アーリーアクセス・リリース50 要綱

R50 Instruction

日本時間1月251:30AMからリリース50が実施されます。

期間中には様々なプレイヤーイベントが開催される予定です。イベントカレンダーが以下のファンサイトで公開されているので、興味のある方はチェックしてみてください。

http://avatarscircle.com/community-events
http://sotaevents.com

公式情報(英語)

Player Instruction

Known Issue

PatchNotes

日本語版(非公式)

プレイヤーガイド非公式日本語版

既知の問題非公式日本語版


変更点のハイライト

フレームレート:
プログラムコード、ゲームアセットの最適化を実施。さらなるフレームレートの向上を実現しました。R49ほどの向上幅ではありませんが、きっと今回の最適化を体感できるでしょう。

スタートシーンの改善:
7つのスタートシーンの全て(Isle of Storms, Battle of Highvale, Blood River Massacre, Battle of Solace Bridge and the three Outskirts scenes)の改善と新規プレイヤー体験の質の改善を行いました。上記の全てのシーンで難易度を引き下げたほか、進行ルートに迷わないような措置やクエストの追加、敵の数の増加、シーンマップの把握がより容易になる工夫などを行っています。

シーンのリビルド:
クローンシーンのリビルド作業を確実に継続して行っていきます。R50では2つのアドベンチャーシーンがビルドされました。:Sunless BarrensとSouth Drachvald Spurです。さらにアドベンチャーシーン以外にも、ある天体条件が揃ったときのみにワールドマップ上から入ることができるYewの街が実装されています。

クラフト:
クラフトシステムは今回のリリースで大幅な拡張が為されています。15の精製スキルの導入により、クラフト生産されるアイテムの量を増加させることができるようになりました。また、30以上のクラフトレシピとパターンを実装しています、この中には、NorgardのバーバリアンのクランアーマーやRavensmoorのLichからのレアルートである the Ancient Vile Scythe、このほかログキャビンのレシピも実装されています。

キャラクターの改善:
インゲームワールドのキャラクターの改善を行っています。R50では新クリーチャーのWild Boarsが実装され、既存のオオカミのモデルも新しいものに変更されています。さらに女性一般NPCのビジュアルもアップグレードされています。

ユーザーインターフェースの向上:
ゲームのプレイフィールの決め手はゲーム内のインターフェースのデザインにかかっているといってもよいでしょう。我々はインベントリ内のアイテムのロック機能を実装し、誤って売ったりサルベージしてしまう事故を事前に防止できるようになりました。また、ターゲットハイライト機能やタスクロケーションのコンパス表示に高度の概念を取り入れるなど、新しいインタフェース機能の追加を行っています。

戦闘の改善とバランスの調整:
R50では戦闘の調整に多くの時間を使い、35項目もの変更が実施されています。戦闘に関する計算式の変更やランサム仕様の改善、トーチのオフハンドウェポン運用やアグロの仕様の変更などが行われています。

今回のリリーステストにおいては、QAテスターの方々には多大な各種フィードバックを行っていただきました。この場を借りて大きな感謝の意を表しておきたいと思います。また、この要綱記事の記述に関して、いくつもの有用なフィードバックをいただいたことにも感謝を申し挙げます。

ロンチが近づきつつありますが、ゲーム内容は今までと変わらずコンスタントに変化していくことになります。 これらゲームシステムの変化をプレイヤーの皆さんにここで告知するとともに、新しいコンテンツを皆さんに試してもらえる手助けとなれば幸いです。全てのゲームについての新しい情報は、この投稿とインストラクション・既知の問題のドキュメント内で説明されています。プレイヤーの皆さんからの質問に答えたり、あるいは既知のバグについての重複したリポートをさけるためにも、プレイヤーの皆さんはこれらの情報に目を通して頂く必要があります。

ユーザーの皆さんがこれらの情報のためにわずかに時間を割いてもらえるだけで、既知の問題に対する対応の時間を削減でき、未回答の新たな問題や致命的なバグに対処することに集中することが可能になります。我々はプレイヤーの皆さんにこの投稿に目を通してもらえることに感謝し、またこのことが今後のゲームに関するフィードバック作業に多大な恩恵をもたらすことを嬉しく思っています。

今後も我々はリリース毎に新しいコンテンツを提供していきますが、それ以外にもコミュニティユーザーの皆さんで企画したイベントに参加して楽しむこともできます。ぜひユーザーイベントのカレンダーもチェックしてみてください。(ゲーム内のアイテムにもプレイヤーイベントのスケジュールを紹介する本があります):Avatars Circle. また、オフィシャルの最新イベントの開催情報もメインウェブサイトにて確認することができます。

