アーリーアクセス・リリース38 要綱

R38 Instruction

https://www.shroudoftheavatar.com/?p=68011

17.1.28更新: 戦闘に関する公式の補足情報を追加。

日本時間127日0:30AMからリリース38が実施されます。

期間中には様々なプレイヤーイベントが開催される予定です。
イベントカレンダーが以下のファンサイトで公開されているので、興味のある方はチェックしてみてください。

http://avatarscircle.com/community-events
http://sotaevents.com

公式情報(英語)

Player Instruction

Known Issue

PatchNotes

日本語版(非公式)予定地

プレイヤーガイド非公式日本語版

既知の問題非公式日本語版

パッチノート非公式日本語版

-----------------------

変更点のハイライト

シーンとストーリー:
以下の新しいシーン(リビルド含む)を追加しました。 Brookside, Xenos, Vauban Pass, Solania, その他Perennial Coastの各シーン。また、このほかCanyon Siegeのシーンと、Blood BayからSpindrift BayにかけてのPvPシーンも追加されています。さらに、勇気のストーリーラインの改善項目として、Highvaleの街のクオリティアップを実施しました。同時に各シーンで発生していた多数のバグフィックスも並行して行われています。これらの改善されたシーンでストーリーをより楽しんでもらうために、NPCとの会話インターフェースの改善も行われています。

インタラクト要素の強化:
今回、カギと錠前の仕様が変更されています。さらに各シーンのトラップの設置作業も進行中です。現在、3種類のトラップのうち2種類がBrittany Sewers、残りの1種類はArdoris Sewersに接地されています。最後に、今回から新しく移動床がゲームに登場したことをおしらせします。R38では、Blood Bay上空のパトロールエアシップとして実装が行われています。

クラフトのスキルレベルスケーリングと新しいレシピ:
エンチャントやマスターワーキングによって装備品へ付加できるプロパティの内容は、スキルレベルが上昇するについて強力になるように変更されています。これはリスクvsリワードのバランスをとるとともに、クラフトスキルの専業化と、その恩恵をよりわかりやすいものにしています。また、新しいコンバットポーションを含む、20種類以上のクラフトレシピも実装されています。さらに今回、Bone ArmorとObsidian装備の性能を引き上げています。

レアルート:
高レベルの敵を倒したときに、確率でレアアイテムをドロップするようになります。、今回導入された新しいコンバットポーションやマジックアーティファクトなどを入手することができるようになるでしょう。ポーションには、ヘルスポーション・フォーカスポーションの強化版や、自動回復速度の上昇効果をもつものや、ステータスの値を引き上げるものなどがあります。マジックアーティファクトはクラフト不可能でユニークなアイテムです。マジックアーティファクトの中には、耐久度が下がったときに特殊な効果を発揮する(誤訳修正)ユニークなポジティブ効果とネガティブな効果を併せ持つ装備品アイテムなどもあります。

今回のテストのために、QAサーバーでのテストに協力してくれたDev+の出資者達にここで感謝を申し挙げます。リリーステスト本番前に大部分のバランス調整を行うことができたのも彼らの助力のおかげです。また、いくつもの有用なフィードバックをいただいたことに対しても感謝を申し挙げます。

今後もゲーム内容は今までと変わらずコンスタントに変化していくことになります。 これらゲームシステムの変化をプレイヤーの皆さんにここで告知するとともに、新しいコンテンツを皆さんに試してもらえる手助けとなれば幸いです。全てのゲームについての新しい情報は、この投稿とインストラクション・既知の問題のドキュメント内で説明されています。プレイヤーの皆さんからの質問に答えたり、あるいは既知のバグについての重複したリポートをさけるためにも、プレイヤーの皆さんはこれらの情報に目を通して頂く必要があります。

ユーザーの皆さんがこれらの情報のためにわずかに時間を割いてもらえるだけで、既知の問題に対する対応の時間を削減でき、未回答の新たな問題や致命的なナグに対処することに集中することが可能になります。我々はプレイヤーの皆さんにこの投稿に目を通してもらえることに感謝し、またこのことが今後のゲームに関するフィードバック作業に多大な恩恵をもたらすことを嬉しく思っています。

今後も我々はリリース毎に新しいコンテンツを提供していきますが、それ以外にもコミュニティユーザーの皆さんで企画したイベントに参加して楽しむこともできます。ぜひユーザーイベントのカレンダーもチェックしてみてください。(ゲーム内のアイテムにもプレイヤーイベントのスケジュールを紹介する本があります)。また、オフィシャルの最新イベントの開催情報もメインウェブサイトにて確認することができます。

R38で新しく導入されたコンテンツは以下の通りです。

記事中のフォントが表す意味について:

  • プレーンテキスト: 以前発表した実装予定項目と同じ内容のテキスト以前発表した実装項目には文字装飾が行われていません。
  • 打ち消し線: 今回のリリースでは実装することができなかったものの、将来的には実装予定となっている項目 です

