アーリーアクセス・リリース51 要綱

R51 Instruction

日本時間2月231:30AMからリリース51が実施されます。

期間中には様々なプレイヤーイベントが開催される予定です。イベントカレンダーが以下のファンサイトで公開されているので、興味のある方はチェックしてみてください。

http://avatarscircle.com/community-events
http://sotaevents.com

公式情報(英語)

Player Instruction

Known Issue

PatchNotes

日本語版(非公式)

プレイヤーガイド非公式日本語版

既知の問題非公式日本語版





変更点のハイライト

動作パフォーマンスの改善:
プログラムコードとゲームアセットの最適化を継続し、動作パフォーマンスの改善を続けています。もっとも大きな変更点は、なんといっても最新版のUnityエンジンへ移行したことです。:
2017.3. エンジンのバージョンアップにより、あらゆるシーンでのフレームレートが底上げされています。特にBrittanyのシーンでは目に見える形で改善されているのが体感できるでしょう。

新しいシーン:
クローンシーンのリビルド作業を確実に継続して行っていきます。R51では2つ以上のアドベンチャーシーンがビルドされました。:
South Midmaer Way and South Fetid Swamp. また、完全な新規シーンであるLost Valeも実装されます、このシーンへは特定の天体条件下でしか入ることができません。

クエストの改善とサイドクエストの追加:

現在も継続的にメインストーリーの改善作業を行っています。サイドクエストの追加や、会話内容の改善、ユニークな外見のNPCの実装などの作業を行っています。一番大きな変更点は、R51でシングルプレイヤーバージョンのHiltのシーンが追加されたことです。このバージョンでは、プレイヤーはより容易にオブシディアン・フォージまで到達することができるでしょう。また、新規サイドクエストの追加も行われています。追加されたクエストの中には、新たに実装された徳のアーマーを入手できるクエストもあります。

プレイヤーベンダーの改善:
R51では、ベンダーオーナーはベンダーキャラクターにパターンを適用して外見を変更することができるようになっています。ベンダー用のパターンバリエーションは外見を変えるもののほか、ベンダーを人間ではなくキャッシュレジスターに変えるものもあります。さらにプレイヤーベンダーは、オーナーキャラクターがその場に居ない時もアニメーションを行うようになります。今回のリリースではベンダーアイテムリストに日付ソート用のカラムも実装されているので、買い物の際、そのベンダーに新規追加されたアイテムがより容易にわかるようになっています。

スキルの専門化:
プレイヤーは2つのアドベンチャースキルツリーを"専門化(specialize)"することにより、そのツリーのスキルの使用可能グリフ数を増やしたり、追加のスキルボーナスを得ることができるようになります。また、今回のアップデートにより、スキルとスペルに125の新しい変更を行いました。

戦闘の改善とバランスの調整:
スキル専門化による大幅な変更をおこなった他、25項目の戦闘バランスの変更とコンテンツの追加を行いました。これらのアップデートにはWild Boarsのテイム可能化や、ボスのrageエフェクト(いわゆる発狂モード)、the Obsidian Potion of Guidance、アーマーセットボーナスの仕様変更、そして多くのバグフィックスが含まれています。

キャラクターの改善:
キャラクターチームは引き続きNoviaのキャラクター達のビジュアルの改善をおこなっています。R51ではクマのクリーチャーの全面的な改善を行い、従来使われていたモデルから、リビルドを行った新しいものへの置き換えを行いました。また、Demig's Battle CampのシーンのDemigとAthardの顔グラフィックをユニークなものに変更しています。

今回のリリーステストにおいては、QAテスターの方々には多大な各種フィードバックを行っていただきました。この場を借りて大きな感謝の意を表しておきたいと思います。また、この要綱記事の記述に関して、いくつもの有用なフィードバックをいただいたことにも感謝を申し挙げます。

ゲームについての新しい情報は、この投稿とインストラクション・既知の問題のドキュメント内で説明されています。プレイヤーの皆さんからの質問に答えたり、あるいは既知のバグについての重複したリポートをさけるためにも、プレイヤーの皆さんはこれらの情報に目を通して頂く必要があります。

ユーザーの皆さんがこれらの情報のためにわずかに時間を割いてもらえるだけで、既知の問題に対する対応の時間を削減でき、未回答の新たな問題や致命的なバグに対処することに集中することが可能になります。我々はプレイヤーの皆さんにこの投稿に目を通してもらえることに感謝し、またこのことが今後のゲームに関するフィードバック作業に多大な恩恵をもたらすことを嬉しく思っています。

今後も我々はリリース毎に新しいコンテンツを提供していきますが、それ以外にもコミュニティユーザーの皆さんで企画したイベントに参加して楽しむこともできます。ぜひユーザーイベントのカレンダーもチェックしてみてください。(ゲーム内のアイテムにもプレイヤーイベントのスケジュールを紹介する本があります):
また、オフィシャルの最新イベントの開催情報もメインウェブサイトにて確認することができます。