今回のテストで新しく導入されたコンテンツは以下の通りです。

RELEASE 50, January 25, 2018

  • ストーリー:
    3原理のストーリー(愛、勇気、真実)のサイドクエストを追加していきます。さらに、スタートシーンの改善も行われます。また、インゲームマップシステムの対応シーンを増やし、システムのアップデートも行います。最後に、いくつかのアドベンチャーシーンは、完全にリビルドされ新しいシーンとして生まれ変わるでしょう。(Sunless Barrens他)
    • 勇気のストーリーラインのクオリティアップ:
      “Deliver Gawain’s Amulet”のクエストのバグ修正と改善を実施。Brigidの会話ダイアログとキーワードの部分を改善しました。
    • 愛のストーリーラインのクオリティアップ:(ネタバレ注意)
      • Starting Later:
        愛のストーリーラインでは、シーンのスタート地点にいるEdvardから“Find out why the Undead are rising!”のクエストがもらえるようになっています。このクエストはSolace Bridge Outskirtsのシーンへの移行をスムーズに行うのを助けるとともに、愛のバナーの入手条件ともなっています。また、その後はSoltownのStanleyの元へと移動するようになります。
      • ダイアログの改善:
        SamaelはMin Liang Tanに関する会話を行うようになります。また、Khasiの会話ダイアログに"apart"のキーワードを追加しました。
      • スピリットトーカー:
        スピリットトーカーと一緒に行動ができるようになると、他のスピリットトーカーのキャラクターは登場しなくなります。
    • Isle of Stormsのシーンの改善:  
      • クエストハイライトとロケーション:
        クエスト関連アイテムは光るようになり、またコンパスやマップ上にその位置が正しく表示されるようになります。
      • Points of Interest(POI):
        除外していた一部のPOIを再実装しました。
      • Arabellaとの会話:
        彼女との会話内容をより短くまとめました。
      • ボタンのグレーアウト:
        Isle of Stormsのシーンではいくつかの機能ボタンがグレーアウトするようになりました。たとえばキャラクターシートにあるボタンなどがグレーアウトし、使用不可能になります。これは新規プレイヤーに混乱を招かないようにするための処置です。
      • ジャンプタスク:
        "ジャンプするタスク"を追加。WASDの移動とジャンプを習得することにより、移動に関する基本をすべて学んでもらえるようになっています。
    • Battle of Highvaleの改善:
      • クエストハイライトとロケーション:
        クエスト関連アイテムは光るようになり、またコンパスやマップ上にその位置が正しく表示されるようになります。
      • 敵の難易度の引き下げ:
        敵の強さを約半分にまで引き下げました。
      • “See Horatio” タスク:
        Floydが与えるにタスクにHighvale OutskirtsにいるHoratioを訪ねるタスクを追加。
      • コンバットモード:
        武器を拾得時に自動的にコンバットモードに移行するようになります。
      • Edvard:
        Tracyに関する会話ダイアログを追加。
    • Highvale Outskirtsの改善:
      • Horatio’s Sniper Troubles:
        Horatioのクエストとして、近隣のエルフスナイパーを殲滅するクエストが追加されています。
      • Horatio’s UIチュートリアル:
        Horatioはプレイヤーにトーチを私、インベントリとキャラクターシートの開き方と使い方をレクチャーしてくれるようになります。
      • 敵の難易度の引き下げ:
        敵の強さを約半分にまで引き下げました。さらに敵の索敵感知範囲を25%引き下げました。
      • 敵数の増加:
        敵の強さを引き下げた代わりに敵の数を増加しました。戦闘回数は増加するものの、新規プレイヤーの過度の負担にならない程度に調整しています。またいくつかの新しいNPCタイプを追加しています。treacherous trailsにアイスウルフが追加されています。
      • クエストハイライトとロケーション:
        クエスト関連アイテムは光るようになり、またコンパスやマップ上にその位置が正しく表示されるようになります。
      • コンパスのPOI表示:
        POIをより簡単に発見できるよういくつかの調整を行いました。また4つの柱に名前を付けて、より簡単に場所が把握できるようになっています。
      • 眠らないEsmeralda:
        Esmeraldaの生活スケジュールから睡眠を削除。プレイヤーはいつでも彼女と会話することができ、クエストをもらうことができます。
      • Geistesser Lair Passagesを封鎖:通路を封鎖し、開けられないようにしました。
    • Battle of Solace Bridgeの改善:
      • クエストハイライトとロケーション:
        クエスト関連アイテムは光るようになり、またコンパスやマップ上にその位置が正しく表示されるようになります。
      • 敵の難易度の引き下げ:
        敵の強さを約30%引き下げました。
      • トラップ・環境ダメージの引き下げ:
        トラップや環境によるダメージを大きく引き下げました。
      • “Seek Garridon” タスク:
        EdvardはプレイヤーにSolace BridgeにいるPrivate Garridonと会うタスクを与えるようになっています。
      • コンバットモード:
        武器を拾得時に自動的にコンバットモードに移行するようになります。
    • Solace Bridge Outskirtsのシーンの改善:
      • クエストハイライトとロケーション:
        クエスト関連アイテムは光るようになり、またコンパスやマップ上にその位置が正しく表示されるようになります。
      • 敵の難易度の引き下げ:
        敵の強さを約30%引き下げました。さらに敵の索敵感知範囲を25%引き下げました。
      • 敵数の増加:
        敵の強さを引き下げた代わりに敵の数を増加しました。戦闘回数は増加するものの、新規プレイヤーの過度の負担にならない程度に調整しています。
      • トラップ・環境ダメージの引き下げ:
        トラップや環境によるダメージを大きく引き下げました。
      • Private Garridon’s UIチュートリアル:
        Edvardより会うように指示された人物、Private Garridonは、インベントリとキャラクターシートの開き方と使い方をレクチャーしてくれるようになります。
    • Bllod River Outskirtsの改善:
      • クエストハイライトとロケーション:
        クエスト関連アイテムは光るようになり、またコンパスやマップ上にその位置が正しく表示されるようになります。
      • 敵の難易度の引き下げ:
        敵の強さを約30%引き下げました。
      • コンバットモード:
        武器を拾得時に自動的にコンバットモードに移行するようになります。
    • Blood River Outskirtsの改善:
      • クエストハイライトとロケーション:
        クエスト関連アイテムは光るようになり、またコンパスやマップ上にその位置が正しく表示されるようになります。
      • トラップ・環境ダメージの引き下げ:
        トラップや環境によるダメージを大きく引き下げました。
      • 敵の難易度の引き下げ:
        敵の索敵範囲を25%引き下げました。
      • Elliana’s UIチュートリアル:
        Edvardより会うように指示された人物、Ellianaは、インベントリとキャラクターシートの開き方と使い方をレクチャーしてくれるようになります。
    • シーンのリビルド:
      以下のシーンのリビルド作業を行いました。
      • South Drachvald Spur:
        South Drachvald SpurはDrachvald地方にあるTier 2のシーンです。今回シーンのリビルドが行われます。乾燥地の丘のエリアで、かつて騎馬民族達が居住していた土地です。しかし、彼らは大災害の発生とともに姿を消してしまいました。彼らの馬を象った像が丘の麓に残されていますが、うわさによるとその近辺に馬にのった幽霊が表れるといわれています。
      • Sunless Barrens:
        このシーンはSouth Paladis地方の南、Blackblade Mountainsと、the Jade Riverの間にあるヘルファイアリフトの西側に位置するシーンです。Sunlessの名は、Hellfire Liftの溶岩から常に発生する蒸気と煙によって光が届かないことから付けられました。 このシーンにはGeysers, lava flows, Ebon Dawn Cultists, Fire Elementals, and Plunderersなどのクリーチャーが生息しています。またいくつかの新しいNPCタイプを追加しています。シーン中にLava Golemsが実装されています。また、この場所は大災害以前には豊富な鉱石の産地があったことで有名であり、今日でも危険を顧みず鉱石を採掘する人たちの姿が見られます。
      • Yew:
        エルフ達の住む街Yewは濃い霧に外敵に守られています。ある天体条件下のときのみ、その霧が晴れるとされています。外敵から侵入されることがないため、街には昔ながらのエルフ様式の建物が並んでいます。YewはかつてJaanafordのクローンシーンでしたが、R50で完全なリビルドが行われています。リビルド後も、プレイヤーの家の敷地や商人の位置などの変更は行われていません。
    • Jack of Diamonds:
      Novia大陸上空にJack of Diamondsと呼ばれる謎の飛行船の姿が目撃されています。この飛行船は、悪者たちの隠れ家ではないかと目されています。ウワサによれば、タウンクライアー間で受け渡しされるはずの手紙や小包をブラックマーケットに流す拠点として機能しているともいわれています。この空飛ぶ盗賊の住処は決して地上に降りてくることはありませんが、船と行き来するための気球がAerie、Brittany Alleys, Blood Bay, Graff Island, the city of mudの港のドック付近で発着しているのが目撃されています。
    • サイドクエストの追加:
      (ネタバレ注意)いくつかのサイドクエストを追加しました。
      • クエストアイテムのハイライト:
        以下のサイドクエストに関するアイテムがハイライトするように:
        “Amanda Waits” (starts in Etceter), “Witch’s Solution” (starts in North Midmaer Way), “Visit Shrines” (from Devotional Caretakers), Virtue gloves quests, “Courage Club” (starts with guards in several scenes with barracks), and “Bank Key” (starts in Aerie).
      • クエストの場所:
        以下のサイドクエストの発生位置も、コンパスとマップに表示されるようになりました。:
        “Amanda Waits” (starts in Etceter), “Witch’s Solution” (starts in North Midmaer Way), “Visit Shrines” (from Devotional Caretakers), “Bank Key” (starts in Aerie), “Save Mildryd” (starts in Resolute), and “Truest Love” (Starts in Solania).
      • 真実のブーツのクエスト:
        Sunless Barrendsで略奪を行っている女から、彼女はEbon Dawnから脱走したこと、そしてEbon Dawn教団から魔法の布を取り返してくれることをプレイヤーに依頼してきます。また、このクエストにおいて、プレイヤーは教団側に味方することも可能です。いずれにせよ、クエストをクリアすることで真実のクロスブーツを報酬として入手することが可能です。
      • 愛のブーツのクエスト:
        とある師が弟子達とともにSouth Drachvald Spurの地方習慣を調査するためにこの地を訪れましたが、この場所が非常に危険であるため調査が難航していました。あなたは彼らのために、危険な調査の手助けをしてあげますか?このクエストの最後には愛のレザーグリーブを入手することができます。
      • 勇気のブーツのクエスト:
        Yewに住む鍛冶屋からインゴットが盗まれる事件が発生しました。あなたは、その勇気をもって盗まれたインゴットを取り戻すことができるでしょうか?このクエストの最後には勇気のグリーブを報酬として入手することができます。
      • Kurt’s Secret:
        鍛冶屋たちはたくましく、腕が立ち、長時間働くことも物ともしないタフガイですが、たまには仕事をサボってMidmaer東の丘ででかけたりもします。 Noviaを移動中に、鍛冶屋のKurtにばったり出会うかもしれません。その時は、彼のほがらかさの秘密について尋ねてみましょう。きっと彼らしいエモートを教えてくれるかもしれませんよ!(/spin)
      • Fungal Enthusiast:
        Yewのどこかに気難し屋のエルフがいますが、いっつもアウトランダー達の来訪によって仕事のジャマをされているようです。彼の皮肉の混じった会話の中から、彼の仕草(/eyeroll)を習得できるかもしれませんよ!
      • Love - 愛の原理:
        特別な相手に言葉ではない方法で気持ちを伝える時に使って欲しいエモートです。ArdorisのKhasiに/iheartyouエモートを習っておきましょう。(以前は/kissのエモートを彼女は教えてくれましたが、現在は彼女の部下のChantikとDamaiが教えてくれるようになっています)
      • Mail for “X” Reset Fixed:
        タウンクライアーはメールクエストのリセットを再び行ってくれるようになっています。
      • タウンクライヤーのクエストのチェック:
        タウンクライヤーが、メールクエスト用の手紙をいくつも渡すことができたバグを修正しました。
    • シーンの改善:
      • Owl’s Nest:
        Normanの会話内容をもっと要領を得たものに改善し、Wycliffeとの関係をよりフォーカスしたものになっています。またOwl's HeadでWycliffeと合うためのタスクも彼から受けることができるようになっています。
      • East Longfall Wetland:
        クエストデータマーカーをBank Keyクエストに追加。また、アンクローン作業中に誤って削除してしまったエルフのキャククターを復活
      • East Perennial Trail:
        Geofのクエストで必要なIron Bladeのドロップ率を2倍に。
      • Elysium Mines:
        敵のアグロとスケルトンが救援を呼べる距離を引き下げました。
      • K’rawl:
        シーン全体に設置アンクを追加しました。
      • The Fall:
        Lichのスポーンレートを引き上げ
      • Verdantis Mines:
        シーン下層部のアンク設置数を増加
      • Volcanic Panic:
        火山付近のシーンでは、ときおり火山の鳴動が起こりスクリーンシェイクのエフェクトが発生します。以下のシーンにエフェクトが適用されています。 Oracle Colossus, Northwest Blackblade Mountains, Southeast Blackblade Mountains, Blackblade Foothills, and Nightshade Pass.
      • Under Constructionサインの撤去:
        シーンの入り口にある"Under Construction"の表示サインを撤去する作業を開始しました。R51までにはすべてのサインが取り除かれる予定です。ロンチまでにリビルドが行われるシーンにはその旨を示すポップアップダイアログが表示されます。
    • シージ:
      • ルナリフトによるシージの回避:
        ルナリフトを使うことでシージを回避することができるようになりました。
      • ジージイベントが正しく収束するように:
        シージシーンの達成条件をクリア時に、正常にシージ状態が収束するようになりました。
    • フリートライアルは3つのストーリーラインを任意で選択できるように:
      フリートライアルユーザーは真実、愛、勇気のストーリーラインの選択ができるようになっています。しかし、選択後はほかのストーリーラインを並行して進めることはできなくなります。これは新規ユーザーが勇気のストーリーだけがゲームストーリーの本筋であると勘違いしないようにするための措置です。
    • 電気フェンスの撤去:
      大胆不敵なAerieろOwl's Headの住民達は、邪魔っ気な電気柵を撤去することにしたようです。
    • シーン内のバグフィックス:
      以下のゲーム内のシーンの修正が行われています。 スタックポイント、浮いているオブジェクト、欠けているオブジェクト、効果音の適切な再生や、NPCの経路、街の表示ラベル、アクセスできない鉱石ノード、当たり判定が正しく設定されていない箇所、蘇生アンクの誤った場所に設置や、設置自体が行われていない箇所の修正、地面をすり抜けて落下してしまう箇所の修正などが行われています。:
      • Aerie
      • Blackblade Foothills
      • Blood Bay
      • Brittany Estates
      • Crooked Shank
      • East Longfall Wetland
      • Elysium Mines
      • Etceter
      • Ferig’s Battle Camp
      • Fortus End
      • Jaanaford
      • K’rawl
      • Malice
      • North Brightbone Woods
      • North Midmaer Way (Wisps stuck in the ground)
      • North Naryad Pinelands
      • Northwood
      • Oracle Temple
      • Plains Encounter
      • Quel Passage
      • Resolute Sewers
      • Restless Woods
      • Ruins of Ravensmoor
      • Snowy Mountain Road Encounter
      • Solania Catacombs
      • Soltown
      • South Longfall Wetland
      • South Majestic Forest
      • Spite
      • Ulfheim
      • Xenosの街