RELEASE 38, January 26, 2017

  • ストーリー:
    愛のストーリーラインの最終調整が行われ、さらにArdorisのような地方色のスタイル(テーマはアジア)がPerennial Coast全ての街に導入されます。Booksideのシーンのユニーク化も行われます。さらに愛のストーリライン以外のスタートポイント、Blood RiverとHighvaleのクオリティアップも行われます。勇気のストーリーラインの全体的なクオリティアップを行います。Vauban Passのシーンは脱クローンシーン化され、これですべてのCPシーンがユニークシーンとなります。最後に、クオリティアップの施されたグレコローマン形式の美しい街並みをもつXenosの街が実装されるほか、PvPシーンであるBlood Bayも実装される予定です。
    • Perennial Coastの改善(建物と野外風景)
      R38ではPerennial Coast地方全てのシーンに、アジアがテーマの建物と植物などが導入されています。これはR37でArdorisに先行導入されていたものと同じものです。すべての出入り口のアーチの形を変更したほか、竹などのアジア的な植物等の配置や、建物などのディティールをより精細に調整しました。R38でまだ改善が行われていないシーンはCelestisを残すのみとなりました。Celestisは将来的にアップデートで非クローンシーン化することを予定しています。
    • Perennial Coastの改善(キャラクター):
      Perennial Coast内の全てのNPCはアジアがテーマのユニークな服装をするようになります。さらに、すべてのPerennial Coast内のガードは刀を装備するようになるでしょう。もちろんArdorisのガードにも適用されます。
    • Solania:
      SolaniaはPerennial Coastの北西に位置する小さな街です。Celestial Swamp湿地帯の高台の街で、また、Celestial Lakeの南岸に位置しています。ここは非常に危険な場所であるといえるでしょう。他のPerennial Coastのシーンと同じく、Solaniaにもアジアの装飾テーマが適用されています。具体的には、建物の青色の屋根や壁のテクスチャーの変更、植物その他のディテールにもアジアテーマが適用されています。これらの非クローンシーン化作業によって、街の建物の配置やプレイヤーハウスの土地の位置などが変更されることはありません。ユニークシーンへの以降の際に変更するのは、家屋のスタイルや地形、草木といった部分のビジュアルのみになります。
    • Brookside:
      BrooksideはDrachvald地方の北東部、Spiteの南に位置する街です。この街はSamaelの出身地であり、また、少し前にAnapaのアンデッド軍団に街を襲われたことがあります。このシーンはR38で正式に実装され、さらに愛のストーリーラインに関係する場所になります。Brooksideは今までPoT/PRTテンプレートを使ったクローンシーンとして実装されていました。R38ではリビルドにより新しい景観を備え、霧や墓場などのビジュアルの調整のほか、Samaelの農場にもユニークな要素が実装されています。これらの非クローンシーン化作業によって、街の建物の配置やプレイヤーハウスの土地の位置などが変更されることはありません。ユニークシーンへの以降の際に変更するのは、家屋のスタイルや地形、草木といった部分のビジュアルのみになります。
    • Highvale Polish:
      勇気のストーリーラインのスタート地点であるHighvaleにも改善が行われます。今までこのシーン内の未使用領域だった場所には、様々なレベルのモンスターが新たに配置されます。また、各種バグや経路探索エラーの解消を実施し、他の2つのスタートポイントと遜色のないクオリティに仕上がっています。また、チュートリアルシーンにはさらにクエストが追加されています。このクエストは中央の砦を訪れることで開始することができます。
    • 勇気のストーリーラインのクオリティアップ:
      勇気のストーリーラインには様々な変更が行われています。ResoluteやHighvaleのチュートリアルシーンでのNPCが正常に機能しないバグの解消のほか、ValholdのNPCが正常に開門作業を行ってくれるようになるなど、進行上の重大なバグを解消しました。
    • Vauban Pass:
      Vauban Passは各リージョン間の関所となっているCPシーンです。GrunvaldとDrachvaldに跨がるように位置しており、このシーンはAnapaのアンデッド軍団により占拠されています。Vauban PassはSanctus Spineのクローンシーンとして実装されていましたが、R38からはリビルドが行われ、ユニークなCPシーンとなっています。 これで現在実装されているCPシーンは、すべてユニークなシーンとなっています。
    • Xenos:
      Xenosの非クローンシーン化作業は完成間近まで進んでいます。しかし、そのクオリティがまだ十分でないと判断したため、現在詰めの改善作業を進めています。XenosはNovia南西にあるElysium島の中に位置している街で、真実のストーリーラインでの重要な場所となります。Xenosにはグレコローマン形式のテーマが採用されています。XenosではArtificeへ入るための抽選が行われたり、Artifice巡礼に訪れた巡礼者達のキャンプや、古の隊商宿、Boreasの神殿なども存在します。さらに街中には送水路が敷設され、ドックエリアやLagoon of Pleasures(幸福の湖)などが実装されるでしょう。
    • Blood Bay:
      Bloodbayはトロピカルな島に大災害によってシャードが降り注いだ場所です。これらのシャード破片の影響により、火山活動が活発化しています。溶岩の中には有毒な鉱物が含まれており、このせいで水が赤く変色していることから、Bloodbayの名前の由来となりました。オブシディアンシャードの力によりこのシーン内ではOracleの加護の効力は失われており、互いに自由にアタックを仕掛けることができるオープンPvPゾーンとなっています。また、島内の自然環境も不安定になっているほか、危険な勢力も島内へと進入してきています。島内には海賊や山賊、シーフなどが存在します。こうしたならず者へ抵抗するために、徳をもってして彼らに対峙している勢力もまた島内に存在します。これら2つのグループは、互いに火山を挟んだ高台の上にキャンプを張っています。徳を重んじているグループのキャンプはJudge's Watch、ならず者達のキャンプはScoundrel's Holdと呼ばれています。将来的に、アバタールの徳が高い状態であれば、Judge's Watchの人々と会話をすることが可能になります。しかし、徳が低い状態であれば、彼らはアバタールといかなる関わりも持とうとはしないでしょう。また、逆にScoundrel's Holdでは徳が低い状態でなければ彼らと関わることはできないでしょう。R38ではまだ徳のパラメーターによるNPCへの影響、という概念が実装されていないため、この街のNPCは他の街のNPCの挙動と同じになるでしょう。この2つの街(キャンプ)の外では、危険な獣や、足と取られる流砂、毒ガスが吹き出るフィールド、混乱状態に陥るフィールド、周囲の魔法の力を増幅するシャードや、その逆に魔法の力を弱めるシャードなど、さまざまな危険が点在しています。このマップはこれらの新しいシステムの試験場です。経過を見ながらこれらの仕掛けやコンセプトを他のシーンへ適用するための準備を行っています。Blood Bayではまだプレイヤーハウスの機能は有効になっていませんが、次の数リリースの間に実装が予定されています。
    • Canyon Siege:
      あらたなタウンシージシーンが実装されます。このシーンは橋と峡谷がテーマになっており、山岳エリアでのタウンシージ発生時に使用されるでしょう。
    • コントロールポイント・シーン
      CPシーンにいるメイジは、デーモンの魔法のような、位置転移のスペルを使用するようになります。また、CPシーンの最後のウェーブで、低確率ですがボスクラスのNPCモンスターが登場する可能性があります。このボスモンスターの種類はCPシーンの景観にマッチしたモンスターになります。これらのボスモンスターは以下のものが登場します。
      • Arachnairn Deathbringer:超強力な毒噛みつき攻撃を繰り出してくる大グモです。
      • LuRK:魔法に極めて習熟した、K'rulのスカウトコボルドです。
      • Skelrin Nayer:古代のリッチロードであり、彼はThe Riseに内の存在するリッチと近縁関係にあります。
      • Namron Hathcock:Ebon Dawn archerのエリートメンバーです。極めて強力な弓攻撃を放ってきます。
    • 非敵対エンカウンターシンボル:
      ワールドマップ上のエンカウンターシンボルに、アバタールに敵対しないものが登場します。これらのシンボルには、シカや、羊などの家畜動物、旅商人といったものがあります。
    • Aerie Lighthouse:
      このランドマークは前回まで中身がからっぽでしたが、今回から装飾を施したものになっています。
    • Deep Ravenswood:
      シーン内にPoint of Interestを追加。これらの周辺にスポーンするクリーチャーは、これらの新しいPoIに沿ったテーマのクリーチャーがスポーンするようになっています。また、1スポーン単位のバラエティ(※敵の兵種などの組み合わせと思われる)を増やしています。さらにボスクラスのスパイダーのクリーチャーを追加しています。気をつけてください!
    • Brittany Castle:
      城と他の建物の並び方に直線的な統一性を導入。メインゲートの直線上に城のベルタワーのエントランスがくるように変更が行われています。さらに、一階の階段と正面のドアが直線上に位置するように位置調整をおこなっています。2階の玉座の間の玉座と階段の位置も変更されています。
    • 空の描写のバグ修正:
      空に黒い四角い空間が出現したり、特定の時間帯で星のチラツキが発生する、といった空の描写に関するバグを修正しました。また、今回から星のグラフィックの解像度を引き上げました。
    • シーン内のバグフィックス:
      以下のゲーム内のシーンの修正が行われています。 スタックポイント、浮いているオブジェクト、欠けているオブジェクト、効果音の適切な再生や、NPCの経路、街の表示ラベル、アクセスできない鉱石ノード、当たり判定が正しく設定されていない箇所、蘇生アンクの誤った場所に設置や、設置自体が行われていない箇所の修正、地面をすり抜けて落下してしまう箇所の修正などが行われています。
      • Ardoris
      • Battle of Highvale
      • Battle of Highvale (return)
      • Brittany Alleys
      • Brittany Wharfs
      • Central Brittany
      • Crag Foothills
      • Desolate Hills
      • Grasslands 01 POT Template
      • East Perennial Trail
      • East Vauban Foothills
      • Eastreach Gap
      • Elysian Plains
      • Elysium Mines
      • Estgard
      • Etceter
      • Etceter Crag Mines
      • Forest Siege
      • Graff Island
      • Harvest
      • Holtrot
      • Nightshade Pass
      • North Fetid Swamp
      • North Brightbone Woods
      • North Naryad Pinelands
      • Northern Grunvald Barrens
      • Owl’s Head
      • Owl’s Nest
      • Paladis Shardfall
      • Plains Roads Encounter
      • Resolute
      • Resolute Sewers
      • Restless Woods
      • Ruined Keep
      • Sequanna Colossus
      • Serpent’s Spine Foothills
      • Shuttered Eye
      • Solace Bridge
      • Soltown
      • Soltown Catacombs
      • South Fetid Swamp
      • Southern Grunvald Barrens
      • Spectral Mines
      • Spectral Peaks
      • Spite
      • Superstition Canyon
      • The Epitaph
      • Twins Foothills
      • Underground 01 POT Template
      • Valhold
      • Vauban Pass
      • Vertas Pass
      • West Perennial Trail
    • Graff Islandの土地の追加の延期:
      Brookside内のMuriel's graveのサイドストーリーの制作を優先したため、今回このコンテンツの実装を延期することにしました。残りの土地の追加は、Q2での実装を予定しています。
    • Blood Riverの仕上げ作業の延期:
      勇気のストーリーラインの制作をメインに据えているため、真実のストーリーラインのコンテンツであるBlood Riverより、Highvaleのクオリティアップを優先しました。
  • ワナと錠前:
    ダンジョンの罠のコンテンツがさらに拡張されます。さらに扉の錠前やロックは、従来よりもより簡単に開発者ツールによって設置できるようになりました。
