リリース56 要綱

R56 Instruction

日本時間7月260:30AMからリリース56が実施されます。

期間中には様々なプレイヤーイベントが開催される予定です。イベントカレンダーが以下のサイトで公開されているので、興味のある方はチェックしてみてください。

https://www.shroudoftheavatar.com/?page_id=35475
http://nbnn.info/calendar.html

公式情報(英語)

Player Instruction

Known Issue

PatchNotes

日本語版(非公式)
プレイヤーガイド非公式日本語版



R56はQ3の十大優先実装項目に着手する最初のリリースになります。今回もこのリリースにおいて、優先実装目のリスト中のほとんどの項目の進展をさせる ことができました。特に、システムの大幅な改善、バグフィックス、動作パフォーマンス、ユーザーインターフェース、Tierの調整、リワードサイクル、と いった点で改善が行われています。

変更点のハイライト

バグ修正:

今回はバグフィックスに特に重点を置いており、全体的なバグの量を減らすことに注力しています。ゲームシーンでは100箇所近くのバグ修正を行い、またユーザーインターフェースやクラフト(主に計算式)に関するバグフィックスも行っています。

動作パフォーマンスの改善:
確実に動作パフォーマンスの改善作業を継続していきます。メモリ管理効率、ロード時間、フレームレートのいずれにおいても、体感できるレベルで改善を達成することができました。

Obsidian Trials:
R55ではObsidian Trialsが初期テスト段階として実装されました。このバージョンではエントランスや時間制のセッション、また勝利条件も設定されていませんでした。R56では最初のプレイアブルバージョンが実装されます。バトルの時間制限や、狭まってくるシーンを取り囲む毒の境界線、専用PvPスコアボード、2種類の専用通貨とエモートを含む新しいリワード、称号が実装されています。また、このシーンでは倒されてもアイテムやトロフィーのルートが発生しません。

ユーザーインターフェースの向上:
ユーザーインターフェースには大幅な調整を行いました。多くのウインドウをボーダーレス化したり、ウィスパーメッセージを受け取った時音がなったり、没入感を損なわないように表示するメッセージを整理したり、メールのアーカイブ時にメッセージが表示されたりするようになっています。

全体的なビジュアルクオリティの改善:
ゲーム全体のビジュアルクオリティを劇的に引き上げる作業を開始しました。今回フォーカスするのはシャドウ、ライティング、そしてフルスクリーン時のビジュアルエフェクトです。R57で全ての要素の実装を予定していますが、R56ではその一部を先に実装しています。違いを実際に見るには、野外シーンでクオリティレベルを"Good"と"Best"に切り替えてみてください。

彗星とその影響:
天文学者によると、地球時間の8月の終わりに、Novia大陸の上空に彗星が接近することがわかっています。また、彗星の接近に合わせて多くの隕石も見られると予想されています。彗星がニューブリタニアへ近づくと、世界の生物はその影響を受けることがあります。いくつかのケースはクリーチャーの能力が増したり、あるいは別のクリーチャーへと変化することがあります。今回は3体の新しいクリーチャーが実装されています。:
エーテルドラゴン、リッチ、コーピオンこれらのクリーチャーを倒すと、あるレア報酬が手に入ると言われています。

今回も多くのテスターがQAサーバーでテストプレイをしてくれたことに大きな感謝をしています。また、この要綱記事の記述に関して、いくつもの有用なフィードバックをいただいたことにも感謝を申し上げます。

ゲームについての新しい情報は、この投稿とプレイヤーガイド・既知の問題のドキュメント内で説明されています。最新の情報についてはパッチノートを参照してください。

ユーザーの皆さんがこれらの情報の確認のためにわずかに時間を割いてもらえるだけで、既知の問題に対する対応の時間を削減でき、未回答の新たな問題や致命的なバグに対処することに集中することが可能になります。我々はプレイヤーの皆さんにこの投稿に目を通してもらえることに感謝し、またこのことが今後のゲームに関するフィードバック作業に多大な恩恵をもたらすことを嬉しく思っています。

今後も我々はリリース毎に新しいコンテンツを提供していきますが、それ以外にもコミュニティユーザーの皆さんで企画したイベントに参加して楽しむこともできます。ぜひユーザーイベントのカレンダーもチェックしてみてください。(ゲーム内のアイテムにもプレイヤーイベントのスケジュールを紹介する本があります):
また、オフィシャルの最新イベントの開催情報もメインウェブサイトにて確認することができます。