  • 動作パフォーマンスの改善:
    フレームレートの改善とヒッチング(ひっかかり)が発生しないように改善します。また、ロード時間短縮の作業も継続して行われ、15秒以上ロード時間が必要なシーンを重点的に改善します。
    • 遠くで再生されるビジュアルエフェクト、布の物理シミュレーション、サウンドエフェクトの抑制:
      ビジュアルエフェクトや布の物理シミュレーション(クロークやドレスなど)は、遠くにキャラクターがいる場合は描写がカットされるようになっています。また、サウンドエフェクトも遠距離に音源がある場合はカットされるようになりました。
    • ターゲッティング:
      現在のターゲットを識別するためのプロセスや計算の最適化を行いました
    • プレイヤーの移動:
      プレイヤーやNPCのアニメーションコードの大幅な改善と最適化を行い、読み込みスレッド本数の削減などを実現しました。
    • NPCの動きとクライアントプログラムの負荷:
      クライアントプログラムの動作負荷によってAIキャラクターの動きに影響がでないように分離しました。この作業により、動作フレームレートが著しく低くなるような状況でもNPCのキャラクターの動きに影響がでないようにしました。
    • バンクのプリロード:
      バンク内のアイテムデータをバックグラウンドで事前に読み込むようになります。バンクを開いてすぐにアイテムにアクセスできるようになるでしょう。特にバンクにたくさんのアイテムを預けているプレイヤーは、きっとこの恩恵を体感できるでしょう。
    • バンクボックスのローディングインジケーター:
      バンクウインドウがオープンしたときに、ボックスの内容のロードがどれほど進捗したか、進捗カウンターによって知ることができるようになりました。バンクプリロード機能と合わせて、バンクにたくさんのアイテムを預けているプレイヤーは効果を大きく体感できるでしょう。
    • 鳥の群れ:
      街中の空を飛んでいる鳥の群れも最適化作業が行われています。
    • プレイヤーの土地へのリコール:
      プレイヤーが自分の土地へリコールを行ったとき、自分の土地内のデコアイテム情報の読み込みも行うようになります。
    • シールドマジックのビジュアルエフェクト:
      ビジュアル表現を控えめに調整しました。パフォーマンスと視認性が向上しています。
    • アセットの最適化:
      アセット(ゲーム内のオブジェクト)をの最適化を行い、ポリゴン数が過剰なオブジェクトの調整や、テクスチャサイズの最適化、単独オブジェクトの集合体を1つの大きなオブジェクトに作り替えるなどといった作業を行っています。今回、以下のオブジェクトの最適化を行いました。
      • Nightmare Statue
      • Stone Ruins
      • Wooden Elevator
      • Shroud of the Avatar VFX
      • ライトスペル
      • Bone Steel Crown VFX
      • Pressure Plate Spike Trap
      • Elysian Illumination
  • クラフト・経済:
    より多くの種類のルートアイテムをゲームに導入します。ユニークなクラフトコンポーネントや、徳の装備、バーバリアン装備などを実装します。クラフト行程のrefining(精製)スキルを実装し、このスキルを上げることによって、製造スピードの高速化、バッチクラフトの最大数の増加、生素材から精製された素材にしたときの収量効率の上昇といった役割を果たすようになるでしょう。
    • Refining Skills(精製スキル):
      全ての精製スキルツリーが拡張され、素材精製によるアイテムのアウトプットに影響するようになります。今回の調整でButchery, Textiles, Tanning, Smelting, and Milling.のスキルが拡張されています。これらの精製スキルは"Refined Materials"とラベルのあるレシピ限定で有効になります。
      • Batching(バッチクラフト):
        このスキルの向上により、最大バッチ可能数が増加します(精製のみ)プレイヤーは最初は20個、GMスキルに到達するまで、さらに+40個まで連続生産可能数が増加します。LV100で60個のバッチ生産が可能になります。
      • Speed(生産スピード):
        このスキルの向上により精製時の処理スピードが向上します。GMレベルで約2割増しとなります。
      • Efficiency(効率):
        このスキルの向上により生成物の収率が向上します。GMレベルで20%の確率で精製物の追加獲得ボーナスが発生します。追加ボーナスで得られる量は、およそ通常得られる量の+50~100%ほどになります。
    • クラフトスキルのディスプレイ:
      商人からレシピを買う時や、ティーチによって教えてもらうとき、またクラフトステーションのレシピブック画面で、事前にそのレシピの習得に必要なスキルレベルがわかるようになっています。
    • レシピリストUIの改善:
      レシピリストのビジュアルを向上しました。
    • スキルレベルとProficiency:
      クラフトのProficiencyスキルはインタフェース上から取り除かれ確認することができなくなっています。Proficiencyスキルはプレイヤーが能動的に気にする必要のないものに変更されています。クラフトスキルの構成を簡略化し、スキルレベル=クラフトの腕前というわかりやすさを前面に出しました。この変化によって、クラフトの際にはProficiencyのレベルではなく、そのクラフトレシピの実行にはそのスキルの最低必要レベルが要求されるようになります。この変更によりいくつかのレシピがレベル不足により使用不可能になるかもしれませんが、影響は最大でもレベルバリューの10%程度に収まります。
    • 精製コンポーネントのプレイヤーベンダー取り扱い:
      精製されたコンポーネントをプレイヤーベンダー経由で売買オーダーすることができるようになります。
    • "Strength"のマスターワークの修正:
      Weapon Strength.と表記されていたものを、正しいものに改めました。
    • ツール耐久力のインジケーター:
      R49でツールが壊れたときにインジケーターが表示され、カーソルにも変化が表示されるようになりました。今回それをさらに拡張し、R50ではスクリーンでのインジケーターに加え、クラフトステーションでもツール耐久力の変化のフィードバックが分かり易く改善されています。
    • Mossy Handle:
      このレアドロップコンポーネントのドロップ率は3倍になっています(ただし、依然としてVERYレアのレベルにあります)
    • ボーンアーマーとクロスボウの耐久度:
      最大耐久度が減少しないバグを修正
    • 新しいユニークスキルアイコン:
      クラフトツリーの各スキルはベーススキルアイコンで代用されているものが多くありました。R50ではアイコンが以下の各スキルごとにユニークなものが用意されています。
      • Agriculture(農業):
        Water Plants, Harvest Plants, Sow Seeds Bonus
      • Alchemy(錬金術):
        Enchantment, Armor Enchantment, Weapon Enchantment
      • Blacksmithing(鍛冶):
        Masterwork, Salvage, Repair, Masterwork Shield, Masterwork Chain Armor, Masterwork Plate Armor, Masterwork Blade Weapon
      • Carpentry(大工):
        Masterwork, Salvage, Repair, Masterwork Ranged Weapon, Masterwork Polearm Weapon, Masterwork Bludgeon Weapon
      • Field Dressing(解体):
        Swift Gathering, Survey, Meticulous Collection
      • Fishing(釣り):
        Bait Recovery
      • Foraging(植物採集):
        Swift Gathering, Survey, Meticulous Collection
      • Forestry(伐採):
        Swift Gathering, Survey, Meticulous Collection
      • Mining(採掘):
        Swift Gathering, Survey, Meticulous Collection
      • Tailoring(洋裁):
        Masterwork, Salvage, Repair, Masterwork Cloth Armor, Masterwork Leather Armor
    • 新しいレシピとパターン:
      • Bear Clan Leather Armor (4 pieces) (Norgard Bear Clan Barbarians)
      • Bear Headdress (Norgard Bear Clan Barbarians)
      • Boar Clan Leather Armor (4 pieces) (Norgard Boar Clan Barbarians)
      • Boar Headdress (Norgard Boar Clan Barbarians)
      • Dragon Clan Leather Armor (4 pieces) (Norgard Dragon Clan Barbarians)
      • Dragon Headdress (Norgard Dragon Clan Barbarians)
      • Dual Wax Cylinder Phonograph (Music Merchants, Ardoris Carpentry Merchant)
      • Front Clasp Cloak (Tailoring Merchants)
      • Hanging Potted Azalea Plant (Verdantis Decoration Merchants)
      • Hanging Potted Ivy Plant (Verdantis Decoration Merchants)
      • Hanging Potted Sword Plant (Verdantis Decoration Merchants)
      • Log Cabin (Ardoris Carpentry Merchant)
      • Primal Bear Headdress (Norgard Bear Clan Barbarians)
      • Stag Clan Leather Armor (3 pieces) (Norgard Stag Clan Barbarians)
      • Stag Headdress (Norgard Stag Clan Barbarians)
      • Taming Sign (South Paladis Decoration Merchants)
      • Wall Mirror (Verdantis Decoration Merchants)
      • Wild Boar Trophy (Quel Decoration Merchants)
      • Wolf Clan Leather Armor (2 pieces) (Norgard Wolf Clan Barbarians)
      • Wolf Headdress (Norgard Wolf Clan Barbarians)
  • ユーザーインターフェースの向上:
    インゲームマップシステムの改善を行います。また、ローカライズやクエストロケーションにも対応する予定です。さらに、クエストハイライト機能など、ユーザーアシスト機能を使うかどうかオプションで設定することもできるようになっています。また、装備武器の有効範囲に応じて、ターゲットカーソルが変化するようになります。
    • ターゲッティング:
      ターゲットは今回からハイライトするようになります。(以前はレティクルが変化)この変更により、現在ターゲットしている敵の判別と、相手が武器の射程距離内にいるかどうかの判別が容易になっています。
    • ハイライトの強さの調整オプション:
      VIDEOオプションの"Reticle Strength"の項目は"Highlight Strength"に変更されています。ターゲット先のハイライトの度合いを調整することができます。
    • インベントリにロック機能を実装:
      インベントリ内のアイテムをロックすることができるようになります。この変更により、うっかり必要なアイテムを売却してしまったり、サルベージやエンチャント、マスターワークによる望まぬアイテムロスト事故を未然に防いだり、あるいは知らぬまに別のコンテナやバンクコンテナに移動させてしまっていたり、といったことがなくなります。ロックを実行するにはロックしたいアイテムを右クリックし、“Lock to Inventory”の項目を選んで下さい。
      注意:
      このロック機能はランサムによるルートには無効です。
    • コンパスインジケーターの高度表示:
      コンパス内にあるアイテムは、自分のいる高さよりも高い場所にあるのか、低い場所にあるのかといった高度の区別がつくようになりました。
    • タスクハイライトオプション:
      タスクハイライト機能はオプションでOFFにすることができるようになっています。
    • クエストデータのスパークル機能のトグル:
      クエストデータとインゲームクエストタスクの連携により、コンパスやオーワーバールドマップ上で表示されるクエストタスク関連のスパークル表示は、オプションで表示のON/OFFができるようになっています。
    • ユーティリティ・バー:
      前回のリリースではユーティリティバーは、チュートリアル終了後にトレーナーにアンロックしてもらうことによって初めて使えるようになっていました。R50ではユーティリティバーは再びチュートリアルシーンの時点で有効になるように変更されています。現在、ユーティリティバーの使用に、クエスト達成などのノルマはありません。
    • プレイヤーネームのクリックが有効に:
      NPCがプレイヤーに名前を尋ねられたとき、プレイヤーの名前はクリック可能なキーワードとして表示されるようになります。また、従来のマニュアルタイプによる入力も有効です。
    • 商人インベントリ画面でアイテム比較が可能に:
      装備品の性能比較表示は、商人販売リスト画面でも有効になります。
    • ルート品取得時のチャットメッセージ:
      アイテムをルートしたり、資源を採集したりしたときに、拾得したアイテム名がチャットウインドウに表示されるようになります。
    • ユーザーネームとキャラクターネーム:
      ユーザーネーム(ログインID)とキャラクターネームは同一ではない旨をログイン画面で注意喚起するようにしました。
    • 画面解像度の選択:
      今リリースから、今までよりもさらに高い解像度が選べるようになっています。
    • 銀行のアイテム上限の修正:
      バンクインベントリ内にあるコンテナにアイテムを追加したときに、アイテム上限の値に正しく反映されないバグを修正しました。
    • コンパス上のクエストインジケーターの修正:
      同一タスクが重複表示されてしまうバグを修正しました。
    • インゲームマップの機能:
      インゲームマップとウェブサイト版のマップの機能に改善を行いました。詳細はすでにフォーラムに投稿されている、改善部分のポストを引用してここで紹介します。
      • マップサーチ:
        ウェブ版のマップでは検索窓から任意のものを検索することができます。
      • ユーザーログイン:
        ウェブ版のマップにSotAアカウントでログインすることができるようになりました。この機能により、より多くの新しい機能を実現することができるようになっています。
      • PoTカスタマイズ:
        PoTオーナーはウェブ版のマップページにログインし、自分のPoTのカスタマイズを行うことができるようになりました。注意:
        マップ内の土地オーナーデータは将来的に、アカウントデータとひも付けされ、マップ中の土地の情報に、現行の土地オーナーデータが自動的にリンクされる予定です。現在PoTオーナーがPoT内データの編集を行っても、自動リンク時にすべてのデータは上書きされていますので、ご了承ください。
      • パーソナルPOIの設置:
        ウェブ版のマップからパーソナルPOIを自由に設置することができるようになっています。
      • POIのマップ表示:
        クエストNPC、タスクロケーション、商人、シーン出入り口、POIの場所がインゲームマップにも表示されるようになりました。
    • 新しいインゲームマップ:
      インゲームマップシステムに以下のシーンが新しく対応するようになっています。
      • Battle of Highvale
      • Battle of Solace Bridge
      • Blood River Massacre
    • マップデータの修正:
      R49の時点ではまだ多くのインゲームマップのデータが正常に反映されていない不具合がありましたが、その大部分今回修正されています。
      • Battle of Solace Bridge
      • Brittany Graveyard
      • East Longfall Wetland
      • East Perennial Trail
      • East Veiled Swamp
      • East Veiled Swamp
      • Eastreach Gap
      • Elysian Plains
      • Etceter
      • Fortus End
      • Graff Gem Mines Entrance
      • Hills Siege
      • Middle Downs
      • New Holtrot
      • North Fetid Swamp
      • North Fetid Swamp
      • POT Broochash
      • Sanctus Spine
      • Savrenoc Timberland
      • Solace Bridge
      • South Fetid Swamp
      • Storms Reach
      • The Clink
      • Vertas Pass
      • Whispering Woods
    • マップシステムのローカライズの延期:
      現物特典の発送アドレスの確認作業を優先したため、ローカライズの作業は延期されています。
  • 現物の特典アイテム:
    布マップ、マニュアルなどを含む、現物の特典アイテムの準備を行います
    • 布マップ:
      布マップのデザインを現行のワールドマップを反映刺したものに変更しました。このデザインのものを現物特典として発送する予定です。
    • パッケージボックス:
      Denis Loubetのカバーアートを採用した製品ボックスの生産依頼を業者に発注しました。決済が終わり次第、すぐ生産が開始される予定です。
    • マニュアル:
      現物のゲームマニュアルのテキストとイラストレイアウトを作成しました。マニュアルのアートはUltimaのマニュアルでもアートデザインを務めたDenis Loubetの手によるものです。
    • 発送先住所の確認:
      現物特典の発送先住所をアカウントページのプロファイルエディット欄に入力することができるようになっています。すでに入力済みのユーザーも、もういちど確認作業を行う必要があります。
  • コンバット:
    各スキルツリー間の戦闘バランスを行います。
    • (追加情報)全スキルが100%還元対象に:戦闘仕様の大幅な変更により、R50 & 51ではクラフトスキルを含むすべてのスキルがUnlearningによる100%還元に対応しています。今まで各スキルにつぎ込んだスキルEXPをそっくりプールに戻すことも可能です。ソースはこちら
    • 新しい戦闘計算式:
      新しい戦闘の計算式が採用されています。従来の0-100の段階による判定ではなく補正スケールシステムによって判定が行われます。ほとんどのプレイヤーは変化を体感することはないと思いますが、一部のハイエンドレベルのプレイヤーは以前に比べて回避率の低下を如実に体感するでしょう。また、それぞれのアタックロールは独立して機能するようになり、従来よりも多くのイベントが同時に発生するようになります。つまり、クリティカルヒット判定をパリィ判定で減衰させたり、グランシングブロウで減衰させたダメージをさらに盾でブロックして被ダメージを下げたりすることが可能になっています。
    • ランサムの変更:
      ランサムアイテムの選出方式を変更しました。
      • 注意:
        PvPによるルートや、ピックポケットスキルによりアイテムを失うと、オンスクリーン警告が表示されるようになります。警告はアイテムを奪われてから5分後に表示されます。
      • ランサム猶予時間の増加:
        アイテムランサムを取り戻すための猶予時間が、2時間から24時間に延長されています。
      • アイテムの査定額の変更:
        クラフトアイテムの査定額が大きく上方修正されています。
      • ランサムアイテムの選定基準:
        完全ランダムからアイテムタイプ別の選定基準に変更されました。また、少量のスタックアイテムは1アイテムとして勘定されるようになっています。今回の変更により、ランサム対策にデコイアイテムを大量にインベントリに詰め込んでもその効果は無くなっています。
    • 最大移動速度チェックの導入:
      移動速度アップの効果は今までのように全てスタックせず、もっとも速度アップ効果の高いスキルが最大2つまで適用されるようになっています。さらにその効果の計算式は従来の積算ではなく和算方式に変更されています。これは特定の速度アップ効果をスタックさせて想定以上のスピードで移動できていた現象への対策となります。
    • チャージ中はグリフが移動不可能に:
      マウスボタンホールドによるチャージ中は、グリフはその場所にロックされ、ドラッグしても動かなくなります。
    • トーチはオフハンドブラッジョン扱いに:
      トーチの機能は照明だけにとどまらなくなりました。オフハンドブラッジョン武器として機能するようになり、さらに低確率ながらファイアDoTを相手に与えられるように」なっています。
    • トーチの耐久力:
      トーチに火をともしている間、耐久力が急速に失われていきます。アバタールは最大でも25分間しかトーチを照明として使うことができません。
    • 装備品の耐久力:
      R50ではダメージイベントの調整が行われ、従来よりも装備品の耐久度減少トリガーの回数は少なくなっていますが、その分一回あたりの減少量が大きくなています。この変更はサーバーログとクライアントプログラムの負担を軽減させる効果も期待できます。仕様変更はされているものの、体感的な装備品の耐久度は従来と変わりないでしょう。
    • ライトスペルと勇気のストーリー:
      勇気のストーリーラインを選択したプレイヤーは、スタート時からライトのスペルをもった状態でスタートするようになります。
    • アグロの変更:
      アグロの計算式に様々な要素が関連するようになりました。(ダメージ量、ヒール量、ペットの有無など)この変更により、タンク役のプレイヤーは従来よりもより容易に敵のアグロを集めることができるようになっています。
    • Body Slam, Charge, and Engage Opponent:
      これらのスキルの移動スピードは劇的に引き上げられており、接敵する手段として非常に有効なものになっています。また、これらのスキルの使用には必ず有効なターゲットを選択する必要があります。以前は有効射程外のターゲットにも使用できましたが、その場合は攻撃は届かず、フォーカスを無駄遣いするだけになってしまう仕様でした。
    • Push とPullに対するレジスト:
      相手が非常に強い場合、これらのスキルの効果はレジストされるようになります。
    • Opportunity Strikeの有効射程:
      武器の射程が正しく反映されるようになります。
    • Aetheric Feedback Focus Bonus:
      このフォーカスボーナス値は%ではなく、2 + スキルLV / 40 per tickに変更されています。
    • Riposte, Aetheric Feedback, Opportunity Strike, Fortify Defenses Bonuses:
      これらのスキルは適切なタイミングで使用した際に正しくディフェンスボーナスを受け取ることができます。また、Aetheric Feedbackはどのスペルのクリティカルヒットであっても、判定が有効になります。
    • Obsidian Potion of Reclamation:
      ポーションの効果が上昇しています。
    • ひるみモーション:
      攻撃を食らったときのひるみモーションの移行タイミングを改善しました、
    • 流血のビジュアルのスケーリング:
      ダメージ量と流血量の表現に、さらに敵キャラクターの大きさも勘案されるようになっています。
    • アースクエイクによる画面シェイク:
      アースクエイクによる画面シェイクエフェクトが復活しました。NOTE:
      この機能はオプションからオフにすることもできます。
    • ファーストパーソンビューとパーティクル:
      飛散パーティクルはファーストパーソンビューでは描画されないように変更されています。以下のビジュアルエフェクトはファーストパーソンビューでは表示されません。:
      Shield of Air, Shield of Crystal, Shield of Ice, Death Shield, Immolation, Air’s Embrace, Celestial Blessing, Chaotic Feedback, Enlightenment, Spellbinder Stance, Shroud of the Avatar, Bonesteel Crown, and Heart of Sorrows.
    • 木箱・タルの中身は戦闘中でもルート可能に:
      戦闘モードを解除する必要なくルートすることができます。
    • 自動で武器を収めるように:
      以前はNPCは会話を始める前にプレイヤーキャラクターが武器を抜いていると、収めるように注意していました。今回からは武器を抜いた状態でNPCに話掛けると自動的に武器を収納するようになりました。NOTE:
      これはフレンドリーNPCのみに有効な機能で、ニュートラルNPCに対して武器を抜いた状態でクリックすると攻撃を行うことになってしまうので注意してください。
    • Festering Poison Fix:
      毒武器の威力が想定よりも高く設定されていたため、計算式を修正しました。
    • コンテナからアイテムを直接装備できるバグを修正:
      アクセス許可のないコンテナ内にある装備アイテムを右クリックメニューから装備することができてしまうバグを修正
    • ドラゴン VS Pull(スキル):
      ドラゴンはPush や Pulなどの押し出しや引き寄せによる移動効果に耐性をもつようになりました。
    • Blood Bay Confusion Timer:
      地形に存在する植物による混乱効果中は、効果時間のタイマーが表示されるようになります。
    • 召喚エレメンタルのネームプレート:
      ネームプレートの字が小さく表示されるバグを修正
    • Spellbinder Stance Tooltip:
      ツールチップの内容を修正
    • Wand of Embers:
      このアーティファクトがいくつかの火系統の魔法に影響を与えていなかったバグを修正
    • グリフスタック:
      マウスによるグリフアイコンのドラッグアンドドロップでスタックさせることができなかった問題を修正
    • Elysian Illumination and Stealth:
      スキルによる光のエフェクトは、キャスターがステルス状態になると表示されなくなります。
    • Death Shield Fix:
      デスシールドはクリティカルヒットのダメージも減衰するように
    • Potion of Resistance:
      レジスト機能がただしく付与されていなかったバグを修正また、ポーションのアイテムにツールチップを付加しました。
    • Hamstring vs. Undead:
      アンデッドモンスターはHamstringのコンボに耐性を持つようになります。
    • Parry vs. Ranged and DOTs:
      本来パリィ性能をもっていないNPCキャラクターが、レンジド攻撃やDOT攻撃をパリィできるバグを修正
    • バフ計算のバグ修正:
      Strength of Earth, Celestial Blessing, and Air’s Embraceのスキルに、使用時のAttunement補正がかかっていなかったバグを修正。
    • Grandmaster Apprentice Buff:
      GMスキルをもつプレイヤーによるスキルレベルアップバフ効果が正しく機能していなかった問題を修正
    • Tame Heal and Tame Resurrect:
      これらのスキルは文字通りペットにのみ有効なスキルとなっています。
    • Chaos Bolt Fix:
      ランダム効果についてのリスト表記を削除。当たってみてのお楽しみです。
    • 新しいユニークポーションのアイコン:
      すべてのポーションは同じアイコンが使われていましたが、それぞれユニークなアイコンを今回実装しています。
      • Cure Plague Potion(ゾンビ病ポーション):
      • Cure Poison Potion
      • Explosive Potion
      • Greater Potion of Focus
      • Greater Potion of Health
      • Haste Potion
      • Imbued Potion of Focus
      • Imbued Potion of Health
      • Imbued Potion of Regeneration
      • Imbued Potion of Restoration
      • Lesser Potion of Focus
      • Lesser Potion of Health
      • Obsidian Potions (all kinds)
      • Poison Potions (all kinds)
      • Potion of Acumen      
      • Potion of Cat’s Grace
      • Potion of Deftness      
      • Potion of Elemental Resistance
      • Potion of Focus
      • Potion of Health
      • Potion of Magic Resistance
      • Potion of Might
      • Potion of Regeneration
      • Potion of Restoration
      • Potion of Wolf Speed  
      • Smelling Salts
  • キャラクター:
    様々なクリーチャーやNPCに改善を施しています。
    • Wild Boars(イノシシ):
      今回イノシシを新しいクリーチャーとして実装しています。しかし、Norgardのバーバリアンの実装がその分延期されることになってしまいました。バーバリアン達は部族ごとに以下の動物を信奉しています:
      stag, bear, wolf, boar, or dragonそれぞれのクランはアニマルハットを装備していますが、イノシシクランだけは今までハットが存在していませんでした。Poor Boar Clan!Well, this would not stand!以上のいきさつから、R50ではイノシシの開発に焦点を当てることにしました。イノシシは攻撃ターゲットをノックダウンする能力を持っており、その鋭いキバにより流血DoT攻撃を行うことも可能です。今後、ElderやObsidianといったバリエーションも実装される予定です。もちろんイノシシハットも実装されており、イノシシクランの面々も一安心といったところでしょう。NOTE:
      R51からイノシシはテイムできるようになります。イノシシは以下のシーンで出現するようになっています(依然はオオカミの群れだったスポーンと交換されています):
      • Bloodriver
      • Bloodriver Forest
      • Brisach Maple Forest
      • Brittany Fields
      • Deep Savrenoc Timberland
      • East Longfall Wetland
      • East Sanctus Forest
      • Elysian Plains
      • Far Hinterlands
      • Greymark Forest
      • Naryad Woods
      • North Hinterlands
      • North Hulenholt
      • North Majestic Forest
      • North Midmaer Way
      • North Naryad Pinelands
      • North Quel Woods
      • Ravensmoor
      • Restless Woods
      • Savrenoc Stronghold
      • Savrenoc Timberland
      • Sawtooth Thicket
      • South Boundless Forest
      • South Brightbone Woods
      • South Celestial Wetlands
      • South Hinterlands
      • South Hulenholt
      • South Majestic Forest
      • South Quel Woods
      • South Ravenswood
      • Twins Foothills
      • Ulfheim
      • Verdantis Foothills
      • West Perennial Trail
      • West Ravenswood
      • West Sanctus Forest
      • Whispering Woods
    • イノシシクランのバーバリアン:
      Tier 6のイノシシクランバーバリアンとペットのイノシシは、Sawtooth Thicket, Far Hinterlands, and sometimes in the Verdantis Foothillsに存在します。
    • カラスクランバーバリアンの撤去:
      本来は6つのクランが存在する予定でしたが、カラスクランは削除されることになりました。
    • 新しいオオカミ:
      当初のオオカミモデルはユニティのアセットストアから購入したものを採用していましたが、ビジュアルクオリティが低かったためリニューアルを行いました。R50では以下のオオカミのモデルは派生バリエーションを含めて完全にリビルドされています。オオカミのトロフィーのアップデートはR51を予定しています。
      • Arctic Wolf
      • Elder Wolf
      • Desert Wolf
      • Obsidian Wolf
      • Timber Wolf
      • Grey Wolf
      • Wolf Headdress
      • Wolf Mask
      • Wolf Clan Barbarian
    • 新しい一般女性NPC:
      オオカミのモデルリニューアルと同様、女性一般NPCも今までユニティアセットストアのものをそのまま採用していました。しかしR50では完全にリビルドが行われています。従来の三体のモデルを全て新しいものに差し替えたほか、さらにバリエーションとして9種類のモデルを実装し、計12種類の女性NPCモデルが用意されています。将来的に、NPCキャラクターはプレイヤーと同じ装備品が装備可能になり、ビジュアルにも反映されるようになるでしょう。
    • Ancient Vile Scythe:
      このユニークなサイスはドクロの装飾と長い刃をもっています。このサイスはRavensmoorのリッチだけがドロップするでしょう。また、このリッチからはスカルソードもドロップする可能性があります。
    • バーバリアンクランアーマー:
      Norgardのバーバリアンクランは彼らのユニークなアーマーをドロップする可能性があります。また、彼らのドロップ品には新しいアニマルハットの素材も含まれています。
      • Bear Clan Leather Armor (4 pieces)
      • Bear Headdress
      • Boar Clan Leather Armor (4 pieces)
      • Boar Headdress
      • Dragon Clan Leather Armor (4 pieces)
      • Dragon Headdress
      • Primal Bear Headdress
      • Stag Clan Leather Armor (3 pieces)
      • Stag Headdress
      • Wolf Clan Leather Armor (2 pieces)
      • Wolf Headdress
    • 前留めクローク:
      クロークの留め具が胸の部分についているデザインのものが実装されています。インゲームクラフトが可能です。このアイテムのレシピは裁縫NPCが販売しています。
    • 徳のブーツ:
      真実・愛・勇気のアーマーシリーズに、今回ブーツが新しく追加されます。詳細や入手方法は上述のサイドクエストセクションをご覧下さい。
    • ルナリフトのテレポートエフェクトの改善:
      テレポート時の演出を大幅に強化しました。
    • 出血エフェクト:
      流血量はキャラクターの体の大きさに比例するようになります。
    • エモート:
      • 座り中のエモート:
        /whisperと/kissのエモートが座り状態でも正しく再生されるようになりました。
      • /eyeroll:
        "同意せず"の意を相手に伝えるのに適したエモートです。このエモートは上述のYew在住のFungal Enthusiastから教わることができます。
      • フィットネスエモート:
        Meretzアプリ経由でアンロックできるフィットネスエモートを実装しました。/burpee, /plank, /pushup, /situp, /squat, and /runinplace.
      • /iheartyou:
        特別な相手に言葉ではない方法で気持ちを伝える時に使って欲しいエモートです。両手を使ってハートマークのハンドサインを行います。このエモートはArdorisの司祭、Khasiより習得することができます。(詳細は上述のサイドクエストセクションをご覧ください)
      • /spin:
        サウンド・オブ・ミュージックのように、腕を広げてくるくる回るエモートです。このエモートは上述のシンボルエンカウンターであるKurtより教わることができます。
    • 動物系の被り物装備の名称変更:
      stag, wolf, bearなど、これらの被り物の装備品はいままで"hats"と呼称されていましたが、今回から"headdresses"という名称に変更されています。
    • プレイヤーポジションの修正:
      移動床やマイニングカートといった移動プラットフォームに関連したプレイヤーモーションの不具合(硬直状態に見える)を修正しました。
    • NPCの読書エモートの修正:
      読書エモートを使用していない場合は、NPCが本を元の位置に戻すようになりました。NPCが本を不自然な形でもったまま他の行動をする現象も起こらなくなっています。
    • トーチの修正:
      使用中に耐久度がゼロになると消えるようになります。
    • 装備品の修正:
      • コミュニティクローク:
        いくつかのコミュニティクロークが染色可能になっていたバグを修正しました。
      • Ornate Buckled Crosshatched Gambeson:
        染料の適用される箇所を変更
      • Viking Guard Cloak:
        染色が可能になっています。
      • Augmented Chainmail Chest Armor:
        特定のアニメーション中に胸の部分にギャップが発生するバグを修正
  • PoTとハウジング(有料アドオン関係の訳は割愛させていただき、原文を掲載しています):
    • Watermill Village Home:
      Our newest water based home is two stories and includes a water wheel that rotates. これらはすべてアドオンストアの有料コンテンツとなります。
    • Log Cabin: The Log Cabin is craftable via a recipe in-game and is village-sized. It is a classic frontier-style building with an open plan that is built of raw timbers.
    • Dual Wax Cylinder Phonograph: Kobold tinkers have once again provided those odd Outlanders with their latest outlandish request and manufactured a dual wax cylinder for what the Outlanders call “disc jockeying”. The Kobolds are justifiably confused by this of course because there are no discs, only cylinders! Note that even those this phonograph appears to have place for two wax cylinders it only currently plays one. This version is craftable in-game and the recipe can be found on the carpentry merchant in Ardoris or any music merchant. In Release 51 we will be adding an ornate version to the Add On Store as well as three DJ emotes.
    • Hollow Log Two-Story House with Tower: Players really liked the witch’s hollow log house that we introduced in South Longfall Wetland in Release 46, so at the suggestion of our players we have turned it into a house that will go live in Release 51 as a recipe rewarded from a quest! While building the Hollow Log House, we came up with an idea to make a slightly larger version with a second story facilitated by adding a vertically-oriented second hollow log to make a tower addition. You can find this larger version of the hollow log house on the Add-On Store.
    • Ornate Viking 3-Story Crafting Pavilion: With the popularity of the Shogun crafting pavilion, we decided to keep going and make more crafting pavilions in our other styles. The latest is in the Viking style and can be found on the Add-On Store.
    • Ornate Tavern Set: This ornate version of the in-game bar was a player request from the Deco Divas and comes in two pieces. One has a section that flips up and another is a long counter. You can purchase this on the Add-On Store.
    • Obsidian Obelisk: Baron Drocis has been requesting more Obsidian themed decorations and wearables for a long time now and after the recent rebuild of the Crags he noticed the liberal use of Obsidian Obelisks in the scene. We have turned those into a decoration that can be purchased in the Add-On Store.
    • Wild Boar Trophy: Once you defeat one of these noble beasts in combat you may want to use your crafting skills to turn its head into a trophy that you can display on your wall.
    • Cordelayne Painting: The latest character portrait from Denis Loubet’s Patreon project is of Cordelayne and, with his kind permission, is now available on the art crown vendor in Ardoris known as Caravaggio’s Wolf.
    • Taming Sign: In Release 49, we added Ornate Taming Signs to the Add-On Store. In Release 50, we have added a recipe to craft the plain version.