    • トラップとパズル:
      新しいトラップとパズルシステムを今回導入しています。R38では踏み石、火炎放射、弓罠、アップデートされた床トゲの罠が実装されます。これらのトラップは数リリースをかけて他のシーンにも導入されます。R38では弓罠とフレイムジェットのトラップがBrittany Sewesに実装されています。
    • カギと錠前:
      NoviaやHidden Valeを冒険する中で様々なカギを入手することになりますが、多くのカギは使用時に確率で壊れてしまうようになります。開錠ごとに高頻度で壊れるタイプのカギ(地下シーン間を結ぶ錠前や大陸各所にあるケージの錠前など)と、開錠ごとにまあまあの頻度(about half the time)で壊れてしまうカギ(Kiln Cistern Alchemist’s Workshopの錠前など)があります。また、クエストに関係するカギなどは使用によって壊れることはありません。開錠によってカギが壊れてしまった場合、メッセージウインドウに以下のようなメッセージが表示されます。 "Your key (<name of key>) broke during use." また、1つの錠前に対し有効なカギを2つ以上持っている場合、壊れる確率が低いものから優先的に使用されます。
    • 移動床:
      R38からエレベーターやミニカートのような、移動床のシステムが実装されます。最初の実装例としてBlood Bayのエアシップパトロールが導入されます。今後も将来的に、さまざまな移動床プラットフォームが実装されていくでしょう。
  • NPC会話インターフェースの刷新:
    NPCとの会話システムを利便性・没入感の両方をより感じてもらえるように調整を行います。
    • NPC会話インターフェースの刷新:
      NPCとの会話インターフェースを新しいものに変更しました。この変更により、没入間と利便性が向上しています。会話中は没入感を優先するためすべてのUIが一時的に非表示になります。おまた、会話ウインドウの位置を中央に据え、NPCとテキストウインドウ間の視線移動の距離を最低限に抑えました。さらにウインドウの枠線なども最小限の表示にとどめています。ウインドウの下部には新しくキーワードツールバーを実装し、キーワードを尋ねる手間を短縮。ツールバーには各NPCとの会話によって引き出した有効なキーワード(クエスト進行のものも含む)が全て表示されます。キーワードツールバーにより、会話を遡って有効なワードを探し出す手間が省けるでしょう。また、オールドスタイルのテキスト手打ち入力による会話インターフェースも引き続き有効です。様々なキーワードを考えて打ち込むことによって、相手から隠れた有効なキーワードを引き出すこともできるでしょう。
    • カメラとキャラクターの位置:
      NPCとの会話モードに入ったとき、アバタールの立っている位置によってカメラを据える場所が変化するようになっています。しかし、現在この機能はオラクルのような、立ち位置が絶対に変わらないNPCにしか導入されていません。しかし将来的に、NPCとの会話時には不自然な位置にカメラが設置されないようになるでしょう。
  • チャットウインドウ:
    チャットタブの位置は、チャットウインドウから切り離して自由に移動できるようになります。
    • 新チャットウインドウのセパレート機能の延期:
      新しいNPC会話インターフェースに注力したため、今回この機能の実装を延期することにしました。
  • クラフト:
    エンチャントとマスターワーキングのレベルは、よりアイテムクリエーションにおいて重大な意味を持つようになるでしょう。これらのスキルが高くなればなるほど、より強力な効果をアイテムに付与することができるようになり、また選択できる効果の数も増えていきます。さらにグランドマスターレベルともなれば、最大耐久度をアップさせることができるようになります。さらに、ある効果をアイテムに付与する時には、その効果の度合いに応じて、一定のエンチャント・マスターワーキングのレベルが要求されるようになります。我々は今後もエンチャント・マスターワーキングにおいて付与できる効果の種類を、よりたくさん追加したいと考えています。
    • マスターワーキング・エンチャントにおける、スキルレベルと強化内容の連動:
      スキルレベルが高くなるほど、より強力なプロパティを付加することができるようになります。
    • 強化回数に比例した付加プロパティ性能:
      強化回数が多くなるほどより付加できるプロパティ内容が強力なものになります。(リスク&リワードのバランスを適用。以前は回数を重ねれば重ねるほど壊れる確率は上昇するのに、付加できるプロパティの内容は強化されなかったため)よって、例えば初回に付加されるプロパティ内容は、6回目に付加されるプロパティ内容に比べて弱いものになっています。
    • 装備品のエンチャントについて:
      エンチャントスキルに武器とアーマーの、2つの専門スキルが追加されました。より高いレベルのエンチャントを行うには、これらのスキルのレベルアップが必要になるでしょう。この変更により、クラフトの専業化とその恩恵をより推進するものとなるでしょう。
    • GMマスターワーキングによる最大耐久力の回復:
      マスターワーキングがGMになると、プロパティ付加の代わりに最大耐久力の回復を選択することができるようになります。
    • GMエンチャントによる耐久度減少速度の低下:
      GMエンチャンターは装備品に耐久度の減少速度を低下させるエンチャントを行うことができるようになります。
    • エンチャントによるAttunementとレジスト強化:
      エンチャントにより、ジェムはめ込みと同程度の効果のエンチャントを行うことができるようになっています。
    • 戦闘中の食べ物バフ効果:
      食べ物のバフ効果は非戦闘中だけでなく、戦闘状態でも恩恵を受けられるようになりました。
    • バケツヘルムの修正:
      マスターワーキングとエンチャントが可能になっています。
    • Ornate Aeronaut Helmet:
      Ornate Aviator CapとGogglesの名前を修正。
    • Bone Armor:
      ボーンアーマーの性能は従来より飛躍的に引き上げられます。ボーンアーマーはライトアーマーに分類されていますが、その防御力はプレートアーマー並で、さらにFizzleの確率も低く抑えられています。R38ではDamage Avoidance、Damage Resistance、耐久力、の値をさらに引き上げています。
    • Obsidian Armor and Weapons:
      オブシディアン装備の効果も今回大幅に引き上げられています。オブシディアン武器・防具の最大耐久度は従来より引き上げられ、ほかの武器防具と同程度になりました。またアイテム重量も軽減されています。防具はFizzleチャンスが大幅に引き下げられており、Damage Resistanceは引き上げられました。また、アーマーのダメージ反射効果や武器の高クリティカルヒットのボーナスはそのまま据え置かれます。
    • ハウスクラフト:
      窓やガラスのあるハウスは、クラフトレシピにglassを追加。
    • トーチの寿命:
      トーチに火をつけている間は寿命が減少し、最後には消えてなくなってしまいます。また、トーチのレシピも新しいものになっています。
    • 20種類以上の新しいレシピ:
      ポーションの効果については戦闘のセクションを参照してください。
      • Torch
      • Welcome Torch
      • Perennial Coast Farmer Outfit (including hat)
      • Perennial Coast Peasant Outfit
      • Circlet
      • Fancy Circlet
      • Shogun 1 Room Bungalow
      • Shogun Wall Dividers
      • Lesser Healing Potion
      • Greater Healing Potion
      • Maximum Healing Potion
      • Lesser Focus Potion
      • Greater Focus Potion
      • Maximum Focus Potion
      • Restoration Potion
      • Potion of Acumen
      • Potion of Deftness
      • Potion of Might
      • Health Regeneration Potion
      • Focus Regeneration Potion
      • Essence of the Wolf Potion
      • Potion of Cat’s Grace
      • Potion of Elemental Resistance
      • Potion of Magic Resistance
    • 商人の最適化:
      ゲーム内の商人は、同業種であってもそれぞれの街によってそれぞれ違う内容のインベントリを持つようになります。また、商人の設置がされていなかった場所に商人を追加したり、機能していない商人の修正なども今回行われています。具体的な変更内容は以下の通り:
      • 全般:
        • Weapon/Combat/Armor 商人:
          多くの鍛冶屋NPCが削除されたため、これらの商人は鍛冶に関するレシピを販売するように。
        • 売店スタンドのファーマー商人:
          ファーマーのスタンドでは、地域に応じた生の食べ物素材や、その種子などを販売するようになています。たとえば、リンゴを販売している商人は、リンゴの種子も販売するようになっています。各商人が販売する品目数は、15-17程度となっています。
      • 各町ごとの変更点:
        • Aerie: Textileの売店スタンドのインベントリ内容を修正。また、アルケミー商人とマジックショップ商人のインベントリ内容を店の看板に準じたものに変更。
        • Ardoris: 武器・防具店に鍛冶屋NPCを追加。銀行にデコレーション商人を追加、機能していなかったDeed商人を修正。
        • Bramble: スパイス商人(実際は一般クッキング用品を売っていた)商人を削除。大工商人を鍛冶商人に置き換え。アルケミー商人を売店スタンドの秘薬売り商人に置き換え。
        • Broochash, Celestis, Eastmarch, Graff Island, Noreach, Point West, Storms Reach : 鍛冶商人をコンバットショップ商人に置き換え。また、アルケミー商人をマジックショップ商人に置き換え。いずれもショップの看板内容と同じ商人NPCを設置するための措置。
        • Etceter: ウェイトレスにウェイトレス用の販売インベントリを追加。アルケミ商人をマジックショップ商人に置き換え。
        • Fortus End: コンバットショップ商人を追加。アルケミー商人をマジックショップ商人に置き換え。
        • Goti: アルケミー商人を売店スタンドの秘薬売り商人に置き換え。
        • Harvestの街:アルケミー商人をマジックショップ商人に置き換え。
        • Jaanaford: スパイス商人(実際は一般クッキング用品を売っていた)商人を削除。アルケミー商人を売店スタンドの秘薬売り商人に置き換え。
        • Mud: フィッシングショップの商人のインベントリを修正。一般レシピ商人を削除。鍛冶商人をコンバットショップ商人に置き換え。アルケミー商人をマジックショップ商人に置き換え。
        • Northwood: コンバットショップ商人を追加。アルケミー商人をマジックショップ商人に置き換え。
        • Owlshead: パン屋の売店スタンドのインベントリを修正。
        • Port Graff: アルケミー商人をアルケミーショップ内に接地。至近距離にいた一般クッキング商人2人のうち1人を削除。3人いた鍛冶商人のうち2人を削除。
        • Resolute: コンバットショップ商人のインベントリ内容を修正。パン屋の売店スタンドのインベントリを修正。アルケミー商人をマジックショップ商人に置き換え。
        • Solania: コンバットショップ商人のインベントリを修正。売店スタンドの肉屋・ファーマーのインベントリを修正。アルケミー商人をマジックショップ商人に置き換え。
        • Spite: コンバットショップ商人のインベントリ内容を修正。売店スタンドの肉屋・ファーマーのインベントリを修正パン屋の売店スタンドのインベントリを修正。アルケミー商人をマジックショップ商人に置き換え。
        • Valhold: 肉屋の商人を削除。
        • Vertas: 売店スタンドのファーマーのインベントリを修正。パン屋の売店スタンドのインベントリを修正。NPCのRespentaをアーマー商人に。 
        • West End: 一般レシピ商人を削除。アルケミー商人をマジックショップ商人に置き換え。
        • Yew: スパイス商人(実際は一般クッキング用品を売っていた)商人を削除。アルケミー商人を売店スタンドの秘薬売り商人に置き換え。
    • スキルGMボーナス:
      今回のリリースではスキルがGMレベルに達したときに様々な追加特典を実装する予定でしたが、実装を見送りました。近い将来の実装を予定しています。
  • キャラクター:
    サマーテレソン特典の機械仕掛けのドラゴンとベヒーモスが実装されます。ArdorisとPerennial Coastの街の住民は、アジアをテーマとした服装をするようになり、Perennial地方のガードはArdorisの街のガードと同じ鎧を着るようになるでしょう。テレソン特典アイテムには、 Clockwork Armor, Ice Wings, and Ice Bagpipesも含まれています。また、コボルドの支配地域でステルス機能を備えた機械仕掛けの獣が野に放たれたという噂が流れているようです。