今回新しく導入されたコンテンツは以下の通りです。

RELEASE 56, July 26, 2018

  • ストーリー:
    新たな天体に関係するイベントが実装される予定です。天体の状況によって敵がパワーアップしたり、変化が起こったりするようになるでしょう。また、スタートシーンの改善と進行がよりスムーズになるように調整を行います。各シーンのTierの調整も行います。さらに、プレッジ特典のユーザーメイドNPCを、Brittany Alleysに導入する予定です。
    • 彗星と隕石:
      天文学者によると、地球時間の8月の終わりに、Novia大陸の上空に彗星が接近することがわかっています。また、彗星の接近に合わせて多くの隕石も見られると予想されています。
    • Tierのラベリング:
      R54ではTierレベルの表記に+を入れることで、シーン内に複数の難易度の場所が混在していることを明記するようにしました。R56ではそれらのラベルをゲームシーン全てに導入し、全てのシーン難易度が事前に分かるようになっています。
      • Brightbone Pass 5+
      • Brittany Sewers 5+
      • Dysborg Ruins 5+
      • Eastreach Gap 5+
      • Elysium Mines 5+
      • Etceter Crag Mines 5+
      • Grunvald Shardfall 5+
      • House on the Hill 5+
      • Kas Ruins 5+
      • K’rawl 5+
      • K’rul 5+
      • Libris Ruins 5+
      • Longfall Woods 2+
      • Lost Vale 5+
      • Midras Ruins 5+
      • Nightshade Pass 3+
      • Northwest Blackblade Mountains 5+
      • Opalis Ruins 5+
      • Paladis Shardfall 5+
      • Quel Passage 5+
      • Quel Shardfall 5+
      • Rhun Ruins 5+
      • Rhun Vault 5+
      • Sanctus Spine 5+
      • Superstition Canyon 5+
      • Tenebris Harbor 5+
      • The Crags 4+
      • The Fall 10+
      • The Rise 10+
      • Vauban Pass 5+
      • Verdantis Shardfall 5+
      • Vertas Pass 5+
    • サイドクエストの追加:
      (ネタバレ注意)
      • Vanquishing the Atavists of Purity:
        DesolisのRanees Bindersはアウトランダー達に対してオープンで友好的な人物のひとりです。彼の頼みを聞いて、土地からAtavists of Purity達を追い払ってあげましょう。依頼を達成したら彼に報告して報酬をもらうこともお忘れ無く。
      • Shooter:
        トレードマークのピンク色のオオカミマスクを被ったShooter Jenningsの姿を、最近は多くの場所で見かけることができます。同時刻に複数の場所で姿が見られることもあるそうですが、一体どうやってそんなことをやってのけているのでしょうか?ぜひ本人に直接会って聞いてみましょう。
    • シーンの改善:
      (ネタバレ注意)
      • 全体的なビジュアルクオリティの改善:
        現在、ゲーム全体のライティングモデルのオーバーホール作業を行っています。R55ではシャドウディスタンス、フォグの設定、反射、環境光を調整し、より様々な場面でダイナミックなライティング効果が発揮されるように調整しました。
      • East Vauban Foothills:
        このシーンにあるルーンが湖のほとりにあるオベリスクと関係があることが判明しました。ルーンがオベリスクのナゾを解く鍵になるのでしょうか?そして隠されたナゾの正体とは?
      • Brittany Alleys:
        プレッジ特典のユーザーメイドNPCが実装されています。]またいくつかの改善とバグフィックスを行いました。メイジショップに適切な魔法材料を販売するNPCを設置も行っています。
      • Northwood:
        天文学者のドクターボブはNorthwoodの街に観測用の建物を調達しました。そこで彼は彗星の接近など、天文イベントの研究を行っています。
      • エーテルリッチ:
        彗星の接近により、Penmawr Island, Deep Ravenswood, Etceter Crag MInes, The Fallのシーンのアンデッドに異変が起こっていることが確認されています。
      • エーテルドラゴン:
        彗星の接近により、Blackblade Mountains, Southern Grunvald Barrens, and in the Roving Stag Encounterのシーンのドラゴンに異変が起こっていることが確認されています。
      • エーテルコーピオン:
        彗星の接近により、Northwest Blackblade Mountains, Sunless Barrens, The Fall, The Rise, and Wynton’s Follyのクモ型のモンスターに異変が起こっていることが確認されています。
      • イノシシのエンカウンターシンボル:
        ワールドマップ上に最新版のイノシシのエンカウターシンボルが登場します。これらのシンボルはオオカミのシンボルと同じ場所で発見することができるでしょう。
      • Obsidian Boars:
        強力なオブシディアン・イノシシは、前回のリリースまで2つのシーンにしか存在していないレアなクリーチャーになっていました。今回からはイノシシのエンカウンターシンボルでのシーン、Sawtooth Thicket, Savrenoc Stronghold, Far Hinterlands, Twins Foothills, and Greymark Forestのシーンにも存在するようになっています。
  • 動作パフォーマンスの改善:
    今回のパフォーマンスの改善は体感できるレベルで向上しており、ゲームのいたる場面でその成果が分かってもらえると思います。しかし、最高画質か、それに準ずるレベルの画質設定にしている場合、画質向上と動作パフォーマンスの向上がちょうど相殺されて以前と違いがわからないかもしれません。
    • Shader Variant Reduction:
      以前はゲーム内で1700種類のシェーダーを使用していました。今回は500まで使用する種類を減らしています。この変更は動作パフォーマンスの改善に寄与するでしょう。:
      • シェーダーの種類が多い場合、シーン開始時にシェーダー情報の読み込みの多くの時間を取られます。
      • またメモリを圧迫し、シェーダーデータの格納のためにCPU・GPU共に負荷がかかります。
      • シェーダーの種類が多い分、読み込みの機会が多くなり、よりヒッチングを引き起こす要因にもなっていました。
      • シェーダーの種類が多いとメモリの圧迫が起き、それがヒッチングを引き起こす要因になっていました。
      • 今回、シェーダーの種類の削減作業により、フレームレートの改善とインスタンスレンダリング速度の改善の両方を実現することができました。
    • シャドウの最適化:
      このゲームではダイナミックライトの数が多く、この部分の最適化によりパフォーマンスの向上が見込めると我々は考えました。そして今回我々は、動作パフォーマンスが低下したときに、自動的に光源が生成する影の数を減らすようにしました。デコレーションアイテムがたくさんあるPoTなどでは、パフォーマンスが改善されていることを体感できるでしょう。
    • Unityエンジンのアップグレード:
      全てのプラットフォームのクライアントで、Unityのバージョンを2018.1へとアップグレードしました。このアップグレードによる恩恵は小さなものにとどまりますが、将来的に導入予定のバージョンの2018.2では、大幅なレンダリング改善効果が見込まれています。
    • パーティクルシステム:
      既存のパーティクルエフェクトの10%ほどは古いシステムのものを使用しています。今回すべて新しいシステムのものへと変更し、パーティクル表示の動作パフォーマンスを改善しました。
    • Run Time Allocation Reduction:
      Allocations that occur at run time cause hitches in game play when the system later has to go back and free those allocations in a process called garbage collection. A pass was made to eliminate more than 20 spots where frequent allocations were occuring. This includes replacing some Unity Engine functions to bypass allocations in their system.
    • 大人数時のパフォーマンス改善:
      いくつかのゲーム内コードは、大人数のシーンではパフォーマンスに問題がでることがわかっています。今回コードのリファクターを行い、イベントなどの大人数シーンでも動作パフォーマンスが損なわないように改善しています。
  • バグ修正:
    システムや機能コンテンツに関するバグフィックスのために作業時間を割り当てる予定です。
    • 土地内から拾い上げたアイテムがスタック化されないバグ:
      バグを修正しました。
    • Will-O-Wisp Summoning Text:
      ウィルオウィスプ召喚時の詠唱スペルのテキストを修正
    • Summoned Daemon Trident:
      カオスマジックで呼び出した召喚デーモンは、トライデンドを装備した状態で出てくるようになります。
    • Roving Encounters Reset:
      ランダムエンカウンターシーンでのリセット現象を修正しました。このバグの影響で、敵ウェーブが終わらずに繰り返されたり、宝箱の中身が空っぽになったりする不具合が発生していました。
    • Nearby Player List:
      PvPリストのウインドウはESCキーを押してもクローズしないように修正しました。
    • Party Loot Roll Window:
      オートロールが有効になっている時に、ルートロールウインドウを動かすことができなくなっていた問題を修正しました。
    • Combo Key Remap:
      We fixed a bug where if you remapped your combo key it would appear above the close “X” in some of the UI elements. コンボキーの割り当てを行ったときに、ウインドウの×ボタンの上に設定したキーが表示されるバグを修正(?)
    • 水やり後の植物のツールチップ:
      コンテナ内の水やり後の植物のツールチップに植物のタイプの表記がされていなかった問題を修正。
    • Crafting Station Messaging:
      クラフトステーションのUIを開いているときにコンテナ間でアイテム移動を行った際、不必要なメッセージが表示されていた問題を修正。
    • Merchant Window Resizing:
      商人とのトレードウインドウのリサイズが正常に行えるようになりました。
    • “Evidence” Quest:
      Blood River Outskirtsのお使いクエストのフラグを修正。クエストアイテムを重複して所持することができなくなりました。
    • Reagent Loot Stacking:
      トレジャーチェストからルートできるゼロバリューの秘薬袋(展開するとゼロバリューの秘薬を入手)の中の秘薬を、通常バリューの物に変更しました。
      注意:
      既存のゼロバリュー秘薬は、通常バリューの秘薬とスタックしません。
    • イントロムービー後のUIフラッシュ:
      イントロムービー再生をESCキーでキャンセルしたときに、ユーザーインターフェースがフラッシュするバグを修正
    • Stinging Poison Typo:
      毒状態になったときに、毒の名前が省略されずに表示されるように。
    • 染料の確認ウインドウのバグ修正:
      染料使用時の確認ウインドウの裏にUI窓がある場合、染料ウインドウをクリックしたときに裏側にあるウインドウがアクティブになってしまう問題を修正
    • Wave Battles in Roving Encounters Fix:
      エンカウントシンボルのシーンでウェーブバトルが始まると、不可視のオブジェクトが発生するバグを修正。
    • Character Creator Hue Fix:
      キャラクタークリエーション時に、肌色を変えるとそれにつられて服の色まで変わってしまうバグを修正
    • Locking Open Doors Fix:
      施錠されたドアを開けた際に、プレイヤーが通り抜けられないことがあったバグを修正
    • Artifact Low Durability Fix:
      サプライバンドルから得られるアーティファクトアイテムに耐久度が低いものがあったバグを修正
    • Boots of Skulking Fix:
      このアーティファクトの効果を修正
    • Mooneater & Nightstep Fix:
      効果の表記を修正。
    • マスターワークとエンチャントの修正:
      いくつかのマスターワークとエンチャントで付加できる効果のうち、想定していた計算式が正しく適用されていないものがありました。以下の効果の発動確率が高めに表示されていました。現在は修正されています。:
      • Charge Stun Chance
      • Crushing Blow Stun Chance
      • Gust Chance
      • Knockback Knockback Chance
      • Knockdown Knockdown Chance
      • Leg Sweep Knockdown Chance
      • Attack Speed Chance
      • Critical Bonus Night Chance
      • Heal Chance
      • Ignite Weapon Chance
      • Strength Bonus Day Chance
      • Shield Bash Knockback Chance
      • Skewer Root Chance
    • シーン内のバグフィックス:
      以下のゲーム内のシーンの修正が行われています。 スタックポイント、浮いているオブジェクト、欠けているオブジェクト、効果音の適切な再生や、NPCの経路、街の表示ラベル、アクセスできない鉱石ノード、当たり判定が正しく設定されていない箇所、蘇生アンクの誤った場所に設置や、設置自体が行われていない箇所の修正、地面をすり抜けて落下してしまう箇所の修正などが行われています。:
      • Aerie
      • Battle of Solace Bridge
      • Blood River Forest
      • Brittany Alleys
      • Compendium of Pain and Suffering
      • East Vauban Foothills
      • Etceter
      • Desolis
      • Graff Gem Mines
      • Halls of Artifice
      • Harvest
      • Hidden Vale Horse & Cow Encounters
      • Highvale Outskirts
      • Kingsport
      • Kobold Expeditionary Camp
      • Lost Vale
      • Necropolis
      • Nightshade Pas
      • Norgard Fens
      • Owl’s Head
      • Rhun Vault
      • Solace Bridge
      • Solace Bridge Outskirts
      • Spite
      • Valhold
    • マップの修正:
      以下のインゲームマップのバグを修正しました。進行方向の矢印の正常な表示や、古いラベルの更新を行っています。
      • Forest Siege
      • Jade Valley
      • Port Phoenix
    • マップTierのアップデート:
      R55では11のマップで難易度が調整されましたが、ラベルの難易度表記が更新されていませんでした。R56では修正されています。現在、この問題は修正されています。
  • クラフト・経済:
    さらなるルートアイテムを追加します。(ユニコーンのツノなど)
    • ユニコーンのコンポーネント:
      ユニコーンから取れるコンポーネントをさらに追加しました。
      • ユニコーンのツノ:
        Unicorn Hornsは加工してダガーやスピアなどの武器の材料にすることができます。このツノはダガーやスピアの刃の部分として利用でき、Dark and Light Sylvan Daggers and Spearsを作るための材料になります。このコンポーネントは、プレイヤーの徳の状態に応じてボーナスが発生します。Light Sylvan武器はプレイヤーの徳が高い場合プラス効果を、低い場合はマイナスの効果を発揮します。Dark Sylvan武器はその反対の性質をもっています。
      • ユニコーンのたてがみ:
        ユニコーンのたてがみはDark and Light Sylvan Bowstringsの材料になります。このbowstringsは弓やクロスボウの材料として使用できます。このコンポーネントは、プレイヤーの徳の状態に応じてボーナスが発生します。Light Sylvan武器はプレイヤーの徳が高い場合プラス効果を、低い場合はマイナスの効果を発揮します。Dark Sylvan武器はその反対の性質をもっています。
    • 酒ダルに作成者名が入るように:
      R55では醸造のコンテンツをゲームに実装しました。醸造ではカスク(酒樽)を作製し、さらに作成者のマークも入れることができます。カスクで酒の材料を寝かせることでアルコール飲料を作製することができます。しかし、今までカスクに作成者のマークをいれることが出来ない状態になっていました。R56ではこの問題は修正され、チールチップ内で作成者の名前を確認することができます。
      注意:
      作成者銘はR56以降に作成されたものだけに有効になります。それ以前に作成された酒ダルには名前の情報は付加されません。
    • Clay Pipe Recipe:
      R32ではクラフト可能なパイプを実装しました。しかし、Clay Pipeのレシピのみ、まだどの商人もレシピを販売していませんでした。今回のリリースからはResoluteの鍛冶屋で購入することができるようになっています。
    • アルコールの市場価格:
      R55ではアルコール飲料のvalueを引き下げました。当初は飲料の評価価格が高すぎて、ゲームの経済バランスを損なう要因になっていました。R56ではこれらの問題を修正し、経済バランスを損なわないように調整しています。また、ビールやワインは比較的醸造時間が短いですが、農産物で同じ時間程度の育成期間が必要なものと比べて、価値が少し高く設定されています。ウィスキーなどは一ヶ月程度の醸造期間が必要ですが、その分だけ経済価値は高く設定されています。
      注意:
      我々はインベントリのアイテム所持数に制限を課す予定です。R57でこの変更を行う予定です。この変更により、ビールとワインの値段に関するバグを修正できる予定です。
    • Kobold Gunners:
      コボルドガンナーはハンマーではなくクロスボウをドロップするようになります。将来的に様々な種類のコボルドガンをドロップするようになり、それぞれ装備したりサルベージしたりすることができるようになります。
    • Fustian Straps Balance:
      Fustian Strapの素材ボーナスは%ボーナスから+固定値に変更されています。
    • Constantan Sheets and Coils Balance:
      Constantanのシートとコイルの素材ボーナスは%ボーナスから+固定値に変更されています。
    • Meteoric Iron Bindings, Sheets, & Coils Balance:
      上記のMeteoric Iron製のコンポーネントはブロンズ製と比べ、ディフェンスの値が高く設定されています。
    • White Iron Sheets and Coils Balance:
      White Iron Bindingsと釣り合いを取るために、上記のコンポーネントのヘルスボーナスが引き上げられています。
    • Jar of Vinegar, Brace of Lapine, Ardoris Coleslaw & Darkstarr Smoked Duck:
      これらのレシピは以前はワインボトルが必要でした。しかし、現在はクラフトワインがクラフト素材として必要になっており、以前のワインボトルではクラフトができないようになっています。また、Ardoris Coleslawのアイテムクラフトにも、その材料はワインボトルではなくJar of Vinegarが必要になっています。
    • Granite Block Recipes Adjustment:
      graniteブロックのレシピの内容を修正し、見た目とコストが一致するようにしました。1Wx1Hx2Lの必要コストを15に、1Wx2Hx2Lのコストを22に変更しています。
    • 新しいレシピとパターン:
      • Aether Corpion Poison (Alchemy Recipe, Discoverable)
      • Aether Dragon Trophy Head (Carpentry Recipe, Discoverable)
      • Clay Pipe (Blacksmith recipe from Blacksmith in Resolute)
      • Dark Sylvan Bowstring (Tailoring Recipe from Unicorn Foals)
      • Elven Bed (Carpentry recipe from Elven enemies)
      • Elven Chair (Carpentry recipe from Elven enemies)
      • Elven Coffee Table (Carpentry recipe from Elven enemies)
      • Elven Dinner Table (Carpentry recipe from Elven enemies)
      • Elven Dresser (Carpentry recipe from Elven enemies)
      • Elven Side Table (Carpentry recipe from Elven enemies)
      • Elven Sofa (Carpentry recipe from Elven enemies)
      • Heavy Plate Armor (Pattern Pack & Eternal Pattern, Add-On Store)
      • Heraldry Throne (Eternal Pattern, Add-On Store)
      • Heraldry Round Table (Eternal Pattern, Add-On Store)
      • Light Sylvan Bowstring (Tailoring Recipe from Unicorn Foals)
      • Shogun String Light (Carpentry Recipe from Ardoris decoration merchants)
      • Vial of Distilled Aether (Alchemy Recipe, Discoverable)
      • Wood-Framed Novia Map Painting (Carpentry Recipe from Brittany decoration merchants, unique component from bookstore in Brittany Estates)
      • Wooden Round Table (Carpentry recipe on Etceter decoration merchants and all carpentry merchants)
      • Wooden Throne (Carpentry recipe on Ardoris decoration merchants and all carpentry merchants)
  • ユーザーインターフェースの向上:
    UIなビジュアル要素を強化します。また、フレンドインターフェースの改善も実施する予定です。
    • ボーダーレス化:
      R55ではユーザーインターフェースの枠線と背景のアートのオーバーホールを開始しました。この作業はR56で完成する予定です。
    • フレンドリストをゾーンでソート:
      フレンドのいるシーンでソートをかけることができます。また、あなたのいるシーンにフレンドがいる場合、そのシーンが一番上に表示されます。
    • フレンドオプションで所在地の開示のON/OFFが可能に:
      フレンドに自分の所在地の情報を開示するかどうかオプションで選択ができるようになりました