R51で新しく導入されたコンテンツは以下の通りです。

RELEASE 51, February 22, 2018

  • ストーリー:
    3原理のストーリー(愛、勇気、真実)のサイドクエストを追加していきます。また、インゲームマップシステムの対応シーンを増やし、システムのアップデートも行います。さらに、スタートシーンの改善も行われます。最後に、ある特定の天体条件下でしか遭遇しない"The Lost Vale"のミニアドベンチャーを実装します。
    • Hiltのシーン(シングルプレイヤーバージョン):
      Oracleのストーリーラインの中で、プレイヤーはオブシディアンフォージを訪れますが、その時にソロプレイゲームモードを選択していた場合は、ソロプレイ専用のHiltシーンが用意されます。ソロシーンのオブシディアンフォージは損傷した状態になっています。ソロシーン版のHiltは、プレイヤーがストーリー進行上Hiltに訪れる時に、パーティーを組んでいない状態のプレイヤーのみがプレイすることができます。また、ソロシーンでのオブシディアンフォージは本来のものよりも機能が限定されています。Hiltでストーリー進行が止まっており、かつフォージのフル機能を使用したいプレイヤーは、パーティーを組んでHiltを訪れる必要があります。(ストーリー進行後はソロプレイでもフル版のフォージが使用できる)
    • Lost Vale:
      "The Lost Vale"は新しいアドベンチャーエリアで、特定の天体条件下でしか訪れることのできないシーンです。この場所に行って戻ってきたという人物も少ないながらいるようです。彼らの話によると、この場所では猛烈な勢いでクリーチャー達が襲いかかってきた、ということですが…。
      注意:
      このシーンはHidden Valeとは関係ありません。
    • メインストーリーラインでのクエストアイテムのハイライト:
      メインストーリーに関係する、全てのクエストアイテムはハイライトされるようになり、シーン中に設置されている場合のものも存在が分かり易く変更されています。この機能はオプションからOFFにすることも可能です。さらに、アイテムハイライトの輝度もオプションで設定可能です。
    • シーンのリビルド:
      以下のシーンのリビルド作業を行いました。
      • South Midmaer Way:
        South Midmaer WayはTier 2のシーンで、Midmaer地方の中央に位置しています。また、この都市の支配者はその財産の隠し場所として、大きな墓所を築いたと言われています。その墓所は盗掘者を阻むためのトラップが仕掛けられています。South Midmaer Wayはかつては商業都市として栄えた歴史があり、現在では道路となっている場所にはかつて、大きな街並みが築かれていたと伝えられています。South Midmaer Wayはかつては商業都市として栄えた歴史があり、現在では道路となっている場所にはかつて、大きな街並みが築かれていたと伝えられています。しかし水源の湖が涸れてしまうと、この都市は放棄されてしまいました。現在はサテュロス達が街の跡地にバザーを開催しており、墓所への盗掘にやってくる者達も後を絶ちません。
      • South Fetid Swamp:
        The South Fetid SawmpはTier 3 のシーンで、Verdantis地方の西端に位置しています。このシーンは、現在スケルトン達と攻城兵器による襲撃を受けています。またこの場所にある廃墟となった砦には、隠された財宝があるという噂があります。現地の人間は噂については冷ややかで、財宝の発見に挑むアウトランダー達のこと陰で笑っているようです。また、この地域ではメタンガスが地中に存在しており、水のある場所ではその水面にメタンの泡を見ることができます
    • サイドクエストの追加:
      新規サイドクエストと、既存のサイドクエストのアップデートを行いました。
      • クラフトクエスト:
        SoltownのEdwin、AerieのGilda Metcalte、ResoluteのBledig deCaniはクラフトクエストをプレイヤーに与えてくれるようになります。このクエストではクラフトの基礎を学ぶことができます。
      • Witch of the Wetlands:
        South Longfall Wetlandのシーンの、丸太をくりぬいた住居には魔女が住んでいると言われています。噂ではこの丸太をくりぬいたログハウスの作り方は彼女しか知らないとされ、作り方が記したレシピをシーンのどこかに隠したと伝えられています。
      • Keep Your Pants On:
        Harvestの街のガードの訓練方法について、騎士団長Torbenは頭を悩ませているようです。古の名将が遺した指南書を彼のために手に入れてあげましょう。そうすれば、きっとお礼に勇気のプレートレギンスをもらえるでしょう。
      • One Leg at a Time:
        ArdorisのSimoneは最近、ある殺人者によって娘を殺されてしまうという悲劇に見舞われました。その上、形見であった娘のお気に入りの本まで紛失してしまいます。彼女のためにも、その本を代わりに探してあげてください。そうすれば、お礼に愛のレザーレギンスをもらえるでしょう。
      • Pants on Fire:
        JaanafordのThibadeauxは自身の遺骨を納める箱をデザインするために、大災害前に存在したある遺品を探しています。完全な状態で残っている遺品を探しだし、彼女に届けてあげましょう。きっとお礼として真実のクロスレギンスをもらえるでしょう。
      • The Lord Must Fall:
        Drumplemouths再び。今度はAerieです。Aerie在住で隣人同士であるNatashaとMarlinは、現在生活が困窮しており、彼女らの財産はPhineas Drumplemouthの伯父である、Lord Harcourt Drumplemouthによって差し押さえられてしまっています。彼女らがいうには、財産の差し止めを解除する唯一の手段は、Lord Harcourt Drumplemouthを暗殺し、差し押さえられている品物が入っている部屋の鍵を手に入れることだ、と言っていますが…。手段を選ばなければ問題の解決はシンプルに思えますが、この事件の真相はいかに?真実を見つけるか、それとも手早く殺ってしまうか?すべてはあなたの手にかかっています。
    • シーンの改善:
      • Blood Bay:
        We changed the encounter at the lava skull to be a Battle Royale that summons the Clockwork Dragon.
        lava skullでのエンカウントクリーチャーを、バトルロイヤル仕様のクロークワークドラゴンに変更(?)
      • Serpent’s Spine Mines:
        シーン上層にある鉱石ノードを、1箇所に集中して設置するように変更しました。(Elysium Minesのように)
      • Xenos & Yew NPCs:
        キックスターター特典であるプレイヤーメイドのNPCを設置しました。
      • Highvale Outskirts:
        クエストを通じて初期装備を入手できるように、新しいクエストを導入しました。
      • Solace Bridge Outskirts:
        Mistress Valdisをサポートするためのサブプロットを最後のクエストに追加し、新しいクリーチャーも追加しています。
        :the Blood Minion.
      • Brittany Castle:
        Shhh!この場所にはある秘密が隠されています。
      • Jaanaford:
        Jaanafordの全てのNPCに1日のスケジュールが設定され、エモートも行うようになります。
      • Solania Catacombs:
        地下エリアの中央部を変更。従来は大きな下水道となっていましたが、いくつかの中規模なカタコームルームに変更され、さらにそれらがトンネルによって相互接続する形のものになっています。また、出入り口から離れた場所には特別なルームがあり、この扉は特別なサイドクエストに連動してアンロックされるようになっています。また、これらの新規に追加された各ルームには、盗掘目的のエルフ達が徘徊されています。
      • Resolute Sewers:
        破壊可能な洞窟の壁の奥に新しいセクションを追加。そこでのサイドクエストもあります。しかし、サイドクエストを受注していなくても、そこの大部分を探索することが可能です。
      • Bunker T:
        Aerieの地下には謎の"combination door"があり、このドアの向こうはシェルターとなっており、大災害の際に使用されたのではないか、と考えられています。このシーンの多くのエリアが探索可能になっていますが、あるロックされたドアは、サイドクエストに連動して開くようになっています。
      • 火山口のグラフィック:
        火口付近の噴煙と溶岩の赤熱エフェクトを追加しました。以下のシーンでエフェクトが実装されています。
        • Blackblade Pass North Entrance
        • Nightshade Pass
        • Overworld Map
      • Under Constructionサインの撤去:
        シーンの入り口にある"Under Construction"の表示サインを撤去しました。いくつかのリビルドが必要なクローンシーンが残されていますが、そういったシーンを訪れた場合はUnder Constructionサインではなく、スクリーン上にテキストで"under constrution"であることが通知されるようになっています。
      • Brookside:
        首無しホースライダーの像を新しいものに差し替えました。
      • Maliceのバリアーパズル:
        愛のストーリーライン内のこのシーンのバリアパズルはバグがあるまま長らく放置されていましたが、今回のリリースから2番目のバリアは、Samaelに話掛けることによって解除できるように変更されています。
    • シーン内のバグフィックス:
      以下のゲーム内のシーンの修正が行われています。 スタックポイント、浮いているオブジェクト、欠けているオブジェクト、効果音の適切な再生や、NPCの経路、街の表示ラベル、アクセスできない鉱石ノード、当たり判定が正しく設定されていない箇所、蘇生アンクの誤った場所に設置や、設置自体が行われていない箇所の修正、地面をすり抜けて落下してしまう箇所の修正などが行われています。:
      • Aerie
      • Battle of Highvale
      • Brittany Estates
      • Crooked Shank
      • Demig’s Battle Camp
      • Desolis
      • Grannus Colossus
      • Hidden Vale Overworld
      • Highvale
      • Highvale Outskirts
      • Kas Ruins
      • Middle Downs
      • North Valeway
      • Novia大陸のワールドマップ
      • Plains Encounter
      • Resolute
      • Sequanna Colossus:
        ドレッドアーティファクト、Tears of Sorrowの秘薬がもらえなかったバグを修正しました。
      • Skydome(空のグラフィック):
        カメラアングルによってグラフィックの一部が破綻していた問題を修正
      • Solania
      • Solania Catacombs
      • South Drachvald Spur
      • Sunless Barrens
      • Tower of the Shuttered Eye
      • Yew
    • Map Fixes:
      以下のシーン中のインゲームマップで、矢印の向きがおかしくなっていた問題を修正。
      • Forest Siege
      • Hill Siege
      • Hilt Fortress
      • K’Rawl
  • 動作パフォーマンスの改善:
    フレームレートの改善とヒッチング(ひっかかり)が発生しないように改善します。また、ロード時間短縮の作業も継続して行われ、15秒以上ロード時間が必要なシーンを重点的に改善します。
    • Unityのバージョンを新しいものに:
      Unityの最新版へアップグレードを行いました。このバージョンでは動作パフォーマンスが改善されているほか、開発の際に動作パフォーマンスのボトルネックの原因がよりわかりやすくなっています。
    • 地形描画のパフォーマンス:
      地形描画に関するパフォーマンスを改善しました。
    • アセットキャッシュの最適化:
      前回各アセット毎にロードタイミングを個別設定しました。今回は各アセットのビルドタイムプロセスの改善を実施しました。この最適化により、大都市のロード後の建物の描画がより早くなっています。
    • Brittanyの各シーン:
      Central Brittanyと隣接した各Brittanyシーンの動作パフォーマンスが大きく改善し、シーン内のクリーニングも行いました。
    • アセットの最適化:
      アセット(ゲーム内のオブジェクト)をの最適化を行い、ポリゴン数が過剰なオブジェクトの調整や、テクスチャサイズの最適化、単独オブジェクトの集合体を1つの大きなオブジェクトに作り替えるなどといった作業を行っています。今回、以下のオブジェクトの最適化を行いました。
      • Ivy Archways
      • Dungeon Building Kit (what our worldbuilders use to make dungeons)
      • Basements built using Dungeon Kit
      • Yew Housing Platforms
  • コンバット:
    戦闘関係のバランス調整を継続して行います。カバリストの挙動は改善され、より戦闘が面白いものになるでしょう。また、カオスマジックにも新しいスペルが追加されます。最後にTraining Accelerator Potionが導入されます。これはEXPポールからスキルレベル上昇に使われる分量が増加する効果をもったObsidian Potionです。 このポーションの12個入りボックス(年一回フル補充機能付き)が、"新スキル実装時に他のプレイヤーより2週間早い時期に習得できるようになる権利"の代替として導入されます。
    • スキルの専門化:
      ついにスキルの専門化が始まります。
      注意:
      以前は"Mastery"やProficiency"と表現していたものを、今回Specialization skill(専門化スキル)として、各スキルツリーにひとつずつ実装しました。
      このスキルはパッシブスキルツリーの一番下に位置しています。全ての専門化スキルは、ツリー上親となるパッシブスキルレベルが80になってから初めて習得が可能となります。専門スキルはファーストとセカンドの概念があり、ファーストスキルを"Training"状態にすると自動的にセカンドスキルは"Maintain"の状態になります。
      また、その他のスキルツリーの専門化スキルは自動的に"unlearning"となります。(=事実上専門化スキルは2つまでしか取れない)。また、専門化スキルはTrainingがMaintain状態になっているスキルしか効果は発揮されません。
      専門化スキルの習得には大量のEXPが必要で、なおかつプレイヤーは特定の2つのスキルツリーに絞って専門化スキルを習得する必要があります。この専門化スキルによりメリットは以下の通り。:
      • 追加グリフ:
        専門化スキルのレベルが80を超えると、ツリー内の全てのスキルの使用可能グリフ枚数が1枚増えます。各スキル最大6枚までデッキに組み込むことが出来ます。
      • Attunementについて:
        マジックツリーの専門化スキルは、10レベルごとにattunementが+2されますが、対立するスキルツリーのAttunementが-2されます。カオスマジックの場合もAttunementボーナスが得られますが、50Attunementごとに全属性のレジストが1ポイント減少します。
      • テイミング:
        テイミングツリーを専門化すると、劇的にペットの強さを引き上げることができます。得られる効果は多種にわたりますが、中でもヘルスと攻撃力が2倍になるのがもっとも目を引くことでしょう。
    • 専門化スキルの効果:
      専門化することにより各スキルやスペルの性能も向上します。これらの恩恵を全て書き出すことはできませんが、いくつかの例をここに示しておきます。:
      • Air’s Embrace:
        遠近両方の武器でクリティカルヒットボーナスが発生
      • Berserk:
        効果時間の延長とDamage Avoidanceペナルティを軽減DAペナルティは専門化スキルLV80で50%軽減されます。
      • Healing Blast:
        キャストタイムの短縮専門化スキルLV80で詠唱時間は約半分になります。
      • Fireflies:
        DEXデバフ効果を追加。専門化スキルLV80で対象のDEXを10ポイントデバフ可能
      • Offhand Attack:
        10秒のパリィボーナスを追加LV80になるとさらにパリィチャンスが+10
      • …125 additional bonus effects
    • イノシシをテイム可能に:
      R50で実装されたイノシシがテイム可能になりました。
    • ボスの怒りモード(Rage):
      オブシディアン・カバリストなどのボスキャラクターにRageエフェクトが実装されました。ボスの体力が25%~50%の間にrage状態になります。大型ボスはさらにrageが複数段階あり、プレイヤーはその都度rageによるラッシュに備えて対応する必要があります。
    • Obsidian Potion of Guidance:
      この新しいポーションはObdisianクラウン商人から購入することができます。このポーションを使うと、クラフト・アドベンチャースキルの両方で、プールから各スキルに流入するEXP量を増大させることができます(プールEXPの消費スピードの増大。獲得EXPは増えない)このアイテムは新規実装スキルを2週間先行して使用できる特典の代替として実装されたもので、EXPプールからスキルレベル上昇に使用されるレートが上昇するポーション12個入りボックスが置き換え特典として与えられます。ボックスは年に一度フル補充(12個まで)されます
      注意:
      このポーションは“Obsidian Training Accelerator Potion"という呼称でしたが、ゲームの雰囲気を壊さないように名前が変更されています。
    • アーマーセットボーナス:
      以前は防具のセットを統一すると10%のDamage Resistranceボーナスが発生していました。R51ではこのボーナスは削除され、ヘビー・ライトのアーマーカテゴリのうち、装備しているパーツの点数によりボーナスが発生するようになっています。パーツ1点あたり、2.5%のボーナスが発生します。たとえば、胴レザーで他のパーツが全てクロスアーマーだった場合、発生するボーナス値は12.5%となります。これらのボーナスはそれぞれのアーマースキルツリーの効力に影響するようになります。