    • アバタールの新しい動作アニメーション:
      新しいアニメーション素材を購入し、既存のアニメーションの改善を行いました。歩き・走り・スプリントのアニメーションを、男性・女性アバタールに実装しています。より生き生きとしたアニメーションになっています。
    • 新しいクリーチャー:
      • 機械仕掛けのドラゴン:
        K'rul (Kobold Research Underground Lab)の科学者が巨大な機械仕掛けのクリーチャーを野に放ったとの情報が流れています。 この実験は果たして成功するのでしょうか。このクリーチャーはBlood Bayで見つけることができるとウワサされています。
      • Shock Monkey:
        Shok MonkeysはまたしてもK'rulが開発した機械仕掛けのクリーチャーです。この機械仕掛けのサルは手回しオルガンのそれと同じように見えますが、鋭い爪と歯による攻撃と、さらに電撃によるショック攻撃を繰り出してきます。また、ステルス機能も搭載しており、視界から姿を消すことも可能です。これらのクリーチャーはSkrekk, Blood Bau, Sanctus Spine, ほかNoviaのいくつかの地域で見つかえることができると噂されています。
      • Wild Grey Squirrel:灰リスが登場します。Noviaの街やアドベンチャーシーンで見かけることができるでしょう。
    • 新しいペット(有料アドオンの情報の訳は割愛させていただきます):
      • Baby Copper Clockwork Dragon Pet (Telethon):
        小さな銅製の機械仕掛けのドラゴンです。夏のTelethon Part 2の$5購入特典となっています。
      • Baby Silver and Baby Blackened Metal Clockwork Dragon Pets:
        The monstrosity that incinerated all that you knew and loved wasn’t copper colored?You wanted something in Silver or Blackened Metal to better remember them by?Well, we have what you need with these two color variations of the telethon version that can be purchased from the Add-On Store.
      • White & Black Squirrels:
        Squirrels are nature’s way of reminding you that you didn’t really prepare well for the winter and you are surely going to perish; but don’t think about that! Instead think about how darned cute these little tree rodents are! These color variants can be purchased from the Add-On Store.
      • オシドリ:
        ダックといえばUltimaシリーズのジョーク要素として欠かせないものの1つです。SotAにもダックが登場します。オシドリ(Mandarin Duck)がショーグンバンドルの中のコンテンツとして実装される予定です。他のダックも将来的に実装される予定です。
      • Pallas Cat(マヌルネコ):
        アジア原産のネコが新たに実装されます。モフモフ(fluffy)です。
      • シバイヌ:
        アジアテーマの一環として、シバイヌが実装されます。
    • 新しいエモート:
      • /readpaper, /writepaper, /readbook, and /writebook:
        これらのエモートはスタンダードエモートとして、初期から誰も使えるようになっています。将来的には、キャラクターが本を読んだり書いたりしているときに、自動的にエモートが再生されるようになります。
    • NPCやPCの新しい服飾品:
      • Perennial Coast Farmer Outfit:
        Perennial Coast地方の農民服です。南部の暑い気候に適したデザインになっています。このアイテムはインゲームでクラフトが可能です。
      • Perennial Coast Peasant:
        Perennial Coastの労働者や一般市民が着ている服です。このアイテムはインゲームでクラフトが可能です。
      • Ornate Kimono:
        シルクの布地に幾何学的な模様が施された着物です。ArdorisやPerennial Coast内の貴族階級が好んで着用しています。このキモノはアドオンストアでショーグンバンドルにバンドルされているほか、単品購入も可能です。
      • Ornate Floral Kimono:
        美しい花柄が施されたキモノです。ArdorisやPerennial Coast内の貴族階級が好んで着用しています。 このキモノはアドオンストアでショーグンバンドルにバンドルされているほか、単品購入も可能です。
      • Katana:
        Perennial Coastのガードが装備している曲刀です。賊の一部にもこの装備をもっている者がいるようです。
      • Ornate Katana:
        ツカにドラゴンの頭の飾りが施されたカタナです。ショーグンバンドルの購入により入手可能です。
      • Copper Clockwork Armor (Telethon):
        コボルドの細工師が作り出した機械仕掛けが施されたプレートアーマーです。ギアによる荷重移動バランス機能が搭載されており、着用した者の移動をアシストしてくれます。しかし、ギア自体の重量のせいで、移動アシスト機能の恩恵が丁度相殺されてしまっているのはご愛敬。
        また、この鎧の見た目が気に入っているアウトランダーも少なくないようで、その実用度はともかく、それらのファンのためにこの鎧は今も作られているようです。ヘルメットにはラジオ機能が内蔵されており、いつでもお気に入りのチューンを聞くことが可能です。
        これは夏のテレソンPart 2の$5購入特典となっています。
      • Silver, Black, Steel Clockwork Armor Variants:
        上記の色違い。有料アドオンとなります。ヘルメットにはラジオ機能が内蔵されており、いつでもお気に入りのチューンを聞くことが可能です。
      • Frozen Bagpipes (Telethon):
        冬のテレソン5$購入特典。氷のバグパイプです。This time, they upgraded them to shoot snow!
      • Round Wide Brimmed Hat:
        ペスト医師マスクのマスク無しバージョン。
        #UOのWide-Brimmed Hat(デルシアの羊飼いが被ってたアレ)とは違うものでしょうか。
      • Bug Sprayer (Testing Incentive Program):
        "バグスプレー"は装備可能で、装備した状態で/bugsprayを行うと、緑色の霧を噴射することができます。
      • Ornate Circlet:
        This elaborately carved circle of metal will be sure to make anyone look regal and is available in the Add On Store.
      • Fancy Circlet and Circlet:
        These regal bands of metal worn on the head can be crafted in-game.
      • Iron Maiden’s Chemo Relief Fund Cloak:
        In support of the Go Fund Me campaign for community member Iron Maiden’s chemotherapy, we created this customized Clasped Gauntlets cloak in Blue, Purple, and Silver for everyone who contributes $25 or more to the fund.
      • Portalarium Holiday Party January 2017 Cloak:
        In support of the community funded 2017 Portalarium Holiday Party, we created this customized Clasped Gauntlets cloak in Green and Red for everyone who donated to the party.
    • バグ修正:
      • 座りアニメーション時のバウンド動作を修正:
        座り動作中にまるで跳ねているかのように見えていた現象を修正しました。
      • テレポートエフェクト:
        ルナリフト使用直後だけでなく、シーン移行時にもテレポートエフェクトが描画されていたバグを修正。
      • アバタールが二つ折りになってしまうバグの修正:
        坂などを移動中に、ありえない方向に体が曲がりまくってしまうあのバグが修正されました。
      • Fortified Cloth Boots Bug:
        セカンダリカラーを着色できないバグを修正。
      • Portable Aether Vibration Amplifier Light Bug:
        ヘッドフォン再生時のライト機能を修正。
      • Fancy Merchant Boots:
        ブーツシャフトがパンツのスソと合体して、見た目がシューズのようにしか見えなかったバグを修正。現在、この問題は修正されています。
      • Elven Mage Robes:
        染色が正しく反映されないバグを修正。
      • Elder Elven Archer Gloves:
        ライトアーマー属性に変更。
      • Epic Cloth Chest:
        ストラップのポーチを削除。クロークやウイングと干渉してしまうため。また、女性キャラクターへのフィッティングも調整。
      • Epic Cloth Gloves:
        染色が正しく機能するように。
      • Flechier Tapestry Outfit:
        染色が正しく反映されないバグを修正。
      • Obsidian Cloak:
        様々なアーマーとのフィッティング機能を修正。宙に浮いているように見えなくなります。
    • Dye Remover:
      色抜き剤をアドオンストアで販売開始。染色した装備品をデフォルトカラーに戻すことができます。
    • 下着についての変更:
      従来はデフォルト下着のレイヤーの上に特定の下着装備(firedancer outfit, bodice, etc)を重ね着するようになっていましたが、今回からこれらの装備品着用時には直接デフォルト下着レイヤーとリプレースする形でこれらの装備品が装着されるようになっています。この変更によりグラフィック上の密着感が増しています。
    • 新しい非戦闘NPCの挙動:
      • Emotes/Dance:
        ペットにエモートを実行させることができるようになりました。最初の実装例として、Clockwork Monkeyにダンスをさせることができるようになっています。モンキーを右クリックし、"Dance"をペットコマンドの中から選択してください。将来的にほかのペットやコンパニオンキャラクターにエモートを実行させることができるように」なるでしょう。また、この技術の応用により、通常のNPCのエモート再生トリガーとしても、NPCの挙動バリエーションが広がるでしょう。
      • Jabbering Bertha Conversation:
        この装備品はついに喋るようになります。アドオンストア限定販売のこのアイテムは、Underworld Ascendantとのクロスプロモーションアイテムとなっています。
  • PoTとハウジング:
    Perennial Coastの建築様式(ショーグンハウス)と水上のハウスモデルのさらなる実装を行っていきます。また、水面におけるデコレーションアイテムも実装予定です。さらに、PoTツールセットにも拡張を行い、草木の除去ツールや、土地境界線の表示ツールなどの実装を予定しています。また、PoTをダイナミックタウンに変更し、提出フォームをロックしたPoTは変更が反映されるでしょう。
    • 内装の光源数の制限:
      内装光源のリミットは、土地のサイズのみで決まるようになっています。フロア数はリミットに関係しません。
    • リモートバンクアクセスデバイス:
      K'rulの発明品はClockwork Dragonなどの危険なものばかりではありません。アドオンストアではローカルバンクと自宅間でアイテムの転送を行うことのできるデバイスを販売しています。また、このデバイスはデコレーションアイテムとして設置可能で、権限をもったキャラクターであればだれでも使うことができます。アクセス権限の設定方法は、ほかのアイテムと同様です。
    • バックパックとバッグがデコレーションアイテムとしても利用可能に:
      BackpackとBagが土地内にデコレーションアイテム兼コンテナとして設置可能になりました。
    • コンテナ容量の制限について:
      コンテナには中に納めることのできるアイテム数に制限が課されています。家具類(Chests, Wardrobes, Sarcophagi, etc.) は300アイテムまで。バッグ類 (Backpacks, Bags, Gift Boxes, Stockings)は150アイテムまでとなっています。NOTE: スタックアイテムはスタック数に関係無く1アイテム扱いとなります。コンテナが容量オーバーとなってもアイテムが消失したりする心配はありません。コンテナ容量が一杯になった場合は、入れようとしたアイテムがインベントリ押し戻されるようになります。このコンテナ容量制限を実施した理由に、無尽蔵にアイテムを入れたコンテナが大きなパフォーマンス低下をもたらすことが挙げられます。これはシーン内で誰かが開けたコンテナは、シーン内データとして全員がコンテナ内容を読み込む必要が発生するからです。
    • コンテナ内コンテナについて:
      インベントリ内では、コンテナ内にコンテナをいれることができないようになります。(=第一階層に全てのコンテナアイテムが並ぶことになります)また、既存のコンテナ内コンテナのアイテムは第一階層にあるものとして扱われることになります。もしコンテナ内コンテナが自分のインベントリかバンクボックスにある場合、それぞれのUIからアクセスすることが可能です。また、敷地内のチェストの中にある空のバッグは、最寄りのローカルバンクボックスへと転送されます。この変更により、開発側としては、インベントリへのアクセス速度の改善やコンテナ内のアイテムの扱いのルールをシンプル化することができました。
    • インベントリの管理:
      インベントリ管理の利便性をアップさせるためにいくつかの改善を実施しました。まずひとつめとして、アイテムを複数選択したときに、選択されたアイテムの合計数が表示されるようになっています。ふたつめは、複数のアイテムのドラッグ&ドロップ作業を行ったときに、ドラッグ中のアイテム数の数字がマウスカーソルの脇に表示されるようになっています。
    • バンク内のコンテナについて:
      バンクボックスにあるコンテナは、インベントリに移さなくても直接オープンすることができるようになりました。バンク内コンテナの中身は、そのコンテナを手動でオープンするまで読み込みが行われないようになっています
    • デコレーションアイテムとしての本と手紙:
      全ての本や手紙類は、クエストに関連するかどうかにかかわらず、デコレーションとして設置したり、設置したまま読むことが可能になりました。
    • 税金とCaliming:
      土地をClaimしたときに即日(初日の分の)税金が課させるようになりました。税金の支払い自体は即時行う必要はありませんが、負債が蓄積する前に支払いの目途をつけるようにしましょう。この処置は、1日経過するまえにClaimとUnclaimを繰り返して税金の支払いを逃れる行為に対抗するために行われています。
    • バンクボックスの重量制限の撤廃:
      バンクボックスの重量制限が撤廃されました。バンクボックスには重量無制限にアイテムを預けることができます。これにより、バンクボックスのアイテム保管制限はアイテム数のみの勘定となります。(スタックアイテムはスタック数に関係無く1アイテム換算となります)
    • 水上の土地用のハウスモデル(船)(詳細略):
      • 水上のデコレーションレイヤー(有料アドオンの説明は略):
        水上設置可能なデコレーションレイヤーフラグを導入しました。まだ水上に設置可能なアイテムはインゲームに実装されていませんが、R39でゴンドラやボートなどの水上デコレーションアイテムの実装が予定されています。
      • 水上の土地用のハウスモデル(船)詳細略:Yarr!Strike fear into those land lubbers with this fearsome galleon that has two stories of cabins on the rear deck, an additional cabin on the foredeck, and two levels below decks. She sports three jolly rogers from her three masts!You can purchase this fine vessel in the Add-On Store.
      • Dry Docked Pirate Galleon City Home: This is a dry docked version of the Pirate Galleon that can be placed on a regular land lot. No water lot required! You can purchase this fine vessel in the Add On Store.
      • Water Home Crown Merchant: This merchant sells all the Water Homes and Water themed items for Gold Crowns and can be found in the Brittany Wharves. When the water decorations become available they will also be found on this merchant.
    • Shogun Homes and Decorations(詳細略):
      • Shogun Row Houses: These variations of the Blue Tile Roof row houses use similar materials to the other homes in the Shogun line of homes and can be found in the Shogun Bundles and on the Shogun Crown Merchant.
      • Shogun 3-Story Town Home: This towering home offers the signature features of the Shogun line of homes, including carved wooden window frames, paper walls, and blue-tiled roof, and can be found in the Shogun Bundles and on the Shogun Crown Merchant.
      • Shogun 5-Story City Home: The largest of our Shogun line of homes offers the signature features of the Shogun line, including carved wooden window frames, paper walls, and blue-tiled roof, and can be found in the Shogun Bundles and on the Shogun Crown Merchant.
      • Shogun 1 Room Bungalow: This cute little one room home leaves plenty of room on a village lot for a garden and features the signature features of the Shogun line of homes, including carved wooden window frames, paper walls, and blue-tiled roof. This home can be crafted in-game.
      • Tansu Chest: A distinctive shogun themed container that can be found in the Shogun Bundles.
      • Ornate Tansu Chest: An ornate version of the distinctive shogun themed container that can be found in the Shogun Bundles.
      • Bamboo Trees: These come in the same size assortments as our other trees in 1, 2, 3, and 4 stories as well as a potted version. These can all be purchased in the Add On Store and on the Shogun Crown Merchant.
      • Foo Dog Statue: This decorative statue of a Foo Dog can be placed in or around your home or in your garden and can be found in the Shogun Bundles and on the Shogun Crown Merchant.
      • Large and Giant Foo Dog Statues: These larger versions of the Foo Dog statue can be placed in or around your home or in your garden and can be purchased in the Add On Store and on the Shogun Crown Merchant.
      • Shogun Room Dividers: These simple wood and paper room dividers are perfect for breaking up the open plan of the Shogun homes and can be crafted in-game.
      • Ornate Shogun Room Dividers: These ornate wood and paper room dividers are perfect for breaking up the open plan of the Shogun homes and can be purchased in the Add On Store and on the Shogun Crown Merchant.
      • Shogun Crown Merchant: Located in Ardoris, this merchant sells many of the items from the Shogun Bundles for Gold Crowns.
    • 2017 Valentine Items:
      • 2017 Valentine Gift Boxes: Continuing in our line of gift boxes, these are themed for Valentine’s Day with hearts and bright pink colors. You can purchase these in the Add On Store.
      • 2017Valentine Card:
        ハート型の書き込み可能なアイテムです。These are newly shaped for 2017 and can be purchased in the Add On Store.
    • Other Misc Items:
      • 5-Story Stone Row Home Basement: Until now, there was only one style of basement available to Row Home owners… but now they have a choice with the new Stone style. You can purchase this new basement style in the Add On Store.
      • Ornate Iron and Glass Wall Light: A new wall light made of iron and glass. You can purchase these in the Add On Store.
      • Diagonal Muntin Wall Light: This wall light features diagonal muntins for a unique look. You can purchase these in the Add On Store.
      • Chained Obsidian Shard: This unique item can only be placed in an Open PvP area (PVP POT, player lot in a PVP PRT, or PVP Basement). You can purchase these in the Add On Store.
    • バグ修正:
      • 植物の成長速度に関するバグの修正:
        屋内に置いたプランターを屋外に移したときに、成長速度の変化が適応されていなかったバグを修正しました。また、軒先部分にあるプランターに正しい成長速度が適用されていなかったのを修正しています。
      • Stablesのデコアイテムの修正:
        Mounts Stretch GoalのデコアイテムのStablesにはバグがあり、樹木の自動削除機能などが正しく機能していません。このアイテムの修正を適用するためには、一度設置したStablesを再設置する必要があります。また、Stablesの中にあるアイテムには影響はありません。一度、Stables内のデコレーションアイテムをすべて撤去したあと、Stables自体を再設置してこの修正を適用するようにしてください。また、お伝えするの忘れていましたが、前回のリリースでは、機能しないドアや、光源アイテムへのインタラクト、光源アイテムのグラフィック調整などを行ったことをここで報告させていただきます。
    • R37の土地DEED抽選について:
      今回の抽選は1月26日に行われ、そのすぐ後に当選者が発表されます。また、当選者へのDEEDはR38で配布されます。
      • Place Anywhere Deeds (10):