    • Miscellaneous Messages in NPC Chat:
      没入感の向上のために、"Player X has logged off"といったメッセージの類いは、Misc.のカテゴリに分類されるようになりました。
    • Whisperメッセージのチャイム機能:
      whisperでメッセージを受け取ったときに、音が鳴るようになります。
    • メールの期限:
      メールの受け取り後2週間経過すると、メールの保持期限が切れる旨のメッセージを受け取るようになります。また、開封済みのメールも開封後5日経つと同様のメッセージを受け取るようになります。開封メールが5日経過すると、メールボックスから削除され"DiscardedMail"としてゲームフォルダのログファイルとして内容が記録されます。また、メールに添付されたアイテムはプレイヤーのバンクボックスへと送られます。
    • 商人との会話:
      商人NPCにインタラクトしたとき、トレードインターフェースと会話インターフェースが両方開くようになります。また、ALTキーを押しながら商人にインタラクトすると、会話インターフェースを表示させずに、トレードインターフェースだけを表示させることができます。また、オプションから"Skip Conversation with Merchants"を選択しても同様の挙動になります。
    • クールダウン表示のコントラスト:
      クールダウン中のスキルアイコンと使用可能な状態のスキルアイコンの表示を、より容易に見分けられるように変更しました。
    • Heraldry Auto-Email:
      提出したHeraldry Blazons(紋章)が審査に引っかかった場合、理由を記したEメールを自動的に送信するようになっています。
    • Last Name Optional Note:
      名字は入力してもしなくてもよい扱いになっていますが、インターフェースにそのことを知らせる旨を表記していませんでした。今回から名字の入力は必ずしも必要ではないことを明示するようになっています。
    • 新規プレイヤーハンドブック:
      以下のアイテムの装備の仕方のテキストを追記しました。:
      “To wear equipment, open the character sheet (C key), drag the equipment onto the display-avatar or corresponding highlighted equipment slot, and release the left mouse button. You may also right-click on items in your inventory and choose to equip them from the dropdown menu. Non-equippable Items will automatically be added to your inventory if they are dragged onto the Avatar within the world.”
    • レシピブックのページの保存:
      レシピブックを開いているときに、NPCとの会話の発生などで自動的にレシピブックがクローズしたときに、最後に開いていたページを記憶するようになります。
    • Crafting Window Size & Position Saving:
      どの種類のクラフトステーションを使っても、クラウトウインドウの位置とサイズを共通して記憶するようになります。
    • Item Moving Message:
      別の街の銀行にあるアイテムや、プロパティマネージャーのアイテムを移動しようとした際に、正しいメッセージが表示されるようになります。
    • プランターの右クリックコマンド"Destroy"について:
      プランターの右クリックコマンドの"Remove"の呼称を"Destroy"に変更しました。このコマンドではプランター上の植物を収穫せずに破棄することができます。
  • 戦闘とキャラクター:
    新しいクリーチャー、ワイバーンをゲームに実装します。ワイバーンはテイムすることも可能です。さらに、天体状況に影響を受けるクリーチャーも実装される予定です。さらにObsidian TrialsのシーンのルールやPvP専用通貨とそれで得られる報酬についても開発を進めていきます。
    • Obsidian Trials:
      R55ではObsidian Trialsが初期テスト段階として実装されました。このバージョンではエントランスや時間制のセッション、また勝利条件も設定されていませんでした。しかし今回のR56では複数の機能を盛り込んだ、一番最初のプレイアブルバージョンとして仕上がっています。Novia大陸の、Nightshade Passの右側の入り口付近に、Obsdian Trialsのシーンの入り口が設置されています。プレイセッションは10分ごとに開始され、マッチ間で1分の準備期間を挟むようになっています。マッチの最中は強力な毒結界が外周に張り巡らされており、徐々に狭まってきます。もし毒の結界に触れてしまうと、すぐに死んでしまうでしょう。死亡時はロビーエリアへと戻され、次のマッチの準備に備えることになります。ロビーではObsidian Trialsで得た専用通貨で、アイテムを購入することができます。また、PvPスコアボードはここでのマッチ専用にものに変更されており、マッチの残り時間、マッチの参加人数、勝者の名前、マッチのリセット時間が表示されています。また、このシーンでは倒されてもアイテムやトロフィーのルートが発生しません。
    • Obsidian Skull Coins:
      Obsidian Trialマッチでは、Kill数に応じてObsidian Skull Coinが入手できます。これは一時的な消費の購入に使用することができます。
    • Obsidian Medallions:
      Obsidian Trialマッチで勝利すると、少なくとも5人のプレイヤーにObsidian Medallionsが授与され、一時的ではなく永続的なアイテム類(エモートや称号)を購入することができます。また、購入できるアイテムは将来的にユニークパターンや装備品、コンポーネントなども登場する予定です。
    • 勝利エモート:
      敵を殲滅したときなどに適したエモートが用意されています。これらはObsidian Medallionsで購入することができます。
      • /victoryrising
      • /victoriousrise
      • /victoryfloat
    • Obsidian Trialの称号:
      以下の称号はMedallionにて購入することができます。