    • 機械仕掛けのクリーチャー:
      全てのメカクリーチャーは、ファイアレジストとデスレジストを備えるようになりますが、エアレジストは低めに調整されます。
    • Pugilism:
      射程範囲が少しだけ拡大。スモールウェポンと同等に。
    • Spinning Attack:
      この攻撃はシールドブロックを無効化するように
    • Chaotic Feedback:
      最低ダメージ保証5ポイントに設定。
    • すべてのBludgeon武器について:
      すべての武器のベースダメージを少し引き上げる代わりに、毒の効果が-25%されるようになっています。
    • Bec de Faucon and Eagle Eye:
      これらの2つのスキルの必要EXP量を調整。
    • Lich Ring:
      プレイヤーがこれを装備すると、Banish Undeadによるスペルでダメージを受けるようになります。
    • Enlightenment, Strength of Earth, and Air’s Embrace:
      これらのスキルは同時使用が不可に。また、スキル使用時に発生するネガティブエフェクトも今回削除されています。
    • Push and Pull:
      攻撃発生後ディレイ無しで効果が現れるように。この変更により、Blinkを用いたバグも使用できなくなっています。
    • Ice Field:
      効果範囲が7.5メートルに。また、与ダメージも引き下げられています。
    • スペルダメージの平均化:
      与ダメージの上下幅を小さくし、ダメージ値のバラツキを低減しました。平均ダメージは据え置きですが、ダメージの最小値を引き上げる一方で、ダメージの最大値が距離によって減衰するように変更されています。
    • Distract Skill:
      Distractスキルは初期スキルとして、LV20の状態でスタートします。この変更により、Train Dexterityを初期状態から習得することが可能になります。既存のキャラクターでDistractスキルがLV20以下の場合、自動的にレベルが20まで引き上げられます。
    • クリティカルヒット被弾時のテキストカラー:
      自分がクリティカルヒットを受けたときに表示されるダメージテキストがダークレッドからライトオレンジに変更されています。他のキャラクターがクリティカル被弾した場合のテキストカラーは従来通りライトイエローのままです。
    • ビジュアルエフェクトのアニメーションの改善:
      マジックスペルののビジュアルエフェクトの改善を継続して行っています。今回、以下のスキルのエフェクトが改善されています。:
      • Combat Blood Splurts
      • Eating Food
      • Banish Undead
      • Ice Field
    • ウィスプとフォーンのデバフ修正:
      ウィスプとフォーンがプレイヤーに対してデバフスキルを使用する際の不具合を修正しました。この変更によりサテュロス達はよりチャレンジングな存在となり、ウィスプの存在もより意味のあるものになっています。
    • ステルスの修正:
      いくつかのスキルのビジュアルエフェクト(Death Shield, Healing Grace, Air’s Embrace, and Celestial Blessing) により、ステルス中でもキャラクターグラフィックが表示されてしまう問題を修正しました。
    • ノックバックとノックダウンの修正:
      いくつかのバグを修正し、想定通りの挙動になるようにしました。バグの影響により、EarthquakeやLeg Sweepのスキルが死にスキルになっていた問題が修正されています。
    • ヘルスバグの修正:
      死んだ状態でシーンを跨ぐと、ヘルスバーの情報が更新されなくなるバグを修正しました。この状態ではヘルスの自動回復が機能しなくなったり、突然死んでしまう不具合が発生していました。
    • ペット召喚の際のアイテム消費バグを修正:
      サモンスキルレベルに関わらず、ペット召喚によるアイテム消費率が0%だった問題を修正。
    • オフハンドアタックのアニメーション:
      アニメーションを修正。メインハンドの武器種にかかわらず、正常に描写されるように。また、スプラッシュエフェクトの表示が適切な位置とタイミングで表示されるように。
    • 新しいカオススペルの実装延期:
      他のコンテンツの実装を優先したため、今回実装を延期されています。
  • クラフト・経済:
    より多くの種類のルートアイテムをゲームに導入します。ユニークなクラフトコンポーネントや、徳の装備が継続して導入されるでしょう。クラフト行程のrefining(精製)スキル実装を継続し、このスキルを上げることによって、製造スピードの高速化、バッチクラフトの最大数の増加、生素材から精製された素材にしたときの収量効率の上昇といった役割を果たすようになるでしょう。
    • 採集可能な木のグラフィックが新しく:
      長年使用してきた既存の木のモデルを、今回新しいものに差し替えました。:
      Pine(マツ)とMaple(カエデ)の木が新しくなります。また、これらの木の伐採アニメーションも新しいものに差し替えられる予定です。
    • バッチクラフト中にもクリティカルサクセスが発生するように:
      バッチクラフト中にもクリティカルサクセスが発生するようになります。この変更によりEX装備品もバッチクラフトによって作製することができるようになっています。
    • プレイヤーベンダーの改善:
      R51より以前のプレイヤーベンダーは、キャラモデルが1種類に固定されていました。また、目当てのアイテムを検索するのにも面倒が多い仕様でした。R51では様々な改善がベンダーやメニューに施されています。
      • 日付の項目を追加:
        ベンダーUIに日付の情報を追加しました。これによりプレイヤーは新規追加されたアイテムをサーチし易くなります。
      • ベンダーアニメーションと挙動:
        プレイヤーベンダーはオーナーが不在のときもアニメーションやジェスチャーを行うようになります。ベンダーはプレイヤーの方向に顔を向けたり、Idleやfidget(そわそわする)といったジェスチャーを行うようになります。
      • パターンシステムによるカスタマイズ:
        設置ベンダーは、装備品の変更を含むビジュアルカスタマイズ機能の実装が予定されていますが、現在のところこれらは長期的な実装項目となっています。しかし、それらの先鞭として、パターンシステムを使ったベンダーカスタマイズ機能の早期実装が予定されています。 肌のトーンや性別といったバリエーションのほか、ビクトリアスタイルのショップ店員を含む様々なスタイルが存在するほか、NPCではなくキャッシュレジスターのアイテムをベンダー代わりに設置することもできるようになります。 また、パターンアイテムはサーバントキャラクター(Knight, Lord, Lord Marshal, Baron)からも回収が可能です。これらのパターンはアルケミーテーブルにて適用することができます。パターンはインゲームで商人が扱っているものを入手したり、アドオンストアで購入して使用することができます。
        注意:
        Picking up your vendor and applying the pattern at the Alchemy table will empty the vendor!
        パターン適用時には、ベンダーインベントリが自動的に空になってしまうので注意してください。(ベンダー引き上げのアイミングで?)
    • クラウン商人の追加アイテム:
      アドオンストアで販売されている品で、クラウンでの購入に対応している全ての品が、インゲームのクラウン商人から購入可能になりました。本来セット売りだった品のバラ売りなども行われています。
    • 新しいレシピとパターン:
      • Dragon Head Trophies (Color Variants)
      • Watering Can (Decoration Merchant in Harvest)
      • Hollow Log House (quest reward, see Side Quests above)
      • Cash Register Pattern (Deed Merchants in-game)
      • Ornate Brass Cash Register Pattern (Add On Store)
      • Ornate Steel Cash Register Eternal Pattern (Bundle & Pledge Reward)
      • Male Player Vendor Patterns (3) (Deed Merchants in-game)
      • Female Player Vendor Patterns (3) (Deed Merchants in-game)
      • Male Shopkeeper Patterns (4) (Add On Store)
      • Knight Servant Eternal Pattern (Pledge Reward)
      • Lord Servant Eternal Pattern (Pledge Reward)
      • Lord Marshal Automaton Eternal Pattern (Pledge Reward)
      • Baron Servant Eternal Pattern (Pledge Reward)
      • Kitchen Knives and Cleaver (4 kitchen knives, 1 cleaver) (Decoration Merchant in Aerie)