        • Row: 5
        • Village: 3
        • Town: 1
        • City: 1
      • Player Owned Town Deeds (75):
        • Row:
        • Village: 20
        • Town: 10
        • City: 5
    • R38の土地DEED抽選について:
      今回で6回目の抽選となります。今回のクジの当選数は現在の土地需要の状況に合わせて引き下げられています。例によって、抽選チケット(Raffle tickets)はインゲームでゴールドにより購入することが可能です。R37と同様に一人のプレイヤーにつき、各DEEDにつき1枚ずつしか当選のチャンスはありません(=最大でもAnywhere DEEDとPoT DEEDが1枚ずつ)抽選と当選者発表はR39で行われます。
      • Place Anywhere Deeds (10):
        • Row: 5
        • Village: 3
        • Town: 1
        • City: 1
      • Player Owned Town Deeds (40):
        • Row: 20
        • Village: 12
        • Town: 6
        • City: 2
    • ダイナミックPoTツールの延期:
      引越しツールやハウスレンタルの機能の開発に注力したため、PoTツールの実装は延期されました。
    • 新しく追加・アップデートされたダイナミックPoTは以下の通り:
      • Ahnen Hain: Upgraded to Village.
      • Baubbleshire: Upgraded to Village.
      • Bay Lunaire: Upgraded to Town.
      • Bladewyke: Changed location. Interconnections (added Etceter, removed Taenby Landing).
      • Caelestis Canton: Removed PvP flag.
      • Cape Havoc: Interconnection (with Blood Bay).
      • Copper Lake: Renamed (formerly Grimmstone Fields). Converted to Mountains 01. Ownership changed. Changed location.
      • Elementum: Changed location. Interconnection (with Storms Reach).
      • Festival: Renamed (formerly Arx Draconis Embassy). Converted to Snowy Mountains 01. Ownership changed. Nested interconnection changed to within Owl’s Head.
      • Hatter’s Estates: Renamed (formerly The Hatter’s Estates). Changed location.
      • Heartwood: Renamed (formerly Malhelkyth). Converted to Forest 01b. Ownership changed. Interconnection (nested interconnection changed to within Oceania).
      • Hy-Brasil: Converted to Island 01a. Interconnections (with Etceter and Taenby Landing).
      • Insulam de Nocte: Upgraded to Town.
      • Irenholde: Upgraded to Village.
      • Isle of Mists: Renamed (formerly Jamestown). Converted to Island 01. Ownership changed. Rotated to “Right”. Nested interconnection changed to within Serenite.
      • Jade Valley: Upgraded to City. Rotated to “180”. Changed location (minor).
      • Lamplight: New addition (nested in Port Phoenix).
      • Nido dell’Aquila: Upgraded to Village.
      • Oracle Oasis: Renamed (formerly Forsaken Forest). Converted to Desert 01b. Ownership changed. Removed PvP flag. Interconnections (nested interconnection changed to within Soltown, removed Harvest).
      • Port Phoenix: Rotated to “180”.
      • Tenakill: Converted to Grasslands 01a.
      • Twilight Sparkle: Upgraded to Village.
      • Wisteria Lane: Converted to Grasslands 01a.
  • 戦闘:
    保存できるデッキ数の増加を予定しています。さらに新しいスペル・スキル・コンボの実装も行われます。また、戦闘時のビジュアルエフェクトも全体的に洗練されたものになるように改善を行います。
    • 初期デッキの空きスロットは全てロックスロットに
      新規プレイヤーが導入をスムーズにするとともに、余計な混乱を招かないための措置です。
    • ヒールのクリティカルの視覚化:
      ヒールのクリティカルヒット時には、ポップアップの数字と戦闘ログの両方でユニークなカラーで表示されるようになります。
    • 新しいNPCの戦闘行動:
      • ターゲットの選択:
        クリーチャーごとにターゲット選択に指向性が導入されます。最初の導入例として、スライムは金属鎧を着たキャラクターを好んで攻撃するようになり、Flesh Flayerは装甲の薄い布やレザーのアーマーのキャラクタを優先的に狙うようになっています。
      • ステルス:
        クリーチャーもプレイヤーと同様にステルスを使うことができるようになります。R38では上述のShock Monkeyにこの機能が実装されています。
      • Root状態での攻撃:
        Root状態のNPCも攻撃を行うように変更されています。
    • バグ修正・バランス調整:
      • Pickpocketing Breaks Mesmerize:
        Pickpocketスキルを用いることによって、mesmerizeの効果を解除することができるようになっています。
      • Resist Crowd Control Stack Fix:
        拘束系攻撃を受けたときに発生するレジストボーナスのスタック効果が機能していませんでした。現在、この問題は修正されています。
      • Stealth Visual Bugs:
        ステルス時に装備品だけが見えている状態になるバグを修正。
      • Death Field:
        スペルの威力を引き上げました。
      • Aetheric Feedback:
        自動回復のバフが他のスペル詠唱時にストップしてしまうバグを修正
      • Night Step:
        移動可能な地面でのみ使用が可能に
      • Soothing Rain and Healing Grace:
        途中解除(dismiss)が可能に。
      • Enlightenment:
        ツールチップの表示を修正。
      • Moon Worship:
        夜間のDEXボーナスが正しく適用されるようになります。
      • Bludgeon Knockback and Knockdown in PVP:
        PvPにおいてこれらのスキルの効果が正しく発揮されるようになります。
      • PvPでのEarthquake
        1回の詠唱で複数回ダメージが入っていたバグを修正。
      • Earth Elementals:
        召喚されたアースエレメンタルは、野生のアースエレメンタルにダメージを与えることが可能になります。(逆に相手からダメージも受けるように)
      • Linux Mouse Look Fix:
        Fixed issue where opening any window with a keyboard shortcut while holding down right mouse button caused avatar to rotate.
      • Typos:以下のスペルの説明分のタイポを修正
        • Corpse Explosion
        • Spellbinder
        • Lightning
        • Discharge
        • Chain Lightning
        • Aetheric Feedback
      • ヒーリングポーションとフォーカスポーションの効力の引き上げ(上位バージョンの実装)
        R38のLesserポーションは今までのノーマルポーションと同じ効力を発揮します。
    • 新しいポーションの効果について:
      以下のすべてのポーションはインゲームでクラフトが可能です。
      • Lesser, Greater, and Maximum Healing Potions:
        ヘルスポーションが効力に応じて3種類に増えました。Lesser ・Greater・Maximumの順に効果が高くなっていきます。
      • Lesser, Greater, and Maximum Focus Potions:
        フォーカスポーションもヘルスと同様に3種類となりました。Lesser ・Greater・Maximumの順に効果が高くなっていきます。
      • Restoration Potion:
        ヘルスとフォーカスを全回復。
      • Potion of Acumen(洞察力のポーション):
        INTを上昇させます。
      • Potion of Deftness(器用さのポーション):
        DEXを上昇させます。
      • Potion of Might(力のポーション):
        STRを上昇させます。
      • Health Regeneration Potion:
        ヘルスリジェネを上昇させます。
      • Focus Regeneration Potion:
        フォーカスリジェネを上昇させます。
      • Essence of the Wolf Potion:
        走るスピードをアップさせます。
      • Potion of Cat’s Grace:
        セーフフォールスキルを上昇させます。
      • Potion of Elemental Resistance:
        すべてのエレメント属性のレジストをアップさせます。
      • Potion of Magic Resistance:
        すべての魔法属性のレジストをアップさせます。
    • レアルート:
      高レベルクリーチャーからのルートとして、確率でレアなアーティファクト(クラフト不可能なマジックアイテム)を手に入れることができるようになります。また、新しいポーションのレシピもレアルートとして入手することができるようになっています。
      • ポーションレシピ
        上述の新しいポーションのレシピはルート品として入手することができます。
      • Ring of Brittle Brawn:
        ヒットポイントを40%減する代わりにSTRを20~50上昇させる。
      • Ring of the Frogkin:
        ジャンプ高度が高くなる。しかし皮膚の色が緑色に。
      • Torch of Jerik:
        大きな鉄製のカゴをメイス扱いとして装備できます。
      • Belt of the Ox:
        移動速度が半分になりますが、持ち運べる重量が4倍に。
      • Ring of Luck:
        wishing wellのボーナスが少しだけ(a small)上昇。
      • Slipshod Shooter’s Sash:
        Rapidfireスキルにボーナスを付加。しかし、Ammo ScavengerとRapidfireの威力が少しだけダウン。
      • Lavalliere of the Lagomorph:
        このネックレスはSTRの大幅な引き下げのかわりに、移動・攻撃速度の上昇効果を得ることができます。
      • この他にもいろいろなものがあります。
    • 装備可能デッキ数上昇の延期
      新しいNPC会話インターフェース、引越しツール、インベントリの改善などに注力したため、今回デッキ数の追加は延期されました。
    • コンボやスキル追加の延期:
      新しいポーションや既存のスキルの調整、またアーティファクトの導入などに注力したため、今回新しいスキルの実装は延期されました。
    • ビジュアルエフェクト改善の延期:
      時間がないので延期となりました。
  • 戦闘についての補足情報(1/28追加)