    • Wall Mirror: In Release 49, we added an Ornate Wall Mirror to the Add-On Store. In Release 50, we have added a recipe to craft the plain version.
    • Hanging Potted Plants: In Release 49 we added Ornate Hanging Potted Plants to the Add-On Store. In Release 50 we have added recipes to craft plain versions of the Azalea, Ivy, and Sword plants.
    • Novia Map Reward Polish: We have updated this to match the latest cloth map art and we added a virtue symbol to the frame.
    • Offline Mode Property Manager Fix: We fixed an issue where the property manager was sometimes failing in Offline Mode.
    • Forest POT Templates Polish: Flattened areas near location (Loc:
      32, 37.91, 291) to allow placement of buildings and decorations.
    • Phonograph Fixes: We fixed a bunch of issues with various phonographs. We fixed an issue with the Broadcast Automated Phonograph where you could not place wax cylinders inside upon initial placement. We also fixed an issue where wax cylinder phonographs would only stop playing for the person who stopped it, not the listeners.
    • Shogun Crafting Pavilion Fixes & Name Update: The Shogun Crafting Pavilion actually has a 3rd story at the very top so we have updated the name accordingly. We also fixed some issues with the decoration layers that were preventing placement of items on some surfaces.
    • Lot Deeds Naming Fix: All lot deeds were listed as plural in the store and in the game even though they were a single item. So now they correctly say Player Owned Town Row Lot Property Deed (digital) instead of Player Owned Town Row Lot Property Deeds (digital) for example.
    • 家と家具のバグフィックス:
      以下のハウスモデルに関する様々なバグを修正しました。:
      • Ardoris Tapestry (was incorrectly showing Desert Lion)
      • Bandit Spear
      • Crafting Pavilion
      • Drydock Shogun Ship
      • Elven Town Home
      • Keep Stone Arena
      • Knight Benefactor
      • Kobold 4-Story Great Hall
      • Lord Benefactor Home
      • Lord of the Manor Keep
      • Shogun Ship
      • Tavern Counter
      • Wood & Plaster 4-Story Row Home (allowed too many exterior lights)
    • 新しく追加・アップデートされたダイナミックPoTは以下の通り:
      • Arcadia: Upgraded to City.
      • Avallon: Upgraded to Village.
      • Breath of Fire: Renamed (formerly PenFranc Folklore). Converted to Island 01a. Ownership changed. Changed location.
      • Chao Insula: Renamed (formerly Catscratch Hovel). Converted to Island 01a. Ownership changed. Interconnection (changed nested interconnection to within Insulam de Nocte).
      • Justice Hold: Upgraded to Crossroads Village.
      • Knightmare Falls: Ownership changed.
      • Krabnevir: Renamed (formerly Trysull). Converted to Swamp 01a. Ownership changed. Changed location. Upgraded to Village.
      • Light City: Upgraded to Crossroads Village.
      • Novia Market: Ownership changed.
      • Outlander Welcome Center: Upgraded to Crossroads Village.
      • Rift’s End: Ownership changed. Interconnections (added Tortuga; removed Rift’s Legacy).
      • Salisbury Plains: Upgraded to Town.
  • Make a Difference, Telethon & Holiday Content:
    R47テレソンアイテムの実装と、2017冬季ホリデーアイテムの追加を行います。(詳細略)
    • Movember Items: We added several unique variants of the helm and cloak to the Cloth and Follicular Reliquaries as well as making a new Moustache shield.
      • Darkstarr Moustache Cloak (Reliquary Exclusive)
      • Darkstarr Moustache Helm (Reliquary Exclusive)
      • Darkstarr Moustache Shield (Reliquary Exclusive)
      • Lord British Moustache Cloak (Reliquary Exclusive)
      • Lord British Moustache Helm (Reliquary Exclusive)
      • Lord British Moustache Shield (Reliquary Exclusive)
      • Moustache Shield (Movember Make a Difference Store)
    • Release 48 Postmortem Telethon Items:
      今回、以下の全てのストレッチゴールリワードを実装することができました。資格のあるプレイヤーはR50開始時からバンクでリワードを受け取ることができます。資格があるかどうかは、公式アカウントページのSpecial Rewardsタブを参照して下さい。:
      if so, it says “Release 48 Telethon Rewards.”
      • Ice Elemental Statue
      • Ice Hot Tub
      • Icicle Cloak
      • Virtue Ice & Snow Gown
      • Virtue Ice Crown
      • Virtue Ice Shield
      • Virtue Ice Sword
      • Virtue Ice Wand
    • Valentine Items: In honor of Valentine’s Day we have added a couple of rare 2018 items, a recurring Valentine item to the Add-On Store, and a new emote as a quest reward to the Path of Love.
      • 2018 Valentine Gift Boxes (Add-On Store Rare)
      • /iheartyou emote (in-game quest reward on Path of Love)
      • Heart Tub (Add-On Store Recurring + Tagged for Breast Cancer Make a Difference)
  • オーディオ:
    • サウンドのランダマイズ:
      スキル・スペル使用時に再生されるサウンドは、以前のように固定のものではなく、いくつかのサウンド候補の中からランダムに選ばれたものの一つが再生されるようになりました。
    • オーディオのフェードイン・アウト処理:
      効果音再生にフェードイン・アウト処理が実装されました。現在いくつかの新スペルのサウンドにこの処理が行われていますが、既存の多くの効果音にはまだ実装されていません。
    • 新しい効果音:
      R50では主にスキルとスペルを中心に新しい効果音を実装しています。上述のランダム再生機能により使用毎に違ったサウンドが再生されるようになっています。
      • Break Armor
      • Break Weapon
      • Crushing Blow
      • Death Shield
      • Ground Pound
      • Knock Back
      • Knock Down
      • Meteor Shower
      • Resurrect Creature
      • Resurrection
      • Searing Ray
      • Shield of Crystal
      • Summon Lich
      • Summon Pet
      • Tame Creature
      • Tap Soul
  • ローカライゼーション:
    • Reward Claiming:
      スペイン語の確認メッセージを修正
    • Current Equipment:
      ツールチップメッセージにもローカライズを反映
    • License Agreement:
      ドイツ語のテキストのエラーを修正
    • Combat Deck Equipped:
      テキストインジケーターがローカライズされています。
    • Bedroll:
      ツールチップメッセージにもローカライズを反映

