アーリーアクセス・リリース49 要綱

R49 Instructions

日本時間12月151:30AMからリリース49が実施されます。

期間中には様々なプレイヤーイベントが開催される予定です。
イベントカレンダーが以下のファンサイトで公開されているので、興味のある方はチェックしてみてください。

http://avatarscircle.com/community-events
http://sotaevents.com

公式情報(英語)

Player Instruction

Known Issue

PatchNotes

日本語版(非公式)

プレイヤーガイド非公式日本語版

既知の問題非公式日本語版


変更点のハイライト

注意:R48と49は謝肉祭やクリスマスなど、ホリデーシーズンの影響で開発期間が短いリリースとなっています。しかしながら、限られた時間の中でより多くのコンテンツを実装できたと思っています。

R49は10大実装優先項目の開発にフォーカスした、4回目のリリースとなります。ロードタイムの短縮、ストーリーの改善、新しいシーンの実装を継続して行っています。また、サイドクエストの追加と徳のアーマーやホリデーアイテムなど、多くの新しいアイテム要素を実装しました。

フレームレート:
今回は最適化作業のフォーカスがロード時間からフレームレートへ移行する最初のリリースとなります。最初のリリースにも関わらず、多くの成果を上げることができています。ハイエンドなビデオカードユーザーは、一目で改善の結果がわかるでしょう。全体的に10~15FPS、ところによっては2倍近いフレームレートが出るようになっています。ローエンドカードの最適化はまだ作業残っています。これはCPUに起因する問題とも関連しています。

ユーザーインターフェースの向上::様々なユーザーインターフェースの改善が行われています。ワールドマップ上のツールチップや、インゲームマップ、コンパスなどなど。

ワールドビルディング:
シーンやワールドビルディングに大幅な改善を行いました。Elysium Minesを含む完全にリビルドされたシーンが2つ、そして10以上のシーンが改善されています(including Blood River Outskirts, Highvale Outskirts, and Central Brittany)。

クエストの改善とサイドクエストの追加:
愛・勇気のストーリーラインに様々な改善をほどこし、"I don't know"レスポンス(NPCが知らない話題に対して返答する内容)の改善も行われています。We continued adding more side quests across the game, including another set of quests that grant additional pieces of the new virtue armors.

NPCの挙動:
今回のリリースよりNPCの挙動の最適化の段階から、実際の行動の改善作業にシフトしました。インドアでライトが点いているかどうかの判定を行えるようになったり、敵クリーチャーの自己ヒールレートの引き下げ、NPCメイジへの打撃による詠唱妨害、ドラゴンの行動の変化(より攻撃的に、しかしブレスは体力が半分になってから吐くようになるなど)

今回のリリーステストにおいては、QAテスターの方々には多大な各種フィードバックを行っていただきました。この場を借りて大きな感謝の意を表しておきたいと思います。また、この要綱記事の記述に関して、いくつもの有用なフィードバックをいただいたことにも感謝を申し挙げます。

ロンチが近づきつつありますが、ゲーム内容は今までと変わらずコンスタントに変化していくことになります。 これらゲームシステムの変化をプレイヤーの皆さんにここで告知するとともに、新しいコンテンツを皆さんに試してもらえる手助けとなれば幸いです。全てのゲームについての新しい情報は、この投稿とインストラクション・既知の問題のドキュメント内で説明されています。プレイヤーの皆さんからの質問に答えたり、あるいは既知のバグについての重複したリポートをさけるためにも、プレイヤーの皆さんはこれらの情報に目を通して頂く必要があります。ユーザーの皆さんがこれらの情報のためにわずかに時間を割いてもらえるだけで、既知の問題に対する対応の時間を削減でき、未回答の新たな問題や致命的なバグに対処することに集中することが可能になります。我々はプレイヤーの皆さんにこの投稿に目を通してもらえることに感謝し、またこのことが今後のゲームに関するフィードバック作業に多大な恩恵をもたらすことを嬉しく思っています。

今後も我々はリリース毎に新しいコンテンツを提供していきますが、それ以外にもコミュニティユーザーの皆さんで企画したイベントに参加して楽しむこともできます。ぜひユーザーイベントのカレンダーもチェックしてみてください。(ゲーム内のアイテムにもプレイヤーイベントのスケジュールを紹介する本があります):また、オフィシャルの最新イベントの開催情報もメインウェブサイトにて確認することができます。