    • Fizzleについての仕様変更:
      Fizzleについて報告されていたバグの修正を行いました。その結果、少数のプレイヤーのFizzleの確率は下がり、大多数のプレイヤーはFizzleの確率が上がるという結果になりました。特に2ハンド武器使用者のFizzle率は顕著に上昇しており、場合によっては25%も上昇しているケースもあります。
      • スペル詠唱に際して、アーマーに関するいくつかのボーナス効果の計算式の処理順序が間違っていたため、これを正すことで本来想定していたFizzle発生率を実現。
      • 2ハンド武器の15%のFizzle確率低減ボーナスを削除。
      • 両手が空いている状態での詠唱時の、Fizzle確率低減ボーナスを15%から10%に引き下げ。ワンド装備時は15%のまま据え置き、スタッフ装備時も30%のまま据え置き。この他にも装備することでFizzleを低減する手の装備品を追加予定。
    • ターゲッティングの変更:
      オートアタックはいままで攻撃可能なターゲットが範囲に入り次第攻撃を行う仕様でしたが、このおかげでNovia大陸のウサギ達が絶滅の危機に瀕しているため、以下の仕様の変更を行っています。
      • オートアタックは攻撃対象がプレイヤーに対してagroをもっている場合にのみ有効となります。また、それ以外の中立ターゲットは、マニュアル操作によりターゲッティングしない限り、こちらから攻撃を仕掛けることはありません。
        この変更により、ウサギや、倒れている状態のスケルトンや、ステルス状態のキャラクターなどを自動攻撃することはできなくなります。これらをターゲットするには、マニュアル操作によるターゲッティングが必要となります。
      • Build 544以前はオートアタックとフリーアタックはオプションメニューからトグルによる切り替え方式となっていました。
      • Build 545からはこの切り替えのオプションメニューは削除され、Tキーによるショートカットによりこのトグル操作を行う必要があります。
    • エレメンタルの攻撃について:
      エレメンタルの近接攻撃は、そのエレメンタルの属するエレメンタルダメージ扱いとなっていました。しかし、同属性の召喚エレメンタルと野生エレメンタルを引き合わせて、延々と戦わせることによってシーン内の脅威を無力化する不正が見つかったため、今回からエレメンタルの近接攻撃の一部を物理属性のものに変更しています。
    • ピックポケット:
      戦闘中は使用不可能に。不正利用の手口が発見されたため。
  • 新しく実装されたオーディオは以下の通り:
    R38ではクリーチャーのオーディオ追加に焦点を当てています。新しいサウンドの追加や、既存サウンドの差し替えが行われています。
    • バグ修正:
      • 弓のサウンド
        正常に音が再生されるようになります。
      • Viking Village Home:
        裏口のドアの開閉時にサウンドが正常に再生されるようになります。
      • 手回しオルガン(Plain Street Organ):
        音が鳴らなかったオクターブを修正。
      • Fountains & Kobold Wind Generators:
        ボリュームコントロールスライダーと音量が連動す:るように
      • Sharps & Flats for Instruments:
        楽器でシャープ・フラットの音階を正しく発音できるように
      • Unlinked Volume SFX:
        ボリュームコントロールスライダーと音量が連動す:るように
    • マップ上の移動するエンカウンター:
      足音や警告音、攻撃の際の叫び声などを追加。
    • クリーチャーのオーディオ:
      以下のクリーチャーのサウンドを追加・アップデートしました。また、すべてのクリーチャーにアイドル時、足音、戦闘、死亡時などの基本のサウンドを実装しています。
      • All Elementals
      • Automaton
      • Barrel Mimic
      • Catapult
      • Chaos Daemon
      • Chest Mimic
      • Clockwork Monkey
      • Corpion
      • Coyote
      • Duck
      • Faun
      • Ghost
      • Horse
      • Imp
      • Lich
      • Owl
      • Satyr
      • Skeleton
      • Slime
      • Stag
      • Wisp
      • Wolf
      • Zombie