      • Kitchen Pots, Pans and Kettle (2 pots, 2 pans, 1 kettle, 1 soup ladle, 1 spatula) (Decoration Merchant in Aerie)
      • Pewter Place Setting (bowl, cup, plate, spoon, knife, fork) (Decoration Merchant in Aerie)
      • Wooden Kitchen Utensils (cutting board, rolling pin, wooden spoon) (Decoration Merchant in Aerie)
      • Coconut Bra:
        ココナッツブラは新しいレシピではありませんが、長らく不具合によりゲームより実装を外されていたアイテムです。(Tailoring Merchants)
    • Greater Resistance Potionsのレシピ:
      本来、R50でサプライバンドルに含まれるはずであった“Potion of Resistance, Elemental” and “Potion of Resistance, Greater”のレシピが実装には含まれていなかったバグがありました現在、この問題は修正されています。
    • レシピ習得時のメッセージの修正:
      必要レベルに達していないときにでるエラーメッセージを修正
    • 装飾品(Jewelry)のダメージアイコンの修正:
      リングとネックレスは耐久値が下がったときにダメージドアイコンが正常に表示されるようになっています。
    • 精製スキル実装の保留:
      精製(refining)スキルの実装による経済への影響について調査を行っています。次回の精製スキルの拡張により、より高いTierのコンポーネントの実装が予定されています。
    • 新しいユニークコンポーネントの延期:
      ベンダーカスタマイズ、紋章システム、戦闘システムの実装を優先したため、この項目の実装を延期しました。
  • ユーザーインターフェースの向上:
    インゲームマップシステムの改善を行います。また、ローカライズやクエストロケーションにも対応する予定です。さらに、クエストハイライト機能など、ユーザーアシスト機能を使うかどうかオプションで設定することもできるようになっています。
    • クエストとスタックアイテム:
      NPCに必要アイテムを渡す際、既定数をきっちり渡す必要は無くなっています。過剰なスタックや小分けにしたスタックを提出しても、NPCは必要な分だけを受け取って、残りは自動的に返してくれるようになります。
    • 本のUIとヘルプ:
      本に初めてアクセスしたときに、インターフェースの使い方についてガイドが表示されるようになります。
    • 精製スキルのアイコン:
      精製スキルのスキルアイコンを実装しました。
    • ボーダレスウィンドウモードでの解像度の修正:
      WIndowsマシンでの解像度のオーバーライドが正常に行われるようになりました。
    • ゴールドのパーティー外ルートの修正:
      パーティーの効果範囲外でゴールドを習得した際に、その旨がチャットログで表示されるように。
    • バッグモードの廃止:
      プロジェクト開始当初、SotAでもUltima 7やUOで採用されていたバックパックインベントリを採用する予定でした。バッグモードUIでは、すべてのアイテムは個別のアイコンで表示され、どのアイテムをどの位置に、どのレイヤーに配置するかも、プレイヤーが自由にすることができるUIでした。仕切り線やリスト表示、フィルターといったモダンな仕様はなく、カオスで自由なインターフェースと言えるでしょう。我々は利便性を備えたリスト表示型のインベントリも"List Mode"として実装しました。このインターフェースは利便性が高くユーザーフレンドリーであり、多くのアイテムを所持しても、目当ての品物に容易にアクセスすることができます。そしてこれらバッグモードとリストモードはいままで長い間共存してくることができました。しかし、インターフェースの仕様を変更するにあたり、これら2つのモードでの動作検証が必要で、その作業のために2倍の時間を取られることになっていました。さらに、インベントリに関する様々なバグがバッグモードに起因していることがわかりました。、また、バッグモードのユーザーは全体の3%しかいないことも、データマイニングにより判明しました。以上の理由によりバッグモードをR51の開始と同時に廃止することを決定しました。バッグモードUIに思い入れのあるユーザーがいることは、我々も承知しています。往年のUOの特徴的なシステムであり、バックパックアートやアイテムスティールのオリジナリティを支えたユニークなシステムであったことも重々承知しています。しかしながら、メンテナンスの手間はゲームへの出資金で賄われており、バッグモードをこれ以上延命するのは賢明なファンドの使途ではないと判断しました。ユーザーのご理解とサポートに感謝を申し上げます。
      Rest in peace bag mode.
    • アシスト機能のオフ:
      R50で実装済みです。
    • マップシステムの改善の延期:
      現物特典の発送準備やカスタムネーム特典、紋章システムの実装などにより、この項目の実装は今回延期されました。
  • 現物の特典アイテム:
    布マップ、マニュアル、"ささやかな品物"などを含む、現物の特典アイテムの準備を行います
    • 布マップ:
      いくつかの布マップの試作品をが完成しました。これから量産開始への作業へと入っていきます。
    • パッケージボックス:
      R50ではカバーと外観を披露することができました。R51で箱の背のパッケージのデザインについてさらにディテールを詰めていきます。
    • 紙製マニュアル:
      ゲームマニュアルの現物のレイアウト作業を行っています。また、Denis Loubet氏によるイラストスケッチを含む、マニュアル内のイメージ画像の準備作業を開始しました。
    • Akalabethとthe Story of Mondainのメモノートの写し:
      リチャードが製作したD&Dシナリオのスキャンとプリント素材を決定。素晴らしい仕上がりになりそうです。
  • ルート配分のルール:
    パーティー間でのルート配分のルールを選択することができるようになります。
    • ルート配分のルール:
      パーティーリーダーはいくつかのルールセットの中から1つをルート配分ルールとして選ぶことができます。ソーシャルウインドウのパーティータブから、3つのうちの1つからルートルートを選ぶことができます。:
      Free For All, Roll, and Master Looter. ルートモードを変更するには、ルートモードのテキストクリックし、コンテキストメニューから任意のルールを選択します。また、現行のルートルート表示の右側には、さらなる詳細オプションにアクセスすることができ、細かいルール設定が可能です。:
      RollはValue値を基準にした分配、Master looterは認定された主たるルーターと見なして分配が行われます。ある一定以上の価値のあるアイテムはルートの際にパーティーメンバーに公平に分配されるようになります。一方、一定以下の価値のアイテムはそのままルートされるようになります。もしメンバー間でルートアイテムの受け渡しが行われた場合、自動的にデストロイ処理が行われます。また、冒険の途中で分配判定前にプレイヤーがパーティーを抜けた場合、自動的にその時点でのルート割り当て分が分配されます。ロール判定により分配が決定すると、各プレイヤーのインベントリにアイテムが入ります。また、その旨もチャットウインドウにメッセージとして表示されます。Maste Looterモードでは、パーティーリーダーがルートアイテムの分配先を任意のプレイヤーに割り当てることができます。
  • Heraldry(紋章)システム:
    a blazon systemを通じてオリジナル紋章を作製することができます。この紋章は、シールド、タバードの胸の部分(アバタールの着てる赤いアレのアンク部分に相当)、バナーなどにあしらうことができます。
    • 紋章システムの延期:
      現物特典の発送アドレスの確認作業を優先したため、紋章システムの実装は延期されます。将来的にウェブサイトから紋章システムの利用資格の有無の確認や、紋章の作製システムの利用や、アップロードができるようになるでしょう。
      注意:
      すでに紋章システムに対応したFounder専用装備(4種類のアーマータイプ+盾)とバナーは完成しており、パターンシステムの動作も確認済みです。しかし、ウェブサイトからデータをアップロードするための準備ができていないため、R52まで延期されました。
  • キャラクター:
    様々なクリーチャーの改善を継続して行います。盗賊や、クマなどの森のクリーチャーを改善します。
    • 新しいクマのモデル:
      当初のクマのモデルはユニティのアセットストアから購入したものを採用していましたが、ビジュアルクオリティが低かったためリニューアルを行いました。R51では以下のクマのモデルの派生バリエーション、トロフィー、ベアマスク、ベアクランバーバリアン、は完全にリビルドされています。
      • Brown Bear
      • Grizzly Bear
      • Polar Bear
      • Patriarch Bear
      • Obsidian Bear
      • Bear Headdress
      • Primal Bear Headdress
      • Bear Mask
      • Bear Clan Barbarians
      • Bear Head Trophies
    • Demig and Athard, Custom NPCs:
      以上の2人のキャラクターは勇気のストーリーライン、Demig's Battle Campのシーンで重要な役割を果たします。R51ではこれらのキャラクターのフェイスモデルをよりユニークなものに変更しています。