今回のリリースで新しく導入されたコンテンツは以下の通りです。

RELEASE 49, December 14, 2017

    • ストーリー:
      サイドクエストの充実と、3大原理のストーリーの改善を行います。また、ユニークリワード付の徳のクエストの追加作業を行います。さらに、スタートシーンの改善作業も行います。最後に、いくつかのアドベンチャーシーンは、完全にリビルドされ新しいシーンとして生まれ変わるでしょう。(Sunless Barrens他)
    • 愛のストーリーラインのクオリティアップ:
      愛のストーリーライン終了後、Maliceのダンジョンを訪れると、アンデッドの残党の討伐を行うことができるようになります。また、SequannaはAnapaと会話をするようになっています。SoltownのArabellaの会話文のタイポの修正を行いました。
    • 勇気のストーリーラインのクオリティアップ:
      勇気のストーリライン終了後、Battle Camps of Demig and Ferigを訪れることができます。しかし、そこにはDemigとFerigはいないでしょう。Battle Camp内のガードの反応する話題がより多くなり、また彼の道案内についても内容が充実しました。また、コボルドはKorabarを"king"とは呼ばなくなるでしょう。
      Blood River Outskirtsの改善:現在Blood River Outkirtsシーンをメインに、Outskirtsシーンの改善を継続しています。今回、以下の要素の変更を行っています。:
      • 難易度の引き下げ:
        新規プレイヤーをアシストするために、このシーンの敵の強さを従来より3割ほど引き下げます。また、ワナや火によるダメージも大きく引き下げる調整を行います。
      • ミミックの削除:
        宝箱型のミミックを削除しました。
      • 採集クエスト:
        エルフの難民キャンプの、食料置き場付近にいるZosimusからリソース採集クエストを請け負えるようになっています。
      • クエストハイライト:
        視界内にあるクエストアイテムに光るエフェクトを追加し、判別がし易くなっています。また、クエストを与えてくれる・解決してくれるNPCはコンパス上に位置が示されます。
      • 真実の敬礼:
        エルフの難民キャンプにいるAlbericか、自警団キャンプいにるPhineasから、Formal Truth Saluteを教わることができます。
      • Phineasの改善:
        彼との会話ダイアログのいくつかを削除しました。
      • Quest for the Hood:
        Gusからこのクエストに関する正しい道案内を受けることができるようになっています。また、ジャーナルにドアの位置についての描写を追加しました。
      Highvale Outskirtsの改善:
      今回、Bllod River Outskirtsのシーンの改善にフォーカスしていますが、Highvale Outskirtの改善作業も行われています。:
      • ベッドロールと粉袋:
        "Bedrolls and Wheat Sacks"のクエストガイドをより分かり易くしました。
      • The Steeple:
        Esmeraldaのタスクで訪れるミラーの場所をPOIに追加しました。また、"The Steeple"への道筋もより分かり易くしました。
      • Copper Camp POI:
        "Copper Golem Last Seen"のPOIのロケーション名を"Copper Camp"に変更しました。
      • 難易度の引き下げ:
        このシーン内の難易度を引き下げました。従来よりも敵の強さが5割ほど引き下げられています。
      • トライアルユーザー:
        今リリースからトライアルユーザーは自動的に勇気のストーリーラインに進むことになります。また、初期装備武器が近接武器であるため、弓に比べより直感的に戦闘をすることができるようになります。
      • 低レベルシーンの鉱石分布:
        Tier 1と 2のシーンを再検証し、鉱石の分布とバランスを調整しました。以下のシーンにiron, silver, goldの鉱石ノードを追加したほか、一部のcopperノードをironに変更しました。:
        Blackblade Foothills
        Blackblade Pass
        East Perennial Trail
        Kingsroad
        Longfall Woods
        Soltown Catacombs
        South Broken Road
        South Celestial Wetlands
        South Midmaer Way
        South Varisalla Foothills
      • Whiteguard Foothills
      • シーンのリビルド:
        以下のシーンのリビルド作業を行いました。
        • East Longfall Wetland:
          East Longfall WetlandはSouth Longfall Wetlandのコンパニオンシーンになりました。Longfall地方のAerieの街の東に位置するこの沼地のシーンには、オラクルの像の残骸が残っています。また、このオラクル像の残骸は、本来持っている機能の一部がまだ生きているようです。また、パズルにも気を付けてください。このパズルを解くことによって沼地の化け物を呼び覚ますことになりますが、誠実のバナーを入手するチャンスも訪れます。
        • Elysium Mines:
          サテュロスの鉱夫達によりElysium Minesの奥に新たな深いトンネルが見つかりました。この迷宮には2人の巨人の像が備えられています。伝説によれば、この2人の巨人は双子で、深い恨みから片方がもう片方の兄弟を殺したと伝えられています。また、この時の深い恨みがアンデッド達を呼び寄せ、死者の巣窟と化したとも言われています。注意::現在のElysium Minesには、以前のようにGoldとSIlverの両方の鉱石はありません。これらの鉱石ノードが両方存在する鉱山シーンは現在ゲーム内にはありません。今までは両方が採掘できる唯一の鉱石として名高い場所でしたが、これは不適切であったと考えています。よって、現在はSIlverとCopperのみが採掘可能です。この鉱山のゴールド鉱石ノード削除分は、より低レベルなEtceter Crag Minesへと移設されています。
      • 砂漠のエンカウンター:
        ワールドマップ上に新たなエンカウントシンボルを追加しました。サソリがワールドマップ上に出現し、プレイヤーを危険な場所へと引きずり込もうとするでしょう。
    • サイドクエストとリワード:
      (ネタバレ注意)いくつかのサイドクエストを追加しました。
      • Undelivered Mail (Magic Prints):
        "undelivered mail"のサイドクエストを達成することにより、4種類のエレメントのプリントセットがもらえるようになっています。
      • Virtue Armor Glove Quests:
        ランダムエンウンターシーンでは、低レベルモンスター殲滅後に高レベルモンスターが出現することがあります。また、これらの高レベルモンスターを倒すと、ある人物と出会うことがあります。彼が現れた理由はともかく、彼と会話して、彼からのクエストを解決してあげましょう。報酬として、きっと価値ある品をもらえるはずです。(このタイプのクエストでは、プレイヤーはリワードとして真実・愛・勇気のグローブを入手することができます)
      • “Rake” emote:
        Aerieの農夫Threntの頼みをきいてあげましょう。彼を助けてあげると、熊手の使い方を彼から教わることができます。
      • 誠実のバナー:
        East Longfall Wetlandのパズルを解くことによって、Honestyのバナーを手に入れるチャンスが訪れます。
      • 正義のバナー:
        Elysium Minesの奥には強力なゴーストが存在し、兄弟間の裏切りによって命を落としたその兄弟のひとりの怨念だと言われています。このゴーストを見つけて打ち倒すことで、正義のバナーを手に入れることができます。
    • シーンの改善:
      • CPシーンの最終ウェーブ:
        敵の襲来ウェーブの間隔が短くなる仕様がSuperstition CanyonとSanctus SpineのCPシーンに導入されました。CPを制圧し続けることで、数ウェーブごとに敵の襲来の間隔が短くなっていきます。この仕様の復活は、今回導入される1時間あたり100万EXPソフトキャップの件と関係があります(後述)