以上ここまでが今回のリリースで盛り込まれた要素です。 ここから以下は今回のリリースに盛り込まれなかった要素になります。:

  • クライアントの安定性:今リリースでは以前のリリースよりも安定性は変わっていません。この問題はUnityエンジンとAMD A8プロセッサ内蔵GPUの相性問題であることがわかりました。Unityはすでにこの問題を把握しており、この問題の修正作業を行っています。しかし、問題解決の具体的な所要時間などはまだ決まっていません。
  • 動作パフォーマンスの改善:これからもリリースごとにパフォーマンスの改善を継続し、最低必要環境のマシンでも大都市のシーンを普通にプレイできるようになるまで、改善を行っていきます。ゲームスタートにおけるプレイ経験の改善は、毎リリースごとに行っていきます。
  • ゲームループ:現段階のゲームループは骨組み程度のものでしかありません。 ゲームの一連の循環に必要な要素がまだ完全にそろっていません。今後のリリースではさらにSpeed Treeの樹木を多く見ることができるようになるでしょう。
  • ビジュアルクオリティ:我々は常にグラフィックレベルの向上に務めています。現行のRPGタイトルと遜色の無いレベルになるまでグラフィックを強化していく予定です。
  • 出資特典:出資特典について: いくつかの出資特典の実装は達成され、テクニカルサポートも開始されています。 しかし、まだ一部の出資特典はまだ実装・サポートがされていません。これらの問題は既知の問題のドキュメントで対応状況を確認することができます。

ここにインストラクションと既知の問題へのリンク掲載しておきます。ここで今一度、ユーザーの皆様の継続的なご支援に感謝を申し上げます!この今までにないゲームコミュニティとともにゲーム開発を進めていけることは我々の喜びであり、誇りであると思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