    • ゴースト:
      すべてのゴーストキャラクターはビジュアルやそのエフェクト、効果音が改善され、視認性も以前より向上します。敵クリーチャーのゴーストや、会話可能なゴーストNPC、また、自身が死んだときになるゴーストやペットゴーストも今回の改善の対象となります。
    • テイムしたペットのエモート:
      R45で初めてペットエモートを導入しました。これらのペットエモートアニメーションは、いままで非戦闘用ペットに限られてきました。R51ではお座りやダンスを戦闘用ペットでも使えるようになっています。
    • アヒルをテイム可能に:
      R41で実装されたMallard Ducksがテイム可能になりました。
    • プレイヤーベンダーバリエーション:
      プレイヤーベンダーのキャラクターのビジュアルバリエーションを実装します。プレイヤーはベンダーにパターンアイテムを適用することによって、既存のベンダーの見た目を変更することができます。また、ベンダーはアニメーションを行うようになっています(上述のクラフトと経済の項を参照)
      • Male Player Vendors:
        オリジナルのプレイヤーベンダーモデル(ファーカラーの外套を着たモデル)がベースとなっています。複数のカラーと外套のバリエーションが用意されています。また、これらのバリエーションは、インゲームのNPC商人にも適用されています。
      • Female Player Vendors:
        オリジナルのプレイヤーベンダーモデル(ファーカラーの外套を着たモデル)がベースとなっています。複数のカラーと外套のバリエーションが用意されています。<分節 また、これらのバリエーションは、インゲームのNPC商人にも適用されています。
      • Male Shopkeepers:
        ビクトリアスタイルのショップ店員のベンダーのビジュアルスタイルです。複数のカラーとフェイスバリエーションが存在します。このベンダー用のパターンはアドオンストアで購入することができます。R52では、同じコンセプトの女性のショップ店員モデルも導入されてる予定です。
    • 徳のアーマーレギンス:
      徳のアーマーの最後のパーツであるレギンスは、クエストにより入手することができます(上述のサイドクエストの項を参照)
      • Truth Cloth Leggings
      • Courage Plate Leggings
      • Love Leather Leggings
    • Rusty Weapons:
      これらの錆びた装備品のビジュアルも改善され、より朽ちた質感がでるようになっています。また、以前はいくつかのクラフト武器とビジュアルが共用となっていましたが、それも差別化されます。
    • Clasped Gauntlet Community Cloaks:
      以下のあらたなコミュニティイベント限定クロークが実装されます。:
      • Supanova Australia 2018
      • PaxLair 20th Anniversary Community Cloak
    • エモート:
      • /djlisten:
        ターンテーブルに片手を載せながら、ヘッドホンを押さえるポーズをします。このエモートはティーチ可能です。また、このエモートはOrnate Dual Wax Cylinder Phonographにバンドルされています。
      • /djtable:
        This is a looping emote where you have both hands moving on a table. このエモートはティーチ可能です。また、このエモートはOrnate Dual Wax Cylinder Phonographにバンドルされています。
      • /djcheer:
        片手をターンテーブルに置きながら、もう片手で観客に対して盛り上げるジェスチャーを行います。このエモートはティーチ可能です。また、このエモートはOrnate Dual Wax Cylinder Phonographにバンドルされています。
      • /overheadclap:
        頭上で両手を叩くエモートです。このエモートはティーチ可能です。また、このエモートはOrnate Dual Wax Cylinder Phonographにバンドルされています。
      • /flirt:
        このエモートを行うと目がキラキラ輝くようなエフェクトが発生します。
      • /knight:
        既存のエモートですが、今回剣の表示部分を修正しました。
      • /tiphat:
        愛のストーリーラインクリア時にこのエモートが入手できなくなっていたバグを修正
    • Falling Bards Fix:
      人体を含む物体の落下スピードは、楽器演奏中であるかどうかにかかわらず一定になっています(以前は楽器演奏中はものすごい勢いで落下していた?)
    • ウィスプ:
      ウィスプ死亡時に、正しいビジュアルが表示されます。
    • バンディット風のビジュアルアップデートを延期:
      他のコンテンツに注力するため、延期しました。
  • プレッジリワード:
    • キャラネーム変更権バウチャー×2とルーン文字セット:
      これらの特典は名前の早期決定権の代替として、Founder Immortal Adventurersのプレッジリワードになっています。
    • Fyndoro’s Tablet of Finding:
      この特典アイテムのタブレットは、1日に一度だけ、特定のプレイヤーの名前を入力することで、そのプレイヤーの現在の居場所を特定することができます。
    • Replenishing Box of Obsidian Potions of Guidance:
      EXPプールからスキルレベル上昇に使用されるレートが上昇するポーション12個入りボックスです。ボックスは年に一度フル補充(12個まで)されます。This reward replaces the “2 Week Skill Head Start” reward for Benefactor Immortal Adventurers.
    • Brittany Graveyard、Domesday Book、スタッフクレジットページに記載する名前の登録:
      プレイヤーはこれらのクレジットされるディスプレイネームを、アカウントページより登録できるようになります。(プレッジ特典権利者のみ)
      • Brittany Graveyardの墓石への記銘:
        プレイヤーは墓石に刻まれる名前を登録できるようになります。登録名を提出後、パッチアップデートが行われたタイミングで記銘データの更新が行われるので、実質的にR52までインゲームに記銘が現れることはありません。
      • 土地台帳とスタッフクレジットの名前:
        土地台帳とスタッフクレジットの名前登録はR52で実装される予定です。しかし、登録希望ネームの選択は現段階でも可能です。
  • PoTとハウジング(有料コンテンツに関する項は詳細略:
    • Ornate Dual Wax Cylinder Phonograph:
      The newest phonograph in our line of wax cylinder players is the perfect gift for that DJ in your life!It even comes bundled with four DJ emotes (/djlisten, /djcheer, /djtable, /overheadclap)!どちらのバージョンもアドオンストアで購入することができます。
    • Cash Registers:
      These are available as fully functional player vendors and/or patterns. Instead of sitting down when empty they instead light up when full and go dark when empty. Patterns for these cash registers can be used on any player vendors.
      • Cash Register & Pattern:
        This is a simple in-game commission charging version and will be 
      • available for purchase from in-game Deed Merchants. You can also purchase the pattern to apply to any existing vendor (commision or commission free).
      • Ornate Brass Cash Register & Pattern:
        This is an ornate commission charging version and will be available for purchase in the Add-On Store. You can also purchase the pattern to apply to any existing vendor (commision or commission free).
      • Ornate Steel Cash Register Eternal Pattern:
        This is an eternal pattern that comes with bundles. Note that pledges that came with vendors will also receive one of these patterns.