      • Lost Whiteguard Silver Mine, Understorm Gold Mine, & Broken Echoes Mine:
        以上の鉱山シーンでは、シーン内にあるマイナーの敵に特別なルートパッケージが導入されています。これらの敵を倒すことで手に入れるチャンスがあります。
      • Blood River Massacre:
        新規プレイヤーをアシストするために、このシーンの敵の強さを従来より3割ほど引き下げます。また、ワナや火によるダメージも大きく引き下げる調整を行います。
      • Central Brittany:
        ゲートから街の中心へと続く大通りを舗装し、初めて街を訪れたプレイヤーでも道に迷わないようにしました。また、倉庫だった建物のひとつをアンティークショップ"Foudeau Antiques"に改装しました。
      • Hilt Fortress:
        シーン中にノートアイテムを追加し、過去に一体この場所で何が起こったのか、そしてObsidian Forgeへ向かったパーティーはどうなったか、といった情報を知ることができるようになりました。
      • Nightshade Pass:
        背景の火山に、煙と溶岩のエフェクトを追加しました。
      • Etceter Crag Mines:
        Elysium Minesから没収した分のゴールド鉱石のノードをEtceter Crag Minesの第一階層に追加しました。
      • Solace Bridge Outskirts:
        このシーン内の難易度を引き下げました。従来よりも敵の強さが3割ほど引き下げられています。
      • マップ上の移動するエンカウンターシンボル:
        いくつかのエンカウンターシーンには追加ステージが追加されています。たとえば、シーン内のオオカミを全滅させると、高Tierのオオカミのクリーチャーが登場する、といった展開が発生するようになりました。
      • Elad’s Lighthouse:
        地球儀のデコアイテムを灯台に追加しました。
      • Ardoris:
        トレーナーのBlackmoorが見つけづらいとの声から、彼のいる建物に看板とトレーニングダミー設置しました。また、トレーナー自身もいくつかのエモートを行うようになっています。
      • Vertas:
        街の中の商人全員がユニークネームを持つようになりあmした。また、秘薬商人とフルーツと野菜を販売する商人の位置を入れ替えました。
      • Rock Slides:
        岩石落としのトラップのビジュアルを向上しました。
    • NPCの"I don't know"レスポンスを改善:
      尋ねられたキーワードに対して有効な返答をNPCがもっていない場合の返答内容を、今回改善しました。単純に"I don't know"といった返答を行うのではなく、たとえばあるNPCが"Undead threat"というキーワードを尋ねられた場合、そのキーワードに対して有効な返答が出来ない場合でも"I am unaware of that but I would love to talk to you about the undead threat."といった、従来のようなぶっきらぼうな返答ではなく、丁重な返答を行うようになっています。また、商人であれば売りたいものの宣伝をしたり、あるいは別の事柄や噂に対して興味をもっているNPCは、その話題を出したりするようになります。
    • 徳と通行人の反応:
      通行人のNPCはプレイヤーの徳の状態によって、再び反応に変化が出るようになります。この要素は数リリースの間一時的にOFFになっていましたが、今回再び有効になっています。
    • Fiona Fitz Owenの改善:
      会話の内容に問題があった箇所を改善しました。また、彼女に"sing"のキーワードに尋ねたときのレスポンスも追加されています。
    • シーン内のバグフィックス:
      以下のゲーム内のシーンの修正が行われています。 スタックポイント、浮いているオブジェクト、欠けているオブジェクト、効果音の適切な再生や、NPCの経路、街の表示ラベル、アクセスできない鉱石ノード、当たり判定が正しく設定されていない箇所、蘇生アンクの誤った場所に設置や、設置自体が行われていない箇所の修正、地面をすり抜けて落下してしまう箇所の修正などが行われています。:
      • Blackblade Foothills
      • Brittany Fields
      • Broken Echoes Silver Mine
      • Celestis
      • Crag Foothills
      • Crypt of the Avatar
      • Etceter
      • Graff Island
      • Harvestの街:
      • Highvale Outskirts
      • Jaanaford
      • Longfall Woods
      • Lost Whiteguard Silver Mine
      • Malice
      • Necropolis
      • North Drachvald Spur
      • North Hulenholt
      • Northwood
      • Opalis Ruins
      • Owl’s Head Sewers
      • Paladis Shardfall
      • Plains Road Encounter
      • Sanctus Spine
      • Sequanna Colossus
      • Solace Bridge Outskirts
      • The Epitaph
      • Ulfheim
      • Understorm Gold Mine
      • Wynton’s Folly
    • 太陽のエフェクトと地形:
      Volumetricライティングは、影の描画オプションがオフになると自動的にVolumetricライティング機能もオフになるようになっています。よって、レンズフレアなどの太陽によるエフェクトも表示されなくなります。
    • シーン・フラッディング:
      シーンロードが完全に終わる前にシーン描画が始まってしまい、描画がおかしくなってしまう現象が発生していました。今回、このバグはフィックスされています。
    • コンパニオンキャラクターの修正:
      コンパニオンキャラクターの名前を修正しました。たとえば、Samaelの名前をすでに知っているにもかかわらず、"Merchant"と表示されてしまうような現象は起こらなくなっています。
    • ツリーカーテンの修正:
      シーン外周オブジェクトとして設置されている木の列が、時々真っ黒に表示されてしまうバグを修正しました。
    • Sunless Barrensの実装延期:
      Elysium MInesとLongfall Wetlandの作業を優先したため、このシーンの実装は延期されました。
    • フレームレートの向上:
      動作パフォーマンスを改善し、フレームレートの向上とヒッチング(描画のひっかかり)の解消を目指します。
      • LODを地形シェーダーに導入:
        今回の最適化作業の三分の一の時間を地形データのレンダリングの最適化に充てました。R49では地形の描画にLODを導入しました。
      • 描画の省略の改善:
        いくつかのマップで描画オブジェクトを省略する作業を行いました。この作業により、比較的性能の低いビデオカードの環境下でも、いくつかの街での動作パフォーマンスが劇的に改善されています。
      • グラフィック描画範囲の改善:
        プレイヤー周辺のグラフィック描画範囲をどこまで行うか、これはイベントや描画オブジェクトの多い場所で、動作パフォーマンスを決定する大きな要素のひとつになります。これは、戦闘において敵を視認できる距離や、インタラクトできるオブジェクトの距離、遠くのオブジェクトで起こりつつある変化、といった事象を、どの距離まで描画するかどうかを決定します。今回は以上のこのシステムの最適化を行いました。
      • アセットの最適化:
        アセット(ゲーム内のオブジェクト)をの最適化を行い、ポリゴン数が過剰なオブジェクトの調整や、テクスチャサイズの最適化、単独オブジェクトの集合体を1つの大きなオブジェクトに作り替えるなどといった作業を行っています。今回、以下のオブジェクトの最適化を行いました。
        • LB陛下誕生日記念アイテム
        • Log Bridge
        • Pyramid (a point of interest in Blood River Outskirts)