以上ここまでが今回のリリースで盛り込まれた要素です。 ここから以下は今回のリリースに盛り込まれなかった要素になります。:
:

  • 動作パフォーマンスの改善:
    R50ではフレームレートの向上を実現できましたが、まだ改善の余地は多く残されています。
  • ビジュアルクオリティ:
    オオカミと女性NPCのビジュアルを改善しました。次回はクマと男性一般NPCのビジュアル向上を予定しています。現行のRPGタイトルと遜色の無いレベルになるまでグラフィックを強化していく予定です。
  • プレッジリワード:
    出資特典について:
    いくつかの出資特典の実装は達成され、テクニカルサポートも開始されています。 しかし、まだ一部の出資特典はまだ実装・サポートがされていません。これらの問題は既知の問題のドキュメントで対応状況を確認することができます。
  • ストーリーの追加要素:
    メインストーリーはすべて実装されていますが、改善作業がまだ行われていません。また、サイドクエストで徳の値が上下する要素もまだ実装されていません。今後もこれらの要素の実装を進めていきます。これは、コマーシャルロンチ後も継続して行っていきます。

ロード・ブリティッシュからのお言葉:
ゲーム全体の開発進捗状況は80%のところまできており、残りは20%の部分を残すのみです。この間にまたゲームの要素に大きな変更が行われる可能性もありますが、これは大きく飛躍するための変更として、どうか受け止めてください。我々はゲームの仕上げの段階に入っており、ゲームのフィーリングをよりよくするための作業がまだ残されています。ですから、現時点でフィーリングの印象がよくなくても、どうか焦らないでください。まさに今、その足りない何かを追加するための開発フェーズの真っただ中に我々はいるのですから!どうかご期待ください!

0 件のコメント:

コメントを投稿