装されていますが、単純なコマンド以外の機能は搭載されていません。
    また、現時点ではこれらのペットは非戦闘ペットに設定されており、戦いに参加させることができません。
    複数のペットの中から任意のものを選択できる出資特典については現在その機能が実装されていないため、暫定的に2つのうち1を選ぶ形式を採用しています。
    R15では以下のペットが実装されています:
    • 出資特典:
      • Siamese Cat: シャムネコ
      • Greyhound: グレイハウンド
      • Great Dane: グレートデン
      • Knight Servant: 騎士の従者
      • Lynx: ヤマネコ
      • Lord Marshal Automaton Servant: 機械仕掛けの従者
      • Baron Servant: バロンの従者
      • Imp: インプ
    • アドオン:
      • Black Cat: クロネコ
      • Turkey: 七面鳥
      • Reindeer: トナカイ
    • プレイヤー紹介特典:
      • Rottweiler: ロットワイラー犬


  • 光源効果をもつ装備品:
    以下の出資特典の装備品は光源としても機能します。
    • Sword of the Ba’Heer
    • Knight Cloak
    • Knight Marshal Winged Helm
    • Lord Cloak
    • Lord Marshal Coronated Helm
    • Duke Cloak
  • NPCのタイムスケジュール:
    Braemarの酒場のメイド"Abela"に一日の行動スケジュール機能が実装されました。
    彼女は一日を通じてスケジュールに沿って行動し、夜になると自宅に戻るようになっています。
    今後を占う大きな機能の第一歩を踏み出すことができたと思います。
  • Bank Upgrades:
    バンクスロットのサイズが出資額に応じたものに変更されています。
    また、ゲーム内ゴールドを支払うことによりバンクスロットを拡張することも可能になりました。
  • アドオンアイテム・出資特典アイテムの重複:
    出資特典の追加や、既存の出資特典アイテムデータの変更により、バンク内に2重に出資特典アイテムが出現するようになっています(Lot Deedを除く)。
    バンクスロットを圧迫する要因になってしまいますが、これはキャラクターワイプを回避するための措置です。ご了承ください。

  • Grand Tour 15:
    恒例のGrand Tourが今回も実施されます。
    新たに実装された各シーンにいるすべてのツアーガイドNPCに話しかけることで、R15限定の頭装備を入手することができます。

以下の項目は今リリースでは実装されていないコンテンツです:

  • ゲームパフォーマンス:
    描画パフォーマンスの最適化はまだ完全ではありません。
    古いハードウェアを使っているマシンではパフォーマンスが落ちたり、アイテム描数が多い場面ではメモリ管理に難が発生したりする場合があります。 我々は継続的にパフォーマンスの最適化を行っていきます。
  • クラフトについて:
    クラフトはゲームの大枠を担う重要なコンテンツです。
     しかし、クラフト時のできあがりの状態、というクラフトのキーとなる要素がまだ実装されていません。
    また今回のテストからクラフトスキルが新たに導入されましたが、実装範囲は採集スキルに限定されています。
    また、精製・作成時はスキルチェックが行われないため、成功率は100%になっています。 実際のクラフトでは各段階に成功率が設定されており、その判定にはさまざまな要素が関係してくるようになります。
    また、作成したアイテムが望み通りのものであることもありますが、強化を必要とする未完成なアイテムができたり、修理が必要な状態でできあがったりすることもあります。
  • ゲームループ:
    現段階のゲームループは骨組み程度のものでしかありません。
    今後のリリースによってゲームループの完成度を高めていきますが、今年に予定されているベータテストまで完全なゲームループの実装はされないでしょう。
  • 拡張されたプレイヤーハウジングシステム:
    現在、ハウジングの権限設定とプレイヤーハウスの天井のデコレーションの実装作業を進めています。 今後のリリースにご期待ください。
  • ゲームのグラフィッククオリティ:
    我々は常にグラフィックレベルの向上に務めています。
    現行のRPGタイトルと遜色の無いレベルになるまでグラフィックを強化していく予定です。
  • 出資特典:
    いくつかの出資特典の実装は達成されましたが、プレイヤーハウスのNPCベンダーなど、システムに関係する一部の出資特典はまだ実装されていません。
  • ゲームデータの継承:
    テストのために必要な場合は ゲームデータのワイプを行っています。 正式ロンチに近づくにつれて、データワイプの機会は減少していくとおもいますが、必要となればいつでもデータワイプを行う可能性があります。 テスト中のゲーム内のデータは、あくまでテスト用の仮のものであると承知おきください。

0 件のコメント:

コメントを投稿