        • Stone Ruins
        • Headless Horseman Statue
        • Swinging Log Trap
    • PoTとハウジング:
      PoTをダイナミックタウンに変更し、提出フォームをロックしたPoTは変更が反映されるでしょう。
      • Clock Towers:
        時計塔の時計はインゲーム時間(ニューブリタニア時間)と同期するようになります。時計塔のオブジェクトは、Villageサイズ以上の土地か、PoTに設置することができます。装飾された時計塔もアドオンストアで販売しています。
      • ルーン文字のデコレーションアイテム:
        R45で数字のオブジェクトがアイテムとして導入されました。装飾されたルーン文字のレターセット(真鍮製)がアドオンストアで販売されています。また、木製のものはインゲームクラフトすることもできます。
      • 装飾用のデコレートセットアイテム:
        食器や調理器具、あるいはディスプレイラックのアイテムセットをテーブルやキッチンのデコレート用に実装しました。これらのセットデコレーションは、複数のアイテムを1つのアイテムとして扱うため、デコレーション設置リミット数を圧迫しません。また、セットデコレーションの内容物を1つ1つ独立して設置することも可能です(ナイフやフォークなど)これらの装飾されたセットアイテムはアドオンストアで購入可能です。また、装飾無しのものもインゲームクラフトが可能です。
      • ストリートサイン:
        自宅の敷地やPoT内に、ストリートサインを設置することができるようになりました。サインに表示されるツールチップ内容は、カスタマイズすることが可能です。装飾されたバージョンのストリートサインはアドオンストアで販売されています。また、木製のストリートサインはインゲームクラフトが可能です。
      • マジックエレメントのプリント:
        プレイヤーの1人であるThemo Lock氏が作製した、4元素の魔法の図案がゲームに実装されました。今回、インゲームプリントとして図案を入手することが可能になっています。入手するには、Undelivered Mailのタスクを達成して下さい。 
      • Ornate Hanging Plants: The latest addition to our ceiling decorations is a set of hanging plants, including an Azalea, Ivy, and Sword Plant in ornate planters for the Add-On Store. In Q1, we will be adding in-game craftable versions of these.
      • Ornate Wall Mirror: Until now, the only mirror decoration was a pledge reward, but now there are two more! The first is this ornate version you can find in the Add-On Store. In Q1, there will be an in-game craftable version as well.
      • Ornate Taming Signs: We have created a set of taming signs for players who wish to advertise their taming wares. In R49 these can be found in the Add On Store. In Q1, we will be adding in-game craftable wooden versions of these.
      • Ancestor Tombstone:
        今回このアイテムのテキストツールチップをカスタマイズすることができます。(Our apologies that this took so long to get updated.)
      • POT テンプレートのクオリティアップ:
        IslandテンプレートのPoT全てに、サブの島へアクセスできるボートドックを導入しました。また、シーン内の小さな島(-462.6,79.5, -521.8)にもアクセス用のボートと水上土地を追加しました。
      • デコレーションとして利用出来る装備品:
        さらに多くの装備品がデコレーションとして利用できるようになりました。また、正しくグラフィックが表示されない、といったデコレートアイテム関係のバグの修正も行われています。新たに追加されたデコレートアイテムとして使える装備品は以下の通り。:
        • Halberd of the Sun
        • Fishing Poles (now can be hung as wall deco)
        • Steam Hammer (now can be hung as wall deco)
        • Virtue Dirndl Skirt
        • Cloth Tunic
      • 家と家具のバグフィックス:以下のハウスモデルに関する様々なバグを修正しました。:
        • Ancient Columned City Home
        • Cloud Imperium Airship
        • Crafted Shingle Two Story w Balcony
        • Golden Kobold Four-Story Great Hall
        • Gothic Inn
        • Grand City Chateau
        • Knight Marshal Home
        • Lord Founder Town Home
        • Lord of the Manor Keep
        • Pirate Galleon Town Water Home
        • SOTACON 2017 cloak (deco version)
        • Stucco 4-Story w/Left Alcove Row Home
        • Town Stone Arena Basement
        • Twin Spire Manor
        • Wood & Plaster Inn
      • R48の土地DEED抽選について:
        今回の抽選は12月14日に行われ、そのすぐ後に当選者が発表されます。また、当選者へのDEEDは次回のリリースで配布されます。
        • Place Anywhere Deeds (10):
          • Row: 5
          • Village: 3
          • Town: 1
          • City: 1
        • Player-Owned Town Deeds (10):
          • Row: 5
          • Village: 3
          • Town: 1
          • City: 1
      • R49の土地抽選は行われず:
        土地抽選は正式ロンチまで休止される予定です。さらなる詳細は2018年Q1スケジュール発表で。
      • 新しく追加・アップデートされたダイナミックPoTは以下の通り::
        • Arx Draconis Lowlands: Upgraded to Village.
        • Beran’s Reach: Ownership changed.
        • Blackrock Cove: Converted to Forest 01b.
        • Blue Rose Isle: Upgraded to Crossroads Village.
        • Bravehaven: Upgraded to Village.
        • Brittany Undercity: Renamed (formerly Crystal Caves). Ownership changed. Interconnections (changed nested interconnection to within Brittany Wharfs; added Brittany Alleys, Brittany Fields, Central Brittany, Brittany Estates, Elad’s Lighthouse, Celestial Gardens, and New Heaven).
        • Caelestis Canton: Converted to Desert 01b.