      • Corporal
      • Sergeant
      • Lieutenant
      • Captain
      • Major
      • Colonel
      • Lieutenant General
      • General
    • Obsidian Trial専用の消費アイテム:
      これらの消費アイテムはObsidian Skull Coinsで購入することができます。R56では以下の5つのポーションとテレポート先固定のテレポスクロールが実装されています。将来的に消費アイテムの種類はもっと増えていくでしょう(ユニーク毒ポーション、染料、リペアキット等)
      • エレメンタルレジスト:
        エレメンタルマジックに対しての防御を高めますが、非エレメンタル攻撃に対して弱くなるようになっています。このポーションはOpen PvPシーンのみで使用することが可能です。
      • Unstable Explosive:
        強力な爆薬です。しかし不安定な性質をもっているため、使用者が投げる前に爆発してしまうことも。このポーションはOpen PvPシーンのみで使用することが可能です。このポーションは使用者だけでなくパーティーメンバーを巻き込む危険もあるので注意してください。
      • Magic Resistance:
        このポーションは非エレメンタル攻撃に対しての防御を高めますが、エレメンタルマジックに対して弱くなります。このポーションはOpen PvPシーンのみで使用することが可能です。
      • Physical Resistance:
        このポーションは物理攻撃に対しての防御を高めますが、魔法攻撃全般に対して弱くなります。このポーションはOpen PvPシーンのみで使用することが可能です。
      • Unstable Power:
        使用者の能力を劇的に引き上げますが、効果時間が切れると酩酊状態になってしまいます。
      • Teleport to Trials:
        このテレポートスクロールを使用すると、直接Obsidian Trialの場所へとテレポートできます。フレンドやバインドは必要ありません。
    • エーテルドラゴン、リッチ、コーピオン:
      彗星がニューブリタニアへ近づくと、世界の生物はその影響を受けることがあります。いくつかのケースはクリーチャーの能力が増したり、あるいは別のクリーチャーへと変化することがあります。今回は3体の新しいクリーチャーが実装されています。:
      エーテルドラゴン、リッチ、コーピオンこれらのクリーチャーを倒すと、あるレア報酬が手に入ると言われています。
      • エーテルオーブ:
        エーテルリッチと遭遇した冒険者によると、リッチ達の中には手の中に魔法のオーブを手にした者もいたそうです。そのオーブを手にしたとしたら何がおきるのでしょうか?あなたが試してみますか?
      • エーテルコーピオンの毒:
        このコーピオンの毒は、強力なダメージだけでなくドレインフォーカスの効果ももっています。
      • 濃縮エーテルの小瓶:
        このエーテルドラゴンから分離濃縮された、小瓶の中のエーテルを飲み干すと、最大フォーカス値を高めるバフ効果を得ることができます。
    • 毒のレンジド武器:
      毒武器スキルを弓とクロスボウでも使用することができます。ただしラピッドファイアのスキルを使用した場合、初弾のみに毒効果が乗ります。
    • Ignite Ranged Weapon:
      Ignite Weaponのスペルを弓とクロスボウでも使用することができます。ただしラピッドファイアのスキルを使用した場合、初弾のみに毒効果が乗ります。
    • フォーカスの消費について:
      低レベルのキャラクターがよりスムースにゲームが進められるように、フォーカスの消費レートを調整しました。ゲーム開始時にフォーカス切れが頻繁に起きないようになっています。
    • Creepy Dolly:
      R55で実装された子供ゾンビのバリエーションとして、人形を抱いたゾンビが登場するようになります。ウワサではこの人形にはなにかし大きな力が秘められていると言われていますが…?
    • Mantle of the Storyteller:
      SotAに関連したKickstarter企画である"Portait of Scottie for Shroud of the Avatar"のリワードが実装されています。ブラウンとホワイトのバリエーションがある、手を組んだガントレットのデザインのコミュニティクロークです。
    • Ornate Shogun Bow:
      Fulfill your dreams of serving the Shogun as an archer along the Perennial Coast with the amazing new Ornate Shogun Bow. You can purchase the bow itself with an embedded Eternal Pattern or a Pattern Pack from the Add-On Store.
    • Heavy Plate Armor:
       At the suggestion of players, we created this striking suit of plate armor by taking the Courage plate and removing the Bell of Courage and other ornamentation. You can purchase the armor itself with an embedded Eternal Pattern or a Pattern Pack from the Add-On Store.
    • Dazzling Rays Specialization Bonus:
      Dazzling Raysは専門化スキルにより効果範囲が広がるようになっています。
    • Explosive Potion:
      このアイテムの威力が劇的に引き上げられています。しかしそれでも不安定なバージョンの爆薬ポーションに比べれた半分程度の威力になっています。この変更により爆薬ポーションは、冒険において十分に役立つ性能になっています。
    • ゴースト:
      ゴーストの物理攻撃に対する耐性が引き上げられています。
    • ワイバーンの延期:
      エーテルクリーチャーやObsidian Trialsのシーンに注力したため、ワイバーンの実装は延期されました。
     