    • Bear Head Trophies:
      These have been updated with the new bear art.
    • Dragon Head Trophies:
      In Release 44, we created several new color variations of our dragons but we never created unique heads to make trophies of them. In Release 51, you can now start collecting unique heads from all of the different color dragons and making unique trophies out of them.
    • “Places to Live” Book:
      このゲームではインゲームゴールドやリアルマネーによってプレイヤーハウスを購入することができます。しかし、新規プレイヤーにとっては家の獲得は非常に難しいことも確かです。しかし、ハウスオーナーが部屋の貸し出しができるレンタルシステムによって、家賃を払うことで(なかには無料の物件もあるかもしれません)部屋を借りてそこを拠点にすることができます。我々は家を購入する以外にも、家のシステムが利用出来ることを周知していきたいと思っています。すでにフォーラムに賃貸情報を取り扱う"Rental Services & Free Places to Live"というサブフォーラムを用意しています。R51開始とともに、このフォーラムへのリンクが記載されている本"Places to Live"が自動的に全プレイヤーのバックパックに追加されます。R52では全てのスタート地点の街のシーンに、このサブフォーラムへのリンクしている掲示板のアイテムを設置する予定です。部屋を貸したいオーナーは、サブフォーラムへ貸し出しできる部屋の情報を書き込んで下さい。
    • Elven Guard Tower:
      This player home decoration was originally created as a worldbuilding item for the city of Yew when it was rebuilt in Release 50. Several players commented how it would make a lovely addition to their elven themed homes and towns so we turned it into a decoration useable on player lots and in Player Owned Towns. You can find this in the Add-On Store and eventually on Crown Merchants.
    • 台所用品:
      クラフト可能な20以上のキッチン用品をゲームに実装しています。これらのレシピはAerieのデコレート商人から購入することができます。
      • Kitchen Knives and Cleaver (4 kitchen knives, 1 cleaver)
      • Kitchen Pots, Pans and Kettle (2 pots, 2 pans, 1 kettle, 1 soup ladle, 1 spatula)
      • Pewter Place Setting (bowl, cup, plate, spoon, knife, fork)
      • Wooden Kitchen Utensils (cutting board, rolling pin, wooden spoon)
    • Hot Tub VFX:
      All hot tub decorations now have steam and bubble visual effects.
    • オフラインモードではPoTコンテンツは除外されることに:
      PoTのコンテンツはオンラインコミュニティにおいて非常に大きな存在となっています。プレイヤーの交流、交易、戦闘、ダンスパーティーなどが活発に行われるコミュニティスペースとして機能しています。シングルプレイヤーゲームでも、PoTを実装するプランが検討されましたが、開発リソースの使途としては優先度が低く、また必要な手間も膨大なものになることがわかっています。したがって、PoTのコンテンツはオフラインでの利用は見送ることに決定しました。PoTはオンラインモード限定のコンテンツとなります。オフラインモードでは、PoTは全てプレイヤーからは見えなくなるでしょう。オフラインコンテンツとしてのPoTも期待されていたプレイヤーにはお詫びを申し上げます。
    • 家と家具のバグフィックス:
      以下のハウスモデルに関する様々なバグを修正しました。:
      • Bear and Wolf Trophy Icons
      • Carved Oak Sidetable (icon)
      • Crafting Pavilion
      • Hollow Log 2-Story Village Home
      • Obsidian Inn
      • Obsidian Tower Village
      • Ornate Tavern Counter
      • Town Arena Basement
      • Village 5-Story Stone Basement
      • Wooden Hot Tub
    • 新しく追加・アップデートされたダイナミックPoTは以下の通り:
      • Caelestis Canton:
        Ownership changed. Removed interconnections (with Dragons Watch, Islands of Wonders, Knowhere, Lockbrier, and Serenity Isle).
      • Hero Market:
        Renamed (formerly Findupre). Converted to Forest 01c. Ownership changed. Changed location.
      • Light City:
        Upgraded to Town.
      • New Heaven:
        Upgraded to Hamlet. Interconnections (with Brittany Alleys and Verat Chaos).
      • Novia Market:
        Ownership changed.
      • Ordinis Mortis:
        Upgraded to City.
      • Unterwelt:
        Upgraded to Crossroads Village.
  • Telethon and Make a Difference Items
    • R48Postmortemテレソン特典:
      We added icy visual effects to the following R48 Telethon Items:
      Ice Wand
      • Ice Sword
      • Ice Shield
      • Ice Crown
    • Postmortemテレソン特典:
      今回、以下の全てのストレッチゴールリワードを実装することができました。For everyone who is eligible, the following items should appear in your bank for claiming in Release 51. 資格があるかどうかは、公式アカウントページのSpecial Rewardsタブを参照して下さい。:
      資格がある場合は"Release 44 Telethon Rewards."と表示されます。
      • /jugglesnowballs
      • Snowdragon
      • Frost Pipe
    • Autism Awareness Items:
      We have created several new items for the annual “Light It Up Blue” event celebrating World Autism Awareness Day on April 2, 2018 and National Autism Awareness Month which is April.
      • /jugglebluetorches
      • Puzzle Piece Blue Floor Lantern
      • Puzzle Piece Blue Wall Sconce
  • 新しい効果音:
    • ルナリフトによるテレポート:
      テレポートインとテレポートアウト時のサウンドエフェクトをユニークなものに
    • Exit/Enter Scene teleport
    • Baby Boar
    • Wild and Tamed Boars
    • Wolf
    • アバタール被弾時の効果音:
    • 男性・女性アバタールの移動時の効果音と戦闘音声を新しいものに変更しました:
      • ジャンプ
      • 着地
      • 攻撃時:
        スモール、レギュラー、ヘビーの3バリエーション
      • 被弾時:
        スモール、レギュラー、ヘビーの3バリエーション
      • 疾走時や重量超過時のブレス音
      • 注意:
        :
        音声の再生タイミングは、発生条件が揃った上でなおかつ確率によって再生されるため、あるアクションを行なったときに100%効果音が再生されるわけではありません。
      • 注意:
        :
        次回の新しいサウンドの追加では、エモートに音声や効果音を付与する予定です。