        • Hameln: Renamed (formerly Nightdiamond). Converted to Forest 01b. Ownership changed. Changed location.
        • Insulam de Nocte: Ownership changed. Changed location. Removed interconnection (with Elad’s Lighthouse).
        • Kai: Upgraded to Town.
        • Light City: Upgraded to Village.
        • S Mart Factorium: Renamed (formerly Tenakill). Converted to Mountains 01. Ownership changed. Changed location. Removed interconnections (with Caelestis Canton, Lockbrier, PaxLair, Golden Cove, Islands of Wonders, Knowhere, and Dragons Watch).
        • Salisbury Plains: Upgraded to Village.
        • Tenebrae: Upgraded to Town.
        • Tortuga: Upgraded to Crossroads Village. Interconnection (with Northwood).
        • Vale St. Julie: Upgraded to Hamlet.
    • クラフト・経済:
      ルート品を追加します。その中には、ユニークなコンポーネント(クラフトパーツ)も含まれます。
      • レシピブックに"Sign"セクションが追加:
        レシピブックのカーペントリーセクション内に、看板アイテムセクション内が新たに追加されています。
      • 耐久度の低いツールアイテムのインジケーター:
        装備中のツールアイテムが壊れている場合、クラフトや採集を行うときにアイコンがインジケーターとして表示されます。
      • 新しいレシピとパターン:
        今リリースではクラフト可能なウィンターホリデーアイテムのレシピを実装したほか、先のリリースで実装されたMake a Difference Storeアイテムのレシピを実装しています。
        • Wheelchair (recipe)
        • Operating Table (recipe)
        • Gingerbread (recipe)
        • Gingerbread House (recipe)
        • Sled (recipe)
        • 2017 Gift Box (recipe)
        • 2017 Yule Wreath (recipe)
        • 2017 Yule Stocking (recipe)
        • 2017 Yule Garland (recipe)
        • Wooden Runic Letters (recipe)
        • Clock Tower (recipe)
        • Skull Sword (pattern from dropped weapon)
      • ベンダーの"Purchase Order"機能を拡張:
        Purchase Orderの対応アイテムを拡大し、食肉動物の死骸(carcasses)と染料のアイテムをオーダーすることが可能になりました。
      • クラフトテーブルにクエストアイテムを設置可能に:
        クエストアイテムをクラフトテーブル上にドラッグアンドドロップで置けるようになりました。以前はレシピブックをダブルクリックすることでしか設置ができませんでした。(ネタバレ注意):This is critical for finishing the game, because near the end of the storyline you’ll need to put together several broken pieces of a certain object.
      • Gold Crown商人の追加:
        2体のオートマトンのクラウン商人を追加しました。これらの商人の追加により、ゴールドクラウンを使って購入できるアイテムのバリエーションがより広がっています。5商人のひとりは装備品や、パーソナルアイテム(ペットなど)の販売を行っています。もうひとりのオートマトンは、ハウス関連のアイテム、たとえばPoTの土地DEEDやハウスモデル、デコレーションアイテムなどを販売しています。このほか、多くのアイテムをこれらのオートマトンの商人は販売しています。これらのオートマトン商人が販売するアイテムの中には、まだアイテムのカテゴリの仕分けが不十分で、目的のアイテムを見つけるのに便利でないこともあると思いますが、目的のアイテムをすぐに見つけられるように改善を続けていく余地枝です。今回新しく導入されたオートマトン商人は、以下の5つの大都市に実装されています。:Ardoris, Central Brittany, Resolute, Aerie, and Owl’s Head.
      • ゴールドクラウン商人から購入したアイテムは売却不可に:
        以前は、クラウン商人から購入したアイテムを売却した場合、ゴールドコインで買い取りがされていました。しかし、将来的には、ゴールドクラウンで購入した商品やアドオンストアで購入した商品は売却することができなくなります。この変更は、起こりうる不正をあらかじめ防ぐための措置です。
      • トーチ:
        人型の敵クリーチャーがトーチアイテムをドロップするようになったほか、クラフト商人からトーチを購入することができるようになっています。
      • SDD Modifier Replaced:
        STRボーナスによるSDD modifierの値を、全ての武器で変更しています。実際に表示通りのSDDが適用されていたアイテムは非常に少なく、混乱を招く元になっていました。今回STRボーナスの扱いは、ステータスボーナスのような扱いに変更されています。
      • フィッシングのビジュアルをアップデート:
        フィッシングターゲットカーソルのビジュアルとそのエフェクトを改善しました。
      • 布製ヘルムのパターンアイテムの修正:
        布ヘルムのアイテムにパターンを適用することができないバグを修正しました。
      • Riposteのマスターワークに関するバグ修正:
        マスターワークの効果の一つであるRiposte Defenseの効果が廃止されます。既存のアイテムについている効果もArchaic Riposte Powerのものに置き換えられます。
      • シャドウフォームのエンチャント効果の修正:
        Shadow Formの効果時間に関するエンチャントは、その効果が想定通り発揮されるようになります。
      • スクラップアイテムのスタッキング:
        一度に複数のアイテムをサルベージしたときにも、スクラップアイテムは正常にスタックするようになります。
      • カバリストのフードの修正:
        マスターワーキングやエンチャント作業の失敗によって破壊してしまった場合でも、エッセンスアイテムを回収できるようになっています。
      • 徳のアーマーはサルベージ不可に:
        全ての種類の徳のアーマーはサルベージ不可になっています。
      • アーティファクトアイテムのエンチャント・マスターワークの修正:
        R48でアーティファクトアイテムがエンチャント・マスターワークが可能になりましたが、一部のアイテムがまだ未対応だった問題がありました。今回修正されています。注意::一部のアーティファクトアイテムは、元からエンチャント・マスターワークができないように設定しているものもあります。R49でエンチャント・マスターワークが可能になったアイテムは以下の通り:
        • Cabalist Boots
        • Cabalist Robes
        • Deceitful Vile Wand
        • Hammer of Breaking
        • Heart of Vrul
        • Ring of Gambler
        • Shard of Night
        • Staff of Anarchy
        • Staff of Death
        • Sword of Speed
        • Thunder Branch
      • コンボーネント追加の延期:
        バグ修正や新しいレシピ、UIの改善などを優先したため、今回新しく導入されたコンポーネントはありません。