  • PoTとハウジング:
    PoTをダイナミックタウンに変更し、提出フォームをロックしたPoTは変更が反映されるでしょう。
    • クラフト可能なエルフ家具:
      R55ではアドオンストアに装飾されたバージョンのエルフ家具が登場しました。R56ではインゲームでクラフト可能なバージョンを実装しています。エルフ家具のクラフトレシピはエルフを倒した時にドロップするようになっています。
      • Bed
      • Chair
      • Coffee Table
      • Dinner Table
      • Dresser
      • Side Table
      • Sofa
    • クラフト可能なエーテルドラゴンのヘッドトロフィー:
      エーテルドラゴンのヘッドトロフィーがクラフト可能になっています。このレシピはディスカバーが可能です。
    • ショーグンストリングライト:
      (Carpentry Recipe from Ardoris decoration merchants)
    • Wood-Framed Novia Map Painting (Craftable):
      このレシピはBrittanyのデコレート商人から購入で可能です。また、作製にはユニークなコンポーネント"Faded Novia Canvas"が必要で、このアイテムはBritanny Estatesのブックストアで購入可能です。
    • クラフト可能な木の丸テーブル:
      このシンプルな木のテーブルはEtceterのデコレート商人よりレシピが購入可能です。また、大工商人からも購入することができます。このテーブルにはHeraldryに対応しています。
    • クラフト可能な木の肘掛けイス:
      このシンブルなウッドスローンのレシピは、Ardorisのデコレーション商人より購入可能です。また、大工商人からも購入できます。このアイテムはHeraldryに対応しています。<分節 75548>
    • Heraldry Throne:
      紋章入りのスローンを作製することができます。このアイテムを作製するにはまずアドオンストアでエターナルパターンを購入してください。そしてクラフトしたWodden Throneにエターナルパターンを適用してください。
    • Heraldry Round Table:
      紋章入りの丸テーブルを作製することができます。このアイテムを作製するにはまずアドオンストアでエターナルパターンを購入してください。そしてクラフトしたWooden Round Tableにエターナルパターンを適用してください。
    • R56の土地DEED抽選結果:
      R55開催中に販売されたくじの当選者は、R56が開始された後に発表されます。当選景品であるDEEDは発表のあと、まもなく手元に届くでしょう。
      • Place Anywhere Deeds (15):
        • Village:
          8
        • town:
          5
        • City:
          2
      • Player-Owned Town Deeds (30):
        • Village:
          15
        • 60以上の街のシーン:
          10
        • City:
          5
    • R57の土地DEED抽選について:
      抽選チケット(Raffle tickets)はインゲームでゴールドにより購入することが可能です。一人のプレイヤーにつき、各DEEDにつき1枚ずつしか当選のチャンスはありません(=最大でもAnywhere DEEDとPoT DEEDが1枚ずつ)抽選と当選者発表はR57の期間中に行われます。
      • Place Anywhere Deeds (15):
        • Village:
          8
        • 60以上の街のシーン:
          5
        • City:
          2
      • Player-Owned Town Deeds (30):
        • Village:
          15
        • Town:
          10
        • City:
          5
    • 新しく追加・アップデートされたダイナミックPoT:
      • Black Mesa East:
        Upgraded to Hamlet.
      • Bladewyke:
        Changed biome to Desert. Added interconnection to Hamberia.
      • Coral City:
        Upgraded to Municipality. Added interconnection with Coral Markets.
      • Coral Markets:
        Renamed. Upgraded to Municipality. Added interconnection with Coral City.
      • Ishum:
        Change biome to Underground. Changed to PvP. Added interconnection to Rift’s End.
      • Islet of Long:
        Upgraded to Crossroads Village.
      • Llanvier:
        New POT. Added interconnection with Stormsong Vale.
      • Metallicus:
        Corrected entry location.
      • Moonglade:
        Changed owner.
      • Noshima Island:
        Upgraded to Town.
      • Outlander Welcome Center:
        Upgraded to Town.
      • Rift’s End:
        Added Interconnection to Ishum.
      • Sea Bear’s Black Market:
        Upgraded to Town.
      • Stormsong Vale:
        Added interconnection with Llanvier.
      • Tortuga:
        Changed owner.
  • Make a Difference Stores:(有料コンテンツは詳細略)
    As part of Portalarium’s founding purpose to promote goodwill and make a positive difference in the world, we’ve provided these Make a Difference charity items as a channel through which our community of backers can contribute to causes they support. For each of these items purchased, Portalarium will donate up to 50% of its share of the purchase price to the designated charity (see each item for percent contribution).
    • Nature:
      Inspired by the Aerie Fund’s Primal Nature fundraiser in June we have added a new Make a Difference store centered on Nature with two new items. Approximately 50% of the proceeds will be split evenly between The Nature Conservancy and the World Wildlife Fund. The mission of The Nature Conservancy is to conserve the lands and waters on which all life depends:
      “Our vision is a world where the diversity of life thrives, and people act to conserve nature for its own sake and its ability to fulfill our needs and enrich our lives.” The World Wildlife Fund:
      “Our mission is to conserve nature and reduce the most pressing threats to the diversity of life on Earth.”
      • Reaper Sapling Pet:
        This tiny little reaper will win your heart with his little snaggle teeth and three little arm branches. 注意:
        :
        This is not the same Reaper Sapling as the Aerie Fund Primal Nature 2018, the colors are reversed.
      • Earth Magic Cloak:
        This lovely brown cloak with green trim is decorated with the Earth Magic symbol. 注意:
        :
        This is not the same cloak as the Aerie Fund Primal Nature 2018, the colors are reversed.
    • Breast Cancer:
      By purchasing these items, you are helping to make a difference in the lives of those with breast cancer and their families. Approximately 50% of the proceeds will be donated to the Breast Cancer Research Foundation, an organization that works to achieve prevention and a cure for breast cancer in our lifetime by providing critical funding for innovative clinical and translational research at leading medical centers worldwide, and increasing public awareness about good breast health.
      • Shooter Jennings Heraldry Art:
        Shooter Jennings worked with us to create our Breast Cancer Make a Difference store two years ago with the generous donation of items related to the release of his album Countach. This time Shooter is donating a framed version of his Heraldry to the store.   
      • Pink Electric Sword:
        Not nearly as clumsy as a crossbow, a weapon for a nobler age. This pink version of the Sky Navy electric sword was suggested by our players as a worthy addition to our Breast Cancer store. You can purchase the sword itself with an embedded Eternal Pattern or a Pattern Pack from the Make a Difference Store.
  • 現物の特典アイテム:
    布マップ、マニュアル、土地DEEDのレプリカなど、現物の特典アイテム(サイン入りのものを含む)の発送準備が整いました。現在、購入者の全ての送付先のリストと発送準備を終えました。また、Amazonでもコレクターボックスではないバージョンのパッケージボックスの販売準備を完了しました。発送が完了した際には再びアナウンスを行います。
  • R53のライブストリーム特典アイテム Automaton Pet:
    Sky NavyがテーマのR53ライブストリーム特典の実装が完了しました。:

0 件のコメント:

コメントを投稿