以上ここまでが今回のリリースで盛り込まれた要素です。 ここから以下は今回のリリースに盛り込まれなかった要素になります。:
:

  • 動作パフォーマンスの改善:
    While our upgrade to Unity 2017.3 has allowed us to make another large stride forward in performance and we are confident that by launch we will be running smoothly and loading quickly, we still have more to do.
  • ビジュアルクオリティ:
    With Release 51 we have yet again upgraded some purchased assets to make the game competitive. 我々は常にグラフィックレベルの向上に務めています。現行のRPGタイトルと遜色の無いレベルになるまでグラフィックを強化していく予定です。
  • プレッジリワード:
    出資特典について:
    いくつかの出資特典の実装は達成され、テクニカルサポートも開始されています。 しかし、まだ一部の出資特典はまだ実装・サポートがされていません。これらの問題は既知の問題のドキュメントで対応状況を確認することができます。
  • ストーリーの追加要素:
    メインストーリーはすべて実装されていますが、サイドストーリーの実装がまだ完全ではありません。コンパニオンキャラクターのメジャーな機能の実装についてはR52で予定しています。

ロード・ブリティッシュからのお言葉:
ゲーム全体の開発進捗状況は80%のところまできており、残りは20%の部分を残すのみです。この間にまたゲームの要素に大きな変更が行われる可能性もありますが、これは大きく飛躍するための変更として、どうか受け止めてください。我々はゲームの仕上げの段階に入っており、ゲームのフィーリングをよりよくするための作業がまだ残されています。ですから、現時点でフィーリングの印象がよくなくても、どうか焦らないでください。まさに今、その足りない何かを追加するための開発フェーズの真っただ中に我々はいるのですから!どうかご期待ください!

ここにインストラクションと既知の問題へのリンク掲載しておきます。ここで今一度、ユーザーの皆様の継続的なご支援に感謝を申し上げます!この今までにないゲームコミュニティとともにゲーム開発を進めていけることは我々の喜びであり、誇りであると思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