  • ユーザーインターフェースの向上:
    コンパスの機能をユーザーフィードバックを元にさらに改善します。
    • POIとクエストロケーションをワールドマップ上に表示:
      発見後にコンパスにアイコンとして表示される、Points of Interestは、ワールドマップ上でも機能するようになります。注意::次の数リリースで、対応するPOIの種類を順次増やしていく予定です。また、その同時表示数なども各自で調整できるようになります。(タスクリストから任意のタスクを右クリックして、非表示の設定を行うことができるようになります)クエストに関するアイコンのスパークル表示機能は、ワールドマップ上のクエストアイコンにはまだ実装されていません。
    • コンパスの基本方位:
      コンパス上に多量のPOIが表示されると、東西南北の表示見えづらくなります。今回のリリースからコンパスUIをクリック&ホールドすると、コンパス上のアイコンがフェードアウトされ、基本方位が確認しやすくなります。
    • ワールドマップ上のクエストツールチップ:
      ワールドマップ上でのシーンツールチップ表示に、もし当該シーンにアクティブなクエストの有無、あるいはクエストを受けられる機会があるかの有無がわかるようになっています。
    • NPC Quest Discovery Tooltips:
      NPCの名前を聞き出したときに、そのNPCの名前がジェネリックなもの(例えば"prisoner"など)から、ユニークなものへ正しく変化するようになっています。
    • ワールドマップからシーンへ進入したときの位置選択:
      進入ポイントが一箇所しか無い場合は、選択ウインドウが表示されないように変更されています。また、将来的にこの機能はPoTや島のNPCタウン(Celestisなど)にも適用される予定です。
    • コンパス上のクエストポイントにスパークルエフェクトが追加:
      コンパス上のクエストアイコンはスパークルエフェクトが表示されるようになりました。また、そのポイントに近づくと、エフェクト表示が強くなるようになっています。
    • Discord機能の削除:
      Discord側の仕様変更で、SotAに統合したDiscord機能が使用不可能になっています。
    • 追加されたインゲームマップ:インゲームマップシステムに以下のシーンが新しく対応するようになっています。
      • Blood River Outskirts* (added as patch to R48)
      • Solace Bridge Outskirts* (added as patch to R48)
      • Highvale Outskirts
      • South Broken Road
      • Grannus Colossus
    • インゲームマップに矢印による方向表示機能:
      以下のシーンで、矢印の方向表示が正しくなされていなかった問題を修正:
      • Ardoris Sewers
      • Blackblade Pass
      • Brittany Sewers
      • Caverns of Skrekk
      • Crypt of the Avatar
      • Elysium Mines
      • Halls of Artifice
      • Harvestの街:
      • Highvale (return)
      • Kiln Cistern
      • Kingsport Sewers
      • K’rawl
      • K’rul
      • Midmaer Passage
      • Owl’s Head Sewers
      • Serpent’s Spine Mines
      • Solania Catacombs
      • Spectral Mines
      • The Clink
      • The Fall
      • Valhold
      • Valhold Palace
      • Verdantis Mines
  • Telethon & Holiday アイテム:
    R47テレソンアイテムの実装と、2017冬季ホリデーアイテムの追加を行います。(詳細略)
    • Children’s Miracle Network Hospitals/Doctors without Borders Items: In Release 47, we added a bunch of new content in support of these two charities. For Release 48, we added in game craftable versions of several of the items. In Release 49, we have added a few more in game craftable versions of these items.
      • Wheelchair (in-game craftable)
      • Operating Table (in-game craftable)
    • Release 47 Postmortem Telethon Items: We have completed all the stretch goal rewards from the R47 Postmortem telethon that were icy themed. For everyone who is eligible, the following items should be available to claim at the bank in Release 49. You can see if you are eligible in the Special Rewards tab on your Account page. If so, it says “Release 47 Telethon Rewards.”
      • Snowflake Pattern Cloak
      • Virtue Fur Hat
      • Winter Pattern Stained Glass Oil Table Lamp
      • Virtue Ice Bow
      • Virtue Ice Staff
    • Winter Items: In Release 48, we added a lot of winter items to our Add-On Store. In Release 49, we have added a few Winter Recurring items to the store and in-game craftable versions of many of the Rare Winter and Recurring items.
      • Winter Pattern Glass Ceiling Lamp (Add-On Store, Winter Recurring)
      • Winter Pattern Glass Floor Lamp (Add-On Store, Winter Recurring)
      • Gingerbread (in-game craftable)
      • Gingerbread House (in-game craftable)
      • Sled (in-game craftable)
      • 2017 Gift Box (in-game craftable)
      • 2017 Yule Wreath (in-game craftable)
      • 2017 Yule Stocking (in-game craftable)
      • 2017 Yule Garland (in-game craftable)
  • ロードタイムの短縮:
    • NPCのロード:
      大量のデコレートアイテムやプレイヤーハウスがあるシーンでは、NPCのデータロードはこれらハウスやアイテムデータのロード後に行われるようになります。
    • Solace Bridge Outskirtsのシーンの最適化:
      このシーンの最適化を行いましたが、依然として目標である15秒以内のロードは達成されていません。今後も特定のシーンをターゲットに、最適化を進めていきます。
  • キャラクター:
    • Norgardバーバリアン:
      VerdantisやNorgard地方にはバーバリアンや地方部族が存在しています。コボルドとの戦争で疲弊したNorgardの国力や戦力では、これらのバーバリアンの略奪行為を制することはできず、大都市の防衛をするのがやっと、といった有様になっています。バーバリアンのクランは様々な動物を冠した派閥に分かれており、中でもドラゴンクランはもっとも恐ろしい部族として知られています。R49では、これらの地方のNPCをユニークなグラフィックのものに差し替え、またアニマルヘッドのレシピをドロップするようにしています。Q1では装備品をドロップするようになり、さらにそれからパターンを回収できるようになる予定です。
    • Faunのアニメーションを拡張:
      R48でサテュロスとコボルドのアニメーションの拡張を行いましたが、R49ではフォーンのアニメーションのバリエーションを拡張し、人間のキャラクターと同等のバリエーションを持つようになっています。これは戦闘アニメーションだけでなく、会話時、着席時などの非戦闘時のアニメーションにも適用されます。
    • Virtue Armor:
      継続して、クエストを通じて入手出来る徳がテーマの装備品をゲームに実装していきます。R49では以下の3種類のアーマーセットの、グローブの装備が実装されます。
      • Leather Gloves of Love
      • Plate Gloves of Courage
      • Cloth Gloves of Truth
    • Professor’s Old Time Camera:
      この装備可能なカメラのアイテムは、銀色のハイライトと緑色のクロスがあしらわれています。これを使うと、白黒のスクリーンショットを撮影することができます。これは"How-to"ビデオコンテストの賞品として配布されます。
    • 商人NPCと屋内照明:
      R44では巡回しているガードが外から建物に入って照明を消す、といった動作ができませんでした。今リリースでは、多くの商人NPCは建物内で自分の近くにある照明を、時刻に応じて点けたり消したりできるようになっています。
    • ポーションのアニメーション:
      ポーションを飲んだ後、空のフラスコを地面に投げつけるアニメーションを行います。これでポーションの空瓶が再利用できない理由の説明がつきましたね!
    • 物破壊時のアニメーション:
      木箱やタルをキックで破壊するアニメーションを再生したときに、装備品が一時的に非表示になることがなくなりました。たとえば、暗い場所でトーチをもっていても、物を破壊時に視界が一時的に悪くなる心配をすることはなくなるでしょう。
    • スタッフ武器の構え・納めのアニメーションの修正:
      アニメーションの修正を行いました
    • 座り時の待機アニメーション:
      座り中の待機アニメーションが追加されました。
    • 無操作時には自動的に座るように:
      5分以上無操作時間が続くと、自動的にアバタールは座るようになります。
    • クモとサソリの当たり判定:
      これらのクリーチャーを見た目通りの判定になるように調整しました。
    • 装備品の修正:
      以下のアイテムのグラフィック干渉の問題や、染色に関する問題などを修正しました。
      • Wealthy Merchant Coat
      • Epic Cloth Legs
      • Skull Cloak
      • Cloth Chest of Truth (fixed backwards letters on left sleeve)
      • Virtue Yule Hat
    • 不可視のスライム:
      地形によってはスライムがほとんど見えなくなってしまう現象を修正しました。
    • ワンマンバンドの修正:
      ワンマンバンを利用した演奏に不具合が発生したのを修正しました。
    • スイミングの修正:
      陸から上がる際に、一瞬空中を泳いでいるように見えることがある問題を修正しました。
  • コンバット:
    • EXP獲得にソフトキャップを導入(オンラインモードのみ):
      平均1時間あたり100万EXPを超える量のEXPを取得した場合、100万EXPを超えた分の取得EXPにデバフがかかります。これはスキルUI画面のEXPプール表示部分に、デバフの詳細が表示されます。またこの規制により、前述のCPシーンの敵ウェーブ襲来の間隔の短縮化を再実装することができるようになりました。このEXP取得ソフトキャップは、オンラインモードのみで有効です。オフラインモードではEXPキャップはありません。
    • ドラゴンの挙動の改善:
      ドラゴンの挙動を改善し、いわゆる"ハメ"ができなくなっています。さらに体力を半分以上減らすまでは、主にドラゴンは直接近接攻撃を行い、体力が半分を切ると炎のブレス攻撃を開始するようになっています。
    • NPCへの詠唱妨害:
      プレイヤーの攻撃によってNPCキャスターの詠唱妨害が可能になっています。
    • メイジNPCのヒール使用頻度の改善:
      NPCメイジにヒールマジックのクールダウンタイムを設定し、ヒールの連続使用による長期戦化を抑制しました。
    • Chaotic Clone:
      この魔法によって生成されたクローンは敵NPCを惹き付けられるようになります。
    • フリートライアルのルール変更:
      フリートライアルのユーザーは、スキルレベルを50までしか挙げられないようになっています(以前はレベル制限無)過去のトライアルユーザーでレベル50以上にすでにスキルレベルを上げているユーザーは、レベルダウンはしないものの、それ以上レベルを上げられないようになっています。Our trial data analysis shows that starting the game is easier with a sword than with a bow so now all trial users are going to start on, and be limited to, the Courage Path which starts with swordsmanship. NOTES:これらの変更は次回のフリートライアル開始日である12月20日から導入されます。Current trial users on other paths will not be reset nor switched.
    • ビジュアルエフェクトのアニメーションの改善:マジックスペルののビジュアルエフェクトの改善を継続して行っています。今回、以下のスキルのエフェクトが改善されています。:
      • Air’s Embrace
      • Berserk
      • Berserker’s Stance
      • Dash
      • Enlightenment
      • Mind Lock
      • Mind Wipe
      • Purify
      • Spellbinder’S Stance
      • Strength of Earth
  • 弓を引くアニメーションとスキル:
    スキル(Multi-shot, Disabling Shot, Aimed Shot, etc.)使用時に弓のツルのアニメーションが正常に再生されるようになっています。
  • スタッフ武器によるブラッジョンスキルの使用:
    スタッフ武器を装備時に、ブラッジョンスキルを使ったときのアニメーションが正しく再生されるようになっています。
  • AFK状態からのオートログアウト機能の修正:
    無操作時間が続いたときには自動的にログアウト処理が行われますが、これが正常に行われていなかった問題を修正しました。
  • ネガティブエフェクトのツールチップ表示の修正:
    ネガティブエフェクトが赤色で表示されていなかった問題を修正しました。
  • Soothing Rainの修正:
    魔法の効果が終了したあともエフェクトが表示され続けていた問題を修正しました。
  • Spellbinders Stanceの修正:
    ステルス時にもビジュアルエフェクトが表示されていた問題を修正
  • Testudo Fix:
    Tetsudoスキル使用時にバフアイコンが重複表示されていた問題を修正
  • Evaporate Fix:
    デバフ効果の度合いは、ターゲットのレジストではなく、キャスターのスキルレベルによって決まるようになります。
  • Celestial Blessing Fix:
    フォーカスデバフが表示されていなかった問題を修正
  • Ring of Fire Fix:
    高低差がある場合、相手に魔法がヒットしない問題を修正
  • Fireflies Fix:
    R48では、本来はFirefly状態のターゲットに対してクリティカルヒットダメージが増大する効果があるのですが、なぜかFirefly状態の敵側の方の攻撃のクリティカルヒットダメージが上がるようになっていました。R49ではこのバグは修正されています。
  • Evasion Fix:
    バフ効果をdismissできるようになっています。
  • Death Shield VFX Fix:
    デスシールドのビジュアルエフェクト表示を修正しました。
  • クマの近接攻撃範囲の修正:
    こちらの近接攻撃の範囲外からでも、クマがこちらを攻撃できるバグを修正しました。
  • Death Shield & Celestial Blessing versus Stealth Fix:
    ステルス時にもこれらのスキルの効果のビジュアルエフェクトが表示されていた問題を修正
  • カバリスト・Ingignoが死亡後もテレポートするバグを修正:
    カバリスト・Indignoが死んだあとも、プレイヤーの周辺にテレポートし続けるバグを修正しました。
  • Shield of Ice Fix:
    Attunementバフの効果時間がAvoidanceとファイアレジスタンスバフと同じ時間継続するように。
  • Rapid Shot:
    スキルスタックによる発射数の増加が廃止。ダメージ増加効果は従来のままとなっています。また、このスキルがカバー不可能だった問題も修正され ています。この調整により、結果的にレンジドスキルが弱体化するため、今回のリリースでは全てのレンジドスキルはEXP100%還元の対象スキルとなって います。
  • Piercing Shot:
    シールドによるブロックとグランシングブロウが不可能になりました。
  • Armor Piercing:
    シールドによるブロックと、ダメージアボイダンスによる威力減衰を無視できるように。
  • オーディオ::以下のオーディオエフェクトを追加・改善しました。
    • Additional Isle of Storms SFX polish
    • Sequanna finale SFX
    • Finale Oracle movement SFX
    • Potion drinking SFX
    • Oracle Hacked Watcher Pet dance and other movement SFX
    • Oracle Fly SFX
    • Kobold Toilet SFX

以上ここまでが今回のリリースで盛り込まれた要素です。 ここから以下は今回のリリースに盛り込まれなかった要素になります。::

  • 動作パフォーマンスの改善::R49ではフレームレートの向上作業に着手することができました。全体的に10FPSほど、場所によっては倍近いフレームレートが出るようになっていますが、これは性能の高いビデオカード環境に限られた改善になっています。
  • ビジュアルクオリティ::Volumetric lightingをアップグレードしました。これにより、ビジュアルクオリティは大幅に向上するでしょう。我々は常にグラフィックレベルの向上に務めています。現行のRPGタイトルと遜色の無いレベルになるまでグラフィックを強化していく予定です。
  • プレッジリワード:出資特典について: いくつかの出資特典の実装は達成され、テクニカルサポートも開始されています。 しかし、まだ一部の出資特典はまだ実装・サポートがされていません。これらの問題は既知の問題のドキュメントで対応状況を確認することができます。
  • ストーリーの追加要素:メインストーリーはすべて実装されていますが、改善作業がまだ行われていません。また、サイドクエストで徳の値が上下する要素もまだ実装されていません。今後もこれらの要素の実装を進めていきます。これは、コマーシャルロンチ後も継続して行っていきます。

ロード・ブリティッシュからのお言葉:あゲーム全体の開発進捗状況は80%のところまできており、残りは20%の部分を残すのみです。この間にまたゲームの要素に大きな変更が行われる可能性もありますが、これは大きく飛躍するための変更として、どうか受け止めてください。我々はゲームの仕上げの段階に入っており、ゲームのフィーリングをよりよくするための作業がまだ残されています。ですから、現時点でフィーリングの印象がよくなくても、どうか焦らないでください。まさに今、その足りない何かを追加するための開発フェーズの真っただ中に我々はいるのですから!どうかご期待ください!

ここにインストラクションと既知の問題へのリンク掲載しておきます。ここで今一度、ユーザーの皆様の継続的なご支援に感謝を申し上げます!この今までにないゲームコミュニティとともにゲーム開発を進めていけることは我々の喜びであり、誇りであると思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